1. ホーム
  2. 海外ボランティア/ツアー
  3. フィジーの海外ボランティア/ツアー募集一覧
  4. フィジーでの国際系海外ボランティア/ツアー募集一覧
  5. 【2024年夏休み】幸せの国フィジーで英語留学しながらボランティア活動!

更新日:2024/04/11

【2024年夏休み】幸せの国フィジーで英語留学しながらボランティア活動!

フィジー留学カラーズ
  • 活動場所

    フィジー

  • 必要経費

    101,700円

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生 / 高校生 / シニア

  • 活動日程

    随時活動(活動期間:応相談)

基本情報

最も幸福を感じる国「フィジー共和国」で、英語留学+ボランティア活動をしてみませんか?
フィジー留学カラーズなら、英語コミュニケーションスキルを磨きながら、現地ボランティアアクティビティが可能です!

活動テーマ
活動場所
必要経費
  • 101,700円

上記金額は、留学費用1週間(4名部屋費用含む)となります。留学保険・現地遊行費・往復飛行機代・ビザ費用などは含まれません。
ボランティアアクティビティは、当校の留学プログラムにご参加頂いた留学生は無償で参加できます。

活動日程

随時活動(活動期間:応相談)

留学プログラムは1週間から50週間まで期間でお申込み頂けます。
※平均滞在日数は約13週間
※最長滞在期間は1年
※4週間の留学費用は194,000円~
 (留学保険・現地遊行費・往復飛行機代・ビザ費用などは含まれません)
(21日以内の滞在は、ビザが必要なくなり渡航しやすくなりました)

募集対象

年齢:13歳以上(中学1年生)
※但し、18歳以下の留学希望者は、ご本人親御様との面談の上、留学の可否を決めさせて頂きます。

注目ポイント
  • 英語スキルを伸ばしながら、ボランティア!
  • ホームステイも可能!
  • 幸福度が最も高い国で、文化交流もできる!
対象身分/年齢
特徴
応募画面へ進む

募集詳細

フィジー留学カラーズは、こんな方から選べれています


・英語留学もしたいし、ボランティア活動もしたい!



  • ・フィジアンと生きたコミュニケーションをとりたい

  • ・日常会話を学校外で使いたい

  • ・ボランティアって興味はあるけど、やったことがない

  • ・ボランティアは日本国内では経験あるけど、海外では未経験
  • ボランティア活動紹介動画👇






  • 「フィジー留学カラーズ」どんな学校?









  • なぜ、フィジーで英語留学?


  • 世界で一番幸せを実感している国民と、温暖な気候。
  • そして、治安レベルの良さ。
  • 近年は、フィリピン留学と比較され、フィジー留学を選ぶ方も増えてきました。

  • 1. 学校の外でも英語学習の場(ボランティアアクティビティを通じ、アウトプットが出来る環境)

  • 2. 幸福度世界一の国民から「幸せ」も学べる

  • 3.銃社会では無く、治安も良い

  • 4.欧米留学の半分以下



なぜカラーズが選ばれるの!?


カラーズのゆずれない3つのこだわり


1.ビギナーでも安心。マンツーマン授業と最大6人までの少人数制クラス


英語を話せるようになるには、インプットとアウトプットのバランスが大切。グループレッスンでの発言が苦手な方でもマンツーマンレッスンできちんとアウトプットを確保できます。
⦅あなたが主役⦆の授業で、より早く英会話に慣れることが可能です。
グループクラスの人数にもこだわりました。
少しでも多く発言する時間を確保するため、また教師が生徒1人1人を気にかけることができるよう、最大6人までとしています。


2.参加自由のボランティア・アクティビティー


カラーズでは参加自由のボランティア・アクティビティーがあり、誰でも参加することが可能です。
カラーズ教師がファシリテーターとなり、生徒主体でどんなボランティアをするか、誰がこの役割をするかなどミーティング内で決めていき実施していきます。
ボランティア・アクティビティーを通して、生きた英語を使うことができ、幸福度世界NO.1のフィジアンの価値観に触れ、あなた自身の価値観もアップデートすることが可能です。


3.
設備充実の滞在先


慣れない海外生活で大切になるには滞在先。
少しでもフィジー生活を快適に過ごせるよう、滞在先にもこだわりました。
フラット(学生寮)には冷蔵庫や洗濯機などの必須家電はもちろん、暑いフィジーを快適に過ごせるよう全室クーラーも完備しています。
住む環境によって英語学習の意欲や質が変わってきます。
カラーズでは学校運営はもちろん、生活環境にも力を入れています。




フィジー留学カラーズのボランティアとは?


