1. 家庭崩壊に関するプロボノ募集

家庭崩壊に関するプロボノ募集

プロボノとは、職業上のスキルや専門知識を活かしたボランティア活動のことです。強みを発揮した活動となるので、より社会貢献に繋がるのはもちろん、自分にとっても「価値観が広がる」「スキルアップ」など、たくさんのメリットがあります。

家庭崩壊に関するプロボノ完全ガイドはこちら

家庭崩壊に関するプロボノ募集 2件中1-2を表示

似ている条件のボランティア

検索条件:
[活動テーマ] こども・教育 [種類] プロボノ
同じ条件の職員/バイト募集一覧

家庭崩壊に関するNPO・公益法人・社会的企業紹介

  • 社会福祉法人 日本心身障害児協会

    • 東京,多摩市
    • 福祉・医療・障がい,その他
    • 家庭崩壊

    この社会福祉法人日本心身障害児協会は多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより、利用者が個人の尊厳を保持しつつ、心身ともに健やかに育成されるよう支...

  • 公平で平和な秩序社会を推進するネットワーク

    • 東京,荒川区
    • こども・教育,中間支援
    • 家庭崩壊

    この法人は、借金苦により生活破綻した家庭の児童への生活支援、および学童への就学支援等を行うことを目的に、債務処理関係機関、社会福祉関係機関、社会教育関係機関等への紹介協力による同問題解決へ取り組...

  • 愛と希望

    • 東京,新宿区
    • 国際,中間支援,その他
    • 家庭崩壊

    この法人は、隣人愛と一人ひとりの人間としての尊厳を大切にするという精神にもとづいて、現代社会の諸問題に直面し、自らの生き方を模索している人々、および種々の社会問題、すなわち家庭崩壊、教育の荒廃、...

  • 社会福祉法人 至誠学舎立川(児童事業本部)

    • 東京,立川市
    • こども・教育,福祉・医療・障がい,その他
    • 家庭崩壊
    • 保育

    東京都立川市にある児童養護施設 至誠学園(しせいがくえん)は、児童相談所を通じて措置される、さまざまな理由(虐待、貧困、家庭崩壊など)で保護者と暮らせない2歳から20歳までの子どもたちを、児童福...

  • 特定非営利活動法人 日本メンタルスクエア協会

    • 家庭崩壊
    • 引きこもり

    この法人は、広く一般市民を対象として、精神面での不安をケアする為の相談事業及び講習会や対話会などを通して人々に精神的なケアの重要性を意識、理解してもらう普及、啓発事業、カウンセリングや心理学など...

  • 特定非営利活動法人 栃木クレサラ救済会

    • 貧困・人権,その他
    • 家庭崩壊

    この法人はリストラや倒産で収入が少なくなった人々が、不足分の借り入れを繰り返す事により、家庭崩壊に追い込まれる前に、返済方法をアドバイスし健全な市民生活が送れる要支援を行い、まじめに働いてきた人...

  • 特定非営利活動法人 日本ミールソリューション研究会

    • 国際,こども・教育,地域活性化・まちづくり
    • 家庭崩壊
    • リサイクル

    全国の地域社会および地域住民に対して、オーガニック、食品遺伝子組み換え、HACCP、リサイクル、孤食などの食事の空疎化による家庭崩壊、食育(食についての教育)、食文化の空洞化、食品自給率の低下、...

  • 石狩はまなすの会

    • 北海道,石狩市
    • 家庭崩壊
    • 自殺
    • 人権

    この法人は、広く一般消費者・中小企業事業主に対して、クレジット・消費者金融・事業者金融・連帯保証人・住宅ローン延滞等の解決策の情報公開を行うとともに、相談会やカウンセリングの場を設け、多重債務者...

家庭崩壊に関するNPO/社会的企業一覧

家庭崩壊に関する寄付・募金紹介

家庭崩壊に関する寄付/募金一覧

家庭崩壊に関するプロボノ
完全ガイド

「プロボノってなに?参加してみたいけれどプロボノの参加手順がわからない」
「家庭崩壊ってどんな状態?原因は?どんな支援がされるの?」

このような疑問やお悩みを解決するため、サービスグラントのホームページやプロボノ経験者のブログ、特定非営利活動法人のホームページなどを元に、ガイドページをご用意致しました。

プロボノとは自分のスキルや専門知識を生かすボランティア

プロボノとは、サービスグラントによると、

社会的・公共的な目的のために、職業上のスキルや専門的知識を生かしたボランティア活動

と説明されています。

そもそも、プロボノのはじまりは弁護士などが無料で相談や弁護をはじめたことがきっかけとされています。
プロボノの語源は「公共善のために」を意味するラテン語「Pro Bono Publico」です。

そのため、プロボノ活動は「お金」のサポートではなく、「スキル」でサポートすることを目的としています。
現在では、法律業界だけでなく、一般企業で働く様々な職種の方が社会問題と向き合うために自分のスキルを提供されています。


プロボノの魅力・メリットは「価値観を広げられる」&「スキルアップ」につながること

プロボノ活動は業種や職種も「バラバラなメンバー」で活動するので、新たな発見を得られます。
また、自分の仕事が社会の役に立つ経験を通して、自分の仕事の価値を再確認することができます。

