1. 虐待で苦しみ、児童養護施設で暮らしている子供たちを支援しています。

    更新日:2018/10/18

    虐待で苦しみ、児童養護施設で暮らしている子供たちを支援しています。

    一般財団法人 みらいこども財団
    メインビジュアル背景画像

    私たちは、たった5%の時間を社会貢献にシェアすることで「人々が優しく」なり、「貧困」や「機会差別」を無くします。

    私たちは働く時間の5%、週に2時間を誰かの為につかってみよう!という会社の社会貢献活動からスタートしました。

    はじめは5人の集まりが、わずか数年で200名以上の仲間が集う団体となりました。

    そして毎月17以上の児童養護施設に30回い訪問して、1000人以上の虐待で心が傷ついた子供達のケアをしています。

    といっても、ただ楽しく遊んでいるだけなのですが

    子どもたちと共に私達ボランティアも大きく成長できることに気が付いたのです。

    お金はなくても、たった5%の時間をシェアすることで大きく社会を変えることができるのです。

    あなたも一歩踏み出してみませんか?

    基本情報

    ce5357d5f4-5.jpg

    関西圏17以上の児童養施設を200名のボランティ毎月訪問し、子供達と一緒に遊ぶことで
    虐待で傷ついた子供たちの心をケアしています。

    活動テーマ
    • いじめ
    • 教育格差
    • 不登校
    • チャイルド・プア
    • 発達障害
    • 児童虐待
    • 経済格差
    • ワーキングプア
    • 保育
    • 子育て/育児
    • 待機児童
    活動場所
    • 大阪
    • 兵庫

    ボランティアスタッフがグループで
    毎月、17以上の児童養護施設を訪問して
    子供たちと一緒に遊んだりしています。
    毎週土日、月に延べ30回以上児童養護施設を訪問しています。

    あなたが都合の良い日に参加してください。
    現在のボランティアクルーとして参加していただいている人は
    大多数が一人で説明会にきて、ボランティア登録をされています。
    その後は月に一度のミーティングや施設訪問を通じて多くの仲間が
    でき、楽しく活動をしてくださっています。
    まずは、気軽に説明会に参加していただき
    どんな活動をしているか知ってください。

    必要経費

    無料

    会費などは一切発生しません。
    ボランティア保険に加入いただきます(年間約500円)

    活動日程

    随時活動(活動期間:1年以上の長期)

    毎月土曜・日曜に延べ30回以上の施設訪問を行っています。
    長期に渡り継続的に活動できる方に限らせていただいています。

    活動頻度

    週0〜1回

    長期的、継続的に支援が可能な方。

    募集対象

    ◆子供と一緒に遊ぶことが好きな方、貧困や機会差別をなくすことに興味のある方、ボランティアに興味のある方。
    ◆継続して参加できる方
    ◆仕事をしながら社会貢献をしたい方
    ◆月に1度は施設訪問ができる方。
    ◆一度施設を見てみたい、どんなところか興味がある、自分の成長や将来の仕事の
    ためという短期的なボランティア希望の方はお断りしています。

    ※ボランティア希望の方は必ずボランティア説明会への参加が必須となります。

    ※高校生は不可となります。

    注目ポイント
    • 虐待で苦しむ子供達が将来独り立ちできるように、心のケアや教育の支援をしています。
    • 毎週土曜日曜、月に30回以上児童養護施設に訪問しています。一緒に子供たちと遊びましょう!
    • まずは説明会にお越しください、!社会人・学生ボランティアスタッフ向け説明会は月3~4回程度開催!詳細はHP
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    募集人数

    300名

    関連スキル
    • デザイン
    • Web・アプリ制作
    • パンフレット作成
    • 写真撮影/画像編集
    • 動画撮影/映像編集
    • ライティング

    あなたの個性を活かした支援をすることができます。

    ○「キズナプロジェクト」毎月30回以上、17以上の児童養護施設に訪問して、時間程度子供達と遊びながら心のケアをする活動です。

    ○「教育プロジェクト」家庭教師として児童養護施設を毎週訪問してマンツーマンで勉強を教えてあげるプロジェクトです。

    ○「こどもスカウトキャラバン」定期的に施設訪問して、ボランティアクルー自身が自分の夢や仕事について子どもたちにお話をするプロジェクトです。

    ○「読み聞かせプロジェクト」施設訪問の際に絵本を持っていき、幼児さんを中心に絵本を読んであげて、本を好きになってもらうプロジェクトです。

    ○「ラブレタープロジェクト」施設訪問できない方だって、子供達の支援はできるのです。

    毎月子どもたちにハガキを書いて頂き、それを新聞形式にして児童養護施設の掲示板に貼ってもらっています。

    それを見た子供たちとっても喜んでくれています。

    など様々なプロジェクトが進行中です!!

