1. ホーム
  2. 海外ボランティア/ツアー
  3. タイの海外ボランティア/ツアー募集一覧
  4. タイでの国際系海外ボランティア/ツアー募集一覧
  5. 山岳民族支援5日間~2週間ボランティアinタイ 異文化交流・ホームステイ・象乗り

更新日:2023/02/03

山岳民族支援5日間~2週間ボランティアinタイ 異文化交流・ホームステイ・象乗り

Sharing Eco Tour & Homestay 
  • 活動場所

    タイ (北部の様々な民族が穏やかに暮らす自然に囲まれたチェンライ県での活動です。ボランティア活動先や滞在先は日本人スタッフが15年以上NGOに所属し関わってきている既に信頼関係が築かれているとても安全で安心できるエリアです。日本からチェンライ空港までは格安のLCC航空会社の便も飛んでいて便利です。)

  • 必要経費

    57,000円

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生 / 高校生 / 小中学生 / シニア

  • 活動日程

    随時活動(活動期間:応相談)

基本情報

タイ山岳民族の村にホームステイしながら彼らの生活を学び、子どもの教育活動や異文化交流、自然環境保護、農作業、道路やトイレ補修等のボランティアを行います。象乗りや国境エリアの視察にも行くこともできます。

活動テーマ
活動場所

北部の様々な民族が穏やかに暮らす自然に囲まれたチェンライ県での活動です。
ボランティア活動先や滞在先は日本人スタッフが15年以上NGOに所属し関わってきている既に信頼関係が築かれているとても安全で安心できるエリアです。
日本からチェンライ空港までは格安のLCC航空会社の便も飛んでいて便利です。

必要経費
  • 57,000円

タイのチェンライ滞在
5日間:15,000タイバーツ(約5万7千円)
7日間:16,500タイバーツ(約6万2千円)日程により割引あり!
14日間:21,000タイバーツ(約8万円)日程により割引あり!

参加費に含まれているもの:
・チェンライ空港送迎
・プログラム内の全ての現地交通費
・食事
・宿泊
・飲料水
・美味しい季節のフルーツやタイスウィーツ
・山岳民族の村ホームステイ体験2泊~8泊
・日本人スタッフによる山岳民族についてのレクチャーとオリエンテーション
・日本語もしくは英語による滞在とボランティア中のサポート
・ボランティア時に発生する材料費や建設費
・観光(タイ寺院、ローカル市場、夜市ナイトバザール等)
・チェンライからのお土産
(可愛いオリジナルTシャツ、山岳民族手作り竹コップ、山岳民族手作り水筒入れ)
・Sharingでの無料wifi

※日本からの航空券代は含まれません。
※チェンライ到着日の夕食、活動がお休みの日(お休みは5日間の方1日,7日間の方に1日、14日間の方に2日間あります)の食事は含まれません。
※ボランティア終了時にはボランティア修了証書をお渡しいたします。
※2回目以降の参加は約10%割引になります。
※お友達やご兄弟との二人以上の参加は約5%割引になります。事前にお知らせいただけない場合は割引ができません。
※お申し込みの時点で高校生以下の場合は1,300タイバーツ(おおよそ5,000円)の追加費用がかかります。
※タイバーツでのお支払いです。レートは常に変動していますのでご自身でご確認ください。明記されている日本円はあくまで目安です。

活動日程

随時活動(活動期間:応相談)

山岳民族の生活を学びながらボランティア活動をしよう!!
★2月5日(日)~11日(土)7日間  500タイバーツ割引! 定員に達しました。
★2月13日(月)~26日(日)14日間 定員に達しました。
★3月12日(日)~18日(土)7日間 定員に達しました。
★3月19日(日)~25日(土)7日間
★3月26日(日)~4月1日(土)7日間
★4月2日(日)~8日(土)7日間
★4月9日(日)~15日(土)7日間 タイの旧正月ソンクラーン″水かけ祭り″に参加
★4月30日(日)~5月6日(土)7日間

※上記日程以外も受け入れが可能な場合がありますので、お問い合わせください。
※2023年5月以降も受け入れております。

Sharingでのボランティアとインターンのポイント:

・現地の人々と深く交流し異文化を肌で感じ、多文化共生社会を考えるきっかけにつながる。
・自分で考え実行することにより、自分自身の成長につなげることができる。
・山岳民族やローカルなタイの社会問題を学びグローバルな視野を身に着けることができる。
・タイの社会的弱者たちと過ごし生活を共にすることで、人権と世の衡平を考えることにつながる。
・農を体験することにより、自然環境や生物多様性の大切さ、食べ物を生産する大変さを学ぶことができる。
​・言葉が通じない相手でも、動じずにコミュニケーションを取る方法を学ぶことができる。
・他者を思いやる気持ちや協調性を育むことができる。
・異文化コミュニケーションの力をつけて、外国人だけでなく自分と異なる考えや性格の日本人同士のコミュニケーションの力がつく。
・仕事や勉強、学びへのモチベーションを高めることにつながる。

Instagram:homestay_volunteer_thailand
facebook:チェンライでのボランティアとホームステイ(Volunteer and Homestay in Chiang Rai Thailand)

ラインID: sakurainoka
電話:(+66) 89 554 6415, (+66) 88 4016314

募集対象

・中学生から70歳くらいまでの元気いっぱいな老若男女。
(小学生以下の場合、保護者同伴受け入れ可能です。)
・ボランティアをしたいという思いのある方。
(保護者の気持ちではなく本人の強い意志がなくては参加はできません。)
・何事にも積極的な方。
・多少の暑い気候に耐えられる方。
・自分の行動に責任をもてる方。
・異文化を理解する努力のできる方。
・協調性のある方。
・自分がボランティアや海外体験をしたいという気持ちだけでなく、Sharingの活動やこの地域を盛り上げたいという意識のある方。
・ボランティア活動内容やスケジュールは、御自身の希望ではなく現地の状況で変更されたり決定されることを理解くださる方。
・地域の人々と深く関わるSharingが定めるルールを守っていただける方。

注目ポイント
  • 現地の人々と深く交流し異文化を肌で感じることができる!
  • 様々なことに挑戦でき自分自身の成長につなげることができる!
  • 山岳民族やタイの社会問題を学びグローバルな視野を身に着けることができる!
対象身分/年齢
募集人数

10名

特徴

募集詳細

山岳民族の生活を学びながらボランティア活動をしよう!!
2023年
★2月5日(日)~11日(土)7日間 500タイバーツ割引!定員に達しました。
★2月13日(月)~26日(日)14日間 定員に達しました。
★3月12日(日)~18日(土)7日間 定員に達しました。
★3月19日(日)~25日(土)7日間
★3月26日(日)~4月1日(土)7日間
★4月2日(日)~8日(土)7日間
★4月9日(日)~15日(土)7日間 タイの旧正月ソンクラーン″水かけ祭り″
★4月30日(日)~5月6日(土)7日間

