1. 福祉・障がい・高齢者系プロボノ募集

福祉・障がい・高齢者系プロボノ募集

お年寄りの方々の介護をするボランティアや、障がい者の人々を取り巻く社会問題の解決を考えるアカデミックな活動など、幅広い活動が行われているジャンルです。経済的に豊かな日本でも、障がい者、高齢者、福祉の面で大きな社会問題を抱えています。誰にできて、困っている障がい者や高齢者の人々のためになるボランティア活動も、将来拡大が予想される高齢者の問題等に真剣に取り組みたい人向けのボランティアなど様々なボランティアがあります。プロボノとは、職業上のスキルや専門知識を活かしたボランティア活動のことです。強みを発揮した活動となるので、より社会貢献に繋がるのはもちろん、自分にとっても「価値観が広がる」「スキルアップ」など、たくさんのメリットがあります。

福祉・障がい・高齢者系プロボノ完全ガイドはこちら

福祉・障がい・高齢者系プロボノ募集 4件中1-4を表示

似ている条件の職員/バイト

検索条件:
[種類] アルバイト/パート [活動テーマ] 福祉・障がい・高齢者
似ている条件の職員/バイト募集一覧
同じ条件の職員/バイト募集一覧

表示される募集が少ない場合は以下も参考にしてください。

募集を終了した福祉・障がい・高齢者系プロボノ募集

福祉・障がい・高齢者系NPO・公益法人・社会的企業紹介

  • 特定非営利活動法人 HAL

    + フォローするフォロー中
    • 東京,世田谷区
    • こども・教育,地域活性化・まちづくり,福祉・障がい・高齢者

    子どもたちの最高の笑顔のために!NPO法人HALは、Human Active 余暇楽習研究所として1994年にスタートしました。レクリエーションのノーマライゼーションを基本理念とし、健常児・障が...

  • NPO法人 アフタースクールの会

    + フォローするフォロー中
    • 東京,豊島区
    • こども・教育,地域活性化・まちづくり,福祉・障がい・高齢者
    • バリアフリー
    • 保育

    この法人は、障がいのある子どもたちに対して、保育に関する事業を行い、また障がい者に対して、地域社会での生活サポートを行うことによって、地域社会との繋がりを強化すると同時に、健全なまちづくり、バリ...

  • JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)

    + フォローするフォロー中
    • 震災・災害,地域活性化・まちづくり,環境・農業

    ★3つの重点課題①人が、自然(森林・田畑・河川・海)を持続的に活用できる社会。②農山漁村が、都市とともに持続的に存在できる社会。 ③若者が、人と自然、都市と農山漁村をつなぐ担い手として持続的に活...

  • 特定非営利活動法人PALETTE

    + フォローするフォロー中
    • 東京,品川区
    • 国際,こども・教育,地域活性化・まちづくり

    PALETTEは「理不尽に、挑む。」を掲げ、「世界中の若者が"本当はやりたいこと"に挑戦し続けられる社会」を目指す、ソーシャルベンチャーです。

  • NPO法人 ぱれっと

    + フォローするフォロー中
    • 東京
    • 国際,福祉・障がい・高齢者

    ぱれっとは、就労・暮らし・余暇などの生活場面において障害のある人たちが直面する問題の解決を通して、すべての人たちが当たり前に暮らせる社会の実現に寄与する特定非営利法人です。

  • NPO法人野外遊び喜び総合研究所

    + フォローするフォロー中
    • 東京,府中市
    • 国際,こども・教育,震災・災害

    あばれんぼキャンプは、全ての子どもたちが走り回り輝く社会の実現を目指すNPO法人です。あばれんぼキャンプのコンセプトは「みんなのとっておきのバ」。《バ》とカタカナにしたのは、そこに3つの意味を込...

  • NPO法人コドモ・ワカモノまちing

    + フォローするフォロー中
    • 東京,千代田区
    • こども・教育,地域活性化・まちづくり,環境・農業

    子ども・若者と人・自然・文化・地域のご縁を有機的に紡ぎ、一人一人の感動・感性・感謝の心が育まれる社会をつくることをミッションに活動しています。経緯2008年に団体を設立し、主に0~20代の子ども...

