1. ホーム
  2. 東京のボランティア募集一覧
  3. 東京でのこども・教育系ボランティア募集一覧
  4. 正社員募集★オンライン国際交流を届ける教育会社で国内営業/ 企画営業しませんか?

更新日:2021/09/29

正社員募集★オンライン国際交流を届ける教育会社で国内営業/ 企画営業しませんか?

With The World

【正社員・営業・教育会社】オンライン国際交流で私たちと世界に教育を届けませんか?

With The Worldはオンラインでの国際交流を通じて生徒が成長できる場を提供しています。


「英語は苦手だし海外にも興味がない..」と言っていた生徒がWith The Worldのプログラムに参加することで自ら相手国について調べてくるようになったり、「今日は3つも自分から質問できた!」「司会進行を英語でできるようになった!」と授業で自身の成長を実感できるようなプログラムのデザイン・提供を行っています。


基本情報

05e75494ce-probono_children_recruiting_83991_main.png

オンラインで国際交流を届けるスタートアップの教育会社です。日本の学校向けにプログラム導入を目指して営業・コンサルティングを行う正社員を募集いたします!

活動テーマ
活動場所

オフィスは神戸ですがフルリモート勤務可能です

必要経費
  • 能力に応じて相談の上決定します:月給270,000〜350,000円
活動日程

随時活動(活動期間:1年以上の長期)

募集対象

以下の条件をすべて満たす方が対象です:

・With The Worldの理念に共感してくださる方
・法人営業経験2年以上お持ちの方
・テレアポ経験がある方

注目ポイント
  • 教育業界(EdTech)の最先端情報を常にキャッチできる
  • 日本中の学校や先生と繋がることができる
  • オンライン国際交流に参加した生徒の成長に寄り添うことができる
対象身分/年齢
募集人数

1名

祝い金 未確定 祝い金とは?

募集詳細

With The Worldの思い


日本の学校の先生方にWith The Worldのプログラムの魅力を伝え、先生と一緒にどのように実施できるかを協力して考えていきます。


先生の悩み:


・生徒は英語を話すことに自信がないけど国際交流させても大丈夫?

・学校のICTを使いこなせるか不安

・With The Worldのプログラムで生徒がどのように成長するのか知りたい

・コロナで中止になった留学や国際交流の代替としてだけでなく、生徒にオンラインならではの体験をしてほしい


オンラインで国際交流、と一言で言っても先生の数だけその目的や思いがあります。

With The Worldはどのような環境に置かれた生徒も取り残さず、世界の果てまで教育を届け続けることを目標に掲げています。


困難があるから国際交流をしないという選択肢をとるのではなく、「どうやったら生徒の成長のきっかけになる授業を先生と一緒に届けることができるか」を先生方に寄り添い、実現していきます。





お仕事内容


■マーケティング


☆募集するWith The Worldのプログラムは誰にどのように成長してほしいか、どのような人に参加してほしいのかを募集ページやチラシ作成を通して形にしていきます。


・各種イベントの募集ページ作成

・チラシ作成

・営業戦略



■営業活動


☆With The Worldのプログラムを導入していただけるように先生とのオンライン商談のアポイントをとりつけ、プログラムを提案し、先生からフィードバックをいただき、ご依頼まで繋げていきます。

また、定期的に個人イベントを開催し、「学校単位だと最小催行人数を満たせずプログラム開催ができないが生徒に国際交流を経験させたい」といった先生や保護者の方からの熱い思いに寄り添い、1人からでも参加できるようなオンライン国際交流を実施します。


・学校案件(学校法人に向けたコンサルティング業務)

・個人イベント案件(国際交流を必要としている人たちのマーケティング業務)



■事務


☆With The Worldのプログラムに興味を持ってくださった方からのお問い合わせに対応します。また、プログラム実施確定のために契約書作成なども行います。


・受電対応

・契約書・見積り・請求書作成



■営業インターン生採用、育成


☆With The Worldの営業部門ではインターン生も大活躍中!入社したばかりのインターン生が営業チームで成長し活躍できるようにマネジメントを行います。





「自分のことだ!」とびびっときた方大募集!


