1. ホーム
  2. NPO求人/アルバイト/パート募集情報満載!
  3. 大阪でのNPO求人募集
  4. 発達障害に関する大阪でのNPO求人募集

発達障害に関する大阪でのNPO求人募集 2ページ目

発達障害に関する大阪でのNPO求人完全ガイドはこちら

56件中31-56を表示

★正社員募集!オンライン国際交流プログラムをデザイン&世界に届ける教育チーム

With The World
  • 東京, 大阪, 兵庫 (オフィスは神戸にあり、出社できる方を優先させていただきます。※お住まいの地域によってはフルリモート勤務可能です。)
  • 最低賃金以上の報酬あり
  • 国際,こども・教育
  • ・WithTheWorldの理念に共感していただける方・英語レベル:ビジネス英語ができる方 ※業務内・授業内で英語を使うシーンが頻繁にあります。生徒のために英語を噛み砕いて話せる方(相手の英語レベルに合わせて簡単に説明できる)・教育に強い興味を持っているor現行の教育を変えたいという思いがあり、何かしらの行動をしている方・生徒が楽しんでプログラムに参加できる授業を運営できる、明るい方・チームワークを大事にできる方・会社や自身の成長のために他人からの指摘・助言を素直に受け止められる方・部下や後輩をもち、チームをまとめる経験・マネジメント経験のある方・実際に授業を行っていただくため、大人数の前で話すことに抵抗がない方
  • 随時勤務(勤務期間:1年以上の長期)
  • 週4〜5回

オンラインで国際交流プログラムを提供するスタートアップ教育会社です!プログラム作成から授業デザイン、当日の運営まで行いながら世界中の子どもたちへ教育を一緒に届けませんか?    

エリアを変更する

活動場所を選択
  • 国内から選択する
  • 海外から選択する

★正社員募集!オンライン国際交流プログラムをデザイン&世界に届ける教育チーム

With The World
  • 東京, 大阪, 兵庫 (オフィスは神戸にあり、出社できる方を優先させていただきます。※お住まいの地域によってはフルリモート勤務も可能です。)
  • 最低賃金以上の報酬あり
  • 国際,こども・教育
  • ・WithTheWorldの理念に共感していただける方・英語レベル:ビジネス英語ができる方 ※業務内・授業内で英語を使うシーンが頻繁にあります。生徒のために英語を噛み砕いて話せる方(相手の英語レベルに合わせて簡単に説明できる)・教育に強い興味を持っているor現行の教育を変えたいという思いがあり、何かしらの行動をしている方・生徒が楽しんでプログラムに参加できる授業を運営できる、明るい方・チームワークを大事にできる方・会社や自身の成長のために他人からの指摘・助言を素直に受け止められる方・部下や後輩をもち、チームをまとめる経験・マネジメント経験のある方・実際に授業を行っていただくため、大人数の前で話すことに抵抗がない方・土曜日勤務ができる方(授業実施日。振替休日取得可能)
  • 随時活動(活動期間:1年以上の長期)

オンラインで国際交流プログラムを提供するスタートアップ教育会社です。プログラム作成から授業デザイン、当日の運営まで行いながら世界中の子どもたちへ教育を一緒に届けませんか?   

正社員募集!オンライン国際交流プログラムをデザイン&世界に届ける教育チーム★

With The World
  • 東京, 大阪, 兵庫 (オフィスは神戸にあり、出社できる方を優先させていただきます。※お住まいの地域によってはフルリモート勤務も可能です。)
  • 最低賃金以上の報酬あり
  • 国際,こども・教育
  • ・WithTheWorldの理念に共感していただける方・英語レベル:ビジネス英語ができる方 ※業務内・授業内で英語を使うシーンが頻繁にあります。生徒のために英語を噛み砕いて話せる方(相手の英語レベルに合わせて簡単に説明できる)・教育に強い興味を持っているor現行の教育を変えたいという思いがあり、何かしらの行動をしている方・生徒が楽しんでプログラムに参加できる授業を運営できる、明るい方・チームワークを大事にできる方・会社や自身の成長のために他人からの指摘・助言を素直に受け止められる方・部下や後輩をもち、チームをまとめる経験・マネジメント経験のある方・実際に授業を行っていただくため、大人数の前で話すことに抵抗がない方
  • 随時勤務(勤務期間:1年以上の長期)
  • 週4〜5回

オンラインで国際交流プログラムを提供するスタートアップ教育会社です!プログラム作成から授業デザイン、当日の運営まで行いながら世界中の子どもたちへ教育を一緒に届けませんか? 

