1. ホーム
  2. プロボノ募集
  3. 教育格差に関するプロボノ募集

教育格差に関するプロボノ募集

プロボノとは、職業上のスキルや専門知識を活かしたボランティア活動のことです。強みを発揮した活動となるので、より社会貢献に繋がるのはもちろん、自分にとっても「価値観が広がる」「スキルアップ」など、たくさんのメリットがあります。

教育格差に関するプロボノ完全ガイドはこちら

34件中1-30を表示

似た条件のアルバイト・パート

★正社員募集!オンライン国際交流プログラムをデザイン&世界に届ける教育チーム

With The World
  • 東京, 大阪, 兵庫 (オフィスは神戸にあり、出社できる方を優先させていただきます。※お住まいの地域によってはフルリモート勤務可能です。)
  • 最低賃金以上の報酬あり
  • 国際,こども・教育
  • ・WithTheWorldの理念に共感していただける方・英語レベル:ビジネス英語ができる方 ※業務内・授業内で英語を使うシーンが頻繁にあります。生徒のために英語を噛み砕いて話せる方(相手の英語レベルに合わせて簡単に説明できる)・教育に強い興味を持っているor現行の教育を変えたいという思いがあり、何かしらの行動をしている方・生徒が楽しんでプログラムに参加できる授業を運営できる、明るい方・チームワークを大事にできる方・会社や自身の成長のために他人からの指摘・助言を素直に受け止められる方・部下や後輩をもち、チームをまとめる経験・マネジメント経験のある方・実際に授業を行っていただくため、大人数の前で話すことに抵抗がない方・土曜日勤務ができる方(授業実施日。振替休日取得可能)
  • 随時活動(活動期間:1年以上の長期)

オンラインで国際交流プログラムを提供するスタートアップ教育会社です。プログラム作成から授業デザイン、当日の運営まで行いながら世界中の子どもたちへ教育を一緒に届けませんか?

WEBページのUI/UXを改善するデザイナー・エンジニア人材を募集

一般社団法人選挙割協会
  • 東京 (コミュニケーションはオンライン中心です。Zoomをインストールしていただけますようお願いいたします。)
  • 無料
  • こども・教育,地域活性化・まちづくり
  • 社会人,シニア:【募集の背景】有権者、とくに若年層の選挙への意識を高めるための活動で、学生が主体となって進めています。活動に賛同してくれる団体・企業は全国レベルで増えており、スケールの大きな活動に成長しています!従来は学生メンバーが時間をやりくりし、手探りでメンテナンスしていましたが、活動のスケールアップに伴い、センキョ割公式サイト内に賛同団体・企業の店舗情報を一元化し検索できるデータベースを設置することになりました。今後はより正確な情報の掲載と、ユーザーが使いやすいサイトにしていくために、サイト担当として参画してくださる方を募集いたします。助けてください。【お任せしたい内容】当面は、公式サイトの掲載内容や、データベースのメンテナンスをお願いします。入力画面からテキストを入力・編集するのが主な作業です。※サイトを制作した既存プロボノメンバーが丁寧に説明します。将来的にはWebサイトリニューアル・SEO等々、専門の強みを活かしたブラッシュアップができればなお良いですが、ご応募いただいた方のご経験や適性に応じて、何をお任せするか検討したいと考えております。【必須経験】HTML/CSS基本知識企業または個人で、ウェブサイトをゼロから構築した経験(要URL)ウェブサイトまたはブログの運用経験(企業内、個人活動など)【尚可】GoogleAnalytics等、アクセス解析ツール ご利用経験【応募条件】応募時、担当サイトのURL・担当した作業をお知らせください。【求める人物像】センキョ割の活動に共感し、未来によりよい社会を引き継ぎたい!というお気持ちのある方。学生主体の活動ですので、交流も楽しんでいただける方が良いです。メンテナンスは細かな入力作業が多いので、事務作業が苦で無いほうが良いかもしれません。【補足】活動の特性上、選挙の前のタイミングで作業ボリュームが増えます。お仕事に支障がないように調整して、ご参加ください。
  • 随時活動(活動期間:応相談)

一般社団法人選挙割協会では「センキョ割」(投票後、投票済書や投票所の看板を撮った写真がクーポンの代わりとなり、参加店でオトクが楽しめるキャンペーンを通じ社会参画意識を高める教育事業を運営しています。