「留学もしたいけど、海外ボランティアにも興味がある」、
「ただの留学だけじゃ物足りない!」「ボランティアは日本国内では経験あるけど、海外では未経験」という方におすすめです!


1.無料で参加できる

    カラーズのボランティア・アクティブティーは参加費無料で参加可能です。
    どんどん積極的に参加をして、あなただけの特別な留学にしましょう。


2. 語れる留学

    あらかじめ用意されているボランティアに参加するだけではなく、学生自身が企画から実施まで関わることが可能です。参加するだでなく、主体的に活動することで、経験値が変わってきます。
    学生主体ではありますが、カラーズの教師陣や日本人スタッフがしっかりサポートしますので、ご安心ください。


  1. 3. ボランティアを通じて英語がしっかり伸びる

  2. カラーズの教室は、学校内だけではありません。
    実践的な英語を、ボランティア・アクティビティーを通じて学ぶ事ができます。
    教室を飛び出し、異文化を経験しながら、社会貢献を感じてください。




    カラーズのボランティアは、留学前から始まります!


    ご入校が決まった方に
    毎月第2水曜日(20:00-20:30)オンラインにて開催のボランティア座談会にフィジー渡航前からご参加いただけます!
    「いま、現地で他の留学生はどんな活動をしているんだろう?」
    「自分はフィジー渡航後にどんなボランティアができるんだろう?」
    など、フィジー渡航前から活動をサポートしています。
    フィジー留学中に「何らかのボランティア活動に挑戦してみたい」という方はぜひご参加ください。



応募画面へ進む

体験談・雰囲気

この海外プログラムの体験談

【 フィジー留学 体験談 】留学生インタビュー:
フィジーがアナザースカイになりました!



【お名前】Akiko【年齢】34歳【留学期間】24週間

カラーズが開校して間もない時期に留学に飛び込んで来てくれたAKIKOさん。カラーズにとって最初の長期学生さんである彼女が遂に本日卒業! フィジーでの半年間はどうだったのか、インタビューに答えてくれました。



━━日本ではどういうお仕事をされていましたか?


司法書士事務所で登記関係の仕事を3年間していました。その前は、ランジェリーショップのマネージャーを8年間していました。


━━なぜ英語の勉強をしているのですか?


旅が好きで、旅した土地で友達をつくりたいからです。

━━なぜカラーズを選んだのですか?


留学生の年齢層が若い子に偏っておらず、いろんな方とコミュニケーションが取れる環境だからです。


━━ホームステイ滞在はどうでしたか?


とっても楽しかったです。特にホストマザーとの日常のおしゃべりが。毎日、お互いに起きた話をシェアしたり、ときに恋愛話や仕事の話も。ホストとゲストという関係ではなく、気の合う友達という感覚でした。ホストマザーは小学校の先生なんですが、同僚の先生たちを家に呼んでディナーをしたときに、同僚の先生たちが「あなたがAKIKOなのね。やっと会えたわ!」と言ってくれて、私の話を学校でもしてくれていることを知って嬉しくなりました。


━━カラーズの教師たちはどうでしたか?


私の性格と非常に合っていたと思います。教師と生徒という感覚ではなく、友達のような感覚で接してくれました。学校以外の時間でも、SNSで連絡を取り合ったり、一緒に旅をしたり、とてもフレンドリーでした。



━━カラーズのスタッフたちはどうでしたか?