  • NPO法人ダイバーシティ工房

    + フォローするフォロー中
    • 千葉,市川市
    • こども・教育,地域活性化・まちづくり,福祉・障がい・高齢者
    • 発達障害
    • ニート

    人とは違う経験や背景。それは社会に出たとき、必ず強みとなり、価値となる。[ビジョン]適切な学習の機会や周囲からの理解を得られないことで生きづらさを感じ、将来の可能性が閉ざされるのではなく、全ての...

  • 特定非営利活動法人 なごみ

    + フォローするフォロー中
    • 埼玉,上尾市
    • 地域活性化・まちづくり,福祉・障がい・高齢者
  • SHOSAPO(NPO法人 生涯学習サポート兵庫)

    + フォローするフォロー中
    • 兵庫
    • 国際,こども・教育,震災・災害

    私たち生涯学習サポート兵庫では、子育ての孤立化や子どもの考える力の欠如、若者の社会力不足、災害などの非常時に必要なコミュニティの崩壊…といった子どもや若者、親や高齢者を取り巻く社会問題に対して、...

  • NPO法人SET

    + フォローするフォロー中
    • 岩手,陸前高田
    • 国際,こども・教育,震災・災害

  • NPO法人障害者の自立を支えるサポートネットワーク

    + フォローするフォロー中
    • 大阪,豊中市
    • 地域活性化・まちづくり,福祉・障がい・高齢者,その他

    一人ひとりの想いを大切にする「カラフルコーディネート」高齢化社会に突入して、強くない人が身近に増えてきた日本社会。介護の必要な人もたくさんいるのに介護をする人がいない。弱い者、サポートが必要な者...

福祉・障がい・高齢者系NPO/社会的企業一覧

福祉・障がい・高齢者系寄付・募金紹介

福祉・障がい・高齢者系寄付/募金一覧

福祉・障がい・高齢者系
プロボノ
完全ガイド

「プロボノってなに?参加してみたいけれどプロボノの参加手順がわからない」
「高齢者や障がい者、児童福祉にはどんな制度や問題があるの?」

このような疑問やお悩みを解決するため、サービスグラントのホームページやプロボノ経験者のブログ、厚生労働省や内閣府のホームページなどを元に、ガイドページをご用意致しました。

目次

プロボノとは自分のスキルや専門知識を生かすボランティア

プロボノとは、サービスグラントによると、

社会的・公共的な目的のために、職業上のスキルや専門的知識を生かしたボランティア活動

と説明されています。

そもそも、プロボノのはじまりは弁護士などが無料で相談や弁護をはじめたことがきっかけとされています。
プロボノの語源は「公共善のために」を意味するラテン語「Pro Bono Publico」です。

そのため、プロボノ活動は「お金」のサポートではなく、「スキル」でサポートすることを目的としています。
現在では、法律業界だけでなく、一般企業で働く様々な職種の方が社会問題と向き合うために自分のスキルを提供されています。


プロボノの魅力・メリットは「価値観を広げられる」&「スキルアップ」につながること

プロボノ活動は業種や職種も「バラバラなメンバー」で活動するので、新たな発見を得られます。
また、自分の仕事が社会の役に立つ経験を通して、自分の仕事の価値を再確認することができます。

