1. ストリートチルドレンに関するプロボノ募集

ストリートチルドレンに関するプロボノ募集

プロボノとは、職業上のスキルや専門知識を活かしたボランティア活動のことです。強みを発揮した活動となるので、より社会貢献に繋がるのはもちろん、自分にとっても「価値観が広がる」「スキルアップ」など、たくさんのメリットがあります。

ストリートチルドレンに関するプロボノガイドはこちら

条件に当てはまるボランティアは見つかりませんでした。

似ている条件のボランティア

検索条件:
[活動テーマ] 国際,こども・教育 [種類] プロボノ

日本の子育て支援の新しいインフラを創るプロジェクトです。孤独な子育てを、スマホのTV電話機能を使ってなくすことで、産後うつの予防・児童虐待の予防に繋がる活動。母親の心の健康を応援するWEBサイトの運営

育ち盛りの子どもたちは3月からずっと家の中、子どもの心身が心配です。そこでリモートでの活動を企画しました。この活動にITスキルが高くないお母さんも気軽に参加できるホームページ作っていただけませんか!

首都圏の在住外国人に向けて、新型コロナウイルスに対する感染予防策、収入が減ったり雇い止めにあったりした方々への支援制度や相談窓口についての情報をウェブサイトやSNSで多言語で発信しています。

似ている条件の職員/バイト

検索条件:
[種類] アルバイト/パート [社会問題] ストリートチルドレン
Medium fill 5ee0039a75  6ds 6951

<国際協力>に携われるPRキャンペーンスタッフ《ファンドレイザー》募集♪

株式会社ワイズインテグレーション
  • 埼玉, 千葉, 東京他8地域 (勤務地は関東エリア(東京、神奈川、埼玉、千葉)関西エリア(大阪、奈良、神戸、兵庫、京都、滋賀)東海エリア(名古屋、岐阜、三重)九州エリア(福岡)の街頭や商業施設がメインで、 直行直帰が可能なお仕事です(勤務地・メンバーは毎回変わるので新鮮な気持ちでお仕事できます!!ご応募の際は必ず就業希望エリア(関東、関西、東海、九州)を明記してください。市区町村の勤務地例:(関東エリアの場合)新宿区/渋谷区/豊島区/中央区/千代田区/港区/足立区/八王子市/横浜市西区/さいたま市大宮区 最寄駅例:(関東エリアの場合)新宿/渋谷/池袋/上野/品川/有楽町/東京/秋葉原/御茶ノ水/原宿/日暮里/北千住/錦糸町/中野/吉祥寺/立川/調布/八王子/町田/横浜/川崎/武蔵小杉/大宮/浦和/川越/松戸/柏/津田沼※関東エリアは都内~神奈川~埼玉~千葉の駅前街頭、商業施設での活動となります※)
  • 時給1,013〜1,750円
  • 随時勤務(勤務期間:半年)
  • 週2〜3回

飢餓や貧困に苦しむ世界のこども達への支援の輪を広げるお仕事《柔軟シフト/待遇も魅力》

大阪オフィス新設のため、オープニングスタッフ大募集! 飢餓や貧困に苦しむ世界のこども達への支援の輪を広げるお仕事《柔軟シフト/待遇も魅力》

似ている条件の職員/バイト募集一覧

表示される募集が少ない場合は以下も参考にしてください。

募集を終了したストリートチルドレンに関するプロボノ募集

経済格差、地域格差関係なく、海外の同級生とオンラインで国際交流を行います。 少人数チームで、アジアの生徒と文化交流や共通の社会課題を議論し、夏休み・春休みは友達に実際に出会う感動体験まで設けます。