※上記日程以外も受け入れが可能な場合がありますので、お問い合わせください。
※2023年5月以降も受け入れております。

元気な子どもたち

私たちはタイに住む山岳少数民族(山地民)の生活の向上と文化・伝統の継承を支援するタイのローカル団体Sharingです。

現在タイの山岳少数民族は、経済的な貧困、人身売買、麻薬の乱用、文化・伝統の侵食、無国籍、初等教育不足、差別や偏見など、多くの問題にさらされています。

カレン族とアカ族の子ども

グローバル化が進む現代の世の中。タイの山岳で暮らしている人々にも、その負の部分が影響しています。

Sharingは、最新技術とメディアを上手に利用しながら村人の組織化を通じてのエンパワーメントを促し、これらの様々な問題を彼ら自身で解決できるよう尽力しています。

山岳少数民族を取り囲む環境に柔軟に対応し複雑に絡み合う問題を解決するため、タイ政府やNGO、地域コミュニティ、大学などの様々な機関とのネットワークを形成し共に活動しています。

Instagram:homestay_volunteer_thailand

facebook:チェンライでのボランティアとホームステイ(Volunteer and Homestay in Chiang Rai Thailand)

Twitter:@SharingHomestay


新型コロナウィルスの感染拡大を考慮し、ボランティアさんの受け入れを限定しております。

ラインID: sakurainoka

電話:(+66) 89 554 6415, (+66) 88 4016314

Sharingでのボランティアとインターンのポイント:

・現地の人々と深く交流し異文化を肌で感じ、多文化共生社会を考えるきっかけにつながる。

・自分で考え実行することにより、自分自身の成長につなげることができる。

・山岳民族やローカルなタイの社会問題を学びグローバルな視野を身に着けることができる。

・タイの社会的弱者たちと過ごし生活を共にすることで、人権と世の衡平を考えることにつながる。

・農を体験することにより、自然環境や生物多様性の大切さ、食べ物を生産する大変さを学ぶことができる。

・言葉が通じない相手でも、動じずにコミュニケーションを取る方法を学ぶことができる。

・他者を思いやる気持ちや協調性を育むことができる。

・異文化コミュニケーションの力をつけて、外国人だけでなく自分と異なる考えや性格の日本人同士のコミュニケーションの力がつく。

・仕事や勉強、学びへのモチベーションを高めることにつながる。


7日間のボランティアプログラム例

1日目 食事なし S泊(Sharing=S)
チェンライ空港に20:30に集合 看板を持ったSスタッフがお迎え(時間は変更も可能)
宿泊先へ移動(途中コンビニエンスストアによることが可能)
到着後、簡単なオリエンテーション

※下の写真はSharing宿泊施設とトイレ&シャワールーム(水シャワー)

2日目  3食あり S泊

午前から午後にかけて

オリエンテーションとレクチャー 自己紹介 タイ語レッスン
☆学びのポイント
・Sharing活動理念、活動内容など
・山岳民族の歴史・文化・現状・課題について
・タイ、およびチェンライ地域の地理的社会的特性について
・ボランティア活動の心構えや異文化や習俗への理解
・ホームステイ時のルール
・危機管理、危機回避の方法と、緊急時の連絡
・指示方法の確認等・・・
バナナの葉弁当、旬の南国フルーツ、山岳民族水筒入れ、山岳民族の伝統文化冊子の配付

午後
2022年6月~9月雨期:
村での道路補修ボランティア、上下水道設置ボランティア、トイレ補修ボランティア、フェンス補修ボランティア、
村人の援農ボランティアもしくは、植樹ボランティア、学校での異文化交流ボランティアや給食プロジェクトの支援ボランティアなど。

2022年10月~乾期:
自然災害防止のためにバナナの苗の植樹ボランティア、焼き畑の飛び火を防ぐための草刈りボランティア、

学校での異文化交流ボランティアや給食プロジェクトの支援ボランティアなど。


夕食(タイ料理)作りのお手伝い
タイ語レッスン

3日目  3食あり S泊

終日
2022年6月~9月雨期:

村での道路補修ボランティア、上下水道設置ボランティア、トイレ補修ボランティア、フェンス補修ボランティア、
村人の援農ボランティアもしくは、植樹ボランティア、学校での異文化交流ボランティアや給食プロジェクトの支援ボランティアなど。

2022年10月~乾期:
自然災害防止のためにバナナの苗の植樹ボランティア、焼き畑の飛び火を防ぐための草刈りボランティア、

学校での異文化交流ボランティアや給食プロジェクトの支援ボランティアなど。


夕食(タイ料理)作りのお手伝い
タイ語レッスン

4日目  3食あり ラフ族の村ホームステイ泊

午前
図書の寄付補修と整理ボランティアなど
午後
村でのホームステイの準備
ラフ族の村まで移動 途中、滝での水浴び
村到着後、ホストとご対面
村内散策
ラフ語レッスン

※下の写真は、山岳民族の村ホームステイです。竹の家、木の家、コンクリートの家と様々です。

5日目  3食あり ラフ族の村ホームステイ泊

午前
ジャングルの中で竹筒を使っての昼食作り、竹のお箸づくり
午後

2022年6月~9月雨期:

村での道路補修ボランティア、上下水道設置ボランティア、トイレ補修ボランティア、フェンス補修ボランティア、
村人の援農ボランティアもしくは、植樹ボランティア、学校での異文化交流ボランティアや給食プロジェクトの支援ボランティアなど。

2022年10月~乾期:
自然災害防止のためにバナナの苗の植樹ボランティア、焼き畑の飛び火を防ぐための草刈りボランティア、

学校での異文化交流ボランティアや給食プロジェクトの支援ボランティアなど。

村の子どもたちと交流


6日目  3食あり S泊

午前
ラフ族の伝統や暮らしを学ぶ(ラフ族の機織りレッスン、竹のコップ作り)
午後
下山

日本帰国時に必要なPCR検査に引率と通訳(PCR検査代はご自身での負担)
タイ寺院、地元の市場見学、ナイトバザールの見学と買い物

7日目  食事なし

活動お休み日 自由観光もしくはオプショナルに参加(3食あり)
7日間の振り返り ボランティア修了証書授与

17:30着でチェンライ空港にお見送り

※ボランティア内容の希望は考慮されますが自由に選択はできません。現地の状況により決定されます。
※現地の状況によりスケジュールは予告なしに変更される場合があります。


