1. ホーム
  2. NPO求人
  3. 大阪のNPO求人募集一覧
  4. 大阪でのこども・教育系NPO求人募集一覧
  5. 常勤理事(教職員)就任を前提とした手づくり教材制作ボランティアの募集

更新日:2021/06/02

常勤理事(教職員)就任を前提とした手づくり教材制作ボランティアの募集

銀鮒の里学校

基本情報

銀鮒の里学校では、教職員の就任を前提とした手づくり教材制作ボランティアを募集します。教材制作活動は、教職員の採用審査を兼ねており、優秀な教材制作の実績が認められた方は、常勤理事に就任いただきます。

勤務形態
活動テーマ
勤務場所

開校までは、全国各地からの在宅オンラインボランティア(無償)となります。
PC・インターネット接続環境必須ですが、PCがない方は、相談に応じます。
開校後、常勤理事に就任される方で、現在、通勤可能地以外に居住の方は、開校時に、通勤居住地に移住することを条件とします。常勤理事以外の方は、開校後も全国各地からのテレワークが可能です。

待遇
  • 開校後の役員報酬(常勤理事のみ):月給150,000〜200,000円
勤務日程

随時勤務(勤務期間:応相談)

勤務頻度

週4〜5回

常勤理事に関しては、学校開放イベント開催時には、時間外勤務・休日勤務を命じる場合があります。

募集対象

当校の公式ウェブサイトをお読みいただいたうえで、ご自身でどのような教育を実現したいかを提案し、それに基づいて行動ができる、自律性と一貫性の高い方、かつ、こども(小学生・中学生)が好きな方のご応募をお待ちしております。

【重要】
この求人は、開校時の共同設立者の募集です。当校の公式ウェブサイトの精読・理解、事務局との事前の周到なコミュニケーション、その他、社会起業家として常識的な準備は必須です。きわめて希少性の高い、教育を変えていきたいという起業家精神あふれる方のための募集です。準備不足の方、依存志向(長いものに巻かれる志向)・レジリエンスの欠如など社会起業家としての適性に欠く方はご応募いただけません。
学歴は問いませんが、自主的な学習などによる自己研鑽志向は必須です。一般的な新聞や日本経済新聞の記事に日常的に現れる語彙を一般用語として認識のうえ、大人の会話ができることは、応募に際しての必須条件となります。
本件の応募に際して、教育用語等の語彙でわからない語句に直面した場合の質問にはお答えいたしません。必ず応募者ご自身でお調べください。もしくは、文脈から類推してください。(課題解決力)
応募はすべて応募者の自己責任となります。当校およびそのコラボ団体等は、応募者の不備(誤解・思い込み・勘違い)に起因するトラブルには一切関知いたしません。

以下の条件が守られない人は、無条件で不採用とさせていただきます。
パソコンを使った基本的な事務操作スキル(メール送受信、グループウェア活用、オフィススイートの活用)と、エントリー前のvSasumata認証、正しい日本語(社会起業家として常識的な語彙)で対話する能力は必須です。
スマホ・タブレットはパソコンの代用として認められません。ボランティアであっても、業務には必ずパソコンをご使用いただきます。現在、何らかの理由でパソコンをお持ちでない方は、ご相談ください。
パソコンの操作スキルの状況によっては、所定の研修プログラム(必修)を受講していただきます。当校より受講を指示された場合は、受講を拒否することはできません。
面接時までの任意の時点で、銀鮒の里学校公式ウェブサイトの理解度やその内容に基づく企画提案力や組織内での協調性について確認させていただきます。
教職員等経験者については、応募者に勤務校をお伺いのうえ、学校と所管の教育委員会に在籍確認および賞罰歴照会をさせていただきます。

【欠格者】下記に該当する人は、採用審査の対象外(不採用)です。万一、不正が発覚した場合は、刑事告発等の法的措置も検討します。
警察公安当局が定める反社会的勢力の関係者、連鎖販売取引(ネットワークビジネス・MLM・マルチ商法・ネズミ講)の関係者(違法遵法の別は問わない)、上記重要事項に関して偽計・虚偽申告を行使した疑いがある人(未遂を含む)、わいせつ行為・ハラスメント行為・刑法犯罪行為等を理由として教職を懲戒免職された経歴のある人または、同じ理由で依願退職した経歴がある人、タバコ・大麻その他向精神性薬物(食品に該当するものを除く)の嗜好(非医療)目的常習的使用者、不法在留の外国人、その他当校が欠格相当と判断する人

注目ポイント
  • 昭和中期ごろのあったか教育、本物に触れる教育、世界観を拡げる教育
募集人数

1名

職種
関連スキル
祝い金 1,000〜3,000円 祝い金とは?

