1. ホーム
  2. NPO求人
  3. 埼玉のNPO求人募集一覧
  4. 埼玉でのこども・教育系NPO求人募集一覧
  5. 【埼玉県・毛呂山町】子どもたちの学習や生活を支援する補助スタッフを募集します!

更新日:2023/10/13

【埼玉県・毛呂山町】子どもたちの学習や生活を支援する補助スタッフを募集します!

一般社団法人彩の国子ども・若者支援ネットワーク
  • 勤務場所

    北坂戸駅 徒歩14分 [埼玉県坂戸市伊豆の山町] (事務所は坂戸市内にありますが、学習教室や送迎を実施する地域は毛呂山町、越生町、鳩山町となります。)

  • 待遇

    時給1,200円

  • 勤務日程

    随時勤務(勤務期間:応相談)

  • 勤務頻度

    応相談

基本情報

小学生向けの学習教室にて、子どもたちの行き帰りの送迎、日常的な学習、遊びや体験活動のサポートを行います。専任スタッフ(学習支援員)と連携しながらのお仕事ですので、未経験や短時間の勤務でも可能です!

勤務形態
活動テーマ
勤務場所

事務所は坂戸市内にありますが、学習教室や送迎を実施する地域は毛呂山町、越生町、鳩山町となります。

待遇
  • 時給1,200円

交通費は別途実費にて支給いたします。

勤務日程

随時勤務(勤務期間:応相談)

勤務日時は水・金曜日の14:30〜20:30、土曜日の15:00〜19:00となります。

◆週1日からでもOKです!◆
◆勤務時間はお仕事の内容により多少前後する場合がありますので、詳しくは面接の際にご相談させていただきます◆

勤務頻度

応相談

勤務日数は週1日~3日となります。

募集対象

資格の有無は問いません。
子どもの教育・福祉の経験がある方や子育て経験の豊富なシニアの方が活躍中です!

◆以下の経験がある方も活躍中です◆
・教員経験
・塾講師や家庭教師の経験
・放課後等デイサービスでの送迎の経験

◆子どもの送迎を担っていただける方は特に歓迎します!◆
・普通自動車運転免許(AT車限定可)
→子どもの自宅や小学校から学習教室の会場まで、車による送迎を行います。

◆この仕事に求められる能力・資質◆
・子どもや保護者の話をさえぎらず傾聴できること
・子どもの安全を心がけて送迎や見守りができること
・行政の意図をくみ取り実現可能な提案ができること
・困難なことに対しては視点を変えて工夫できること
・相手の立場に立って物事を考えられること
・当事者意識をもって誠心誠意の対応ができること
・子どもに対して敬意をもって対応できること
・チームワークで仕事ができること
・スモールステップを大切に行動できること
・人の良いところを見つけて誉められること

注目ポイント
  • ひとりひとりの子どもと向き合うことができます。
  • 大変なときも声を掛け合いながら、協力して仕事をすることを大切にしています。
  • 子どもたちの成長、自立していく過程を見守ることがこの仕事の醍醐味です。
募集人数

1名

職種
祝い金 1,000円 祝い金とは?
応募画面へ進む

法人情報

一般社団法人彩の国子ども・若者支援ネットワーク

代表者

代表理事 土屋 匠宇三

設立年

2010年

法人格

一般社団法人

団体の活動を支援しませんか? 支援方法を確認する

彩の国子ども・若者支援ネットワークの法人活動理念

<法人設立趣旨>

私たちの社会が豊かで、健全であるかを示す尺度として、その社会が若者や子どもにどれほどの関心を示し、成長・発達のために力を注いでいるかが指標になると言われています。

地域社会や大人たちから暖かいまなざしで見守られているか、学ぶことに喜びを見出しているか、遊びや社会生活を共にする仲間がいるか、働くことに生きがいを見出しているか、生き方を真似したいと思える大人が身近にいるかが彼らの幸福度を左右します。

今や6人に1人が貧困状態で暮らしている子どもの貧困、孤立感、将来への不安、自己肯定感のなさは先進国の中では高い結果になっています。子どもや若者の世界で今、何が起きているのか、課題と解決策を見出し、具体的な取り組みを行うことが求められています。