ストリートチルドレンに関するNPO・公益法人・社会的企業紹介

  • NPO法人アクション

    + フォローするフォロー中
    • フィリピン
    • ストリートチルドレン

    生まれた環境に関わらず、世界の子ども達が自分のチカラで夢や可能性を広げることができる、やさしい社会をつくる

  • グローリアセブ

    + フォローするフォロー中
    • フィリピン
    • ストリートチルドレン
    • スラム

  • 特定非営利活動法人AWPS

    + フォローするフォロー中
    • ストリートチルドレン

    「出来るときに、出来る人が、出来ることを」

  • 認定特定非営利活動法人 恵まれない子供たちの自立を支援する会

    • 千葉,佐倉市
    • 国際,こども・教育,福祉・障がい・高齢者
    • ストリートチルドレン

    広く国内及びネパールの恵まれないストリートチルドレン、孤児の自立までを独自に又は現地の支援団体を通じ支援を行い、子供達が健全に育成する事に寄与し、子供達の救済のための産業活動及び関係機関への要望...

  • 特定非営利活動法人 世界のともだち

    • 千葉,船橋市
    • 国際,こども・教育
    • ストリートチルドレン

    (1) タイの社会福祉団体CYDAを通して、生活に困難を抱える年少者に教育の機会を提供しています。(2) Stop孤育て、子どもの最善の利益のために、子育て中のお母さんに寄り添います。子育ては誰...

  • 特定非営利活動法人 フリー・ザ・チルドレン・ジャパン

    • 東京,世田谷区
    • 国際,こども・教育,中間支援
    • ストリートチルドレン

    NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパンは、1995年に当時12歳のカナダ人少年によって貧困や搾取から子どもを解放することを目的に設立された「Free The Children」を母体に日本で...

  • Meet the Smiles 地球の笑顔と出会う会

    • 東京,杉並区
    • 国際,こども・教育,環境・農業
    • ストリートチルドレン

    この法人は、モンゴルのストリートチルドレンである子どもたちの自立への応援、子どもたちを取り巻く環境の改善及び、ストリートチルドレンを生み出す原因となる、社会の改善と自然環境の再生を支援する事業を...

  • 任意団体 ストリートチルドレン芸術祭

    • 宮城,仙台
    • 国際,こども・教育,福祉・障がい・高齢者
    • ストリートチルドレン

    私たちは世界で「ストリートチルドレン」と呼ばれる、様々な理由により路上背の生活を余技なくされている子どもたちや、貧困等により学校に通うことができない子どもたちへの支援を2005年より行っています...

  • 特定非営利活動法人恵まれない子供達の自立を支援する会

    • 千葉,佐倉市
    • 国際,こども・教育,中間支援
    • ストリートチルドレン

    この法人は、広く国内およびネパールの恵まれないストリートチルドレン、孤児の自立までを独自に又は現地の支援団体を通じ支援を行い、子供達が健全に育成する事に寄与し、子供達の救済のための産業活動及び、...

  • JASS

    • 東京,板橋区
    • 国際,こども・教育,中間支援
    • ストリートチルドレン

    この法人は、広く一般市民及び青少年を対象として、アジアのストリートチルドレンの状況を伝える講演会や現地実情視察等の広報・普及事業を行い、アジア、世界の青少年の貧困などの現状を認識することで、日本...

  • 総合生活支援組合 ライフ・クローバー

    • 東京,豊島区
    • 国際,こども・教育,地域活性化・まちづくり
    • ストリートチルドレン
    • ホームレス

    この法人は、ホームレス、ストリートチルドレン、リストラ等による生活困窮者及び一人暮らしで手助けを必要としている老齢者等の恵まれない環境にいる人、又、社会的に弱い立場にある人達の支援活動に関する事...

  • 特定非営利活動法人レインドロップ

    • 兵庫,姫路市
    • 国際,こども・教育,中間支援
    • ストリートチルドレン
    • スラム

    この法人は、路上やスラムで暮らし保護と支援を必要とするインドのストリートチルドレンに対する教育支援と、日本の子ども達に対する異文化交流の機会提供の活動を行い、子ども達と共に、慈の心を育み、共生へ...