NPO二枚目の名刺「すべての子どもが自分の未来を描ける社会づくりを共に!」

NPO法人 二枚目の名刺
  • フルリモートOK (感染対策徹底の上現場へ足を運ぶ場合もあります。(あくまでもチームメンバーと相談の上決めます)。)
  • 無料
  • こども・教育,中間支援
  • 社会人,大学生・専門学生:異業種の社会人メンバー(4-6人)と社会課題解決の取り組みをしている団体が「共感」で繋がり、一つのチームになって、団体の事業推進に取組む約3ヶ月のプロジェクトです。<こちらの様な方にオススメ>「異なる価値観や考え方に触れ、更に自分を成長させたい」「新しいことに挑戦し、自分を変えていきたい」「自分の強みや弱みを再確認したい」そんな思いを抱いている方にピッタリのプロジェクトです。※注)当初CR86参加予定でありました「NPO法人川崎寺子屋食堂」につきましては、諸事情により参加中止となりました。参加団体は「アップシードビーンズ(株)」様「NPO法人まなびやもも」様2団体となります。

社会課題解決に取り組む団体を支援するため、背景も動機も異なるメンバーが集まり、3ヶ月間に渡り団体の事業推進に取り組むプロジェクト。必要なのは「団体の想いへの共感」と「自分を変えたいという想い」です^^

「義務教育」以外の学び舎                   

一般社団法人 ALTER
  • フルリモートOK, 京都 (代表者が京都在住・登記も京都ですが、現在オンラインでの学習コンテンツ作成にフォーカスしているため、プロボノとしてリモートによる団体参加可能です。(ただ、少数の応募となっているため専門性については厳格に判断させて頂いております。))
  • 無料
  • こども・教育,地域活性化・まちづくり
  • 社会人,大学生・専門学生,シニア: ご自身のスペシャリティ(専門性)を、プロボノとして「義務教育以外の新しい学び場の構築」に活かしてみたいという方を募集してます。※少数での行動を理念としているので、現在求めているスペシャリティを以下に限定させて頂いております。①アニメーション・動画制作クリエイター②税務知識のある方③広報担当の経験がある方【理念も交えた説明】:現在「義務教育」の制度疲労・機能不全により、教育のもう一つの柱として新しい学びの場の構築が求められているます。 私は、みなさんが大学・会社・社会経験などにおいて培ったスペシャリティによって、それは構築できると思っています。 義務教育に不信感を抱き、理念に共感して頂ける方を求めています。
  • 随時活動(活動期間:応相談)

一般社団法人ALTERとは? オルタナティブラーニングにより「学校」以外の様々な学びのプラットフォームの「設立」「操業」を、当団体メンバーのスペシャリティ(専門的知識)によって提供していきます。

34件中1-30を表示

教育格差に関するNPO・公益法人・社会的企業紹介

  • NPO法人キャリアアシスタント

    • 東京,品川区
    • こども・教育,中間支援,その他
    • 教育格差

  • NPO法人ちょっくらホームステイ

    • 東京,目黒区
    • 国際
    • 教育格差

    ★設立に至った経緯幼い頃から他国の文化に触れる事で、言語はただの'コミュニケーションツール'である事に気がつき、完璧な文法を使って話せなくても、言いたいことを伝えられる事に気がつきます。その経験...

  • Galileo Club International

    • カンボジア,タイ
    • 教育格差
    • 保育

    ガリレオクラブインターナショナルは、 養老孟司氏の「バカの壁」に触発された若者を中心に 「身体を動かすことで、バカの壁を越えて行こうとする」 ムーブメント 運動体である。 多くの日本人は、 「...

  • 特定非営利活動法人 キッズドア

    • タイ
    • 教育格差

    今の日本では、こどもたちを取り巻く環境が急速に悪化し、こどもたちの目の輝きは、日に日に失われています。 企業の社会貢献、行政、NPO、地域などいろいろなところで子育て支援、教育支援活動が行われて...

  • 特定非営利活動法人 まちの塾freebee

    • 東京,杉並区
    • こども・教育,福祉・障がい・高齢者,中間支援
    • 教育格差
    • 経済格差
    • ニート

    この法人は子どもたちのために放課後を利用して、地域で学習支援など教育に関する事業を行い、家庭教育力・養育環境の低下、経済力格差に伴う教育格差による学力低下を改善するために、地域に住む教育能力のあ...

  • NPO法人eboard

    • 兵庫,西宮市
    • こども・教育,スポーツ・アート・文化,中間支援
    • 教育格差
    • 不登校

    この法人は、主に不登校や家庭の経済的理由などから十分な学習環境が整えられていない子ども達に対して、また学校教育過程からの遅れがあり学習に困難を抱えている子ども達に対して、インターネット上で無料で...

  • 一般社団法人 花鶏学苑

    • 岩手,宮古市
    • こども・教育,福祉・障がい・高齢者,その他
    • 平和
    • 自立支援
    • 教育格差

    当法人は、平和と善の精神に基づく教育支援に資する事業を行い、子ども、若者等が個性や能力を伸ばす機会や学びと成長の場を提供し、その多様な生き方と学びを支援する。もって、教育格差の解消、教育機会の拡...