当法人は大学等の研究者、小・中・高・特別支援学校の現職と元教員、社会福祉士、臨床心理士、ケースワーカー、児童相談所元職員、など子ども、若者に関わる専門家で組織された法人です。

彩の国子ども・若者支援ネットワークの法人活動内容

<目的

1 生活困窮世帯の子育てを支援する。

2 生活困窮世帯の子どもの学力を伸ばし、高校進学などの進路を拓くための支援を行なう。

3 生活困窮世帯の子どもの社会的自立を支援する。


<事業概要>

1 さまざまな課題、困難をかかえる子ども・若者を対象にソーシャルワークの手法で家庭訪問、面談、居場所づくりなどを行い、彼らの可能性、潜在能力を引出し、社会参加、自立のための支援をすすめます。

2 学習教室を開催し、学生ボランティア、退職教員などの協力で個別指導を行い、基礎学力を身に付け、上級学校への進学のための学習支援をすすめます。

3 中・高校生対象の体験学習や通所型就労体験を開催し、充実した高校生活、中退防止、就労意欲の喚起、自己の進路選択の力をつけるための支援をすすめます。

4 上記の取り組みをすすめるために、福祉事務所、児童相談所、教育委員会、大学、小中学校

高等学校、特別支援学校、老人福祉施設、民生委員など関係機関との連携、協力を強めます。

取り組む社会課題:『教育格差』

「教育格差」の問題の現状  2024/01/30更新

現在、 日本では 8人に 1人の子どもが貧困状態にあると言われています(2021年厚生労働省調べ)。経済的に厳しい家庭では、保護者が病気や障がいで働くことができなかったり、逆にダブルワーク等で多忙な保護者に代わって子どもが家事や育児を担っていることもあります。また、保護者が外国籍の場合には学校や進路の情報が届きにくく、場合によっては日本語の通訳を子どもが担っていることもあります。


そのような家庭の子どもたちは、勉強机を買ってもらえない、勉強でつまづいても勉強をみてくれる大人が身近にいない、塾に通う経済的な余裕がない等の様々な理由で学校の勉強についていけなくなってしまうこともあります。実際、2009年度に埼玉県が行った調査より、生活保護世帯の子どもの高校進学率は86%で、一般世帯の子どもよりも約10%高校進学率が低いことがわかっています。また、全国学力調査では 世帯収入の格差がテスト結果の格差に結び付いていることも明らかになっています。進学しないことで、将来安定した仕事に就くチャンスも減ってしまうため、再び生活困窮に陥りやすくなります。生活保護世帯で育った子どもの4人に1人が、将来再び生活保護を受給しています(=「貧困の連鎖」)。


活動実績

2010年
一般社団法人彩の国子ども・若者支援ネットワーク設立(代表理事:白鳥 勲)

2010年

  • ・生活保護受給者チャレンジ支援事業(通称:アスポート教育支援員事業)を受託

・生活保護受給者世帯の中学3年生を対象に、埼玉県内5カ所に中学生学習教室を設置。


2011年
対象学年を中学1年~中学3年生に拡大

2011年

  • ・中学生学習教室を県内10カ所に拡大。

2012年

2012年

  • ・中学生学習教室を県内15カ所に拡大

2013年
高校生を対象とした学習支援を開始

2013年

・中学生学習教室を県内17カ所に拡大、高校生学習教室を県内7カ所に設置。

2015年

2015年

  • ・生活困窮者自立支援法が施行。任意事業として「子どもの学習支援事業」が開始。
  • ・事業主催は埼玉県から各市に移り、町村は引き続き埼玉県が主催。

2018年
小学3年生~小学6年生を対象とした埼玉県主催ジュニア・アスポート事業を受託

2018年

  • ・ジュニア・アスポート教室を県内6カ所に設置

2019年

2019年

  • ・法律上の事業名が「子どもの学習・生活支援事業」に変更。
  • ・ジュニア・アスポート教室を県内7カ所に設置。

彩の国子ども・若者支援ネットワークのボランティア募集

彩の国子ども・若者支援ネットワークの職員・バイト募集

応募画面へ進む
応募画面へ進む