さらに詳しくプロボノの魅力について知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


プロボノの具体的な仕事内容

では、どのような職種の方がプロボノとして活躍されているのか詳しくみてみましょう。


デザイナーやマーケティングなどの多様な職種が活躍

例をあげると、

  • デザイナー
  • マーケティング
  • 営業
  • エンジニア

などがあります。

詳しくはサービスグラントのサイトを見ていただくと、さらに詳しく知ることができます。

実際にプロボノをした方の体験談が知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


プロボノ参加前の心がまえ

プロボノに参加する前に知っておいてほしいことをまとめてみました。
どのような意識で取り組むべきなのかみていきましょう。


プロボノは難しい活動であることを知っておく

「プロボノ」はプロとして求められる活動です。
そのため、求められるレベルも高く、「難しい」と感じる場面が多くあります。

その「難しさ」を受け入れる覚悟があるかもう一度考えてみましょう。


団体と「共同で作り上げる姿勢」で参加する

活動中は、団体側と課題解決のために「共同で作り上げる」という姿勢を持つことが大切です。
逆に、「教えてもら」姿勢で活動に取り組んで学びを吸収しましょう。


課題・ニーズの共有を行う

自分が持つスキルが団体の根本的な解決に結びついているか確認しましょう。
ニーズにあったものが作れないと、団体側にもプロボノ側にも負担になってしまうだけですね。


責任を持って最後までやり遂げる

様々なバックグラウンドを持った人たちが集まるため、業務がスムーズにいかないことはよくあります。
どんな状況でも、柔軟に対処できるようにしましょう。

さらにプロボノ参加前の心がまえについて知りたい方は以下のリンクをご覧ください。

参考 サービスグラント プロボノワーカーの声



プロボノの参加前から参加後までの流れ 〜自分で調べて参加するパターン〜

プロボノに参加する方法には「自分で探す場合」と「プログラムを利用する場合」の2つがあります。
最初に「自分で探す場合」の参加の流れを紹介します。


自分にあう団体をネットで見つける

自分のスキルが活かせるか確認が必要です。
NPOに直接アポイントを取る方法もあります。


プロボノに応募する

自分で直接団体側に連絡を取るときは、自分のプロフィールを相手の団体にわかりやすく伝えることを心がけましょう。


実際にプロボノとして参加する

業務を始める前に支援先団体と支援者との認識の確認が重要
プロジェクトが始まる段階でも、目的が曖昧だったりすることもあり、プロボノ側が整理して、課題を見つけ進めていくこともしばしばあるようです。

参考 note はじめてのプロボノ 体験記 ~プロジェクトスタート編~


成果物の提出をしてプロジェクト終了

支援先の団体に成果物を確認してもらい、細かな修正を加えてプロジェクトは終了です。

自分で調べてプロボノに参加する場合について詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


プロボノの参加前から参加後までの流れ 〜プログラムに参加するパターン〜

続いて、「プログラム型」のプロボノに参加する場合の流れを説明していきます。


説明会などに参加する

サービスグラントさんのサイトを利用する場合、まず最初にweb上でスキル登録をします。
その後、プロボノワーカーとの交流会や説明会の参加が必要になります。


実際にプロボノとして参加する

自分の経験から希望する職種を選びます。
条件がマッチした団体と連絡を取り合い、プログラムに沿って活動が始まります。


成果物の提出をしてプロジェクト終了

支援先の団体に成果物を確認してもらい、細かな修正を加えます。
例えば、チラシ作成プロジェクトだった場合、作成したチラシをSNSで拡散するために「Facebookを始める提案」や「今後のチラシ活用案の提案」をします。

プログラムを利用してプロボノに参加する場合について詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください。

参考 note はじめてのプロボノ 体験記 ~プロジェクト完了編~


社会福祉とは「生活する上で支援が必要な人に行う公的サービス」のこと

社会福祉の範囲は「社会福祉六法」によって定められています。

社会福祉六法とは、Wikipediaによると、

生活保護法、児童福祉法、母子及び父子並びに寡婦福祉法、老人福祉法、身体障害者福祉法、知的障害者福祉法の総称

と定義されています。

この定義に書かれている福祉の分類をもとに、社会福祉を解説していきます。


住み慣れたまちで尊厳ある生活を支援する「高齢者福祉」

日本の高齢化は進んでおり、ニュースでも高齢者の話題をよく耳にしますよね。

日本の大きな課題の一つでもある「高齢者問題」
どんな現状や取り組みがあるのでしょうか。


高齢者福祉の現状

内閣府の平成30年版高齢社会白書によると、65歳以上の高齢者人口は、3,515万人となり、日本の人口の27.7%が高齢者であると公表しています。
前年度の高齢者人口が3,459万人だったことからも、高齢人口が今後増えていくと予想することができますね。


高齢者福祉の制度や取り組み

介護保険制度

この制度は一言でいうと、高齢者の介護に関わるサービスが受けられる制度です。

介護保険制度について詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


年金制度

年金には種類があり、主に「国民年金」や「厚生年金」などの公的年金といわれるものや、民間企業が運営する「私的年金」と呼ばれるものがあります。
年金は高齢者の暮らしを支える大事な制度です。