ホスピタリティー溢れるスタッフたちで安心して留学生活をおくることができました。知識も豊富で、英語以外の学びもたくさん得ることができたと感謝しています。


━━今回の留学期間の中で、いちばん印象に残っていることは何ですか?


学生や教師、スタッフと一緒に行った卒業旅行(一泊二日)です。6ベッドルームの家を貸し切り。BBQやったり、プールで遊んだり、海でシュノーケリングやったり、砂丘行ったり・・・。フィジー人の友達だけでなく、日本人の友達もたくさんできました。フィジーにまた戻ってきたときに「帰れる家」が多くできたことは生涯の財産になると思います。

━━今回の留学を通して、どんな変化(気づき)がありましたか


やっぱりいちばんは英語です。英語力が伸びました。特にリスニングとスピーキング。こんなに英語が理解できるようになるとは思っていませんでした。この前、留学する前から友達だったスリランカ人と久しぶりに話をしたんですが、私の英語力が伸びたおかげで、相手が話してくれる内容が変わったんです。より深い話をしてくれるようになりました。これから旅に出ますが、今まで以上に現地人の友達ができるようになると思います。あと、日本じゃなくても生きていけるという自信がより強くなりました。


━━卒業後はどうしますか?


フィジーのリゾートでインターンすることが決まったので、また3ヶ月後にフィジーに戻ってきます!その3ヶ月間はフリーなので、旅に出ます!中東やアフリカを旅したり、留学が楽しかったので別の国(キプロス)でもまた留学してみようと思います。


━━後輩留学生へのメッセージをお願いします。


私は34歳で初めて留学に来ましたが、もっと若いうちにもっと気軽に来ればよかったなぁと感じます。ちょっとでも興味があったら、"Don't be afraid"でフットワーク軽くぜひ留学してみてください。準備せずとも大丈夫です。今は開校当初と違って、生徒の数も増えてきました。生徒同士で支え合える良いタイミングだと思います。恐れることなく、現地のフィジー人たちにいろいろと話しかけてみてください。きっと想定外の答えが返ってくることでしょう。それをぜひ楽しんでみてください。カラーズがさらに楽しく、さらにキラキラした学校になることを願ってます。



=====================================================



【 フィジー留学 体験談 】留学生インタビュー
「幸せの国Fijiで英語を学ぶ」それは私らしい幸せを見つける事、自分らしい人生をつくっていく事


【お名前】Misuzu Egashira(江頭 美鈴)【職業】司会プロダクション経営、イメージコンサルタント、心理カウンセラー、講師(人材育成、マナー、婚活)など。【留学期間】1週間



━━現在、どういうお仕事をされていますか?

ブライダル司会をメインとしたプロダクション経営をしています。個人でも、企業様のマナーを含む人材育成や内外共に人を魅力的にブラッシュアップするイメージコンサルタントの仕事。また婚活指導講師など一見多岐にわたっていますが根底で共通するのは、「人を幸せにするお手伝いをしている仕事」と思っています。

━━英語を勉強されている目的を教えてください。

長年、MCやアナウンサーなどの「話す仕事」をしていたので、言葉の重要性を常に考えています。日本語は奥深くて、いくら勉強しても終わりがなく、生涯を通して学んでいきたいと思っています。そして自分にとって人間ほど興味深く未知の生き物はいないと感じているので、もっと「人間を知りたい」という気持ちがあります。

英語もそのツールのひとつとして考えています。多くの人の考えやまったく知らなかった価値観を知る事により、視野を広げ自己変容し続け、心豊かな自分らしい幸せな人生をつくっていくという事が最終目的です。

━━カラーズの授業はどうでしたか?

使用している教科書そのものの内容がとても充実している事もあるのですが、教師たちが事前にその内容や人物について調べておいてくださるので、話が広がり充実度に厚みが増しています。

また、会話を重ねながら、英語の間違いは適宜修正してもらいます。

日本の学校での英語教育とはまったく違い、とにかく話し合うシーンが多い。自分の考えを自分の言葉で伝える。なぜ賛成なのか、なぜ反対なのか、常に自分の意見を求められる。だから自分も語りたくなる。

自分の知っている単語を組み合わせながら、伝えようと努力する。それが大きなモチベーションにつながりました。

日本の英語教育に足りなかった点に気づかされました。

こういうスタイルは初体験です。


━━フラット滞在はどうでしたか?

