1. 海外ボランティア/ツアー募集

海外ボランティア/ツアー募集

NPOが主催する海外スタディツアーや海外ワークキャンプ、留学をしながらボランティア活動を行うことができるプログラムなどは、自分の目で途上国の現状を確かめたい、とにかく新しい世界に飛び込みたい、といった方におすすめです。NPOが主催するスタディツアーは、専門的で現地との深い関わりがあってこそ実現できる魅力的なものばかりで、参加した人の人生に大きな影響を与えること間違いなしです。スタディツアー以外の海外でのプログラムもあるため、ぴったりのプログラムを探してみてください。

海外ボランティア/ツアー募集 69件中1-30を表示

同じ条件の職員/バイト募集一覧

海外ボランティアツアー徹底ガイド

2016年09月19日更新

ここでは海外ボランティアツアーに参加される方に役立つコラムを紹介しています。
今後随時コラムを追加更新していきますので、定期的にチェックしてみてください。

そもそも、海外ボランティアツアーとは

途上国で活動しているNPOやNGO、日本から現地に支援している団体、旅行会社などが主催しています。
活動地域や取り上げられる社会問題は団体によって異なる上に、ツアーの目的も問題について現地で知ってもらうことであったり、
一緒に集めた支援物資を届けることであったり、現地の活動に参加することであったりと多様なプログラムがあります。
参加の方法も、スタッフと一緒に飛行機に乗っていくものから、現地集合現地解散のもの、留学中に参加できるものまであります。

なんで、日本人が海外でボランティアをする必要があるのか

世界の繋がりが強くなっている

グローバル時代である現代では、大量のヒト・モノ・カネそして情報が国境を越えて行き来しています。
私たちが持っているもの、食べているものは途上国で作られたものも多く、資源も多くを途上国から輸入しているので、途上国の人たちに生活を支えてもらっている面があるとも言えます。
また今後、少子高齢化が進むと日本国内の労働力も市場も小さくなり、海外に進出する企業はますます増えて世界とのつながりもさらに強くなっていくでしょう。

途上国の困っている人を放っておけない

1倫理的な理由
同じ人間で生まれた場所が違うということだけで、自分たちだけではどうにもできない問題に困っている人たちを知らんぷりできないという倫理的な理由があります。

2貧困は暴力や環境破壊の原因となる
暴力や環境問題は、日本にいる人の生活も脅かすことになります。実際に国の機関でも、日本人の安全や産業、そして生活を守るために税金を使って途上国の支援を行っています。

海外旅行との違いは

海外旅行と海外ボランティアの違いは、一言でいうと目的の違いです。
海外旅行は現地を満喫することやリフレッシュすることが目的ですが、海外ボランティアは現地の人と一緒に困っていることを改善することが目的です。
目的の違いから、海外旅行と海外ボランティアでは得られることにも違いがあります。5つの主な違いは、

1.その国の見える面が違う 観光で行くからこそ感じられる魅力と、現地の人の生活に密着するからこそ深まる理解があります。

2.経験を通じて身につく力が違う 観光であってもボランティアであっても外国に行くことでつく力があり、加えてボランティアで活動するからこそつく協働力や実行力などがあります。

3.一緒に行く人が違う 仲良しの家族や友人と行く旅行と、初めて出会ったメンバーで一緒に行くボランティアという違いがあります。

4.値段が変わる レジャーや娯楽の有無だけでなく、ボランティアツアーの中では活動中の食費や宿泊費がかからないものもあり価格が抑えられます。

5.安心感が違う 現地に詳しいスタッフの方や現地の方と一緒に行動することで、危険を回避して、いざという時も速やかに対応してもらうことが出来ます。

このような違いを考慮して、海外に行ってどんなことがしたいか、どんなことが出来るようになりたいかに合わせて旅行かボランティアを選ぶと充実した時間を過ごすことが出来るでしょう。
さらに詳しく知りたい方は
海外旅行より海外ボランティアをおすすめする5つの理由 をご覧ください。

ツアーの行き先の途上国ってどんなところ

途上国は、汚い危ないなどの悪いイメージを持つ人が多いですが、最近では東南アジアの途上国はコストをを抑えられ、料理が美味しく、レジャーが充実していると旅行先としても人気があります。
しかし、日本は世界の中では格別治安が良く、途上国は界の中で治安が悪く外務省が警告を出している地域もあるため、日本人が十分な準備なしで行ってしまうと大変危険です。
渡航前には、最新の情報を確認し、現地のガイドさんやスタッフの方の指示を守りましょう。