5日間のボランティアプログラム

1日目 食事なし S泊(Sharing=S)
チェンライ空港に20:30に集合 看板を持ったSスタッフがお迎え
宿泊先へ移動(途中コンビニエンスストアによることが可能)
到着後、簡単なオリエンテーション

2日目 3食あり ラフ族の村ホームステイ泊
午前から午後にかけて
オリエンテーションとレクチャー 自己紹介 タイ語レッスン
☆学びのポイント
・Sharing活動理念、活動内容など
・山岳民族の歴史・文化・現状・課題について
・タイ、およびチェンライ地域の地理的社会的特性について
・ボランティア活動の心構えや異文化や習俗への理解
・ホームステイ時のルール
・危機管理、危機回避の方法と、緊急時の連絡
・指示方法の確認等・・・
バナナの葉弁当、旬の南国フルーツ、山岳民族水筒入れ、山岳民族の伝統文化冊子の配付

午後
村でのホームステイの準備
ラフ族の村まで移動 途中、滝での水浴び
村到着後、ホストとご対面
村内散策
ラフ語レッスン

3日目 3食あり ラフ族の村ホームステイ泊
午前
ジャングルの中で竹筒を使っての昼食作り、竹のお箸づくり
午後

2022年6月~9月雨期:
村での道路補修ボランティア、上下水道設置ボランティア、トイレ補修ボランティア、フェンス補修ボランティア、
村人の援農ボランティアもしくは、植樹ボランティア、学校での異文化交流ボランティアや給食プロジェクトの支援ボランティアなど。

2022年10月~乾期:
自然災害防止のためにバナナの苗の植樹ボランティア、焼き畑の飛び火を防ぐための草刈りボランティア、

学校での異文化交流ボランティアや給食プロジェクトの支援ボランティアなど。


4日目 3食あり S泊
午前
ラフ族の伝統や暮らしを学ぶ(ラフ族の機織りレッスン、竹のコップ作り)
午後
下山
日本帰国時に必要なPCR検査に引率と通訳(PCR検査代はご自身での負担)
タイ寺院、地元の市場見学、ナイトバザールの見学と買い物

5日目 食事なし
活動お休み日 自由観光もしくはオプショナルに参加(3食あり)
5日間の振り返り ボランティア修了証書授与

17:30着でチェンライ空港にお見送り

※ボランティア内容の希望は考慮されますが、自由に選択はできません。現地の状況により決定されます。
※現地の状況によりスケジュールは予告なしに変更される場合があります。


ラインID: sakurainoka

電話:(+66) 89 554 6415, (+66) 88 4016314


参加費

5日間:15,000タイバーツ(約5万7千円)

7日間:16,500タイバーツ(約6万2千円)日程により割引あり!

14日間:21,000タイバーツ(約8万円)日程により割引あり!


参加費に含まれているもの:

・チェンライ空港送迎

・プログラム内の全ての現地交通費

・食事

・宿泊

・飲料水

・美味しい季節のフルーツやタイスウィーツ

・山岳民族の村ホームステイ体験2泊~8泊

・日本人スタッフによる山岳民族についてのレクチャーとオリエンテーション
・日本語もしくは英語による滞在とボランティアのサポート

・ボランティア時に発生する材料費や建設費

・観光(タイ寺院、ローカル市場、夜市ナイトバザール等)

・チェンライからのお土産(可愛いオリジナルTシャツ、山岳民族手作り竹コップ、山岳民族手作り水筒入れ)
・Sharingでの無料wifi


※日本からの航空券代は含まれません。

(御自身での取得が不安な方はアドバイスや旅行代理店の紹介が可能です。)

※チェンライ到着日の夕食、活動がお休みの日(お休みは5,7日間に1日、14日間に2日あります)の食事は含まれません。

※タイバーツでのお支払いになります。レートは日々変動していますのでご自身でご確認ください。明記されている日本円はあくまで目安です。
※ボランティア終了時にはボランティア修了証書をお渡しいたします。

※2回目以降の参加は約10%割引になります。

※お友達やご兄弟との二人以上の参加は約5%割引になります。事前にお知らせいただけない場合は割引ができません。

※保護者同伴ではない中高生の参加は、1,300タイバーツ(約5,000円)の追加費用がかかります。(お申し込みの時点)


参加費に含まれていない活動がお休みの日のオプション:

活動がお休みの日に以下のオプショナルツアーを開催しております。
せっかくタイの最北端チェンライまでいらっしゃっていますのでボランティア活動だけでなく国境エリア視察も加えてお勧めします。ご自身では行きにくい場所、やれないことが盛りだくさん!!
高校生以下のボランティアの方は休みの日に自由観光にせず、必ずどれかを選択ください。

①ゴールデントライアングルオプショナル
☆青い寺
☆タイ・ラオ・ミャンマーが国境を接し、3国を一度に一望できるゴールデントライアングルへ
メコン川を眼下に、3国の国境エリアを目の当たりにすることができます!
☆船に乗った金色巨大仏の寺見学
☆アヘン博物館の見学
☆歴史の街チェンセーンの遺跡の見学
☆源泉かけ流し温泉 プライベートな個室風呂です!
☆ローカルな市場の見学


②象使いオプショナル

☆カレン族の象使いから象について学ぶinジャングル
・象と共にジャングルを散策
・ジャングルを流れる川で象の水浴びを手伝う
・バナナやサトウキビ等の餌の作り方を習い食べさせる
・ジャングルの中での象乗り体験
☆カレン族の伝統的な機織りの見学と挑戦
☆源泉かけ流し温泉 プライベートな個室風呂です!
☆ローカルな市場の見学

タイ王家山岳民族開発オプショナル
☆ドイトゥンロイヤルフラワーガーデン見学

タイの王家が行うチェンライで有名な山岳民族開発プロジェクトサイトを視察します!

☆青い寺
☆ミャンマーとの国境メーサイの街へ

・メーサイの街でのお買い物

・ビューポイントからミャンマーとタイの国境を望み、国境エリアが抱える問題を学ぶ

☆シャン族スタイルの寺院の見学

☆源泉かけ流し温泉 プライベートな個室風呂です!