体験談・雰囲気

特徴

団体情報

“昭和30年代のような、あたたかい手づくり教育で、鮒のように強くてしなやかな優しさを備えた、主体的に考え行動できる社会起業家を志す人を育て、夢と希望にあふれる日本のコミュニティを目指すオルタナティブ・スクール創設の取り組みです。”
代表者

井田 裕之

設立年

2015年

法人格

任意団体

銀鮒の里学校の団体活動理念

教育方針:こころ豊かで、建設的な意見がはっきり言える市民感覚を養う

ブランドステートメント:流行りにのらず、素朴でいこう。

銀鮒の里学校の団体活動内容

平日昼間のオルタナティブ・スクールの運営が主な活動となります。
平日の夜間・土日祝日には、ESDツーリズム施設として開放し、ワークショップなどの地域感謝イベントを開催する予定です。

活動実績

2015年
大阪府豊能郡の里山での開校の可能性を模索し、開校地探し運動を進める

2015年

石けんづくりの化学技術者から児童教育に転向した発起人井田によって、オルタナティブ・スクール「銀鮒の里学校」の学校づくり運動が開始される

2015年03月18日

2016年
大阪府豊能郡能勢町で初開催のピース・マーケットのせに出展

2016年05月

初回から毎年出展、通算4回(2016〜2019年)

2017年
大阪府池田市でのこども食堂活動に、「こめあめなめなめ」で参加協力を開始、こどもたちから「鮒ちゃん」と親しまれる。

2017年

商業ゲームからこどものあそび環境を守る草の根運動として、大阪府豊能地域において、こどもあそびのかい「笑い鮒」を開始

2017年01月

兵庫県明石市で開催のひょうごまちなみガーデンショーに笑い鮒を出展

2017年09月

2017年より毎年連続3回出展。

2018年
銀鮒の里学校初の開校地を岩手県に決定、岩手県での活動を本格的に開始

2018年06月

豊中駅前七夕祭りに出展

2018年07月

2019年も出展

岩手県大船渡市のキャッセン大船渡での夏祭りイベントで笑い鮒出展

2018年08月

廃校利用での開校の可能性を模索し、岩手県岩手郡岩手町・雫石町・盛岡市の廃校を視察

2018年10月

岩手県滝沢市・盛岡市で学校づくり説明会を開催

2018年10月

2019年
岩手県盛岡市で学校づくり説明会を開催

2019年02月

岩手県盛岡市の八幡ともしび横丁の会場で笑い鮒出展

2019年02月09日

大阪府豊能郡能勢町における「能勢清流工房」古民家再生・地域活性化プロジェクトに参画

2019年03月

岩手県盛岡市で学校づくり説明会を開催

2019年06月

岩手県紫波郡紫波町(オガール)と矢巾町(やはぱーく)で笑い鮒を開催

2019年06月

岩手銀鮒の里学校公式ウェブサイトが開通

2019年06月

NetCommons2フレームワーク活用のクラウドシステム「岩手銀鮒の里学校コラボレーションクラウド」供用開始

2019年07月

岩手銀鮒の里学校の開校予定地を岩手県花巻市(湯口地区)に決定

2019年09月01日

岩手県花巻市で学校づくり説明会を開催

2019年10月

大阪大学COデザインセンターによる、大阪府豊能郡能勢町における古民家リノベーションプロジェクトに協力

2019年10月

2020年
開校候補地を大阪府能勢町に変更

2020年02月

新型コロナウイルス禍による社会情勢の変化により、銀鮒の里学校の開校候補地を大阪府能勢町に変更しました。

2021年
能勢町でオープンソース教育農園「能勢・ぎんぶなのうえん」の開墾を開始

2021年09月

固定種(日本・世界の伝統品種)と原種に特化した、F1なしのオープンソース農園「能勢・ぎんぶなのうえん」の2022年6月のグランドオープンを目指し、開墾と試験栽培を進めています。見たことのないような、園芸好きの人ならわくわくが止まらないような植物もいろいろ植えています。

銀鮒の里学校のボランティア募集

銀鮒の里学校の職員・バイト募集