詳しく年金制度について知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


地域包括ケアシステム

このシステムは高齢者を「地域全体」で見守り、ケアしていく仕組みです。

地域包括ケアシステムについて詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


高齢者福祉の問題

高齢者社会の日本。
どんな問題が起きているのかみていきましょう。


高齢者が高齢者を介護する「老老介護」&「認認介護」

簡単に言うと、
老老介護」とは65歳以上の高齢者が親や親族を介護すること
認認介護」とは介護される側も介護している側も認知症であること

をさします。

老老介護と 認認介護について詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


認知症

認知症は脳が萎縮し、認知機能が低下する病気です。
認知症について詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


高齢者に対する虐待

高齢者が家庭や要介護施設で虐待を受けているケースがあります。

高齢者の虐待について詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


高齢者の孤独死

一人暮らしのため、亡くなったことに気づいてもらえない高齢者が増えています。


社会の一員としての暮らしをサポートする「障害者福祉」

障がいを持つ全ての人が社会の中で自分らしく、いきいきと暮らすためには、どんな福祉サービスが提供されているのでしょうか。
まず、障がいの分類からみていこうと思います。


障がいの分類は「身体障がい」「知的障がい」「精神障がい」「発達障がい」

4つの分類をひとつずつ紹介します。


身体障がいとは?

welbeによると、

身体障害者福祉法では、「視覚障害」、「聴覚・平衡機能障害」、「音声・言語・そしゃく機能障害」、「肢体不自由」、「内臓機能などの疾患による内部障害」の5種類に分類されます。

と説明されています。

身体障害について詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


知的障がいとは?

厚生労働省によると、知的障害とは、

知的機能の障害が発達期(おおむね18歳まで)にあらわれ、日常生活に支障が生じているため、何らかの特別の援助を必要とする状態にあるもの

と説明されています。


精神障がいとは?

様々な原因により、感情や思考などの精神機能に障害が生まれ、異常な行動をしてしまう障がいです。
原因はストレスであったり、先天的なものがあります。

うつ病や統合失調症、てんかんなどは精神障がいに分類される病気です。


発達障がいとは?

LITALICOによると、

発達障害とは、生まれつきの脳機能の発達のかたよりによる障害

と説明されています。


障がい者福祉の制度や取り組み

障がいを持つ人のためにどんな制度が作られているのでしょうか?
また、障がいに特化した取り組みはどんなものがあるのでしょうか?


障害者総合支援法

この支援法は福祉サービスを個々のニーズに合わせて利用できるように定めている法律です。
この障害者総合支援法をもとにサービスが作られています。

厚生労働省のサイトでサービス一覧をご覧になれます。


障害者虐待防止法

障がい者に対して身体的な暴力をふるったり、悪口を言ったり無視をしたりする問題が起きています。
このような障害者虐待を防ぐために、平成24年から「障害者虐待防止法」が施行されています。

障害者虐待防止法について詳しく知りたい方は厚生労働省のサイトをご覧ください。


障害者手帳

障害者手帳には、「身体障がいを持つ人用」「知的障がいを持つ人用」「精神障がいを持つ人用」の3種類があります。
障害者手帳を持っていることで様々なサービスが受けられます。

例えば、医療費や車いすを買うときに助成金がもらえたり、障がい者雇用での就職転職ができます。


イエローリボン運動

イエローリボン運動とは、日本障害フォーラムによると、

人々の意識を変え、まちを変え、障害のある人もない人も共に暮らし、すべての人が参加できる社会をみんなでつくっていく取り組み

と説明されています。

2006年に国連で採択された日本障害フォーラム(JDF)がイエローリボン運動を広める活動をしています。


日常生活自立支援事業

厚生労働省のサイトで日常生活自立支援事業について詳しく説明されています。


補助犬

補助犬は、障がいがある方の生活をサポートする役割を持っています。
補助犬について詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


手話

聴覚に障がいがある場合や言語に障がいがある方はコミュニケーションのツールとして「手話」を使っています。
手話について詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


点字

点字は視覚に障がいがある方が文字を読むときに使用する文字のことです。

点字について詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


筆談

筆談は聴覚や音声に障がいがある方が使用するツールです。

筆談について詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


障がい者福祉の問題

次は、今起こっている障がい者福祉の社会問題についてみていきましょう。


厳しい障がい者雇用

大企業による身体障がい者雇用は増加しているものの、知的障がい者や精神障がい者の雇用は低いままです。
障がいを持つ人も社会で活躍し、自立できる環境を作るために障がいに理解がある会社が増えることが求められます。


