1. 教育格差に関するNPO求人募集

教育格差に関するNPO求人募集

教育格差に関するNPO求人完全ガイドはこちら

教育格差に関するNPO求人募集 36件中1-30を表示

同じ条件のボランティア募集一覧

教育格差に関するNPO・公益法人・社会的企業紹介

  • NPO法人キャリアアシスタント

    + フォローするフォロー中
    • 東京,品川区
    • こども・教育,中間支援,その他
    • 教育格差

  • NPO法人ちょっくらホームステイ

    + フォローするフォロー中
    • 東京,目黒区
    • 国際
    • 教育格差

    ★設立に至った経緯幼い頃から他国の文化に触れる事で、言語はただの'コミュニケーションツール'である事に気がつき、完璧な文法を使って話せなくても、言いたいことを伝えられる事に気がつきます。その経験...

  • Galileo Club International

    + フォローするフォロー中
    • カンボジア,タイ
    • 教育格差
    • 保育

    ガリレオクラブインターナショナルは、 養老孟司氏の「バカの壁」に触発された若者を中心に 「身体を動かすことで、バカの壁を越えて行こうとする」 ムーブメント 運動体である。 多くの日本人は、 「...

  • 特定非営利活動法人 キッズドア

    + フォローするフォロー中
    • タイ
    • 教育格差

    今の日本では、こどもたちを取り巻く環境が急速に悪化し、こどもたちの目の輝きは、日に日に失われています。 企業の社会貢献、行政、NPO、地域などいろいろなところで子育て支援、教育支援活動が行われて...

  • 特定非営利活動法人 まちの塾freebee

    • 東京,杉並区
    • こども・教育,中間支援,その他
    • 教育格差
    • 経済格差
    • ニート

    この法人は子どもたちのために放課後を利用して、地域で学習支援など教育に関する事業を行い、家庭教育力・養育環境の低下、経済力格差に伴う教育格差による学力低下を改善するために、地域に住む教育能力のあ...

  • 特定非営利活動法人ピリキッズ

    • 千葉,長生郡
    • 国際,こども・教育,環境・農業
    • 自立支援
    • 教育格差

    この法人は、フィリピンを含む途上国の貧困に苦しむ子供とその家族に対し、教育支援や自立支援を進めることで、子供達がそれぞれの可能性を十分に発揮できるよう成長を促し、児童労働や教育格差、そして貧困連...

  • サイクリング・フォー・チャリティー

    • 東京,世田谷区
    • こども・教育,福祉・障がい・高齢者,中間支援
    • 教育格差

    この法人は、多様な背景や文化、成育環境を持つ子どもたちが積極的に社会性を身に着ける機会を提供する。また、広く一般市民を対象として、子どもたちが直面する教育格差の課題への認知度を高める活動を行い、...

  • 特定非営利活動法人 【テスト】スタディサポート

    • 神奈川
    • こども・教育,その他
    • 教育格差

    活困窮世帯の就学者に対して、教育支援に関する事業を行うことを目的とした団体です。

  • 特定非営利活動法人 スタディアシスト

    • 広島,福山市
    • 教育格差

    この法人は,生活困窮世帯の中学生を中心とした就学者に対して,教育支援に関する事業を行い,青少年育成に寄与することを目的としています。

  • 特定非営利活動法人山王学舎

    • 福岡,福岡市
    • こども・教育,地域活性化・まちづくり,福祉・障がい・高齢者
    • 教育格差

    この法人は,社会の中で生きにくさを抱えている家庭や,経済的な困難を抱えている家庭の子ども達に対して,地域で包括的擁護を行う為に,美術造形の文化教育を核とした居場所つくりと学習支援を展開する。親の...

  • 特定非営利活動法人i.yume教室

    • 福岡,飯塚市
    • こども・教育,その他
    • 教育格差

    この法人は、小学生に対して、プログラミング及び英語教育等を通じた教育格差の解消に向けた事業を行い、子供たちの健全な成長に寄与することを目的とする。

  • 特定非営利活動法人結Musubi

    • 埼玉,富士見市
    • こども・教育,地域活性化・まちづくり,福祉・医療・障がい
    • 教育格差

    この法人は、関東地区の妊産婦及び子育て家庭、シングル家庭、また働きながら子供を育てている家庭、一人暮らしの高齢者に対し、心身ともに自然で健やかな生活の提案、地域とのつながりを支援する事業を行い、...

教育格差に関するNPO/社会的企業一覧

教育格差に関する寄付・募金紹介

教育格差に関する寄付/募金一覧

教育格差に関するNPO求人
完全ガイド

「NPOで働くって?メリットやデメリットとは?給料の実態は?」
「教育格差って何?問題や原因とは?どんな対策がされているの?」

このような疑問やお悩みを解決するため、activoの代表取締役である小澤の経験、内閣府のホームページなどを元に、ガイドページをご用意致しました。

そもそもNPOってどんなところ?

NPOは社会をより良くするために活動する団体のこと

NPOは、「Nonprofit Organization」の略で、非営利団体という意味があります。


NPOは行政で補えない問題を解決する役割があります

行政の活動規模は大きいため、細かなニーズに応えることに難しいのが現状。
そこで、行政が拾いきれなかった「細かな社会問題をNPOで解決」しようとしています。


NPOではどんな活動をしている?