環境がとても良く快適でした。学校から徒歩10分弱で近いし、少し高台にあり景色も良く、周りは安全で豊かな家庭が多いです。

フラットの隣の住人(フィジー人)の方とスタッフが話をするチャンスを作ってくださったので、より安心して生活ができました。朝起きると明るい陽射しが入り、鳥のさえずりがして、生きているという充実感をたくさん持てる環境です。

flat misuzu.jpg

━━今回の留学期間の中で、いちばん印象に残っていることは何ですか?

とにかく、英語学習へのモチベーションが上がった事ですね。

「英語で自分の意見をしっかり伝えられるようになりたい。」「より多くの人と語り合いたい。」と心から思えるようになりました。

その為には、やはり語彙力や文法の理解などの基本的な事も重要だと気づきました。それがのちの伸びしろの差になるのだと思います。

それから、フィジーにいると不思議と購買意欲がなくなる。「Simple is Best」の意味が心から体感できました。本当の幸せと満足は、「物ではない」という事がはっきり分かりました。

━━全体的な感想を教えてください。

とにかくとても楽しかった!貴重な体験でした!

スタッフはきめ細かく、フレンドリーに対応してくださるし、授業では教師が分かるまでとことん説明をしてくれたのが本当に嬉しかったです。それぞれの方の生き方にも触れる事ができ、この様な経験はなかなか他ではないと思います。

━━後輩留学生へのメッセージをお願いします。

日本にいても英語の必要性は、今後どんどん高まっていきます。英語を使えた方が確実に視野は広がり、自身の人生の役に立つと思います。

単に英語を学ぶだけではなく、英語を使って何をしたいのか、どんな人生を送りたいのか、その先を考えることが重要だと考えています。

英語留学の観点からいうと、フィジーはコスト的にもリーズナブルだから、お金をあまり使わなくても生活できます。フィジー人は「物」ではなく、もっと大事な「心」に価値を置いています。そういう価値観やつながりを学ぶ場所としてもフィジー留学をお薦めします。
=====================================================



【 フィジー留学 体験談 】留学生インタビュー:語学以外にも様々学べたフィジー留学

【お名前】Honoka Kikuchi(菊地 帆夏)【年齢】24歳【職業】フリーター【留学期間】5

ボランティア・クラスのリーダー的存在で大活躍してくれたHONOKAさんに卒業式直後にインタビューをしました!彼女がフィジー留学でいちばん学んだこととは?


━━今回の留学を通して、どんな変化(気づき)がありましたか?



変化はかなり大きかったと思います。会社を退職して来たんですけど、会社員時代に疲れていて、「元気になりたい」と思ってフィジーに飛び込んだ結果、とても元気になりました(笑)



━━元気になれた原因は何だったんですか?



まずはフィジー人の国民性ですね。「人を助ける」ことが当たり前に実践できているフィジー人たちと接していて、どこか「あったかい」気持ちになりました。



━━他にも、元気になった要因はありましたか?


あと、英語習得へのモチベーションが上がったことも元気の源でした。「この人と話したい」と思える人たちと出会い、英語のボキャブラリーを増やす。そして、それを活用する。英単語の記憶が定着する。また話しかける。そんな好循環が留学中に生まれていき、どんどん英語が楽しくなっていきました。



━━帰国後も英語習得へのモチベーションはキープできそうですか?



ポルトガル語とフランス語を習ったことがあり、その勉強は楽しかったんですが、英語は楽しくないと思ってました。でも、今回の留学を通じて、それは英語の勉強法が合ってなかったんだとわかりました。いまは英語が楽しいです!英語が話せれば、楽しい世界をもっと知れます。話せないことで損をしていることに気づきました。今年、英語を真剣にやってみようと思います。



━━ホームステイ滞在はどうでしたか?