・問題が起きたときにその原因と解決策を自ら考え実行できる

・自分の意見を持っており、相手のことを考えた表現で伝えることができる

・相手の発言をすぐにジャッジするのではなく、まずは受け止めることができる

・チームワークを大切にし、協力して仕事に取り組むことができる

・変化に柔軟で、ポジティブに捉えることができる




勤務形態

■勤務時間:9:00~18:00 ※18:00以降は時間外労働 (次の日の準備など)

■特別休暇あり

■状況に応じてテレワークも可能




待遇・福利厚生

■【加入保険】雇用保険、厚生年金、健康保険、労災保険
■交通費全支給 (月3万円まで)
■健康診断(扶養している配偶者・両親も会社負担で健康診断)
■パパ育児有給、結婚有給、子どもの結婚有給等の特別休暇
■育児・介護時短勤務




選考プロセス

1次面接(オンライン)

2次面接(対面/オンライン)

ワークサンプル+最終面接(@神戸オフィス予定)

内定

  • d495bda89a-probono_children_recruiting_83991_sub1.png
  • d5606b7e5e-IMG_0768.JPG

オンライン国際交流プログラムで、世界の同級生と共に学び合える場を創る

代表 五十嵐駿太のWith The Worldにかける思いです。代表、そしてWith The Worldの目指す世界を一緒に叶えたいと思った方、応募をぜひお待ちしております!

体験談・雰囲気

このプロボノの体験談

営業部の社員に聞いた!With The Worldの営業のお仕事のやりがいって何ですか?


・生徒が楽しそうに海外の生徒と話しているとき

・生徒から嬉しい感想をいただいた時

・先生がプログラムに満足してまたやりたいと言ってくださった時


こんなときに「With The Worldで営業をしていてよかったな」と嬉しくなります!以下がWith The Worldのプログラム参加者様からいただいた感想です。これらを読むと「もっと多くの人に国際交流を届けていきたい、一人ひとりの成長や気付きのきっかけを作っていきたい」と強く思います。



参加者の声がお仕事のモチベーションになります!


◯参加者Aさん:

実際にザンビアの方々とリモートで交流してみて、彼らの明るさに驚きました。事前学習で、ザンビアは著しい経済成長を遂げている一方、格差や貧困、教育問題などの問題を抱えていることを知りました。生活は決して楽ではないはずなのに、私たちと笑顔で交流している姿は輝いていて、そんな彼らといつか絶対に現地で直接交流したいと強く思いました。


◯参加者Bさん:

ザンビアのコロナの影響・ザンビアの子供達について学びました。 コロナ禍によって夜逃げしなければならなくなる人が 90%近く居ることにとても驚きました。 夜逃げしなければならなくなる人や、自分たちのためにも、一日でも早くコロナを無くさなければいけない と感じました。


◯参加者Cさん:

フィリピンでは廃棄場が街にそのままにあるというように表にゴミ問題が出てきやすいですが、日本はゴミの処理の仕方も詳しく知らない人が多いようにまだ社会的な問題にはなっていません。しかし、その現状を知った今だからこそ、できることがあると思います。例えばリサイクルに気をつけることや、食料廃棄を出来るだけ防ぐために食べられる量しか買わない、作らないといったことが環境保護に努めることが身近にできることだと思います。また、このゴミ問題をsdgsのいろいろな番号のものに結びつけ、解決策をより詳しく考えられるのではないかなと考えます。フィリピンの問題も知ることができたことはもちろん、日本の問題も再認識できた非常にいい機会でした。




生徒がこのような気づきや感情を持つのはプログラムに参加したこそであり、そしてそのプログラムを伝える人がいるからです。


『人生の中で変化や成長の一歩になる』


そんなきっかけを提供できる、そしてその瞬間に立ち会いメッセージをいただける、このお仕事を一緒にしませんか?




このプロボノの雰囲気

With The Worldの雰囲気は?


現在、50名を超えるスタッフ(営業チーム以外の部署も含む)と5名の運営メンバーで活動しています。


設立4年目、社員は平均年齢28歳と若い団体で、教育や生徒に対する課題意識や情熱を一人ひとりが持っており、毎日熱心な議論が行われています!


会社としての目標達成のために何をすべきか、そして誰を巻き込んでいけば良いかを常に考え行動する姿勢はメンバー間でもお互いの刺激となっています。


スタートアップ企業ならではですが、課題の発見・改善を目まぐるしいスピードで行うために業務におけるステップやシステム変化のや頻度が多くなっており、提示されたことをこなすのではなく自ら課題発見やその改善方法を見つけ行動できる方と一緒にお仕事したいと思っています。


また、営業部に採用された社員の方には運営メンバーとして他部署のリーダーとも連携を取りながら組織を共に創っていきたいと考えています!



営業社員の1日(例)をご紹介します!


9:00-9:30 朝会

9:30-10:00 営業部ミーティング

10:00-11:00 オンライン商談

11:00-12:00 テレアポ

12:00-13:00 お昼休憩

13:00-14:00 オンライン商談

14:00-15:00 テレアポ

16:00-17:00 オンライン商談

17:00-18:00 商談提案準備




世界中の提携校も拡大中!