低賃金による不安定な収入

障がい者の賃金は低く、働いた賃金だけで生活することが難しい状況です。
そのため、生活保護を受ける方も多くいらっしゃいます。


障がい者差別

障がいを持っている方に対して、健常者の方が差別的な発言をしたり、理不尽な対応をする事例が数多く報告されています。
障がい者差別についてさらに知りたい方は、千葉県のホームページで事例を見ることができます。


子どもの最善の利益を保証するための「児童福祉」

どんな子どもも心身ともに健康に育つ子どもの権利があります。
子どもが自分らしく生きるためにどんな福祉があるのでしょうか。

まず、児童福祉の現状についてお話していきます。


児童福祉の現状

複雑な家庭環境から、親と暮らせず児童福祉施設とよばれる「児童養護施設」や「乳児院」で暮らす子どもがいます。
児童福祉施設について詳しく知りたい方は児童福祉の架け橋のサイトをご覧ください。


児童福祉の制度や取り組み

児童福祉法」を元に、児童福祉制度が作られ、全ての児童が幸福に暮らすためのサービスが行われています。

ここでは児童福祉制度サービスの例として、「養子縁組」「里親制度」「ファミリーホーム」を取り上げて説明していきます。
生みの親が子どもを育てられない場合、このような施設で育ちます。


養子縁組

養子縁組は日本財団によると、

「養子縁組」は民法に基づいて法的な親子関係を成立させる制度であり、養親が子の親権を持つことになります

と説明されています。



里親制度

日本財団によると、

「里親制度」は、育てられない親の代わりに一時的に家庭内で子どもを預かって養育する制度で、里親と子どもに法的な親子関係はなく、実親が親権を持っています

と説明されています。


ファミリーホーム

ファミリーホームとは、日本ファミリーホーム協議会によると、

家庭環境を失ったこどもを里親や児童養護施設職員など経験豊かな養育者がその家庭に迎え入れて養育する「家庭養護」

と説明されています。


障害児支援

「障害者支援」と言っても様々ですが、発達障がいの理解を深めるためにパンフレットを作成したり、身体障がいを持つ子どもが少しでも自分で動けるように訓練を行います。

また、障がいを持つ親に対するケアや相談会を行う団体もあります。


子ども食堂

子どもたちが放課後集まり、ご飯を食べたり、学習支援を受けられる場です。
だいたい学童が終わる時間帯から、親が仕事から帰ってくる時間帯にかけて開いていることが多く、子どもを家に一人にさせる時間を減らす目的もあります。


児童委員

厚生労働省によると児童委員とは、

地域の子どもたちが元気に安心して暮らせるように、子どもたちを見守り、子育ての不安や妊娠中の心配ごとなどの相談・支援等を行います

と説明されています。
児童委員について詳しく知りたい方は厚生労働省のサイトをご覧ください。


児童福祉の問題

児童虐待

子どもの虐待は増加し続けていて、虐待が原因で亡くなる子どもは「週に1人」のペース。
児童養護施設で暮らす子どもたちの6割が虐待を受けている報告もされています。

参考 日本こども支援協会


児童養護施設の子どもたちが直面する問題

児童養護施設で育った子どもは、「18歳での自立」「低い大学進学率」「体罰と虐待」の3つの問題を抱えています。
18歳までしか施設で生活することができなかったり、経済的な問題で進学を諦めたり、施設の先輩や指導員からの暴力を受ける場合があります。


ひきこもり

子どものひきこもりの原因は様々ですが、学校や社会で生きずらさを感じた場合に「誰にもわかってもらえない」と心を閉ざして引きこもってしまうパターンが多く見られます。


発達障がい児の認知

身の回りに「落ち着きのない子ども」として怒られてばかりいる子どもはいませんでしたか?
第4の障がいとして「発達障害」が認知されるようになってきました。

LD(学習障がい)によって学習が困難であったり、ADHDのため、椅子にじっと座ることが難しい子どもがいます。


ひとり親家庭を支援する「母子・父子福祉」

日本のひとり親の家庭は増え続け、福祉の分野でのサポートがますます必要になってきています。
母子・父子福祉の現状やどんな制度が行われているか、問題点などを説明します。


母子・父子福祉の現状

厚生労働省の平成28年度全国ひとり親世帯等調査によると、母子世帯数は123.2万世帯、父子世帯数は18.7万世帯と報告されています。
また、母子世帯の多くが経済的に厳しい状態であり、母子ともに負担を軽減させる支援を必要としています。