積極的に話しかけてくれましたし、非常に優しかったです。特に、ホストマザーが料理が上手だし、おしゃべりもうまくて楽しめました。



━━今回の留学期間の中で、いちばん印象に残っていることは何ですか?



ボランティア・クラスです。先生と一緒に、学校近くでお店をやっている人たちにインタビューをする機会がありました。その中でも、いまにも壊れそうな露店で野菜を売っている女性に話を聞いたことが印象的です。話しかける前、私の勝手なイメージで、「この人は仕方なくこの商売をやっている」と想像していました。実際に話してみると、「野菜を育てるのが好きだし、この露店で野菜を販売するのも楽しんでいる」「だから生活もとても充実している」「夢は叶っている」という発言があり、勝手な先入観をもってしまっていたことを反省しました。



━━そもそも、なぜカラーズを選んでくれたんですか?



学校での語学や勉強だけでなく、学校外での活動にも注力されていたからです。



━━後輩留学生へのメッセージをお願いします。



語学だけでなく、その国を楽しみたいと思っている方にはフィジーはとても向いている国だと思います!




================================================================



【 フィジー留学 体験談 】コロナ渦 留学生インタビュー:コミュ力を磨き上げたフィジー留学!


【お名前】Hiro 【年齢】20代前半 【趣味】サーフィン 【留学期間】6ヶ月

最初にオンラインで話したときからコミュニケーションの達人感が漂っていたHIROくんが9/27に卒業しました。留学の目的を見失うことなく、着実に人間力を高めていったHIRO。この半年での最大の学びについてインタビューさせていただきました。


━━そもそも、なぜフィジー留学だったんですか??

僕の留学の目的は70%が英語力アップで、残り30%がサーフィンでした。フィジー留学なら、両方ともに満足できる留学になると思ってフィジーを選びました。

━━今回の留学を通して、どんな変化(気づき)がありましたか?

日本の学校教育の中で英語を「日本語で」学んできました。それでもあまり理解できなかったのに、今回の留学では「英語で」英語を学ぶレッスンでした。でも、気がつけばそれが自然になっていて、理解できている自分がいました。英語ってこうやって身につけるんだと発見できました。

━━他には何か発見がありましたか?

日本人と日本語でコミュニケーションをとっているときは、敬語とか言い回しとかで少しイラっとするときがありますが、英語だと気にならないことも発見でした。日本人同士でも英語で会話すると、親しみやすく接することができることは興味深かったです。

━━留学を通じて印象的だったことを教えてください。

フィジー人の人間関係の作り方です。普段はのんびりしているフィジー人たちですが、コミュニケーションとなるとすごいスピード感で距離を詰めてきてくれます。さすが世界でいちばんフレンドリーな国民!

街ですれ違う「見ず知らずのフィジー人たち」ともストリートでよく会話をしていました。他の留学先だとなかなかそういう経験ってできないんじゃないかなと感じています。

━━今回の留学で最大の発見を教えてください。

自分自身はやっぱり人が好きだということ。人とコミュニケーションをとることは得意なほうだと思っていましたが、今回の留学を通じて、多様な人たちと日本語や英語で話すことによって、さらにブラッシュアップできたと思います。

━━次なる野望を教えてください。

せっかく身についた英語力をさらに高めていくためにも、帰国後はケンブリッジ検定試験の勉強をしようと思います。帰国後は14日間の隔離生活も待っているので、その期間も無駄にしないように。英語力をアップさせつつ、自分自身の対人スキルを活かせる仕事(できれば外国人と関わることができるもの)を探していきたいと思います。

==================================================================








特徴
雰囲気
男女比

男性:40%、女性:60%

応募画面へ進む

企業情報

フィジー留学カラーズ

代表者

多田 祐樹

設立年

2018年

法人格

株式会社・有限会社・合同会社

フィジー留学カラーズのボランティア募集

フィジー留学カラーズの職員・バイト募集

応募画面へ進む
応募画面へ進む