  • 特定非営利活動法人 教育格差是正協会

    • 東京,世田谷区
    • こども・教育,その他
    • 教育格差

    この法人は、広く一般市民の子どもを対象とし、経済的事情や学習環境の未整備など自分自身以外のなんらかの要素に起因する学習不安を覚えるすべての子どもへの学習機会の提供及び教育格差をはじめとする諸問題...

  • 一般社団法人 タテノイト

    • 埼玉,秩父郡
    • 中間支援,その他
    • 教育格差
    • 不登校
    • 経済格差

    当法人は、教育全般に関わるサービス提供に関する事業を行い、以て「情熱に溢れ、自分の中に揺るがない幸せの価値基準を持てる人」・「幅広い知性に基づき世界を俯瞰し自ら参画していける人」への育ちの支援を...

  • 任意団体 みてね基金

    • 東京
    • こども・教育,中間支援,その他
    • 教育格差
    • 難病

    「みてね基金」は、『すべての子ども、その家族が幸せに暮らせる』ことを目標に、国連サミットで採択されたSDGs(持続可能な開発目標/Sustainable Development Goals)で掲...

  • NPO法人エデュケーションエーキューブ

    • 福岡,福岡市
    • こども・教育,スポーツ・アート・文化,中間支援
    • 教育格差

     この法人は,経済的な困難を抱えている家庭の子ども達に対して,主としてITを活用した学習支援事業を行うことで,親の貧困を原因とする教育格差や貧困の世代間連鎖の解消に寄与すると同時に,こうした活動...

  • スカラシップジャパン

    • 東京,新宿区
    • こども・教育,スポーツ・アート・文化,中間支援
    • 教育格差

    この法人は、日本に公的な給付型奨学金制度がなく、貸与型の奨学金制度のみに留まっていることにより、貧困家庭の子供が将来に夢を持てず貧困家庭の高等学校進学率が非常に低い問題を解決するため、日本に民間...

教育格差に関するNPO/社会的企業一覧

教育格差に関するプロボノ
完全ガイド

「プロボノってなに?参加してみたいけれどプロボノの参加手順がわからない」
「教育格差って何?問題や原因とは?どんな対策がされているの?」

このような疑問やお悩みを解決するため、サービスグラントのホームページやプロボノ経験者のブログ、内閣府のホームページなどを元に、ガイドページをご用意致しました。

目次

プロボノとは自分のスキルや専門知識を生かすボランティア

プロボノとは、サービスグラントによると、

社会的・公共的な目的のために、職業上のスキルや専門的知識を生かしたボランティア活動

と説明されています。

そもそも、プロボノのはじまりは弁護士などが無料で相談や弁護をはじめたことがきっかけとされています。
プロボノの語源は「公共善のために」を意味するラテン語「Pro Bono Publico」です。

そのため、プロボノ活動は「お金」のサポートではなく、「スキル」でサポートすることを目的としています。
現在では、法律業界だけでなく、一般企業で働く様々な職種の方が社会問題と向き合うために自分のスキルを提供されています。


プロボノの魅力・メリットは「価値観を広げられる」&「スキルアップ」につながること

プロボノ活動は業種や職種も「バラバラなメンバー」で活動するので、新たな発見を得られます。
また、自分の仕事が社会の役に立つ経験を通して、自分の仕事の価値を再確認することができます。