世界中の学校と繋がり国際交流を届けています。各国・地域の教育事情やそれに影響を与える歴史的・文化的背景にも触れることができます。



特徴
雰囲気
  • e52b797778-probono_children_recruiting_83991_sub2.png
  • d9858b75df-probono_children_recruiting_83991_sub2.png
  • 4a07ff908a-probono_children_recruiting_83991_sub2.png
  • a96bc65feb-probono_children_recruiting_83991_sub2.png

企業情報

“世界協同で社会問題の解決に向け、働きかける未来を創る。”
代表者

五十嵐 駿太

設立年

2018年

法人格

株式会社・有限会社・合同会社

With The Worldの企業活動理念

  • 大きな社会問題も、解決への取り組みは地域から。
  • 大きな社会問題を政府レベルで考えるだけでなく、「自分たちで出来ること」を考え、行動する習慣を創ります。世界の国々と学生、そして地域を結び、グローバルな視点で地域活性の相乗効果を目的としています。
  • 1つ1つの学校の方針や特色を理解し、学生にとって学びの深いプログラムを提供します。
  • プログラム対象の学生に合わせた海外校選びや、採択校の目指すゴールに合わせたプログラムをオリジナルで構成し、学校で学んだ知識をそのまま発揮する機会を創ります。もちろん、海外校との調整(交換留学手配含)やプログラム作成など全て弊社が行い、ご担当者様のお手間を減らします。
  • 海外提携校を増やし、多くの地域で国際交流を身近に感じることが出来る教育環境を創ります。

With The Worldの企業活動内容

With The Worldは、世界中の学校をリアルタイムで繋ぎ、学校の授業中に海外の学校と一緒に授業を受けられる環境を中学~大学で現在創っています。1クラス約40名で(日本校20・海外校20)、お互いの国・地域のSDGsに則った行いたいテーマを生徒が選び、4人少人数グループで異なる視点を持つ他国の同世代とともにスカイプを通じて社会問題の「原因」を探り、インタビューから「生の情報」を収集し「解決策」に働きかける機会を設けることで、学生の視野を拡げています。プログラムは、定期的且つ長期的に授業を行い、途中交換留学を設けることで、考案した実施策を現地で行う機会づくりや、世界中の同世代のチームメイトに実際に会える感動機会を設け、絆を深めながら社会性と国際性に富んだグローバルリーダーを将来に輩出しています。

活動実績

2018年
日本初!学校の授業で海外の同級生と共に学ぶ環境をつくる。

2018年04月02日

株式会社With The World 設立(4月2日)

■関西学院高等部とインドネシア・バリ島の私立学校を週1回のオンライン授業&相互訪問の実践

(2018年4月6日~)

■新渡戸文化中学校にて、「教えない授業」著書・山本崇雄先生のクラスで中学1年生を対象にフィリピン・イロイロ市の私立学校を月1回のオンライン授業の実施(2019年10月~ 次年度相互訪問実施)

■ビジネスコンテスト

1.クリエイティブひょうごビジネスコンテスト ファイナリスト (2018年11月)

2.日経ソーシャルビジネスコンテスト ファイナリスト (2019年1月)

3.日本アントレプレナー大賞 ソーシャルビジネス部門 ファイナリスト (2019年3月)

4.ICCサミットKYOTOスタートアップカタパルトプレゼンター(2019年9月)

■メディア掲載実績

1.ジャカルタ新聞(インドネシア在住日本人向け新聞) (2018年4月と6月)

2.バリ新聞(2018年7月)

3.神戸新聞社 「キャラ弁」インドネシアを救う!?(2019年6月掲載)

4.毎日新聞社 バリの生徒と交流授業 関西学院高等部 共通テーマ議論 (2019年6月)

5.月刊「事業構想」7月号 オンラインで海外の高校と繋がる グローバル人材育成の新手法 (2019年7月)

6.月刊「宣伝会議」8月号 学校の課題とニーズに対応 国際交流授業の「垣根」をなくす (2019年8月)

7.毎日新聞社 月刊「毎日フォーラム」地域課題をアジアの生徒と考える(2019年8月)

8.月刊「先端教育」1月号 国際交流授業の「垣根」をなくす。オンライン・PBL型の授業を実現(2020年1月)

9. 神戸新聞社「オンラインで留学体験」(2020年4月)

■行政支援

1.兵庫県若手起業家支援 採択 (2019年度)

2.神戸市ソーシャルビジネス助成支援 採択(2019年度)

With The Worldのボランティア募集

With The Worldの職員・バイト募集