1. ストリートチルドレンに関するNPO求人募集

ストリートチルドレンに関するNPO求人募集

ストリートチルドレンに関するNPO求人ガイドはこちら

ストリートチルドレンに関するNPO求人募集 12件中1-12を表示

同じ条件のボランティア募集一覧

ストリートチルドレンに関するNPO・公益法人・社会的企業紹介

  • NPO法人アクション

    + フォローするフォロー中
    • フィリピン
    • ストリートチルドレン

    生まれた環境に関わらず、世界の子ども達が自分のチカラで夢や可能性を広げることができる、やさしい社会をつくる

  • グローリアセブ

    + フォローするフォロー中
    • フィリピン
    • ストリートチルドレン
    • スラム

  • 特定非営利活動法人AWPS

    + フォローするフォロー中
    • ストリートチルドレン

    「出来るときに、出来る人が、出来ることを」

  • 特定非営利活動法人 フリー・ザ・チルドレン・ジャパン

    • 東京,世田谷区
    • 国際,こども・教育,中間支援
    • ストリートチルドレン

    NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパンは、1995年に当時12歳のカナダ人少年によって貧困や搾取から子どもを解放することを目的に設立された「Free The Children」を母体に日本で...

  • Meet the Smiles 地球の笑顔と出会う会

    • 東京,杉並区
    • 国際,こども・教育,環境・農業
    • ストリートチルドレン

    この法人は、モンゴルのストリートチルドレンである子どもたちの自立への応援、子どもたちを取り巻く環境の改善及び、ストリートチルドレンを生み出す原因となる、社会の改善と自然環境の再生を支援する事業を...

  • 任意団体 ストリートチルドレン芸術祭

    • 宮城,仙台
    • 国際,こども・教育,福祉・障がい・高齢者
    • ストリートチルドレン

    私たちは世界で「ストリートチルドレン」と呼ばれる、様々な理由により路上背の生活を余技なくされている子どもたちや、貧困等により学校に通うことができない子どもたちへの支援を2005年より行っています...

  • 特定非営利活動法人恵まれない子供達の自立を支援する会

    • 千葉,佐倉市
    • 国際,こども・教育,中間支援
    • ストリートチルドレン

    この法人は、広く国内およびネパールの恵まれないストリートチルドレン、孤児の自立までを独自に又は現地の支援団体を通じ支援を行い、子供達が健全に育成する事に寄与し、子供達の救済のための産業活動及び、...

  • JASS

    • 東京,板橋区
    • 国際,こども・教育,中間支援
    • ストリートチルドレン

    この法人は、広く一般市民及び青少年を対象として、アジアのストリートチルドレンの状況を伝える講演会や現地実情視察等の広報・普及事業を行い、アジア、世界の青少年の貧困などの現状を認識することで、日本...

  • 総合生活支援組合 ライフ・クローバー

    • 東京,豊島区
    • 国際,こども・教育,地域活性化・まちづくり
    • ストリートチルドレン
    • ホームレス

    この法人は、ホームレス、ストリートチルドレン、リストラ等による生活困窮者及び一人暮らしで手助けを必要としている老齢者等の恵まれない環境にいる人、又、社会的に弱い立場にある人達の支援活動に関する事...

  • 認定特定非営利活動法人 恵まれない子供たちの自立を支援する会

    • 千葉,佐倉市
    • 国際,こども・教育,福祉・医療・障がい
    • ストリートチルドレン

    広く国内及びネパールの恵まれないストリートチルドレン、孤児の自立までを独自に又は現地の支援団体を通じ支援を行い、子供達が健全に育成する事に寄与し、子供達の救済のための産業活動及び関係機関への要望...

  • 特定非営利活動法人レインドロップ

    • 兵庫,姫路市
    • 国際,こども・教育,中間支援
    • ストリートチルドレン
    • スラム

    この法人は、路上やスラムで暮らし保護と支援を必要とするインドのストリートチルドレンに対する教育支援と、日本の子ども達に対する異文化交流の機会提供の活動を行い、子ども達と共に、慈の心を育み、共生へ...

  • スマイル・オブ・ザ・チルドレン

    • 東京,港区
    • 国際,こども・教育,中間支援
    • ストリートチルドレン
    • 自立支援

    この法人は、劣悪な生活環境の下で生活を強いられているフィリピン共和国のストリートチルドレンを対象にして、雇用機会の拡充、教育および職業訓練による自立支援を図る事業をおこない、健康で文化的な生活を...

ストリートチルドレンに関するNPO/社会的企業一覧

ストリートチルドレンに関する寄付・募金紹介

ストリートチルドレンに関する寄付/募金一覧


ストリートチルドレンに関する
NPO求人ガイド

「NPOで働くって?メリットやデメリットとは?給料の実態は?」
「ストリートチルドレンにはどんな問題があるの?どんな支援がされているの?」

このような疑問やお悩みを解決するため、activoの代表取締役である小澤の経験、unicefやストリートチルドレンを支援する国際NGOのホームページなどを元に、ガイドページをご用意致しました。

そもそもNPOってどんなところ?

NPOは社会をより良くするために活動する団体のこと

NPOは、「Nonprofit Organization」の略で、非営利団体という意味があります。


NPOは行政で補えない問題を解決する役割があります

行政の活動規模は大きいため、細かなニーズに応えることに難しいのが現状。
そこで、行政が拾いきれなかった「細かな社会問題をNPOで解決」しようとしています。


NPOではどんな活動をしている?

