1. ホーム
  2. こども・教育系ボランティア募集

こども・教育系ボランティア募集

子ども達と直に関わることができるキャンプのリーダーボランティアや、社会の教育の問題解決について深く考え、改善策を考えるアカデミックな活動まで、幅広い種類の活動があります。将来子どもと関わる職業に就きたい学生や、教育問題に関心のある方におすすめです。

ボランティア内容・注意点を徹底解説します!教育系ボランティア完全まとめはこちら

7296件中1-30を表示

似た条件のアルバイト・パート

エリアを変更する

活動場所を選択
  • 国内から選択する
  • 海外から選択する

【資格取得】【本気で学び成長できるボランティア】軽度発達障がい児認定支援員講座☆

合同会社 ロシナンテ
  • ナゴヤドーム前矢田駅 徒歩14分 (ナゴヤドームから歩いて5分の子供と家族の療育センターroci-roci)
  • 50,000円以下
  • こども・教育,福祉・障がい・高齢者
  • 社会人,大学生・専門学生,高校生:はじめまして、発達障がい児認定支援員協会、代表理事の中山亮介です、大人気の発達障がい児認定支援員の資格がさらにブラッシュアップされました!発達障がい児認定支援員協会は軽度の発達障がいについてもっと世の中へ啓発したいという想いから、長年ロシナンテが培ってきた知識と技術を資格認定という形で学んで頂く物になります。この資格は履歴書に書く事が出来るだけではなく、軽度の発達障がいに着目した資格になりますので大変貴重な資格となります、この機会に障がいを持っていながら気がついてもらえない苦しさや、躓きを抱えた子供達について学んでみませんか?誰かに必要とされ、障がいの問題を理解するキッカケになれば幸いと考えております。以下に当てはまる方は、ぜひご応募ください!☆自分を成長させたい方☆自分の支援のスキルを磨きたい方☆軽度発達障がいについて専門的に学びたい方☆資格を取得したい方!☆子どもが好きな方!☆将来、福祉・教育のお仕事に携わりたい方!☆自分の支援のスキルを磨きたい方
  • 随時活動(活動期間:応相談)
  • 応相談

軽度発達障がい児支援認定員の資格取得をして頂きながらボランティア活動をして頂きます履歴書にも書ける資格なので就職に有利なだけでなく他にはない軽度障がい児に特化した資格です。

【静岡】第4期募集★資格経験不問+在宅支援可!家庭環境に悩む子ども支援パートナー

特定非営利活動法人ウィーズ
  • フルリモートOK, 静岡 (ウィーズの現場支援は首都圏+静岡を中心にしていますが、オンラインでおこなっている支援も多数あります(スタッフは在宅)。また、研修受講後、ゆくゆくは静岡県内で独立し、ご自身で現場支援を展開していただくことも可能です。研修はすべてオンライン(Zoom)でおこなっています。現在50名を超えるスタッフが活動中!)
  • 最低賃金以上の報酬あり
  • こども・教育,貧困・人権
  • ・月に1回1時間以上の活動に2年以上参加できること・心身ともに健康であること・研修を受講できること・他者との会話が苦でないこと。・LINEやFacebookなどのSNSツールを利用することに抵抗がないこと(操作方法はお伝えいたしますが、何かしらのSNSツールの利用に慣れていない場合は、やや難しく感じる場面があるかもしれません)・インターネットに接続されたパソコンとスマートフォンをお持ちであること・ウィーズの理念に賛同できること
  • 随時活動(活動期間:1年以上の長期)
  • 週0〜1回

親の離婚や虐待…家庭環境に悩む子どもからの相談が全国から寄せられます。あなたの力を貸してください!20代~50代の幅広い年代の支援員が活躍!「子どもの支援がしたい」そんなあなたの想いを形にできます!

【子どもキャンプリーダー】週末&長期休暇、子どもたちと大自然へ出かけよう!

株式会社 CH kids ・てんげんじこどものいえ/慶楓会
  • 広尾駅 徒歩8分 [港区南麻布]
  • 有償
  • こども・教育
  • 社会人,大学生・専門学生,高校生:以下に当てはまる、15〜30歳くらいまでの方・子どもが大好きで、献身的に寄り添える方・子どもの遊びや学びを支援したい方・将来、保育士や教員を目指している方・普段は仕事があるけれど、週末や長期休暇に社会に役立つ活動を行いたい方*アルバイトが禁止されている高校生、副業が禁止されている社会人の方なども、ぜひご相談ください。(そのような方の活動実績多数です。)【注意】以下の方は応募をお控えください。【注意】・子どもたちよりも、自分のことを優先してしまう方・集団生活において、組織としての動きができない方・「自分が遊びたい、楽をしたい」という気持ちが先に立ってしまう方大切な子どもたちを保護者の方からお預かりし、安全で有意義な活動を行うためには、引率リーダーの方には一定の負荷がかかります。なるべく睡眠時間を確保していただき、休息を取りながら活動をしていただけるように配慮いたしますが、子どもたちと24時間生活を共にするということを十分に意識した上でのご参加をお願いいたします。キャンプ生活そのものを、共に楽しめる体力と意欲のある方のご応募をお待ちしております。
  • 随時活動(活動期間:1週間以内)

週末・長期休暇の子どもキャンプで、グループリーダーとして子どもたちの一番近くで生活やプログラムのサポートをしてくださる方を募集します! 野外活動の専門家が全体の指導を行うので、初めての方も安心!