☆ローカルな市場の見学

④チェンライアートを楽しみ素敵なカフェを訪問するオプション
☆バーン・ダム・ミュージーアム(ブラックハウス)
タイの人間国宝といわれているチェンライ出身の芸術家タワン・ダッチャニーのアートの世界が広がっています。
☆パーヒーカフェ
ミャンマーとの国境近くに位置するアカ族が暮らすパーヒー村のカフェを訪れます。
☆チェンライの猿寺見学
☆源泉かけ流し温泉 プライベートな個室風呂です!
☆ローカルな市場の見学


①③④の各オプショナル追加費用:4,500タイバーツ(約1万5千円)
のオプショナル追加費用:5,500タイバーツ(約1万8千円)

・プライベート車

・英語での観光ガイド
・3食の食事
・美味しいおやつ
・飲料水
・入場料
・温泉代
・保険
※タイバーツでのお支払いになります。明記されている日本円の額はあくまで目安ですので、レートはご自身でご確認ください。

募集対象と受け入れの条件

・中学生から70歳くらいまでの元気いっぱいな老若男女。

(小学生以下の場合、保護者同伴受け入れ可能です。)

・ボランティアをしたいというしっかりとした意思のある方。

(保護者の気持ちではなく本人の強い意志がなくては参加はできません。)

・何事にも積極的な方。

・多少の暑い気候に耐えられる方。

・自分の行動に責任をもてる方。

・異文化を理解する努力のできる方。

・協調性のある方。

・自分がボランティア体験や海外体験をしたいという一方的な気持ちだけでなく、Sharingの活動やこの地域を盛り上げたいという意識のある方。

・ボランティア活動内容やスケジュールは、御自身の希望ではなく現地の状況で変更されたり決定されることを理解くださる方。

・地域の人々と深く関わるSharingが定めるルールを守っていただける方。


最新の活動や現地の様子は以下に掲載されています。

Instagram:homestay_volunteer_thailand

facebook:チェンライでのボランティアとホームステイ(Volunteer and Homestay in Chiang Rai Thailand)

Twitter:@SharingHomestay

ラインID: sakurainoka

電話:(+66) 89 554 6415, (+66) 88 4016314

体験談・雰囲気

この海外プログラムの体験談

①Hさん/女性 15歳

ホント素敵なところで、場所ももちろんいい人たちばかりで楽しく過ごすことができました。
チェンライでの生活はとても楽しくて普通なら海外に行くと食欲が落ちるのにもりもり食べられてずっと元気に過ごすことができました。タイ料理、山岳民族の村の料理、共にすごく美味しかったです。

今回は1週間だったので少し観光っぽく終わってしまいましたが、機会があればもっと長く滞在し山岳民族のこともタイのことももっと色々知りたいと思いました^^。

日本に戻ったら、日々の大量消費、大量生産の生活を反省するべきだと思いました。もっと地球に優しい生活を志したいです。せっかく色々学んだのでまわりの人に伝えていけたらと思います。

本当にありがとうございました!また来たいです。


②Yさん/女性 21歳

帰ってきてまだ1週間と少し経ったばかりなのに懐かしくて、またすぐチェンライへ行きたくなりました。

チェンライのにおいが何故か好きでした。
タイの人達や村の人たちの温かさが好きです。
自然に根差した彼らの生活が好きです。

私に何かできることはないでしょうか?日本に帰ってからずーっと考えていました。

「何かしてあげよう」という上から目線ではなく、どんな形でもいいから関わっていきたい、そう思っています。

私の今まで学んできた歯科に関しての知識や、技術が何かに役立てば本当にうれしいし、それ以外でも協力できることがあればしたいです。

個人でできる事が少ないなら、日本の歯科友達に声をかけることも可能だと思います。

村の別れやスタッフの皆さんと別れた時、私は泣きませんでした。普段は涙もろいのになんでだろう?と不思議に思っていましたが、多分その時から「日本に帰ってからも何かしら関わりたい!」という気持ちがあったからだろうと思いました。これから、色々と相談させてください。

お役に立てるか分かりませんが、是非お手伝いしたいです。

③Kさん/男性 29歳
4泊5日の短期でボランティアに参加させてもらいました。 東南アジアが好きでタイにも行ってみたかったのと、短期でたくさんの日程が用意されていて社会人でも参加しやすかったので軽い気持ちで、参加を決めたとき には少数民族のこともよく知らなかったです。今では本当に行ってよかったと思います。 ま ず環境がつい先日までいた日本の暮らしとは全く違い、驚きました。リーパー村は自然がいっぱいでとても素敵でした。木々に囲まれた村の中で、犬や鳥、牛な ど動物とともに暮らして、昼間は太陽の下で動きまわり、木陰で休み、音楽に合わせて踊り、夜には真っ暗になって虫の鳴き声を聞きながら眠りました。のびの びと走り回っている子どもたちが印象的で、テレビや娯楽施設がなくてもこんなにも賑やかで楽しい暮らしができるのかと感じました。しかし一緒に遊んだ子ど もも家庭環境が複雑だったり、行きたい学校に通うことが出来なかったりと様々な事情を抱えていると聞きました。それでも明るく元気な子どもたちを見て、こ の子たちが安全に暮らし、学べる環境のためにこれからもSharingの活動を応援しようと思いました。 ま た日本より衛生的ではないと感じるところはあったものの、ボランティアさんの活動によって子どもたちは手洗いの習慣がついていたし、自然に囲まれた暮らし のためか、アレルギーを持つ子が少なかったり、農業をしているので大人でも丈夫で元気な人が多いそうです。健やかなタイの人たちを見ていて、ボランティア で支援していくことだけでなく、こちらが見習って取り入れたらいいのではないかと思うことも多くありました。先進国で生活する者が、村人から学ぶべきことは山ほどあります。 リー パーの子どもたちと過ごせたのは2日間だけですが、みんな人懐っこくて一緒に歌を歌ったり遊んだりすることができました。また現地のスタッフさんもとて も優しい人ばかりで、慣れない環境で戸惑うことがあったり言葉がうまく通じなかったときも親切に対応してくださいました。あと辛い物が食べれない私のため に工夫してくださってありがとうございました(笑)。 後半は少数民族の村までトレッキング、そしてホームステイをさせてもらい、また違った経験をすることができました。ほとんど身内だけのような村で伝統を守り 文化を大切にし、誇りを持って生活していました。そこで一番感じたことは地域のつながりが強いことです。村の人みんなが顔見知りであることはもちろん、子どもたちはほかの家に自由に出入りして遊んだりご飯を食べたりしていました。子どもは地域の宝物であり、その集落に住む人たちみんなで育てている印象を受けました。また村の女性は働き者で、朝早くから農場で働き、家に帰ると家事もこなしていましたが、これも地域のつながりが濃く、近所の人たちによるサポー ト体制があるから成り立っているのではないかと思います。 グローバル化に伴い、いまタイは急激な変化に適応しようとしています。 日本ではすでに地域のつながりが薄れてしまっているという現状があって、それについては良い面も悪い面もありますが、今後経済が発展して環境が変わろうと も、これからもみんなで協力して生きていくためにはこのような地域間のつながりは絶やさずにいてほしいと願います。そしてここでできた日本とのつながりも、これからも大切にしていきたいと思っています。 *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
短い間でしたが本当に楽しく、多くの事を経験することが出来ました! タイが好きになりました。いろいろとありがとうございました。