保険・医療系」または「福祉系」の活動をされているNPOが多いです。
逆に、「途上国の貧困をなくす」といったような活動は意外と少ないのです。

さらに NPOについて詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


社会貢献を仕事にする「7つ」の選択肢

社会貢献」を仕事にしたい場合は以下の方法があります。

  • NPOなどの公益法人で働く
  • 社会的企業・ソーシャルベンチャーで働く
  • 企業のCSR担当者として働く
  • NPOや社会的企業を立ち上げる
  • プロボノとして非営利プロジェクトに参画する
  • パラレルワークで社会貢献事業に携わる
  • ボランティア・寄付で非営利活動に参加する

上記の内容を詳しく知りたい方は以下のリンクをご覧ください。

新卒でNPOに就職予定の方向けに、以下のリンクで「内定までのステップ」を解説しています。



学生や主婦の方にはNPOバイト/パートもおすすめ

社会問題に興味がある方はNPOでのアルバイト、パートする方法を考えてみてはいかがでしょうか?

将来NPOに就職したい学生はもちろん、NPOは小規模での活動が多いので、アットホームな雰囲気でお仕事をしたいパートの方にもぴったりです。

詳しくは以下の記事をご覧下さい。


NPOで働くメリット・デメリット

NPOで働くメリット、デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?


メリット

・やりがいと感じやすい、働く意味を見出しやすい
・少人数、裁量の大きい厳しい環境下で成長できる
・「持っているスキル×NPO業界」で希少な人材になり得る


デメリット

・給与水準の低いNPOが多い
・一般企業に転職しづらい可能性もある
・研修が充実していない傾向にある

「NPOで働くメリット・デメリット」について詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


NPOのお給料事情

NPOの収入は少ないイメージがありますが、実態はどうなのでしょうか?

労働政策研究・研修機構の平成27年度の調査によると、「平均的な人」の平均年収が約260万、「高めな人」が370万だと報告されています。

企業と比べると、低いと感じる方も多いかもしれません。
しかし、NPOに興味はあるけれど「給料が低いから職業にしない」のはもったいないです。

なぜなら、近年NPOの給与水準は改善傾向にあるからです。
給与水準、ビジョン、仕事内容、得られる成長などを総合的に判断することが重要ですね。

NPO職員の「給料・年収」について詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


NPO求人に応募する前に確認したいこと

2点確認しておきたいことがあります。

  • 志望先と自分が「マッチ」しているか考える
  • 志望動機には「理念への共感」&履歴書には「アピールしたい内容」が伝わるようにする

ということです。

団体の理念と自分の考えが異なっていると、後々働くのがしんどくなってしまいますし、「自分に合った」働き方や職場を見つけることが大切ですね。
ピッタリな団体が見つかれば、しっかりと自分をアピールできる内容を考えましょう。

以下のリンクで志望動機・履歴書の書き方を解説しています。


NPO面接準備でやるべきこと

面接では、「団体の理念への共感」や「今までの経験やエピソード」をうまく伝えられることが重要となります。

NPO面接準備前にやっておくべき事をまとめてみましたので、以下のリンクからご覧ください。


教育格差とは「生まれ育った環境の違いで受けられる教育に格差があること」

世界には家が貧しくて学校にも行けない状態の子どもや水すら手に入れることが難しい子どもがいるため、日本は格差がほとんどないと考えられがちです。
そのため、教育格差もほぼ無いように感じます。

しかし、日本は先進国の中でも貧困率が高いのをご存知でしょうか?
OECD加盟国(加盟国の多くが先進国)のうち34カ国中10番目に相対的貧困率が高いのです。

相対的貧困率とは一体なんでしょうか?絶対的貧困率と一緒に以下の記事で説明しています。




参考 内閣府 平成26年版子ども・若者白書


教育格差は「経済格差」が影響する

どうやら、「教育格差」が起こる背景には「経済格差」が深く関係しているようです。


日本では7人に1人が相対的貧困

相対的貧困とは、最低限生活していくことはできる状態です。
そのような家庭では、「塾」や「習い事」など学校以外の活動にお金をかけることは難しくなります。


親の年収が高いほど子どもの学力が高い傾向にある

平成25年度「学力調査を活用した専門的な課題分析に関する調査研究」によって、世帯収入が高いほど正答率が高いことが明らかにされています。


教育格差があると「貧困の世代間連鎖」が起こる

教育格差があると、子どもたちの中で「学習時間」や「学習環境」に差が出ます。

例えば、十分な学習機会を受けることができなかった子どもは、低学歴となります。
そして、安定した収入を得られないまま大人になり、自分の家庭を持ちます。

相対的貧困世帯で育った子どもは貧困から抜け出すことが難しく、次世代に貧困が続く可能性があります。

貧困の世代間連鎖について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。


教育格差をなくす取り組み例

「政府・NPO・企業」の取り組みの一部を紹介します。


政府が行う「貧困世帯の親への支援」

児童扶養手当」や「母子父子寡婦福祉資金」などの制度で経済面をサポートしています。


NPOが行う「学習支援ボランティア」&「学校外教育バウチャーの提供」

学習支援は主に大学生ボランティアなどによって行われます。
また、「教育バウチャー」と呼ばれるチケットを利用することで、好きな習い事や学習塾に通うことができます。


企業が行う学習支援「塾の授業料の減額」&「無料のオンライン塾」

家庭の状況に合わせて、塾の授業料を減額する取り組みがされていたり、決まった時間に配信される無料のオンライン塾もあります。

教育格差を解消する取り組みについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

シェアお願いします!
    検索に戻る(ページ上部へ移動)