1. ホーム
  2. NPO求人/アルバイト/パート募集情報満載!
  3. 大阪でのNPO求人募集
  4. 不登校に関する大阪でのNPO求人募集

不登校に関する大阪でのNPO求人募集 2ページ目

不登校に関する大阪でのNPO求人完全ガイドはこちら

91件中31-60を表示

エリアを変更する

  • オンラインも含む
  • 大阪市
  • 活動場所を選択
    • 国内から選択する
    • 海外から選択する

    91件中31-60を表示

    近く・似ている条件の職員/バイト

    検索条件:
    [社会問題] 不登校 [活動場所] 大阪周辺, オンライン
    並び順:
    近い・条件が似ている順

    近く・似ている条件のボランティア

    検索条件:
    [社会問題] 不登校 [活動場所] 大阪周辺
    並び順:
    近い・条件が似ている順

    【なんば駅からアクセス良好!】経済的な困難を抱える中学生への学習支援

    株式会社キズキ
    • 沢ノ町駅 徒歩10分 [大阪市住吉区] (【なんば駅からアクセス良好!】住吉区役所近隣の公共施設に設置する学習支援教室が活動会場です。(最寄り駅:南海高野線沢ノ町駅から徒歩5分、JR阪和線我孫子町駅から徒歩10分)★大阪公立大学、大阪教育大学、近畿大学などの学生さんに活躍いただいております。お仕事終わりの社会人の方も活躍中です!)
    • 勤務1回(130分)あたり:日給0〜2,310円
    • 1年間
    • ■活動日時: 毎週火・金曜日の、18:45〜20:45 ※前後に準備・片付け・報告の10分が加わり、勤務時間の合計は130分です ※祝日及び年末年始(12月29日~1月3日)は活動を休止します。 火・金曜日の兼務も歓迎します。 勤務曜日及び曜日兼務のご希望は、面接でお伺いします。応募フォーム時点ではご記載は不要です。 ーーーーー 上記日程の中で、講師1名・中学生1〜3名の少人数形式での「学習支援」と「こころのサポート」を行います。 ■主な支援対象: 生活困窮世帯の中学生 ■主な仕事内容: 生活困窮世帯の中学生を対象に、講師1名・中学生1〜3名の少人数形式で高校進学に向けた各科目の学び直し・受験勉強の支援、勉強習慣の定着支援を行っていただきます。

    大阪市住吉区からの委託事業です。同区内にて、経済的な困難を抱える家庭の中学生のために、無償の学習支援を行います。研修があるので未経験者OK/週1日からOK/火・金18:45〜20:45/費用負担なし

    似ている条件のボランティア募集一覧

    不登校に関する大阪での
    NPO求人
    完全ガイド

    「 「大阪でNPO/NGOのイベントはどんなテーマで開催されているの?大阪でNPO/NGOに就職するのにサポートしてくれる所はどこ?」」
    「どんな不登校支援がされている?不登校支援ができる仕事の種類って?」
    「不登校の原因って?不登校の子どもにはどんな支援がされている?」

    このような疑問やお悩みを解決するため、認定特定非営利活動法人大阪NPOセンター や 大阪市市民活動総合ポータルサイト、県の教育センターや一般社団法人のホームページ、文部科学省のホームページやいじめを経験した方のブログなどを元に、ガイドページをご用意致しました。

    大阪のNPO/NGO就職に興味があるなら、NPO/NGO
    主催のイベント参加がおすすめ

    NPO・NGOの活動は多種多様にあり、大阪では様々なイベントが開かれています。
    例えば、

    • 地域活性化/まちづくり
    • 食品ロス
    • 発達障がい
    • 多文化共生
    • LGBT
    • ソーシャルビジネス


    などの、幅広いテーマでイベントが開催されています。


    さらにイベント情報に興味がある方は、認定特定非営利活動法人大阪NPOセンター大阪市市民活動総合ポータルサイトのホームページから多数のイベント情報を得ることができます。


    大阪でNPO/NGO就活イベントは少ない現状にある

    東京などに比べると、大阪でのNPO就職イベントは少ないようです。

    そのため、就職したいNPOのホームページやSNS等で情報を集め、個別にアポイントを取り、情報収集することをおすすめします。


    不登校に関連する問題

    不登校になると、以下のような問題が生じやすくなります。


    • 引きこもり
    • 発達障害
    • ニート
    • 非行
    • いじめ
    • うつ病

    6つの支援方法

    次に、上記で紹介した「不登校に関連する問題」に対してどのような支援がされているのかみていきましょう。


    相談事業

    電話での相談がメジャーです。
    「LINE」などを使って相談ができる取り組みも始まっています。

    参考  transcosmos 福岡市教育委員会の「福岡市こどもLINE相談2019」(SNSカウンセリング)を支援開始


    学習支援

    フリースクール」や「サポート校」で学習支援が行われています。
    また、「ICT」を使って不登校の子どもや学びにくさ(障がい)を持つ子どもへの学習サポートもあります。