④Tさん/男性 19歳
村でのホームステイは、いきなり来たのにとても親切に接してくださって、ほんとうに楽しい生活でし た。夜にヤカーさんから山岳民族の言葉や文化、タイの生活様式について話を聞き、2泊3日、机の上で勉強してるだけではできない体験ができました。差別や偏見に立ち向かってきた歴史は国境を越えた多くの人の努力に支えられたものだと改めて思いました。象に乗ったり、マーケットに行ったり、いろいろな経験ができましたが、やっぱり村の子どもと遊んでいるときが1 番楽しかったです。短い時間で何もしてあげられませんでしたが、この子たちが村やタイの未来を担っていくんだと感じ、大切に大切に育ってほしい、育てたいと思いました。
スタッフのみなさん、あたたかく迎えてくださりありがとうございました。肌で感じた今回の体験を通して、わたしは日本で子どもたちに向けて、多文化共生教育やいのちの教育ができる良い先生になります。がんばります!


⑤Mさん/男性 23歳
短い期間の中で、日本では経験できない非常に濃密な時間を過ごさせていただきました。現地のボランティアスタッフの方々にはとても親切にしていたただき、個々の信念を持っている方々ばかりで、今後の働きようを考えさせられる貴重な経験、刺激となりました。ありがとうございました!
ここで経験したこと学んだこと考えたことを少しでも日本で活かし暮していきたいです。


⑥Eさん/女性 48歳
4週間、タイのチェンライにあるSharingさんでお世話になりました。

小学校で剣道講座開いたり、2つの山岳民族の村にホームステイしたり、大自然の中竹だけで料理したり、象に乗ったり、幼稚園で子供達と踊ったり、他のボランティアさんと汗だくになりながら土木工事したり、オプショナルに参加しタイとミャンマーとラオスの3国の国境であるゴールデントライアングルに行って国境見たり、、、自分がまだ経験したことのない充実した2週間でした。現地の人達へは感謝しかありません。
ボランティアの契機を与えてくれた知人と、タイ行きの調整をしてくださったスタッフさん、タイ語の通訳でお世話になったタイ人インターン生、生活面何から何まで面倒を見てくださった先輩日本人ボランティアさん、AKB好きの山岳ガイドさん、、、。
Sharingで過ごして感じ取ったことはボランティア活動に崇高な志なんて必要無いということです。私みたいな何の取り柄も無い女性でもここで楽しく活動するだけで微力なが山岳民族の問題解消に携わることができました。
自分に自信がなかったり、将来何をしたら良いかわからなかったりと色々悩んでいる人、取り合えずチェンライに行ってみましょ。

今後のSharingの益々の発展を祈っています!

もし興味ある人いたら気軽に連絡してください!

長文大変失礼致しました。


⑦Mさん/女性 18歳
私は今回Sharingで1週間のボランティアをさせていただいました。

もともとボランティアには興味があったものの、団体も、チェンライという場所も知らず、あるサイトで見つけたその日に申し込みを決めました。最初はこんなに少ないお金で本当に充実したボランティアができるのだろうかと不安でしたが、現地で実際に活動してみると"世界にはこんなに知らないことがあふれていたのか!"と実感できるような素敵な体験をたくさんすることができました。

私が特に印象に残っているのはラフ族、アカ族の家にホームステイをしたことです。どちらの民族も日本人とは違った文化、人柄を持っており、私の大学でさえも到底体験できない交流をすることができました。夜に子供たちと一緒に遊んだり、アカ族の民族舞踊を踊ったり、毎日が自分が持つ常識を超える体験でいっぱいでした。すべて絶対学校では習うことのない事柄です。

Sharingの特徴として、誰もが大金を払うことなくタイの深い文化、問題に触れることができるというのが挙げられると思います。これは現地に拠点を置く団体だからこそ実現することだと思います。現地の人だからこそ分かること。それを存分に引き出して特別な思い出にしてください!!

タイでのサポート本当にありがとうございます。友達にも私の子供にもぜひ体験させたいボランティアのないようでした。今度はもっと長いスパンでボランティアに参加したいです。またお会いできる日を楽しみにしています。


⑧Yさん男性 17歳
今回、短期のボランティアに参加させて頂きました。
もともと海外のボランティアに興味があり、休みの日程調整が出来たため、今回参加しました。
今現在ボランティアを終えて、 最も強く感じたことは【本当に参加して良かった】ということと、【現地の皆さんへ感謝の気持ち】ということと、【応援してくれた両親へ感謝の気持ち】です。
短い時間でしたが、本当に楽しく貴重な体験をたくさんする事が出来ました。
山岳民族の村で2泊3日過ごしたり、彼らの言語を学んだり、彼らが抱える問題を一緒に考えたり、村の子供たちと触れ合ったり、色々なことをしました。また様々な国から来たボランティアの方々と一緒にワークをしたり、現地のスタッフさんと親睦を深めたり、タイの人達と一緒に食事をしたり、とても充実したボランティア活動でした。
また機会があれば、是非参加したいとおもいます。
最後に、このボランティアを計画して下さったSharing、生活のサポートをしてくれたスタッフの皆さん、山岳民族の村でお世話になった家族の方々、その全ての方々に感謝を伝えたいです。本当にありがとうございました。


⑨Kさん女性 32歳

日本に帰ってきてから、家族や友人、職場の人からすごく良い顔をしていると言われました。

私にきっかけをくれてありがとう!

今回は短期のボランティアでしたが今の仕事を辞めて転職する前に3ヵ月から半年のボランティアをしたいと思います。

その時はよろしくお願いします。

⑩Iさん女性 14歳

タイで暮らす山岳民族の村にもグローバル化や自然環境の変化による負の影響が及ぼされていることに驚きました。
今回チェンライのSharingでボランティアをしたおかげで、将来進みたい進路が決まりました。

本当にありがとうございました!


⑪タイに留学中の女性 22歳

普通の旅行では経験することができなかったこと、知ることができなかった知識がたくさんありました。村人の優しさや子どもたちの無邪気な笑顔にたくさん元気をもらうことができました。今の日本では失われてしまった大切なものを見つけることができた気がします。充実した2週間でした。ありがとうございました!

