1. 教育格差に関するボランティア募集

231件中1-30を表示

『なぜ今寄付が必要なのか?』 コロナ禍の子どもたちの現状や、当会での支援状況を1人でも多くの方に知ってもらえるように学習会を開催いたします!

今だからこそ、国際協力の現場で活動するプロや現地のユースリーダーからオンラインで学ぼう!高校生・大学生・若手社会人向けの学修プログラムです。好評につき11月、12月も開催となります(*^_^*)/

『この夏「海外ボランティア」に参加して、将来に活かしたかったのに…!』という方! オンラインでSDGs研修と海外ボランティア(カンボジア)ができます! ~リリースキャンペーン中!学生優待コースあり~

既存の延長には、正解のない世界。私たち一般社団法人子供教育創造機構は、子ども哲学対話により、「答えのない問いから身につける小学生からの思考習慣」の体験など、場づくりを実践をして参ります。

【8名限定:​12月から毎月開催】座学・リアルタイムでのフィールドワーク・マンツーマンでの対話を通して、ミャンマーの社会課題と自分自身と向き合う濃厚なオンライン学習プログラム!

カンボジアの村にホームステイをしながら、小学校の子どもたちに日本語・英語教育の授業を行います! 言語条件不問です。初海外・初ボランティアの高校生・大学生・社会人でも安心してご参加いただいています♪

月に1度開催している、【胸キュン!GOMI拾い】の企画・運営メンバーを大募集! 「とりあえず話を聞いてみたい、、、」という人でも応募OK!! 「自身のスキルアップをしたい人」必見の募集です!

日本に居てもできる国際協力活動です。貧困に苦しむ子どもたちのチャイルドサポーター・フォスターペアレントの募集です。ぜひ、子どもたちの未来と、輝く笑顔のために、夢の架け橋になってあげて下さい。

【身寄りが無いこどもたちの職業選択の可能性を拡げたい】 児童養護施設や自立援助ホームを利用するこども・若者たちの将来を明るくする事業を作る!

社会貢献を仕事にしたい人必見!現役NPO代表が、社会貢献でメシを食うためのリアルなノウハウを伝えるオンラインスクール開催です!気軽に始めてみたい人から、本格的にスタートしたい人まで3つのコースを用意!

With The Worldのプログラムを学校の先生に提案するお仕事です。大手企業で事業立ち上げリーダーとして活躍した弊社の社長から直接営業スキルを学ぶことができます!

With The Worldのプログラムを学校の先生に提案するお仕事です。大手企業で事業立ち上げリーダーとして活躍した弊社の社長から直接営業スキルを学ぶことができます!

With The Worldのプログラムを学校の先生に提案するお仕事です。大手企業で事業立ち上げリーダーとして活躍した弊社の社長から直接営業スキルを学ぶことができます!

教育系スタートアップ企業のSNS運営に挑戦してみませんか?集客やイベント告知など、マーケティングを一から学びつつスキルを磨きましょう! 【⚠️最後までお読みください!応募方法に関する記載あり⚠️】

中高生のキャリア教育支援を広めるべく、団体の認知向上を目指し、広報活動を行っていただくポジションです。キャリの多様性が認められる今、中高生が主体的に進路を選択していける支援を行います。

231件中1-30を表示

教育格差に関するNPO・公益法人・社会的企業紹介

  • NPO法人キャリアアシスタント

    + フォローするフォロー中
    • 東京,品川区
    • こども・教育,中間支援,その他
    • 教育格差

  • NPO法人ちょっくらホームステイ

    + フォローするフォロー中
    • 東京,目黒区
    • 国際
    • 教育格差

    ★設立に至った経緯幼い頃から他国の文化に触れる事で、言語はただの'コミュニケーションツール'である事に気がつき、完璧な文法を使って話せなくても、言いたいことを伝えられる事に気がつきます。その経験...

  • Galileo Club International

    + フォローするフォロー中
    • カンボジア,タイ
    • 教育格差
    • 保育

    ガリレオクラブインターナショナルは、 養老孟司氏の「バカの壁」に触発された若者を中心に 「身体を動かすことで、バカの壁を越えて行こうとする」 ムーブメント 運動体である。 多くの日本人は、 「...

  • 特定非営利活動法人 キッズドア

    + フォローするフォロー中
    • タイ
    • 教育格差

    今の日本では、こどもたちを取り巻く環境が急速に悪化し、こどもたちの目の輝きは、日に日に失われています。 企業の社会貢献、行政、NPO、地域などいろいろなところで子育て支援、教育支援活動が行われて...

  • NPO法人クリッパー

    • 東京,中央区
    • こども・教育,スポーツ・アート・文化,中間支援
    • 教育格差

    この法人は、全国の小中学生や教育事業者に対して、ICTを用いたオンライン教室の普及に関する事業等を行い、オンラインを利用した塾や習い事の普及と、地域の教育格差の是正に寄与することを目的とする。

  • 特定非営利活動法人 クロスベイス

    • 大阪,大阪市
    • こども・教育,地域活性化・まちづくり,中間支援
    • 教育格差
    • 人権

    この法人は、外国にルーツを持つ子どもと日本の子どもが「ともに学ぶ」学校外の教育機会を保障するとともに、寛容で活力ある地域社会を創造する事業を行い、未来に生きる子どもたちの基礎学力と「生きる力」を...