    募集詳細

    私たちは、貧困や機会差別をなくすために 人々が少し優しくなれるような機会を創出しています。 現在の主な活動は、毎月、児童養護施設に訪問して子供達と楽しく遊びながら、心のケアをすることです。

    児童養護施設の子供たちは、虐待や育児放棄などが原因で施設に引き取られ、実の親と暮らすことのできない子供です。 そんな子供達と楽しく一日を過ごす機会を創ることで多くの参加者が、自分の身近にそんな問題があることに 気付きます。

    子供たちは明るく元気に毎日を生きています。 子供達と、私達ボランティアがお互い成長できる場所を創造することで、多くの人々が今より少し優しくなり、地域の大人たちが地域の子供達を支え、支援してゆく「優しい世界」を創ることを目指しています。

    「人々がいまより5%優しくなれば、世界中から貧困や機会差別はなくなる」と私たちは信じて活動しています。

    • afc5da8962-DSC07155.JPG

      ボランティアクルーのみなさんです。

    • 5b5c725bc3-10.jpg

      毎年USJへ招待して楽しく遊びます

    • 15b0bc731e-3.jpg

      総勢200名以上が集います

    • 4672d5b41f-content_d1145df4927efffb11d37be6134b0f0c732eb1fa.jpg

      教育支援も始まりました

    • c69e5dd1d1-16142720_1996334647260459_3500334187468972183_n.jpg

      150名以上の沢山の仲間がいます。

    • ec70f54d5a-16105584_1989998114560779_7645315336311168094_n.jpg

      みんな元気です!

    • 11d01bb66e-1489910078112.jpg

      施設①

    • 9e1b7bf3fd-1.jpg

      施設②

    • 16c257b469-17457749_1298059463562397_5774728040097627101_n.jpg

      施設③

    • 0cd3acf503-17634748_1301333769901633_8568790732852820285_n.jpg

      ミーティング①

    • a6b675754d-1489898014689.jpg

      施設④

    • 7082189493-DSC_3607.JPG

      施設⑤

    • d742413ace-1507883553685.jpg

      施設⑩

    • abfd85dbff-IMG_5670.JPG

      施設⑦

    • c50b7f68b3-IMG_4196.JPG

      ミーティング②

    • f559b53f07-IMG_5905.JPG

      施設⑧

    • a4da19193e-IMG_5899.JPG

      施設⑨

    • a798b4c76e-IMG_7850.JPG
    • 638c15e5c6-IMG_7956.JPG

      11

    体験談・雰囲気

    このボランティアの体験談

    はじめは軽い気持ちからスタートしました。一人で応募して、一人で説明会に行って、一人でミーティングに参加するのはとても勇気がいりました。でも皆優しく迎えてくれるし、回を重ねるごとにどんどん楽しくなっていってます。ぜひ多くの人に参加してもらってこの気持ちを体感してもらい、もっと意欲的に参加する人を増やせたらいいなと感じます。まだ一度も参加できていない方は、いつか予定があって参加できたときにぜひ一緒に楽しみましょうね!いつも笑顔になれて、この活動が本当に大好きです!私も力になれるよう、少しずつ継続していきたいです。(学生)


    サンクスカードの最後残り一枚を受け取ってくれたお姉さんが、涙を流して感謝してくれました。「お姉さん泣いちゃうほどたいちゃんのカード嬉しかったんやで〜良かったな〜」て言ってあげるとすごくニコニコしていました。(学生)


    Activoで特にビビッときたわけではなく何となく興味を惹かれたのが始まりだったのですが、この活動のおかげで私自身の私生活が変わりました。高校生〜社会人の方までの皆さんの色んな考え方や価値観を知り、大変刺激を頂いています。また、子供たち、ボランティアクルーとの関わりによりコミュニケーション能力というのも養われていると思います。そんなに頻繁には活動できていないのですが、毎回、活動を終えると胸が熱くなります。この活動が将来の自分の何に通じているのかは分かりませんが目の前にあるこの活動を継続していき、いつか点が線になることを信じて頑張りたいです!みらいこども財団で活動できて本当に感謝でいっぱいです!これからもよろしくお願いします\( ˆoˆ )/ (学生)


    大きなことや立派なことは何もできませんが、子供たちと一日過ごし寄り添えることで、少しでもお役にたてる一歩を踏み出せたのではないかと、喜び感謝しています。どの子どもたちもが自由に自分の夢を思い叶えることのできる世の中になればと思っています。機会をいただきありがとうございます。(男性)