象オプショナル
ただ象に乗るだけではなく、カレン族の歴史や文化などについても深く学ぶことができました。象が人の言葉を理解できることに驚きました。カレン族の機織り体験もでき、民族によって衣装の作り方や柄が異なることが、興味深かったです。とても楽しかったです。ありがとうございました!

⑫21歳の女性

―村でのホームステイ
今までに経験したことのないたくさんの体験ができ、多くの学びを得ることができました。
―村での食事
お母さんが毎回たくさんご飯を作ってくださり、毎日ホストファミリーの皆さんと美味しいご飯を食べることがとても楽しかったです。
―ホストファミリー
とてもやさしく私たちを受け入れてくださって、たくさん貴重なお話を聞くことができました。
―村の雰囲気
皆あたたかく、声をかけてくれました。人間にとって大切なものの原点があるように感じました。
―ボランティア活動
農業や植林など、暑い中一生懸命にやりました。村内のゴミ拾いなども子どもたちと一緒にできてよかったです。
もっと積極的に自分でアイディアを出して、子どもとの交流活動を考えればよかったと反省しています。
―Sharingでのオリエンテーションとレクチャー
山岳民族について、彼らの現状について、Sharingの関わり方について、説明がとてもわかりやすく、村に入る前に聞けて良かったです。
―Sharingでの食事
おいしい食事や季節のフルーツで、毎回お腹いっぱいでした。
―Sharingスタッフのサポートやフォロー
興味深い話をたくさんしていただき、質問に丁寧に答えてくださり、全く困ることなく2週間を過ごせました。
スタッフさんのおかげです。とても貴重な2週間をありがとうございました。

⑬大学1年生Wさん 女性


村でのホームステイでは、日本で普通に暮らしていては経験できないことばかりで、本当に新鮮でした。村の皆さんとも言葉は通じませんが、たくさんのタイ語やアカ語を快く教えてくれるので、家族と話す時間でもある食事の時間が毎回楽しみでした。

村で出会った子供たちと、泥だらけびしょ濡れになって遊んだことも、一生忘れないとても大切な思い出になりました。言葉も文化もほとんど分かっていない私たちを温かく迎え入れてくれた村の方々の優しさがとても嬉しい2泊3日のホームステイでした。

Sharingに戻ってからの活動も、学びや発見の連続でした。

Sharingでのアウトドア活動は、炎天下で働いて体力的にすごく辛かったですが、こうやってキツイ仕事をして手入れをしてくれている人がいるからこそ、私は快適な生活を送れているということを、身をもって実感しました。他国のインターン生と話しながら活動するのもとても楽しかったです。私は英語もタイ語も上手に話せませんが、お互いに歩み寄ってコミュニケーションを取ろうとすれば伝わることがたくさんあるのだということを学びました。

幼稚園、学校での活動は、準備はとても大変ですが、実際に子供達に向かって授業をして、喜んでもらえたときは達成感を感じました。また、子供達とただ遊ぶのではなく、教える立場になったときにどう振る舞うべきなのかということも知ることができました。寄ってくる子供ばかりに可愛いからといって構ってはいけないことだったり、自分がやってみせるだけでなく、子供に考えさせてやらせてみることだったり。指導者という立場になって発見できたこれらのことは、今学ぶ立場である私にとって、これからどういう姿勢で学んでいくべきかという点について、改めて考えるきっかけにもなりました。

週末のオプショナルや、大学生との観光もとても充実していて楽しかったです。こんなに観光できると思っていなかったので、すごく嬉しかったです。

タイの大学生との観光は、異文化交流にもなったし、日本に興味を持ってくれている海外の学生と話す機会はほとんどないので、良い経験になりました。たくさん話して、たくさん笑ったとても素敵な1日でした。前日にスタッフに教えてもらったタイ語も役に立って、会話ができたことも合わせて嬉しかったです。

週末のオプションも、とても楽しかったです。思う存分チェンライを満喫できました。

Sharingでの生活も、毎日とても刺激的でした。Sharingに来ていた同世代のインターン生と仲良くなれたことは私にとってすごく大きな出来事です。みんなそれぞれのちゃんとして思いを持ってここにきているんだと思うと、自分も頑張らなきゃと思えました。はじめこそ不安でいっぱいでしたが、そうはしていられない、この活動で少しでも多くのことを吸収して帰りたいと思えたし、日本に帰ってからも、この活動で得たことを無駄にはしたくないと思わされました。

慣れない環境で、楽しいことだけではなかったですが、結果的に本当に充実した日々でした。この活動に参加して良かったと、心から思えます。ボランティアとして誰かのために働くために来たのに、こんなに自分が得てしまっていいのかと思ってしまうほど、たくさんのことを得ることができました。

これも、チェンライに来て出会えた人々、皆さんのおかげです。毎日素敵な出会いの連続で、本当に楽しい日々でした。まだあと2日程お世話になりますが、この2週間本当にありがとうございました!

⑭大学1年生 Uさん 男性


2週間の活動を通じて、印象に残ったことをあげていきたいと思います。

村のホームステイではチェンライ市内の方々とは少し違い、落ち着いた優しい方々が多かったと思います。ご飯の量も私たちが食べる量に応じて変えてくださり、気遣っていただきました。村では、鶏をしめる場面を見たことが衝撃的でした。日本人は、自分たちが肉など生き物を食べる前の過程は(動物を殺したりすること)知らずに、ただ見知らぬ誰かが綺麗に加工したものを食べていたい方が多いと思います。そういう文章を読んだことがあります。しかし、村の方々はきちんと自分たちが食べるものに対して向き合い、そしてそれが当たり前であることに私は心を動かされました。肉や魚を食べる身としては必ず見るべきだと思います。人間としての本来あるべき姿を学ぶことが出来ました。食べ物を大切にすることを学びました。

小学校の活動では、自らノートをとり、あるいはノートを見返すなどして授業に対して積極的に取り組んでいた子が少なからずいたと思います。礼儀正しく、挨拶がしっかりできる子が多かったです。


チェンライの寺では、たくさんのタイ人がお参りにきており、興味深かったです。ローカル市場では言語の壁がありましたが、物価も安く、故意に意地悪をしてくる方もいませんでした。チェンライの方々は日本よりもフレンドリーな方が多く安心しました。
日本は経済的にはチェンライの方々よりも余裕があるかもしれませんが何かに対して追われたり、何かに対して悶々と悩み続ける方が多いので精神的にはチェンライの方々のほうが断然豊かであると感じました。便利過ぎると自分で何かをすることがなくなってしまうので暇になるし、またその能力を失い、どうでもいいことに気がいってしまうのです。ジレンマですね。チェンライに来て、寮生活をしていくうちに自分で何かをする、自立することを学び、そしてそれは精神的な豊かさに繋がっていくのだと実感しました。

最後に、今回の活動に協力してくださった方々、Sharingのスタッフ、タイ人のインターン生、運転手さん、様々な方にお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。

⑮大学3年 Miさん 女性
今回このプログラムに参加したきっかけは大学生のうちにしか出来ないことを長期休みの機会にやりたいと思ったことでした。

最初は水シャワーにも戸惑いましたが、直ぐになれてしまい、それが快適に思えるようになりました。日本に比べたら不便なのかもしれませんが、この貴重な2週間で普段の生活のありがたさを改めて感じることができたし、この2週間を乗り越えられたからこそなにか新しいことを始めたいなという原動力が生まれました。
私は子どもが苦手なのですが、村の子どもたちと楽しんでいる自分がいることに驚きました。やっぱり子どもの笑顔はかわいいし、元気を貰えるしタイの子供はひとなつっこいと感じました。笑顔は世界共通ですね!!!!