  • 特定非営利活動法人 まちの塾freebee

    • 東京,杉並区
    • こども・教育,中間支援,その他
    • 教育格差
    • 経済格差
    • ニート

    この法人は子どもたちのために放課後を利用して、地域で学習支援など教育に関する事業を行い、家庭教育力・養育環境の低下、経済力格差に伴う教育格差による学力低下を改善するために、地域に住む教育能力のあ...

  • 特定非営利活動法人Campus Mate

    • 福岡,福岡市
    • 国際,中間支援,その他
    • 教育格差

    この法人は,途上国に対して,ICT(Information and Communication Technology=情報通信技術)状況の改善に関する事業を行い,ICTによる教育格差の解消(=I...

  • NPO法人エデュケーションエーキューブ

    • 福岡,福岡市
    • こども・教育,スポーツ・アート・文化,中間支援
    • 教育格差

     この法人は,経済的な困難を抱えている家庭の子ども達に対して,主としてITを活用した学習支援事業を行うことで,親の貧困を原因とする教育格差や貧困の世代間連鎖の解消に寄与すると同時に,こうした活動...

  • 株式会社 ミクシィ

    • 東京,渋谷区
    • こども・教育,中間支援,その他
    • 教育格差
    • 難病

    「みてね基金」は、『すべての子ども、その家族が幸せに暮らせる』ことを目標に、国連サミットで採択されたSDGs(持続可能な開発目標/Sustainable Development Goals)で掲...

  • 特定非営利活動法人ピリキッズ

    • 千葉,長生郡
    • 国際,こども・教育,環境・農業
    • 自立支援
    • 教育格差

    この法人は、フィリピンを含む途上国の貧困に苦しむ子供とその家族に対し、教育支援や自立支援を進めることで、子供達がそれぞれの可能性を十分に発揮できるよう成長を促し、児童労働や教育格差、そして貧困連...

  • サイクリング・フォー・チャリティー

    • 東京,世田谷区
    • こども・教育,福祉・障がい・高齢者,中間支援
    • 教育格差

    この法人は、多様な背景や文化、成育環境を持つ子どもたちが積極的に社会性を身に着ける機会を提供する。また、広く一般市民を対象として、子どもたちが直面する教育格差の課題への認知度を高める活動を行い、...

教育格差に関するNPO/社会的企業一覧

教育格差に関する寄付・募金紹介

教育格差に関する寄付/募金一覧

簡単解説!
教育格差の「原因」や「対策」について紹介!
教育格差まとめガイド

教育格差とは「生まれ育った環境の違いで受けられる教育に格差があること」

世界には家が貧しくて学校にも行けない状態の子どもや水すら手に入れることが難しい子どもがいるため、日本は格差がほとんどないと考えられがちです。
そのため、教育格差もほぼ無いように感じます。

しかし、日本は先進国の中でも貧困率が高いのをご存知でしょうか?
OECD加盟国(加盟国の多くが先進国)のうち34カ国中10番目に相対的貧困率が高いのです。

相対的貧困率とは一体なんでしょうか?絶対的貧困率と一緒に以下の記事で説明しています。


参考 内閣府 平成26年版子ども・若者白書


教育格差は「経済格差」が影響する

どうやら、「教育格差」が起こる背景には「経済格差」が深く関係しているようです。


日本では7人に1人が相対的貧困

相対的貧困とは、最低限生活していくことはできる状態です。
そのような家庭では、「塾」や「習い事」など学校以外の活動にお金をかけることは難しくなります。


親の年収が高いほど子どもの学力が高い傾向にある

平成25年度「学力調査を活用した専門的な課題分析に関する調査研究」によって、世帯収入が高いほど正答率が高いことが明らかにされています。


教育格差があると「貧困の世代間連鎖」が起こる

教育格差があると、子どもたちの中で「学習時間」や「学習環境」に差が出ます。

例えば、十分な学習機会を受けることができなかった子どもは、低学歴となります。
そして、安定した収入を得られないまま大人になり、自分の家庭を持ちます。

相対的貧困世帯で育った子どもは貧困から抜け出すことが難しく、次世代に貧困が続く可能性があります。

貧困の世代間連鎖について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。


教育格差をなくす取り組み例

「政府・NPO・企業」の取り組みの一部を紹介します。


政府が行う「貧困世帯の親への支援」

「児童扶養手当」や「母子父子寡婦福祉資金」などの制度で経済面をサポートしています。


NPOが行う「学習支援ボランティア」&「学校外教育バウチャーの提供」

学習支援は主に大学生ボランティアなどによって行われます。
また、「教育バウチャー」と呼ばれるチケットを利用することで、好きな習い事や学習塾に通うことができます。


企業が行う学習支援「塾の授業料の減額」&「無料のオンライン塾」

家庭の状況に合わせて、塾の授業料を減額する取り組みがされていたり、決まった時間に配信される無料のオンライン塾もあります。

教育格差を解消する取り組みについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

シェアお願いします!
    検索に戻る(ページ上部へ移動)