似た条件のオンラインボランティア

7296件中1-30を表示

こども・教育系NPO・公益法人・社会的企業紹介

  • NPO法人ダイバーシティ工房

    • 千葉,市川市
    • こども・教育,地域活性化・まちづくり,福祉・障がい・高齢者
    • 発達障害
    • 保育

    人とは違う経験や背景。それは社会に出たとき、必ず強みとなり、価値となる。[ビジョン]目指す社会全ての家庭が安心して暮らせる社会を目指します。[ミッション]存在意義子どもと家族の成長に合わせた暮ら...

  • NPO法人Academic & Sports

    • 京都,京都市
    • こども・教育,スポーツ・アート・文化
    • 高齢化社会

    「運動」と「学習」の融合により、みずみずしい人間力の育成

  • 特定非営利活動法人 HAL

    • 東京,世田谷区
    • こども・教育,震災・災害,地域活性化・まちづくり
    • 自立支援

    子どもたちの最高の笑顔のために!NPO法人HALは、Human Active 余暇楽習研究所として1994年にスタートしました。レクリエーションのノーマライゼーションを基本理念とし、健常児・障が...

  • 認定NPO法人まなびと

    • 兵庫,神戸
    • 国際,こども・教育,地域活性化・まちづくり

    「自ら学び、共に学び合い、豊かな社会づくり」

  • 株式会社キズキ

    • 東京,渋谷区
    • 国際,こども・教育,スポーツ・アート・文化

    ■キズキは、「何度でもやり直せる社会をつくる」という理念の実現を目指していますキズキは「何度でもやり直せる社会」というビジョンを達成するために存在する会社です。そのビジョンに基づき、各種事業を行...

  • NPO法人 アフリカヘリテイジコミティー

    • 神奈川,横浜
    • 国際,こども・教育,地域活性化・まちづくり
    • 国際交流

    この法人は、広く一般市民を対象に、国際協力に関する事業を行い、アフリカと日本の文化交流を通して新しい関係作りに寄与することを目的とする。また、地域や世代を超えた活動や被災地域など困難な状況にある...

  • NPO法人Curiosity(キュリオシティ)

    • 東京,タイ
    • こども・教育

    大切にしていること・問題意識■やってみなくちゃ、わからない現代の若者はあふれる情報の中で生きています。情報があふれる現代だからこそ、自らの体を使って得た知識や経験がその後の人生において重要な意味...

  • NPO法人 アフタースクールの会

    • 東京,豊島区
    • こども・教育,地域活性化・まちづくり,福祉・障がい・高齢者
    • バリアフリー
    • 保育

    この法人は、障がいのある子どもたちに対して、保育に関する事業を行い、また障がい者に対して、地域社会での生活サポートを行うことによって、地域社会との繋がりを強化すると同時に、健全なまちづくり、バリ...

  • NPO法人ジャパンアウトドアファクトリ―

    • 大阪,大阪市
    • こども・教育

    「お友だち、たくさんできたよ!」「みんなで自然を探検したよ!」数え切れない 出会いと発見☆キャンプは たのしい!ホントに たのしい!!自然体験をする機会が少なくなってしまった 今の社会。心豊かな...

  • 一般財団法人 みらいこども財団

    • 大阪,大阪市
    • こども・教育,地域活性化・まちづくり,中間支援

    ○貧困や機会差別を無くす○人々が今より少しだけ優しくなれる機会を創造します○働きながら5%の時間をみんなの為にシェアすることで社会、世界を変える

  • NPO法人 森の学校

    • 東京,中央区
    • こども・教育,地域活性化・まちづくり,環境・農業

    「NPO法人 森の学校」は、"いのちのつながり"をテーマに、1993年より活動を開始しました。 里山の木造校舎(廃校)とそのまわりの自然を主なフィールドに、自然体験、野外教育、環境教育、食育な...

  • NPO法人コラボキャンパス三河

    • 愛知,岡崎市
    • こども・教育,地域活性化・まちづくり,スポーツ・アート・文化

    コラボキャンパス三河は愛知・岡崎を拠点に、I want to be like you.(この人みたいになりたい。)と思えるような人と出会える場づくりを行っています。TED×NagoyaUにて、団...

