1. 教育格差に関する高校生も参加可能なサークル/団体メンバー,継続ボランティア募集

教育格差に関する高校生も参加可能なサークル/団体メンバー,継続ボランティア募集

ボランティアサークルのメンバーや、継続的なボランティアは「同じ問題に興味を持っている仲間が欲しい」、「この分野について深く知ってみたい」という方におすすめです。チームやプロジェクトで活動することも多いため、組織のマネジメントなどの力も身に付くかも知れません。NPOの職員や年齢層も様々なボランティアの方々とも深いつながりを作ることができ、より濃い活動が行えることが大きな特徴です。

教育格差に関する高校生も参加可能なサークル/団体メンバー,継続ボランティア募集 44件中1-30を表示

【毎月修学旅行へGO!】子どもと一緒に週末に自然体験!職業体験!子どもに経験値を届けるイベントを企画・運営しよう!子どものための公益事業として、半年間で約25回のペースで体験学習の機会を提供しています

子ども食堂&職業体験イベント「キッザカフェ」 兵庫県尼崎市において、有志の地域経営者が中心となり子どもたちと、時には学生や高齢者といった多世代間で交流する新しいふれあいの場です!ヽ(゚∀。)ノ

学生団体 Ready30は「30年後を決めるエースを輩出する」というミッションを達成するため、社会で活躍するCEOたちをゲストに迎え、成長意欲あふれる学生たちが集まるコミュニティを目指します。

人として成長するには、学校や家庭だけでは物足りない現代社会。多くの人と出会って、挑戦と失敗を繰り返して、毎日夢中になって生きて欲しい。そんな思いで場づくりを行う私たちと、一緒に感動体験してみませんか。

子どもたちのための新しい学校・学びの場を作りましょう。ものづくり教育の考え方をもとに子どもたちが自由に学べる場を作ることを目指しています。立ち上げメンバーを募集します。

主に小・中学生の子どもたちの学習・生活・成長がより豊かになるように、その実現のための調査研究・実践・政策提言を通し、中高生・大学生さんと活動をしています。今年度は小学校での居場所作りが始まりました。

勉強嫌いな子供たちに、 自分の気持ち・心を見つめ、目の前のモノに対する従来の見方を変えることで、これらの悩みは、必ず解決する! ということを勉強を教えながら、子供たちに体感してもらうのが目的です。

空きアパートを東大の大学院生らが仲間と共にDIYで改修した手作りの科学館。NHKや朝日新聞、散歩の達人などでも紹介されたこの場所で週末の空いた時間にボランティアをしませんか。受付、イベントスタッフなど

タダゼミは、経済的な理由で塾などに通えない中学3年生に勉強を教える活動です。ボランティアはただ勉強を教えるだけでなく、生徒の悩みを聴いたり明るく雑談をしたりする、お兄さんお姉さんのような存在です!

文花Labでは毎週プログラミングや映像制作、理科実験など多岐にわたるワークショップを開催しております。いずれも子どもたちの学習意欲を育むことを目指しております。

学びたいときに 学びたい場所で 自由に学べる社会を作るために 私たちは障害をもちながら大学に進学、卒業した当事者が中心になって活動しています。障害学生ご本人の気持ちに寄り添った支援が特徴です。

アウトリーチという手法を活用し、こどもが抱える問題に切り込み、現場を大前提にした支援活動を展開していきます。同時に数多くある居場所と、支援を必要としている人たちとのパイプ役も担っていきます。

同じ条件の職員/バイト募集一覧

教育格差に関するNPO・公益法人・社会的企業紹介

教育格差に関するNPO/社会的企業一覧

教育格差に関する寄付・募金紹介

教育格差に関する寄付/募金一覧