ストリートチルドレンに関するNPO/社会的企業一覧

ストリートチルドレンに関する寄付・募金紹介

ストリートチルドレンに関する寄付/募金一覧


ストリートチルドレンに関する
プロボノガイド

「プロボノってなに?参加してみたいけれどプロボノの参加手順がわからない」
「ストリートチルドレンにはどんな問題があるの?どんな支援がされているの?」

このような疑問やお悩みを解決するため、サービスグラントのホームページやプロボノ経験者のブログ、unicefやストリートチルドレンを支援する国際NGOのホームページなどを元に、ガイドページをご用意致しました。

目次

プロボノとは自分のスキルや専門知識を生かすボランティア

プロボノとは、サービスグラントによると、

社会的・公共的な目的のために、職業上のスキルや専門的知識を生かしたボランティア活動

と説明されています。

そもそも、プロボノのはじまりは弁護士などが無料で相談や弁護をはじめたことがきっかけとされています。
プロボノの語源は「公共善のために」を意味するラテン語「Pro Bono Publico」です。

そのため、プロボノ活動は「お金」のサポートではなく、「スキル」でサポートすることを目的としています。
現在では、法律業界だけでなく、一般企業で働く様々な職種の方が社会問題と向き合うために自分のスキルを提供されています。


プロボノの魅力・メリットは「価値観を広げられる」&「スキルアップ」につながること

プロボノ活動は業種や職種も「バラバラなメンバー」で活動するので、新たな発見を得られます。
また、自分の仕事が社会の役に立つ経験を通して、自分の仕事の価値を再確認することができます。

さらに詳しくプロボノの魅力について知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


プロボノの具体的な仕事内容

では、どのような職種の方がプロボノとして活躍されているのか詳しくみてみましょう。


デザイナーやマーケティングなどの多様な職種が活躍

例をあげると、

  • デザイナー
  • マーケティング
  • 営業
  • エンジニア

などがあります。

詳しくはサービスグラントのサイトを見ていただくと、さらに詳しく知ることができます。

実際にプロボノをした方の体験談が知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


プロボノ参加前の心がまえ

プロボノに参加する前に知っておいてほしいことをまとめてみました。
どのような意識で取り組むべきなのかみていきましょう。


プロボノは難しい活動であることを知っておく

「プロボノ」はプロとして求められる活動です。
そのため、求められるレベルも高く、「難しい」と感じる場面が多くあります。

その「難しさ」を受け入れる覚悟があるかもう一度考えてみましょう。


団体と「共同で作り上げる姿勢」で参加する

活動中は、団体側と課題解決のために「共同で作り上げる」という姿勢を持つことが大切です。
逆に、「教えてもら」姿勢で活動に取り組んで学びを吸収しましょう。


課題・ニーズの共有を行う

自分が持つスキルが団体の根本的な解決に結びついているか確認しましょう。
ニーズにあったものが作れないと、団体側にもプロボノ側にも負担になってしまうだけですね。


責任を持って最後までやり遂げる

様々なバックグラウンドを持った人たちが集まるため、業務がスムーズにいかないことはよくあります。
どんな状況でも、柔軟に対処できるようにしましょう。

さらにプロボノ参加前の心がまえについて知りたい方は以下のリンクをご覧ください。

参考 サービスグラント プロボノワーカーの声



プロボノの参加前から参加後までの流れ 〜自分で調べて参加するパターン〜

プロボノに参加する方法には「自分で探す場合」と「プログラムを利用する場合」の2つがあります。
最初に「自分で探す場合」の参加の流れを紹介します。


自分にあう団体をネットで見つける

自分のスキルが活かせるか確認が必要です。
NPOに直接アポイントを取る方法もあります。


プロボノに応募する

自分で直接団体側に連絡を取るときは、自分のプロフィールを相手の団体にわかりやすく伝えることを心がけましょう。


実際にプロボノとして参加する

業務を始める前に支援先団体と支援者との認識の確認が重要
プロジェクトが始まる段階でも、目的が曖昧だったりすることもあり、プロボノ側が整理して、課題を見つけ進めていくこともしばしばあるようです。