こども・教育系NPO/社会的企業一覧

ボランティア内容・注意点を
徹底解説します!
教育系ボランティア完全まとめ

「子どもに関わるボランティアにはどんな活動がある?」
「学生/社会人それぞれの立場ではどんな関わり方が可能?」
「教育系ボランティアをする時に気を付けたいことは?」

今回は、このような教育系ボランティアのお悩みを解決するために解説していきます。

子どもに関わるボランティアの分類

ここでは、ざっくりと5つのボランティアに分けて紹介していきます。


子育てに関わるボランティア

子育て世代の交流の場をつくる「子育てサロン」

そもそも子育てサロンとは、社会福祉法人 大阪府社会福祉協議会によると、

地域内の子育て中の親子が気軽に集える場所

と説明されています。

子育てサロンは、子育ての情報を共有したり、地域の人との交流の場となるため、ボランティアスタッフの力が必要となります。


子育て家庭を訪問するサービス「ホームスタート」

ホームスタートは子育てを終えた方のみがボランティアに参加できるプログラムです。

活動内容は、子育て中の方の家に訪問し、一緒にお世話をしたり、話を聞いたりすることです。

詳しくは、Home-Start Japanのサイトをご覧下さい。


福祉に関わるボランティア

複雑な生い立ちをしている子どもが過ごす「児童養護施設」

ここでは、児童養護施設で暮らす子どもと一緒に過ごし、ケアを行います。

複雑な生い立ちをしている子ども達が多いことから、十分なケアが重要視されています。


障がい児の自立やその家族をサポートする「放課後等デイサービス・フリースぺース」

放課後等デイサービスやNPOが運営するフリースペースで障がい児と関わるボランティアです。

活動内容は、団体によって様々ですが、室内で料理をしたり、体を動かす運動を行ったり、宿泊体験などがされます。


教育に関わるボランティア

不登校などの事情を抱えた子どもが通う「フリースクール」

フリースクールとは不登校ひきこもり発達障がいなどを抱えた子どもが通う学校代わりの場所のこと。

フリースクールでは、学習をする子どももいれば、ゲームをしたり、読書をしたりと自由に過ごします。

ボランティアは、子ども達が伸び伸びと活動できるように、環境を整えたり、一緒に遊ぶ役割を担っています。

フリースクールについてさらに知りたい方は以下の記事をご覧下さい。


学童ボランティア

学童は、放課後に共働きの家庭の子どもが集まる居場所ですね。
ボランティア内容は、子どもの宿題を見たり、一緒に遊んだりすることです。


学習支援

生活困窮家庭や児童養護施設の子どもへの学習支援

生活困窮家庭の子ども向け学習支援や、児童養護施設向けの学習支援などが行われています。

主に、大学生のボランティア講師が学習をサポートしています。

参考  NPO法人キッズドア


海外にルーツを持つ子どもへの学習支援

親の仕事の都合で日本に来たものの、日本語の学習機会がない外国人子ども達に向けて学習支援がされています。

学習機会を作るだけでなく、日本の学校になかなか通えない子どもの居場所になっています。

参考 NPO法人青少年自立援助センター「YSCグローバル・スクール」


アクティビティに関するボランティア

ボランティア内容は団体によって様々で、子どもにスポーツを指導したり、長期休みには一緒にキャンプをしたりします。

子どもたちの居場所を作ることを目的としています。


国際協力

難民キャンプスラムでのボランティア、学校で日本語を教えるプログラム、現地の幼稚園ボランティアなどがあります。


学生の方は「長期のボランティア」「継続ボランティア」、社会人の方は「週末ボランティア」などの関わり方がある

学生の場合は、長期休みを利用して日本、海外を問わずボランティアをすることが可能ですね。

日程を自由に決められる場合が多く、自分の予定に合わせて活動することができます。

社会人の場合は、週末にボランティアをされてみてはいかがでしょうか。

また、超短期となってしまいますが、週末だけの海外ボランティアなどもあります。


教育系ボランティアをする際の注意点

子どもとの約束は守る

ボランティアに行くと、子どもは「次はいつくる?」と聞いてきたり、「〇〇してくれる?」などと頼まれることもあるかと思います。

もし、子どもに聞かれたことができない場合は、きちんと断ことが必要です。

適当な返事で子どもたちの気持ちを傷つけないように、確実な返事をすることが求められます。


服装に注意する

子どもの年齢にもよるが、乳幼児との関わりがある場合は、なるべく装飾品がついていない服を着用することが望ましいです。

子どもは激しく動き回るため、ズボンなどの動きやすい服やスニーカーで参加しましょう。


プライバシーは守る

活動中、ふとした時に子どもの家庭事情を耳にしてしまうかもしれません。

個人のプライバシーに関わることは、口外せず、家族の問題には立ち入らないようにするようにしましょう。


ボランティアでの困りごとはボランティア先の職員にSOSを求める

ボランティア中、様々な葛藤や悩みに苦しみ、1人では解決できない問題が発生するかもしれません。

そんな時は、ボランティア先の職員に相談することが大切です。

ひとりで抱え込まないで、誰かに相談することも覚えておきましょう。


参考 社会福祉法人 相模原市社会福祉協議会 ボランティアセンター 発行 パンフレット「ボランティア活動の心構え」

シェアお願いします!
    検索に戻る(ページ上部へ移動)