さらに詳しくプロボノの魅力について知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


プロボノの具体的な仕事内容

では、どのような職種の方がプロボノとして活躍されているのか詳しくみてみましょう。


デザイナーやマーケティングなどの多様な職種が活躍

例をあげると、

  • デザイナー
  • マーケティング
  • 営業
  • エンジニア

などがあります。

詳しくはサービスグラントのサイトを見ていただくと、さらに詳しく知ることができます。

実際にプロボノをした方の体験談が知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


プロボノ参加前の心がまえ

プロボノに参加する前に知っておいてほしいことをまとめてみました。
どのような意識で取り組むべきなのかみていきましょう。


プロボノは難しい活動であることを知っておく

「プロボノ」はプロとして求められる活動です。
そのため、求められるレベルも高く、「難しい」と感じる場面が多くあります。

その「難しさ」を受け入れる覚悟があるかもう一度考えてみましょう。


団体と「共同で作り上げる姿勢」で参加する

活動中は、団体側と課題解決のために「共同で作り上げる」という姿勢を持つことが大切です。
逆に、「教えてもら」姿勢で活動に取り組んで学びを吸収しましょう。


課題・ニーズの共有を行う

自分が持つスキルが団体の根本的な解決に結びついているか確認しましょう。
ニーズにあったものが作れないと、団体側にもプロボノ側にも負担になってしまうだけですね。


責任を持って最後までやり遂げる

様々なバックグラウンドを持った人たちが集まるため、業務がスムーズにいかないことはよくあります。
どんな状況でも、柔軟に対処できるようにしましょう。

さらにプロボノ参加前の心がまえについて知りたい方は以下のリンクをご覧ください。

参考 サービスグラント プロボノワーカーの声



プロボノの参加前から参加後までの流れ 〜自分で調べて参加するパターン〜

プロボノに参加する方法には「自分で探す場合」と「プログラムを利用する場合」の2つがあります。
最初に「自分で探す場合」の参加の流れを紹介します。


自分にあう団体をネットで見つける

自分のスキルが活かせるか確認が必要です。
NPOに直接アポイントを取る方法もあります。


プロボノに応募する

自分で直接団体側に連絡を取るときは、自分のプロフィールを相手の団体にわかりやすく伝えることを心がけましょう。


実際にプロボノとして参加する

業務を始める前に支援先団体と支援者との認識の確認が重要
プロジェクトが始まる段階でも、目的が曖昧だったりすることもあり、プロボノ側が整理して、課題を見つけ進めていくこともしばしばあるようです。

参考 note はじめてのプロボノ 体験記 ~プロジェクトスタート編~


成果物の提出をしてプロジェクト終了

支援先の団体に成果物を確認してもらい、細かな修正を加えてプロジェクトは終了です。

自分で調べてプロボノに参加する場合について詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


プロボノの参加前から参加後までの流れ 〜プログラムに参加するパターン〜

続いて、「プログラム型」のプロボノに参加する場合の流れを説明していきます。


説明会などに参加する

サービスグラントさんのサイトを利用する場合、まず最初にweb上でスキル登録をします。
その後、プロボノワーカーとの交流会や説明会の参加が必要になります。


実際にプロボノとして参加する

自分の経験から希望する職種を選びます。
条件がマッチした団体と連絡を取り合い、プログラムに沿って活動が始まります。


成果物の提出をしてプロジェクト終了

支援先の団体に成果物を確認してもらい、細かな修正を加えます。
例えば、チラシ作成プロジェクトだった場合、作成したチラシをSNSで拡散するために「Facebookを始める提案」や「今後のチラシ活用案の提案」をします。

プログラムを利用してプロボノに参加する場合について詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください。

参考 note はじめてのプロボノ 体験記 ~プロジェクト完了編~


「離婚」や「暴力」などで起こる「家庭崩壊」

weblioによると、家庭崩壊とは、

家庭が何らかの事情で一般的な平和な家族関係を保てず、不和や離散、暴力などが発生しているさま

と説明されています。

「家庭崩壊」は家庭が機能していないため、「機能不全家族」とも言われます。

英語では「family breakdown」と表されます。


家庭崩壊する原因

家庭崩壊の原因を家庭によって様々ですが、ここでは一例を紹介します。

  • 親の不仲・離婚
  • 暴力
  • 依存症(アルコール、ギャンブルなど)
  • 厳しい経済状況


家庭崩壊の原因の詳細を知りたい方は以下の記事をご覧ください。


家庭崩壊の一番の被害者は「子ども」

親の都合で家庭環境が変化することで一番影響を受けるのが子どもです。
子どもは、経済力がないため、親の決定に従うしかありません。

また、家庭崩壊している家庭の子どもは、常に親の機嫌や顔色をうかがったりして、自分の意思を持たなくなる危険性があります。
これらの行動はたいていの場合無意識で行われます。

このような子どものことを「アダルトチルドレン(AC)」ともいいます。


家庭崩壊した家族を支援する活動

主に以下の2つの取り組みが多くのNPOで行われています。


  • 家庭以外の居場所づくり(こども食堂や学習支援の場)
  • 電話や面談などで行われる相談


さらに詳しく知りたい方は以下の記事からご覧ください。


シェアお願いします!
    検索に戻る(ページ上部へ移動)