56件中31-56を表示

発達障害に関する大阪での
NPO求人
完全ガイド

「 「大阪でNPO/NGOのイベントはどんなテーマで開催されているの?大阪でNPO/NGOに就職するのにサポートしてくれる所はどこ?」」
「発達障がいの方に関わる求人にはどんな仕事がある?発達障がいを持つ方に関わる際に気をつけることは?」」

このような疑問やお悩みを解決するため、認定特定非営利活動法人大阪NPOセンター や 大阪市市民活動総合ポータルサイト、厚生労働省や国立障害者リハビリテーションセンターのホームページなどを元に、ガイドページをご用意致しました。

大阪のNPO/NGO就職に興味があるなら、NPO/NGO
主催のイベント参加がおすすめ

NPO・NGOの活動は多種多様にあり、大阪では様々なイベントが開かれています。
例えば、

  • 地域活性化/まちづくり
  • 食品ロス
  • 発達障がい
  • 多文化共生
  • LGBT
  • ソーシャルビジネス


などの、幅広いテーマでイベントが開催されています。


さらにイベント情報に興味がある方は、認定特定非営利活動法人大阪NPOセンター大阪市市民活動総合ポータルサイトのホームページから多数のイベント情報を得ることができます。


大阪でNPO/NGO就活イベントは少ない現状にある

東京などに比べると、大阪でのNPO就職イベントは少ないようです。

そのため、就職したいNPOのホームページやSNS等で情報を集め、個別にアポイントを取り、情報収集することをおすすめします。


発達障がい支援に関わる求人一覧

就労支援なら「ハローワーク」「地域障害者職業センター」「障害者就業・生活支援センター」等で働く

施設での仕事内容について説明していきます。


ハローワーク

障がいの特性や本人の希望を聞きながら、発達障害者支援センターなどの専門機関と連携、関係機関との調整などを行い、就労へ向けて支援を行います。

ハローワークの職員になるには、公務員試験を受ける必要があります。


地域障害者職業センター

独立行政法人 高齢・障害・求職者雇用支援機構によると、

地域障害者職業センターでは障害者に対する専門的な職業リハビリテーションサービス、事業主に対する障害者の雇用管理に関する相談・援助、地域の関係機関に対する助言・援助を実施しています

と説明されています。

簡単にいうと、障害者の就労を促進する専門的な役割を担っている所です。


障害者就業・生活支援センター

京都府によると、障害者就業・生活支援センターでは、

専門の支援員が「働くためにどうしたらよいか」「採用されても長く続けられない」「自立して生活したい」などのお悩みをお持ちの障害のある方のため、就業面だけでなく生活面からも一体的に支援を行っています

と説明されています。

就労に関する悩みや、職場の環境改善や新しい職探し、新しい職場定着のために「就労支援員」と「生活支援員」が総合的アドバイスをします。


NPOでの就労支援

障がいを持つ方と企業をつなぐサービスや就労支援、定着支援サービスがNPOによって提供されています。

行政だけでなく、NPOでは障がいを持つ人への就労支援がされているので、NPOで関わるのも選択肢の一つです。


教育支援なら「児童発達支援センター」「放課後等デイサービス」「学習支援を行うNPO」で働く

児童発達支援センター

社会福祉法人 京都府社会福祉事業団によると、児童発達支援センターでは、

肢体不自由児や知的障害、発達障害のあるお子様を対象に、総合的な療育を通じて、ご家族や地域と手を携えながら、お子様の健やかな成長と発達支援を目指しています

と説明されています。

詳しくは以下の記事をご覧下さい。


放課後等デイサービス

放課後等デイサービスとは、放課後や長期休みに障がいを持つこどもたちが通う施設のこと。

宿題をしたり、遊んだりする場所であるため、障害児の子どもが通う学童のようなところですね。

詳しくは以下の記事をご覧下さい。


学習支援を行うNPO

発達障がいを持つ子どもが学習を行うためには、子どもが混乱を生まないための十分な配慮が必要です。

NPOでは、個別の障がいの特性に合わせて対応し、学習支援が行われています。


生活支援なら「発達障害者支援センター」「生活支援を行うNPO」で働く

発達障害者支援センター

発達障害者支援センターとは、発達障害を持つ人への総合的な支援を目的とした施設

このような専門施設で働くためには、領域によって異なるが、専門資格が必要とされる場合があります。

さらに詳しく知りたい方は、国立障害者リハビリテーションセンターのホームページをご覧下さい。


生活支援を行うNPO

発達障害を持つ本人やその家族に対して生活支援サービスを提供します。

例えば、障がいを持たれている方には、障がい仕事を請け負って、工程を手分けしながら一緒に取り組んだり、地域交流活動を行います。


発達障がいを持つ方と関わる時のアドバイス

活動がスムーズに行えるように、最低限意識しておきたいことをまとめてみました。
ここでは、3点お伝えします。


一人ひとりの違いを知る

同じ障がいでも、人によって程度は様々であるため、支援方法も変わります。

支援をするには、固定概念に囚われないように寄り添っていくことが求められます。


特性を活かす

支援者のための 発達障がい者支援ガイドブックによると、

障がい部分の訓練・克服よりも、今持っている能力を生かす ・ 苦手な部分は環境的・人的配慮、得意な部分を活用した工夫でカバーする

と書かれています。

障がいを持つ人の個性を大切にすることが求められています。


障がいを持つ人の気持ちになって考える

支援者側からの考えでは、きっと理解できない行動が多いはず。

障がいを持つ人の特性を知って気持ちを理しようし、他者との「橋渡し」になろうとする姿勢が求められます。

参考 社会福祉法人北摂杉の子会 支援者のための 発達障がい者支援ガイドブック ~成人期版~

シェアお願いします!
    検索に戻る(ページ上部へ移動)