途上国の定義は、国連の委員会によって、GNI(国民が国内外を問わず1年間で稼いだお金の合計)や、5歳以下で亡くなる子供の割合、識字率、その国の経済がどれだけ安定しているかなどの複数の指標を組み合わせて審議して、当該国の同意の上で国連総会で認定されます。
途上国の定義からも分かるように、途上国には医療・衛生の問題、教育制度の問題、産業の問題などがあり、自分たちの力ではどうしようもない困難に直面している人々がいます。

さらに詳しい説明は 知っておきたい!途上国の基礎情報まとめ をご覧ください。 

<年代別>おすすめの参加の仕方紹介

時間はあっても、お金がない大学生におすすめ

海外ボランティアは大学生にとって魅力がたくさんあります。
長いようで、あっという間に終わってしまう長期休みを利用して、自分の世界を広げてみませんか? 
海外ボランティアに参加することで得られるものには、
その国の暮らしに密着することで得た深い知識や社会問題への当事者意識、
日本全国から集まった年齢も職業も違う新しい仲間、
自分の人生観を考える機会、社会に出てからも使える力などがあります。
さらに、海外旅行で行くよりも安い価格で行けることがあるので、お金の限られた学生におすすめです。

さらに詳しく知りたい方は 夏休み・冬休み前の大学生必見!大学生こそ海外ボランティアすべき理由とは をご覧ください。

まとまった時間が取りにくい社会人におすすめ

社会人の人のなかには、海外に行きたい、ボランティアで誰かの役に立ちたい、新しいことを始めたいという想いがありながらも、
毎日仕事とやるべきことが多く、まとまった休みが取れないからとあきらめている方が多くいるのではないでしょうか?
海外ボランティアの中には、社会人の方でも参加しやすいように短期間で連休を狙って企画されたものがあります。
また、海外ボランティアに参加することで、リフレッシュできるほか、社会人生活で役立つスキルを身につけ、仕事に活かすことが出来るのです。

関心のある社会人の方は、社会人が海外ボランティアすべき理由と参加までの完全ガイドをご覧ください。

第2の人生を始める定年退職後の方におすすめ

世界には、定年退職された方やいわゆるシニア世代の方の知識や経験を必要としている人たちがいます。
また、ボランティアに参加して生きがいを持ち活動的であり続けることで、皆さんの心身を元気に保つことが出来ます。
海外に抵抗があるという方は、国内のボランティアから始めたり、旅行会社が主催している観光とセットになった短期のスタディーツアーなどから始めてみたりすることをお勧めします。

<目的別>おすすめの海外ボランティア紹介

語学力を向上させたい人向け

海外ボランティアには英語力向上に効果的な要素がたっぷりあります。

海外ボランティアが効果的な要素は大きく分けて、
①現地での協働体験や活動の達成感がモチベーションUPに繋がるから

②スタッフさんが一緒なのでで英語に不安がある人も海外に行きやすいから

③英語を積極的に使う勇気が持てるきっかけがたくさんあるから

④海外ボランティアの参加日程に合わせて計画的に勉強できるから

の4つがあります。
モチベージョンがなかなかあがらない方や海外で実践経験を積みたい方は、ぜひボランティアに参加してみてください。

英語学習に海外ボランティアがおすすめな5つの理由には、詳しい解説とおすすめの参加の仕方が書いてあります。

とにかく安く海外に行きたい人向け

実は海外ボランティアは、海外旅行と比べて、とってもお得なことがあります。

お得① 観光や語学学校がセットになっているツアーがあり、滞在期間が充実する

お得② 現地に滞在中の食費や宿泊費を、主催団体が負担してくれるところもある

お得③ 観光や自分たちだけで行う活動では分からなかったことを知り、行けなかった場所に行ける

お得④ 現地に詳しいスタッフが一緒なので、とにかく安全。万が一の時も速やかに対応してもらえる


価格を抑えて、滞在先で充実した時間を過ごしたい方は、ぜひ海外ボランティアに参加してみてください。

詳しく知りたい方は、格安で海外に行きたい人必見!海外ボランティアのお得な情報をご覧ください。

あなたらしい方法で、忘れられない経験を!