    フリースクール・サポート校について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。



    ICT教育について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。


    訪問支援(アウトリーチ)

    不登校に悩む子どもやその家族の家庭を訪問し、ケアする取り組みで、「アウトリーチ」とも言われます。

    基本的に子どもの主体性に合わせて活動が行なわれます。
    例えば、一緒に話をしたり、買い物に行ったりします。

    参考 特定非営利活動法人 日本子どもソーシャルワーク協会


    居場所づくり

    人とつながる場所を提供しています。
    人とのつながりがあることで、「セーフティネット」としての役割を持ちます。

    行事やイベントの企画をするNPOもあります。

    参考  認定NPO法人 D×P


    就労支援事業

    就職活動をするのに必要な社会人マナーや面接の受け方、自立した生活を目標とするために料理やパソコン関連の操作も学んだりします。

    参考 特定非営利活動法人 太陽の輪


    非行少年立ち直り支援

    非行をしている子どもへ就学支援や就労支援などを行います。

    参考 特定非営利活動法人 日本子どもソーシャルワーク協会


    不登校支援に関連する職業

    スクールカウンセラー

    学校に通う年齢の子どもたちが抱えている悩みについて話を聞き、心のケアを行う専門家です。
    この仕事は「臨床心理士」の資格を持っていることを前提とされ採用される場合が多いようです。


    不登校訪問専門員

    一般社団法人 ひきこもり支援相談士認定協議会で認定される民間資格です。

    不登校本人の家庭に訪問し、不登校問題の解決にむけた活動が行います。
    不登校支援に資格は必ず必要ではありませんが、不登校問題を解決するためには、専門知識を持って関わることが望ましいとされています。


    ひきこもり支援相談士

    一般社団法人 ひきこもり支援相談士認定協議会で認定される民間資格です。
    ひきこもりの方やその家族に対してカウンセリングやケアを行います。


    塾講師

    不登校の子どもを対象とした塾やコースがあります。
    そこで、塾講師として活躍することも不登校支援の一つですね。


    さらに不登校支援に関わる職業について知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


    学生アルバイトで不登校支援に関わるなら、フリースクール等での「学習支援」や「運営」に関わる

    不登校の多くの子どもは学習機会を必要とし、フリースクールやサポート校などで日々勉強をしています。
    そのため、多くのフリースクール等では学習支援スタッフを募集されています。

    アルバイトとして不登校支援に関わるのなら、学習支援に関わるのが一般的です。

    また、不登校の子どもに勉強を教えるだけでなく、事務や学校や行政との調整業務、保護者との面談などの運営側としての仕事もあります。

    フリースクールやサポート校について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧下さい。


    不登校の定義

    不登校を正しい名称でいうと、「不登校児童生徒」といます。

    この不登校児童生徒は、文部科学省によって、

    何らかの心理的、情緒的、身体的あるいは社会的要因・背景により、登校しないあるいはしたくともできない状況にあるために年間30日以上欠席した者のうち、病気や経済的な理由によるものを除いたもの

    と定義されています。


    不登校の原因は複合的

    以下のような原因があります。


    • 友人関係
    • 親子関係
    • 勉強に関する悩み
    • 「なんとなく」
    • いじめ
    • 生活環境の変化


    さらに詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。


    不登校の子どもや家族への支援

    主な支援を2つ紹介します。


    学習支援

    学習支援には以下のような2つのサポート方法があります。


    • フリースクール
    • サポート校


    フリースクールなどに通うことで、学校に行かなくても、自分のペースで学習支援を受けることができます。

    さらに詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


    カウンセリング

    カウンセリングにも以下のような種類があります。


    • 訪問カウンセリング
    • 電話でのカウンセリング
    • 来所カウンセリング
    • 家族カウンセリング


    具体例に言うと、家を訪問してゲームなどをしながら一緒に遊びながらケアしたり、施設にくる親子を対象にカウンセリングしたりします。

    シェアお願いします!
      検索に戻る(ページ上部へ移動)