保険・医療系」または「福祉系」の活動をされているNPOが多いです。
逆に、「途上国の貧困をなくす」といったような活動は意外と少ないのです。

さらに NPOについて詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


社会貢献を仕事にする「7つ」の選択肢

社会貢献」を仕事にしたい場合は以下の方法があります。

  • NPOなどの公益法人で働く
  • 社会的企業・ソーシャルベンチャーで働く
  • 企業のCSR担当者として働く
  • NPOや社会的企業を立ち上げる
  • プロボノとして非営利プロジェクトに参画する
  • パラレルワークで社会貢献事業に携わる
  • ボランティア・寄付で非営利活動に参加する

上記の内容を詳しく知りたい方は以下のリンクをご覧ください。

新卒でNPOに就職予定の方向けに、以下のリンクで「内定までのステップ」を解説しています。


NPOで働くメリット・デメリット

NPOで働くメリット、デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?


メリット

・やりがいと感じやすい、働く意味を見出しやすい
・少人数、裁量の大きい厳しい環境下で成長できる
・「持っているスキル×NPO業界」で希少な人材になり得る


デメリット

・給与水準の低いNPOが多い
・一般企業に転職しづらい可能性もある
・研修が充実していない傾向にある

「NPOで働くメリット・デメリット」について詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


NPOのお給料事情

NPOの収入は少ないイメージがありますが、実態はどうなのでしょうか?

労働政策研究・研修機構の平成27年度の調査によると、「平均的な人」の平均年収が約260万、「高めな人」が370万だと報告されています。

企業と比べると、低いと感じる方も多いかもしれません。
しかし、NPOに興味はあるけれど「給料が低いから職業にしない」のはもったいないです。

なぜなら、近年NPOの給与水準は改善傾向にあるからです。
給与水準、ビジョン、仕事内容、得られる成長などを総合的に判断することが重要ですね。

NPO職員の「給料・年収」について詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


NPO求人に応募する前に確認したいこと

2点確認しておきたいことがあります。

  • 志望先と自分が「マッチ」しているか考える
  • 志望動機には「理念への共感」&履歴書には「アピールしたい内容」が伝わるようにする

ということです。

団体の理念と自分の考えが異なっていると、後々働くのがしんどくなってしまいますし、「自分に合った」働き方や職場を見つけることが大切ですね。
ピッタリな団体が見つかれば、しっかりと自分をアピールできる内容を考えましょう。

以下のリンクで志望動機・履歴書の書き方を解説しています。


NPO面接準備でやるべきこと

面接では、「団体の理念への共感」や「今までの経験やエピソード」をうまく伝えられることが重要となります。

NPO面接準備前にやっておくべき事をまとめてみましたので、以下のリンクからご覧ください。


ストリートチルドレンとは「路上で生活している子どもたち」のこと

ストリートチルドレンは、正確な人数を把握することはできていないものの、世界に1億人以上いると言われています。
世界に多くのストリートチルドレンがいますが、実態はどのようなものなのでしょうか?


ストリートチルドレンのタイプは4種類ある

ストリートチルドレンを定義する明確な基準はありませんが、ボランティアプラットフォーム によると、USAIDでは以下の4つに分類されています。

家がなく、家族からの支援もない子どもたち
定期的に家に帰るが、ほとんどの時間を路上で過ごす子どもたち
家族自体がホームレスで、家族とともに路上で生活している子どもたち
保護されているが、路上生活に舞い戻る可能性のある子どもたち


「ストリートチルドレン = 家が無くて路上で暮らす」
というイメージをもたれる方が多いと思いますが、家がある子どもでも、路上で暮らす場合があるようですね。

また、ストリートチルドレンの中でも、モンゴルでは寒さをしのぐためにマンホールで暮らす「マンホールチルドレン」が存在しています。
マンホールチルドレンについて詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


ストリートチルドレンが生まれる原因は「家庭環境の悪化」

  • 家庭が経済的に厳しい
  • 親の離婚
  • 育児放棄
  • 親からの暴力
  • 親の病気

などです。

ストリートチルドレンが生まれる「原因」や「背景」についてさらに知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


ストリートチルドレンのさまざまな問題

  • 無教育
  • 児童労働
  • 感染症(エイズなど)
  • 薬物中毒
  • 人身売買
  • 性暴力

などです。

上記の問題についてさらに知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


ストリートチルドレンへの支援は「職業技術訓練」「教育支援プログラム」「保護施設」「家庭訪問」などがあります

いくつかの例を紹介します。


職業技術訓練

技術やライフスキルを身につけて安定した収入が送れるようにすることを目的として行われています。
主に就職活動の支援や就職先のあっせんなどが行われます。


教育支援プログラム

幼稚園に通えない子どものための学習教室の運営をしています。
初等・中等教育が受けられるように「文具」や「制服」の支給支援を行なっています。


青少年センターなどの保護施設

街中を見回りし、路上で暮らす子どもたちを一時的に保護したり、シンナーなどをやめさせるために子どもたちが施設へ通ったりします。

家庭訪問

学校に通っていない子どもや路上に出ている子どもに声をかけて継続的に見守る活動をしています。


家族支援

地域からストリートチルドレンを出さないことを目的として地域事業に取り組まれています。
例えば、農業のノウハウを伝えて、収入の安定化を図る取り組みもあります。

参考 unicef 子ども物語 モンゴル

ストリートチルドレンへの支援についてさらに知りたい方は以下のリンクからご覧ください。

シェアお願いします!
    検索に戻る(ページ上部へ移動)