自分のテーマとして強くなるということがありました。優柔不断であまり単独行動できない自分を変えたくて何も知らない地に来ることを決意しました。前向きに色々なことを考えられるようになったしその目標も達成出来たのではないかなと思います。
Sharingの皆さんありがとうございました。また来たいです!!


⑯高校2年生 Hくん 男性

この4週間を振り返って、小学校、幼稚園などの色々な活動の中で、色々な経験をしました。

例えば幼稚園、小学校では、子供たちとのコミュニケーションの取り方が上手になったように思えます。

具体的には、子供たちと会話していくうちにタイ語を少しだけ覚えられたり、小学校の子達と一緒に遊ぶ事で、日本での自分の生活を見直し、もっとしっかりとした生活をするきっかけになったりしました。(朝早く起きる、早く寝る、時間通りに食事をする等)この一か月間の中でも、特に上記の点について成長出来たと実感出来た二週間でした。改めて一か月間ありがとうございました!また是非参加したいですので、その時はよろしくお願いします。

⑰中学3年生 Mさん 女性

この2週間、初めに思っていたより何倍も多くのことを学び、多くのことを経験することができました。その中でも自分が1番努力したのは「タイ語を覚えること」です。本を読んだり、スタッフの方々から夜の時間に教えてもらうだけでなく、さまざまな活動を通していろんな言葉を学ぶことができました。正直もう少し長く滞在してもっともっといろんなタイ語を覚えたいと思いました。また、この2週間で多くの出会いがありました。初めにあった子供達とはタイ語を通じてすごく仲良くなれたし、学校での活動であった子供達も興味津々に話しかけてくれたりして本当に嬉しかったです。スタッフの方々もいつも笑顔で声かけてくれたり分からないことを教えてくれました。そして一緒に活動した人達とも最初はあまり話せなかったけど今ではとても仲良くなることができました。この2週間の活動を通して日本とは異なる生活、文化を本当に多く経験できました。貴重な経験、出会い、そして学びをすることができてここボランティアに参加して心から良かったと思いました。短い間でしたがこれまでいろいろ支えてくださり本当にありがとうございました!!


⑱社会人35歳 男性

1週間の生活が終わりました。 ここでの生活は私が大好きなもので溢れていました。 瞳がキラキラと輝いている子どもたち、どこまでも続く広い空、自然と共に生きる人間力の高い山岳民族、温かく迎えてくださる村人たち、美味しいタイ料理、裸足で感じる肌触りの良い竹の家、風を感じながら外の景色を楽しめるソンテオ、両手では包み込めないほどの星空。 人に恵まれ、自然に恵まれ、この活動に出会えた事で私の人生に新しい光が差し込みました。 今回の活動で改めて子どもや教育が私の軸なんだと感じました。 最後にSharingのスタッフとインターン生、ガイドさん他にも沢山の方々にお世話になりました。 素敵な時間を本当にありがとうございました。


⑲学生 4年生 女性

1週間過ごしてみて:

タイでの生活は何もかもが新鮮でした。

電気がないアナログな生活に最初は戸惑いましたが、今ではそんな生活が愛おしいです。

ソンテウのガタガタ感も忘れられません。

中でも、キリスト教イスラーム教といった、宗教の信者の人とあまり交流する機会がなかったので、とても新鮮でした。それぞれの宗教を理解しながら共に生活をすることで、気遣いや相手を尊重することを改めて実感しました。

山岳民族の村での生活は、家を作るのに3日間村人が集まって生活すること屋根を8年で変える、竹で食器を作ること、生活の知恵をたくさん学びました。そして、今あるものの中で生活をすることの大変さと素晴らしさを知りました。日本での生活は便利で綺麗で設備が充実しているから、生活に困ることはありませんが、山岳民族の村は日本のそんな生活がないからこそわかるものがたくさんありました。街灯がないからこその星の綺麗さ、騒音がないからこそ聞こえる虫や鳥の声、娯楽が少ないからこそ人々の繋がりが強いこと、などです。

そして、村の人たちはみんなきちんと向かい合って意思疎通をしており、対面的なコミュニケーション、たくさんの人と交流をすることの大切さに気づきました。

大学での専攻の、地域経済や地方創生の面からチェンライを見ると、どこまで支援するのが地域の発展なのかがとても難しく感じました。

その地域にはその地域の生活があり、幸せそうなタイの人々をみると、大学での講義の内容を表面的に汲み取っていては、その地域の人々の幸せを壊しかねないと思いました。だからこそ、自分がこれから発展途上の地域の都市開発や地域活性化について考えるときに、その地域についてきちんと考えていかなければならないと思います。日本での幸せとタイでの幸せの感じ方はちがい、どこまで開発しなければならないのか(してほしいのか)も研究所と現地とでは異なります。交通網や衛生環境、教育制度など様々な支援の仕方のなかで地域活性化をしていくには、何より現地で生活の仕方を知ること、現地の人の幸せの感じ方を理解することつまり異文化を理解することが重要だと思いました。

Sharingの皆さんありがとうございました!

この海外プログラムの雰囲気

各国からのボランティアたちが、和気藹々とした楽しい雰囲気の中日々活動しています!