母子・父子福祉の制度や取り組み

ひとり親家庭には支援が必要だと言いましたが、具体的な支援法をみていきましょう。
主な支援方法は「子育て・生活支援」と「就業支援」と「経済的支援」に分けられます。


主な子育て・生活支援

  • 母子自立支援員による相談
    生活全般に関わる相談にのったり、お金に関する指導を行い、自立した生活を目指します。


  • 母子世帯を保護する「母子生活支援施設」

   18歳未満の子どもをがいる母子家庭の子どもと母親が子育て支援や生活をサポートする施設です。


主な経済的支援

  • 「児童扶養手当」

    ひとり親家庭の自立や生活の安定のために子どもがいる世帯にお金が支給される制度です。

  • 母子父子寡婦福祉資金貸付金制度

    20歳未満の児童を扶養している母子家庭や父子家庭、寡婦(「かふ」と読む。夫のいない独身女性のこと)の方の経済面をサポートする制度。

  • 児童手当

    中学卒業までの児童を養育している方に手当が出る制度です。
    児童手当についてさらに詳しく知りたい方は内閣府のサイトをご覧ください。

主な就業支援

  • ハローワークによる支援

    子育てをしている母親のためのハローワークのことを「マザーズハローワーク」事業といいます。
    職業訓練の実施や求人の紹介をし、職場復帰をお手伝いします。

  • 母子家庭等就業・自立支援センター事業

    厚生労働省によると、

就業相談から就業支援講習会の実施、就業情報の提供等一貫した就業支援サービスの提供を行うとともに、弁護士等のアドバイスを受け養育費の取り決めなどの専門的な相談を行う

と説明されています。


母子・父子福祉の問題

貧困世帯が多い

母子世帯の貧困が多い理由は、

  1. 離婚時にほとんどの母親は無職か非正規職
  2. 養育費がもらえない

などが考えられています。

また、離婚の原因には「DV」が関係していることも多く、DVから女性や子ども、または男性を守る活動をされている団体もあります。


子どもとのコミュニケーション不足によるすれ違い

ひとり親家庭では収入を得るために朝から晩まで働く親が多いため、家庭にいる時間が少なくなってしまいます。
そのため、子どもと接する時間が少なく、子どもとの関係がうまくいかないケースがあります。


社会からの孤立

頼れる人が近くにいなかったり、相談できる相手がいないひとり親が多い傾向にあります。
子どもとの一対一の生活に疲れてしまい、親子関係に悪影響を及ぼす場合があります。


最低限度の生活を保証し、自立を目的とする「生活保護」

事情があって働けなくても、人がいきていくためには資金が必要になりますね。
生活に困った時に支援をするのが「生活保護」の役割です。

生活保護の現状、制度や問題についてみていきましょう。


生活保護の現状

厚生労働省 政府統計によると、2018年の時点で約210万人が生活保護を受けています。
2017年をピークに全体の受給者は減少しているものの、高齢者の受給は増加しています。


生活保護の制度や取り組み

生活保護制度とは簡単にいうと、「自力では生活が難しい方にお金を支給し、暮らしをサポートする制度」です。
たとえば、医療費を負担したり、家賃を扶助します。


生活保護の問題

高齢者の生活保護が増加

増加の理由は、年金だけでは暮らしていけないから。
そのため、生活保護に頼る高齢者が増えています。


生活保護の申請を拒否

生活保護の申請に行くと、「水際作戦」と呼ばれる、違法な追い返しや窓口対応をされる現状があります。


ホームレス

家がない人たちにとって食料問題は重要な問題です。
炊き出しをしてホームレスを支援する団体の中で「貧困ビジネス」を行う団体もあり、ホームレスがビジネスのターゲットにされる問題も起こっています。


その他の福祉の社会問題

どの福祉の分類に入れられなかった社会問題についてお伝えしていきます。


自殺

子どもであると学校でのトラブル、大人であると会社でのストレスなどによって自殺に追い込まれてしまう方がいらっしゃいます。
そして、「自殺」は残された家族に大きなショックと悲しみを与えます。

そのため、残された家族のケアや自殺予防のための活動されてる団体もあります。

シェアお願いします!
    検索に戻る(ページ上部へ移動)