さらに詳しくプロボノの魅力について知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


プロボノの具体的な仕事内容

では、どのような職種の方がプロボノとして活躍されているのか詳しくみてみましょう。


デザイナーやマーケティングなどの多様な職種が活躍

例をあげると、

  • デザイナー
  • マーケティング
  • 営業
  • エンジニア

などがあります。

詳しくはサービスグラントのサイトを見ていただくと、さらに詳しく知ることができます。

実際にプロボノをした方の体験談が知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


プロボノ参加前の心がまえ

プロボノに参加する前に知っておいてほしいことをまとめてみました。
どのような意識で取り組むべきなのかみていきましょう。


プロボノは難しい活動であることを知っておく

「プロボノ」はプロとして求められる活動です。
そのため、求められるレベルも高く、「難しい」と感じる場面が多くあります。

その「難しさ」を受け入れる覚悟があるかもう一度考えてみましょう。


団体と「共同で作り上げる姿勢」で参加する

活動中は、団体側と課題解決のために「共同で作り上げる」という姿勢を持つことが大切です。
逆に、「教えてもら」姿勢で活動に取り組んで学びを吸収しましょう。


課題・ニーズの共有を行う

自分が持つスキルが団体の根本的な解決に結びついているか確認しましょう。
ニーズにあったものが作れないと、団体側にもプロボノ側にも負担になってしまうだけですね。


責任を持って最後までやり遂げる

様々なバックグラウンドを持った人たちが集まるため、業務がスムーズにいかないことはよくあります。
どんな状況でも、柔軟に対処できるようにしましょう。

さらにプロボノ参加前の心がまえについて知りたい方は以下のリンクをご覧ください。

参考 サービスグラント プロボノワーカーの声



プロボノの参加前から参加後までの流れ 〜自分で調べて参加するパターン〜

プロボノに参加する方法には「自分で探す場合」と「プログラムを利用する場合」の2つがあります。
最初に「自分で探す場合」の参加の流れを紹介します。


自分にあう団体をネットで見つける

自分のスキルが活かせるか確認が必要です。
NPOに直接アポイントを取る方法もあります。


プロボノに応募する

自分で直接団体側に連絡を取るときは、自分のプロフィールを相手の団体にわかりやすく伝えることを心がけましょう。


実際にプロボノとして参加する

業務を始める前に支援先団体と支援者との認識の確認が重要
プロジェクトが始まる段階でも、目的が曖昧だったりすることもあり、プロボノ側が整理して、課題を見つけ進めていくこともしばしばあるようです。

参考 note はじめてのプロボノ 体験記 ~プロジェクトスタート編~


成果物の提出をしてプロジェクト終了

支援先の団体に成果物を確認してもらい、細かな修正を加えてプロジェクトは終了です。

自分で調べてプロボノに参加する場合について詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


プロボノの参加前から参加後までの流れ 〜プログラムに参加するパターン〜

続いて、「プログラム型」のプロボノに参加する場合の流れを説明していきます。


説明会などに参加する

サービスグラントさんのサイトを利用する場合、まず最初にweb上でスキル登録をします。
その後、プロボノワーカーとの交流会や説明会の参加が必要になります。


実際にプロボノとして参加する

自分の経験から希望する職種を選びます。
条件がマッチした団体と連絡を取り合い、プログラムに沿って活動が始まります。


成果物の提出をしてプロジェクト終了

支援先の団体に成果物を確認してもらい、細かな修正を加えます。
例えば、チラシ作成プロジェクトだった場合、作成したチラシをSNSで拡散するために「Facebookを始める提案」や「今後のチラシ活用案の提案」をします。

プログラムを利用してプロボノに参加する場合について詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください。

参考 note はじめてのプロボノ 体験記 ~プロジェクト完了編~


教育格差とは「生まれ育った環境の違いで受けられる教育に格差があること」

世界には家が貧しくて学校にも行けない状態の子どもや水すら手に入れることが難しい子どもがいるため、日本は格差がほとんどないと考えられがちです。
そのため、教育格差もほぼ無いように感じます。

しかし、日本は先進国の中でも貧困率が高いのをご存知でしょうか?
OECD加盟国(加盟国の多くが先進国)のうち34カ国中10番目に相対的貧困率が高いのです。

相対的貧困率とは一体なんでしょうか?絶対的貧困率と一緒に以下の記事で説明しています。




参考 内閣府 平成26年版子ども・若者白書


教育格差は「経済格差」が影響する

どうやら、「教育格差」が起こる背景には「経済格差」が深く関係しているようです。


日本では7人に1人が相対的貧困

相対的貧困とは、最低限生活していくことはできる状態です。
そのような家庭では、「塾」や「習い事」など学校以外の活動にお金をかけることは難しくなります。


親の年収が高いほど子どもの学力が高い傾向にある

平成25年度「学力調査を活用した専門的な課題分析に関する調査研究」によって、世帯収入が高いほど正答率が高いことが明らかにされています。


教育格差があると「貧困の世代間連鎖」が起こる

教育格差があると、子どもたちの中で「学習時間」や「学習環境」に差が出ます。

例えば、十分な学習機会を受けることができなかった子どもは、低学歴となります。
そして、安定した収入を得られないまま大人になり、自分の家庭を持ちます。

相対的貧困世帯で育った子どもは貧困から抜け出すことが難しく、次世代に貧困が続く可能性があります。

貧困の世代間連鎖について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。


教育格差をなくす取り組み例

「政府・NPO・企業」の取り組みの一部を紹介します。


政府が行う「貧困世帯の親への支援」

児童扶養手当」や「母子父子寡婦福祉資金」などの制度で経済面をサポートしています。


NPOが行う「学習支援ボランティア」&「学校外教育バウチャーの提供」

学習支援は主に大学生ボランティアなどによって行われます。
また、「教育バウチャー」と呼ばれるチケットを利用することで、好きな習い事や学習塾に通うことができます。


企業が行う学習支援「塾の授業料の減額」&「無料のオンライン塾」

家庭の状況に合わせて、塾の授業料を減額する取り組みがされていたり、決まった時間に配信される無料のオンライン塾もあります。

教育格差を解消する取り組みについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

シェアお願いします!
    検索に戻る(ページ上部へ移動)