特徴
雰囲気
男女比

男性:50%、女性:50%

団体情報

“タイに住む山岳少数民族の生活の質の向上と文化・伝統の継承をサポートするローカルな団体Sharingです。”
代表者

Anunchai Usue

設立年

2019年

法人格

その他

Sharing Eco Tour & Homestayの団体活動理念

タイ社会の中でマイノリティーな山岳少数民族が偏見や差別にあうことなく豊かな可能性を発揮できる社会をつくり、人々がそれぞれの文化や価値観を認め合い共に学び共に生きることが可能な平和な社会をつくる。

Sharing Eco Tour & Homestayの団体活動内容

Sharingとは?
私たちは、チェンライの山岳エリアに存在するさまざまな深刻な社会問題を解決するため、この地域の人々と共に歩み、より良い社会づくりを進めるタイのローカルなソーシャルエンタープライズです。国からの補助金や外国からの助成金などの外部資金に依存せずに、継続的な地域支援のための事業を展開し、日々変化する社会問題に柔軟に対応していきながら社会貢献を目指しています。
"Sharing″とは、正式名"Sharing Eco Tour & Homestay"を省略した呼び名です。

Sharing組織代表
Mr. Anunchai Usue (Aso)

Asoはタイの山奥で生まれた山岳民族アカ族の男性です。山奥にある彼の家は経済的に貧しく、幼少期は親元を離れ、お寺で見習いとして働きながら、差別や偏見に負けずに必死に学校に通いました。時間はかかりましたが、村で最初に大学を卒業し、村の社会開発に携わる身となりました。
山岳民族が、無国籍であるがために病気や怪我をしても適切な治療が受けられず、経済的に貧しいがために学びたくても進学ができない辛さを、彼は身をもって知っています。
2019年に新組織Sharingを立ち上げました。この組織運営には、山岳民族を支援するNGOで12年間働き積み上げられたネットワークとスキル、アイディアが駆使されています。


Sharingスタッフ
スタッフ2名、タイ人研修生2~5名、コミュニティースタッフ25名

Sharingが解決しようとしている社会問題とは?

山岳民族独自の伝統手工芸技術や建築技術の衰退、それを取り巻く地域コミュニティの崩壊、安定した経済活動不足と貧困、山岳エリアの自然環境の変化と森林の減少、安全に暮らすためのインフラ整備の不足、マイノリティーへの差別や偏見、教育機会の格差など。

Sharingの使命とは?
・誰もが豊かな可能性を発揮できる差別や偏見のない多文化共生社会を創出する。
・持続可能な豊かさを探求し、人々の幸福度を最大限に高められるような学びの機会や場を提供する。

Sharingのプロジェクト

☆田舎の学校の活性化と教育プロジェクト
予算が足りず不足しているトイレや図書館などのメンテナンスと、文具や遊具の寄付、異文化に触れる機会の少ない生徒たちへの日本語と日本文化を使った多文化共生理解の推進と、生徒の学ぶ意欲向上を目指しています。

☆女性の自立と技術支援のためのフェアトレードプロジェクト
伝統手工芸に関心のあるお母さんたちに、子育てや村での農作業時間に合わせて、刺繍や機織り、ミシンを利用した可愛い手芸品を村内で作ってもらっています。また、無国籍者の多いアカ族の村でオーガニックコーヒーを育てています。

☆伝統文化の伝承と地域経済活性化による地域コミュニティのエンパワーメントプロジェクト
村の文化や伝統を守り、村内での経済活動促進として、持続可能な観光であるエコツアーを村人共に運営しています。
エコツアーでは、村内ホームステイや伝統技術を学ぶプログラムも準備され、彼らの伝統文化や日々の生活を学ぶことができます。村の子どもや若者たちが、伝統的な文化に触れ、学ぶことの機会の提供にもつながっています。
また、地域のイベントや伝統的なお祭りを応援しています。

☆人と大地にやさしい有機農業プロジェクト
農薬や化学肥料を積極的に利用した近代農業や、機械化した効率的な農業ではなく、山岳民族の伝統的な品種のお米を、年長者の知恵を利用しながら人の手を使い大切に育てています。畑では有機米だけでなく、その他の様々な野菜も育て、痩せてしまった地力の回復にも努めています。

☆自然環境保護・保全プロジェクト
山の小川にいくつもの小さな堰(小さなダムのようなもの)を作ったり、野生のバナナの植樹を行っています。一旦貯えられた水辺では、その地域の人々が食料にする魚やカニ、貝だけではなく、その他様々な動植物が生息し、木が育ちます。
地域の人々自身が森を守り、森からの恩恵を受けることができる、自然の摂理を利用した自然保護・保全活動です。

☆安全で衛生的な環境づくりと生活の質向上プロジェクト
道路状況が悪く、雨季時は外部と遮断されてしまうような行政機関の支援が行き届きにくい村で、衛生環境を整えるための上水道システムやトイレの設置、道路の補修活動を行っています。

☆古着販売プロジェクト
古着販売プロジェクトは、日本やタイ全土から寄付された古着や靴等を村内で格安に販売し、その収益で、交通事故や火事、自然災害に被災し、緊急支援が必要な人や地域を支援するプロジェクトです。

ボランティアプロジェクト
日本からのボランティアの受け入れをしています。Sharingや山岳民族の村にホームステイしながら、ボランティアや彼らの生活を学ぶ5日~14日間、1か月~3か月間の活動ができます。個人では中高生からシニア世代まで、小さなお子様連れのご家族も参加が可能です。

Sharingでのボランティアのポイント:
・現地の人々と深く交流し異文化を肌で感じ、多文化共生社会を考えるきっかけにつながる。
・自分で考え実行することにより、自分自身の成長につなげることができる。
・山岳民族やローカルなタイの社会問題を学びグローバルな視野を身に着けることができる。
・タイの社会的弱者たちと過ごし生活を共にすることで、人権と世の衡平を考えることにつながる。
・農を体験することにより、自然環境や生物多様性の大切さ、食べ物を生産する大変さを学ぶことができる。
・言葉が通じない相手でも、動じずにコミュニケーションを取る方法を学ぶことができる。
・他者を思いやる気持ちや協調性を育むことができる。
・異文化コミュニケーションの力をつけ、外国人だけでなく自分と異なる考えや性格の日本人同士のコミュニケーションの力がつく。
・仕事や勉強、学びへのモチベーションを高めることにつながる。
・「本当の豊かさと何なのか?」「幸せとは何なのか?」を考えるきっかけにつながる。


取り組む社会課題:『国際協力・貧困・SDGs・ジェンダー・教育・ボランティア・居場所づくり』

「国際協力・貧困・SDGs・ジェンダー・教育・ボランティア・居場所づくり」の問題の現状  2022/02/11更新

山岳民族独自の伝統手工芸技術や建築技術の衰退、それを取り巻く地域コミュニティの崩壊、安定した経済活動不足と貧困、山岳エリアの自然環境の変化と森林の減少、マイノリティーへの差別や偏見、教育機会の格差など。

Sharing Eco Tour & Homestayのボランティア募集

Sharing Eco Tour & Homestayの職員・バイト募集