    子どもと大人、合わせて100人を越える人たちが、安全に一日を過ごせたことを嬉しく思いました。 サンクスカードを書くことで、当日参加するのみだった私も、『プロジェクトの準備をしている。子どもたちを笑顔にするお手伝いの準備をしている。』という気持ちになれました。気持ちを文字で表わすことで、感謝の気持ちを持って当日を迎えることができました。(女性)

    楽しかったです。こどもたちの会話を聞いていて、切なくなる場面もありました。いままで施設にいる子供たちについて考える機会がなかったので、改まる思いです。(女性)

    女の子たちはみんな可愛くて人なつこくて、いい子ばかりでずっと一緒にすごしたいと思いました。はにかみやさんが手を嬉しそうにずっとつないでほしがっていたので、こちらも嬉しくてずっと手をつないでいました。こんなに素直に他人のことを信用する子供達をだますような事件が時々発生しているので施設の子供達がよりよい将来を築くことができるように願ってやみません。(女性)

    2回目の参加でしたが、また前回とは異なる気付きがありました。子供達を連れて行ってあげる、ではなく、共に育み合う間柄であること再認識しました。(男性)

    このボランティアの雰囲気

    みらいこども財団のイメージビデオです。



    特徴
    • 初心者歓迎
    • 友達が増える
    • 土日中心
    雰囲気
    • 成長意欲が高い
    • 真面目・本気
    • 外国人もいる
    関連大学
    • 大阪
    • 大阪経済
    • 大阪人間科学
    • 大阪府立
    • 関西
    • 関西外国語
    • 関西学院
    • 京都
    • 京都女子
    • 近畿
    • 甲南女子
    • 神戸
    • 神戸女子
    • 同志社
    • 奈良教育
    • 奈良女子
    • 兵庫医科
    • 武庫川女子
    • 立命館
    • 龍谷
    • 流通科学
    男女比

    男性:40%、女性:60%

    • f18bb6cc7b-16142720_1996334647260459_3500334187468972183_n.jpg

      施設11

    • e2249cd3c1-1489889907700.jpg

      施設12

    • c86dfa5a86-DSC_3608.JPG

      施設13

    • 97605af46a-1507883585941.jpg

      施設14

    • bae5157da0-14900533_1949993258561265_1581313826553568932_n.jpg

      施設15

    • 7b661eac24-1504441226070.jpg

      ミーティング④

    • 500acabe0e-1502753234460.jpg

      28

    • 31d75f2ad4-IMG_5687.JPG

      施設18

    • 732f40daf4-IMG_5447.JPG

      施設19

    • 42acd0ffd2-IMG_5861.JPG

      施設20

    • 90844703a7-IMG_5934.JPG

      施設21

    • 15472a009f-IMG_5933.JPG

      施設22

    • c8a06f7efc-IMG_5867.JPG

      施設23

    • 9bb6015c87-IMG_7957.JPG

      24

    • 64f6a81f6b-IMG_7901.JPG

      25

    • 48f8727624-IMG_7956.JPG

      26

    • 5bece0e6c8-IMG_7902.JPG

      27

    法人情報

    Square tiny 15ed86691b 101
    Square small 15ed86691b 101

    一般財団法人 みらいこども財団

    代表者

    谷山 昌栄

    設立年

    2014年

    法人格

    一般財団法人

    みらいこども財団の法人活動理念

    ○貧困や機会差別を無くす

    ○人々が今より少しだけ優しくなれる機会を創造します

    ○働きながら5%の時間をみんなの為にシェアすることで社会、世界を変える


    みらいこども財団の法人活動内容

    貧困や機会差別を無くすための第一歩として

    虐待で苦しみながら児童養護施設で暮らす子供たちの支援を行っています。

    目指すのは

    私たちが支援する子供たちに喜んでもらうことではなく

    支援した子供たちが、施設を出て、働いて、家族を持ち、少し余裕が出たときに

    過去の自分と同じような境遇の子供をみつけたときに

    私たちがしたと同じような支援をしてくれること

    そのように恩送りをしてくれることが、私達のゴールです。


    まずは関西圏の80の児童養護施設に定期的に訪問するしくみを構築しています。


    児童養護施設との訪問・交渉

    ボランティアクルーの募集・活動の支援

    サポーター会員・企業の募集

    子供たちへの教育・就業の支援

    企業の社会貢献活動導入の支援

    など

    「誰もしたことのない」を事業に変えていく私達のフィールドは無限です。






    みらいこども財団の寄付募集