1. ホーム
  2. 【簡単解説】家庭崩壊した家族を支援する活動を3つ紹介します。

【簡単解説】家庭崩壊した家族を支援する活動を3つ紹介します。

    公開日 2019.11.22 更新日 2019.11.22
    by activo編集部


    家族の人生を大きく変えてしまう家庭崩壊。
    家庭崩壊をしてしまった家族に対してどんな支援がされているのでしょうか?

    今回は家庭崩壊した家族の支援活動を紹介します。

    家庭崩壊した家族を支援する活動

    数ある支援の中から、3つの活動を紹介します。

    子どもシェルター

    子どもシェルター」とは、帰る家のない子どもたちを保護するシェルターです。

    安心して心と体を休ませられるように、24時間スタッフが駐在しています。
    また、シェルターにいる期間は担当の弁護士がつき、今後の生活を一緒に考えてくれます。

    シェルターを退去した後も、継続的にスタッフが連絡をとり、アフターフォローをしっかりとされています。


    参考  NPO法人子どもセンターぬっく


    子ども食堂

    貧困対策として全国に広がっている子ども食堂。
    子ども食堂では一食を無料または数百円で提供されています。

    子ども食堂はご飯を安く提供することはもちろんのこと、みんなの居場所として機能しています。
    そのため、ご飯を食べながら、家庭の悩みを打ち明ける方もたくさんいらっしゃいます。


    電話や窓口での相談

    相談業務は行政や多くのNPOが行なっています。

    行政の場合、自治体によって窓口の名称が異なりますが、たいていの場合、市役所などで相談に乗ってもらえます。
    NPOの場合でも、電話での相談が可能な団体が多数存在しています。


    家庭の悩みを抱えた方のお手伝いをしませんか?

    家族との関係に悩む子どもはもちろん、子どもに暴力をやめられなくて悩んでいる方も多数いらっしゃいます。

    しかし、そういった方々に支援をしようとしても、人材の確保が難しく、困っているNPOがたくさんあります。

    未経験でも大丈夫です。
    子どもたちとその家族が納得して前に進めるようにお手伝いしてみませんか?

      関連する募集はこちら
      家庭崩壊に関するボランティア募集

      この記事のライター

      activo編集部

      国内最大級のNPO・社会的企業のボランティア・職員/バイトの情報サイト「activo」編集部です。はじめてボランティアや社会問題に関心を持った人でもわかりやすい情報を発信します。