参考 note はじめてのプロボノ 体験記 ~プロジェクトスタート編~


成果物の提出をしてプロジェクト終了

支援先の団体に成果物を確認してもらい、細かな修正を加えてプロジェクトは終了です。

自分で調べてプロボノに参加する場合について詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


プロボノの参加前から参加後までの流れ 〜プログラムに参加するパターン〜

続いて、「プログラム型」のプロボノに参加する場合の流れを説明していきます。


説明会などに参加する

サービスグラントさんのサイトを利用する場合、まず最初にweb上でスキル登録をします。
その後、プロボノワーカーとの交流会や説明会の参加が必要になります。


実際にプロボノとして参加する

自分の経験から希望する職種を選びます。
条件がマッチした団体と連絡を取り合い、プログラムに沿って活動が始まります。


成果物の提出をしてプロジェクト終了

支援先の団体に成果物を確認してもらい、細かな修正を加えます。
例えば、チラシ作成プロジェクトだった場合、作成したチラシをSNSで拡散するために「Facebookを始める提案」や「今後のチラシ活用案の提案」をします。

プログラムを利用してプロボノに参加する場合について詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください。

参考 note はじめてのプロボノ 体験記 ~プロジェクト完了編~


ストリートチルドレンとは「路上で生活している子どもたち」のこと

ストリートチルドレンは、正確な人数を把握することはできていないものの、世界に1億人以上いると言われています。
世界に多くのストリートチルドレンがいますが、実態はどのようなものなのでしょうか?


ストリートチルドレンのタイプは4種類ある

ストリートチルドレンを定義する明確な基準はありませんが、ボランティアプラットフォーム によると、USAIDでは以下の4つに分類されています。

家がなく、家族からの支援もない子どもたち
定期的に家に帰るが、ほとんどの時間を路上で過ごす子どもたち
家族自体がホームレスで、家族とともに路上で生活している子どもたち
保護されているが、路上生活に舞い戻る可能性のある子どもたち


「ストリートチルドレン = 家が無くて路上で暮らす」
というイメージをもたれる方が多いと思いますが、家がある子どもでも、路上で暮らす場合があるようですね。

また、ストリートチルドレンの中でも、モンゴルでは寒さをしのぐためにマンホールで暮らす「マンホールチルドレン」が存在しています。
マンホールチルドレンについて詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


ストリートチルドレンが生まれる原因は「家庭環境の悪化」

  • 家庭が経済的に厳しい
  • 親の離婚
  • 育児放棄
  • 親からの暴力
  • 親の病気

などです。

ストリートチルドレンが生まれる「原因」や「背景」についてさらに知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


ストリートチルドレンのさまざまな問題

  • 無教育
  • 児童労働
  • 感染症(エイズなど)
  • 薬物中毒
  • 人身売買
  • 性暴力

などです。

上記の問題についてさらに知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


ストリートチルドレンへの支援は「職業技術訓練」「教育支援プログラム」「保護施設」「家庭訪問」などがあります

いくつかの例を紹介します。


職業技術訓練

技術やライフスキルを身につけて安定した収入が送れるようにすることを目的として行われています。
主に就職活動の支援や就職先のあっせんなどが行われます。


教育支援プログラム

幼稚園に通えない子どものための学習教室の運営をしています。
初等・中等教育が受けられるように「文具」や「制服」の支給支援を行なっています。


青少年センターなどの保護施設

街中を見回りし、路上で暮らす子どもたちを一時的に保護したり、シンナーなどをやめさせるために子どもたちが施設へ通ったりします。

家庭訪問

学校に通っていない子どもや路上に出ている子どもに声をかけて継続的に見守る活動をしています。


家族支援

地域からストリートチルドレンを出さないことを目的として地域事業に取り組まれています。
例えば、農業のノウハウを伝えて、収入の安定化を図る取り組みもあります。

参考 unicef 子ども物語 モンゴル

ストリートチルドレンへの支援についてさらに知りたい方は以下のリンクからご覧ください。

シェアお願いします!
    検索に戻る(ページ上部へ移動)