1. 北海道教育大学大学近くのボランティア募集

北海道教育大学大学近くのボランティア募集

5件中1-5を表示

少子高齢化の進む時代、就業力として期待される若者と母親たち。 採用問題を抱える企業が増えている中、その社会問題、企業課題をALLGROWが解決します。

5件中1-5を表示

似ている条件のボランティア

検索条件:

マインクラフトやScratchプログラミングを無料提供しています。 4月からの休校期間中に500人以上の子ども達が参加しているオンラインスクール。 子どもたちの学びを支援するサポーターを募集します。

NPO法人Curiosityではこれからの未来である高校生のキャリアをサポートしていくため、さまざまなキャリア教育のコンテンツを企画しています!一緒に高校生のサポートをしていきませんか?

表示される募集が少ない場合は以下も参考にしてください。

募集を終了した北海道教育大学大学近くのボランティア募集

北海道 留萌市 寧楽共働学舎ワークキャンプ

一般社団法人 CIEE国際教育交換協議会
  • 北海道[北海道留萌郡小平町字寧楽] (寧楽共働学舎は、北海道北部の日本海沿い、札幌と稚内のほぼ中央に位置する小平町にあります。海岸から少し山側に入ったところに1977年に開設されました。2005年に大きな火事で宿舎を消失しましたが、会員の方々や友の会の方々などの協力で新しい宿舎を建てることができ今に至ります。10代から80代まで約20人のメンバーで、私達の暮らしを支えてくれる豚と鶏を育て、近くの田畑で米や野菜を作っています。大切に育てた豚のお肉から、ソーセージやベーコン、ハムなどの加工品を作って販売もしています。ここにはさまざまなメンバーが一緒に暮らしていて、心身に問題を抱えていて外の社会では一人では生活出来ない人やこのような田舎で自給自足的生活を楽しみたいという人もいます。 1日の生活のリズムは、朝は5時半に起き、動物の世話などをします。日中は田畑での農作業や豚肉の加工品作り、みんなの食事作りなど、時には建築の仕事もあります。夕方は、また動物の世話などをして5時半まで働きます。自分たちの育てた動物のお肉や卵、野菜を中心にいただく食事は、みんなの大きな楽しみです。豊かな自然の中で、ゆったりとしたペースで生活をしています。)
  • 20,000円以下
  • 地域活性化・まちづくり,環境・農業

北海道内及び近郊のボランティアが、共働学舎の収穫作業、学舎スタッフとメンバーの食事作り、学舎や敷地内の掃除、豚や鶏の世話などを体験するプログラムです!

歴史ある小さな漁村で古い家屋を修復し、地域の活性化を支援するボランティア。英語・中国語に触れながら生活し、日本と台湾の国際交流をしたり、フィールドワークで持続可能な建築について学びます。台中の観光も!

2017年のキッズキャンプでは、イロイロ市内の観光スポットを回り、景色や背景を英語で紹介することで、自分の住んでいる地域をより深く理解し、人前で話すPublic Speakingの技術を鍛えました。