1. ホーム
  2. NPO・NGOインターン募集
  3. ドイツでのNPO・NGOインターン募集
  4. ドイツでの震災・災害系NPO・NGOインターン募集

ドイツでの震災・災害系NPO・NGOインターン募集

1995年の阪神大震災や2011年の東日本大震災の際、復興に大きく貢献したとされるのがボランティアの力です。日本は地震だけでなく、台風や豪雪など様々な震災、災害の多い国でもあります。特に時間的、労働力的余裕のある学生の力は災害時強く必要とされています。災害地で直接ボランティアを行う活動、地元から離れてできる活動など様々な種類のボランティアがありますので、関わりやすい活動に是非参加してみてください。NPOやNGO、社会貢献活動を行う株式会社におけるインターンシップでは、通常のボランティア活動よりも、さらに深く社会問題を知り、解決のために貢献することができます。社会人として必要なスキルも得ることができます。NPOやNGOへの就職を考えている学生は、インターンを経験して、社会を変える仕事にすることを体験してみてはいかがでしょうか。そのままインターン先のNPOやNGOに就職する事例も多くありますので、関心の高い団体を探してみてください。

条件に当てはまる募集は見つかりませんでした。

似ている条件のボランティア

短期インターン募集!【京都国際舞台芸術祭KYOTO EXPERIMENT】

京都国際舞台芸術祭実行委員会(KYOTO EXPERIMENT事務局)
  • 京都 京都市[ロームシアター京都], 京都 京都市[芸術センター], 京都 京都市[北白川瓜生山町京都芸術劇場 春秋座]他1地域 (KYOTO EXPERIMENT事務局での活動もあります)
  • 無料
  • 国際,スポーツ・アート・文化
  • 社会人,大学生・専門学生,高校生:●募集対象舞台芸術や美術展示などの準備・当日運営などに関心がある方演劇、ダンス、美術等の制作現場に関心がある方芸術文化を通した国際交流に関心がある方語学スキルを活かしたい方●応募資格18歳以上の方【高校生は保護者の同意書が必要】下記の期間中(下記参照)に、必ず7日以上参加できる方基本的なPCスキルがある方舞台芸術祭のスタッフの一員としての自覚と責任をもって取り組める方主体性と向上心を持って積極的に活動に臨める方日本語でのコミュニケーションが可能な方●募集方法公式サイトで詳細を必ずご確認の上、公式サイトにて指定された方法でご応募ください。募集締め切り【2021年8月13日(金)必着】
  • 随時勤務(勤務期間:1日限り)
  • 週6回以上

舞台芸術の未来を創造する現場へ。熱意を持ち主体的に取り組んでくださる方のご応募をお待ちしております!

【英語】【国際交流】【インターン】オンライン国際交流を英語でサポートしよう!

With The World
  • フルリモート勤務 (日本の子供たちがアジアを中心とする海外の生徒とオンラインで交流するプログラムのラーニングアシスタントとして参加していただきます。お仕事は全てオンラインですので、全国及び全世界からご参加いただけます。)
  • 無料
  • 国際,こども・教育
  • 大学生・専門学生:・日常会話以上の英語でのコミュニケーションレベルをお持ちの方・生徒をサポートすることや生徒に教えることが好きな方・人と会話をすることが好きな方・自らの留学経験や国際交流経験を生かしたい方・マネジメント能力や傾聴力などのスキルを高めたい方・英語教育に関心のある方・試行錯誤を繰り返し、改善するための工夫や挑戦を恐れない方・様々な意見やアイデアを前向きに捉え、サービスの向上に活かせる方・臨機応変に対応することが得意な方・就職活動でアピールできるようなスキルや経験がほしい方
  • 随時勤務(勤務期間:1〜3ヶ月)
  • 週2〜3回

留学で培った英語力を活かしたい!学生の国際交流をサポートしたい!傾聴力、マネジメント力など新たなスキルを身につけたい!社会問題について考えたい!そんなあなたにぴったりのオンラインインターンシップです!

リモートで異文化交流×子どもサポート!(地球対話コーディネーター育成プログラム)

NPO法人地球対話ラボ
  • フルリモート勤務 (新型コロナウイルスの感染拡大状況等によっては国内参加者のリアルでの活動も検討します。)
  • 無料
  • 国際,こども・教育
  • 大学生・専門学生,高校生:※【注意】activoでの申し込みだけでは、プログラム参加は決定しません。activoでの申し込み後、地球対話ラボから送られてくる応募フォーム(18歳未満の方は保護者の参加・撮影同意書)を提出いただきます。   また、応募者多数の場合は、応募フォームによる書類選考、面接を実施し参加者を決定させていただきますので、ご注意ください。※【追加:選考・活動について情報を追加しました。】(応募者との面談(対話)について) 応募してくださった方との対話を実施したいと思います。「対話」とするのは、応募者自身も聞き たいことがあれば質問し、双方向にやりとりができる時間にしたいと 思っているからです。現在(6月16日)はまだ定員に達していません。 その場合は基本的に応募した人が参加できますが、応募後の対話で予定などの条件を満たすか確認したうえで正式に決定します。 対話は25分、リモートで行います。 時間の詳細は、応募フォームを提出していただいてから 決めますが、対話候補日は以下です。 ①7月9日(金)18時ー21時の間 ②7月10日(土)9時ー20時の間 ③7月11日(日)9-12時の間 すでに学業等の予定がある場合は、別日で調整もできます。 ご安心ください。(9月以降の日程について) 9月以降のミーティングについて基本的には週末を利用して、 月に2回程度実施します。(第1/第3の週末を予定)学業等の理由で出席できない日がある場合は 個別に対応します。 東北とインドネシアの小学生の対話本番は、小学校の授業の関係で平日実施が多いです。 週末、小学校の授業外での子ども対話も実施予定ですが、 特に高校に通う方は、平日のボランティア活動が許可されているかなども確認してといいかと 思います。①15歳(高校1年相当)~24歳程度 ※18歳未満の場合保護者からの参加・撮影に関する同意書の提出をお願いします。  参加・撮影同意書は、  ちらしに掲載されている同意書ダウンロード用QRコード等からダウンロードし、  必要事項を記入後、地球対話ラボまでメールで提出ください。②第1回活動日8月11日(水)活動のオリエンテーションなど 第2回活動日8月23日(月)メディア情報リテラシーに関するワークショップに参加できる方。 ※それ以降の活動日については参加者内で調整し決定します。(第1・第3の週末を予定)③インドネシア アチェ、東北での地震・津波被災地間交流活動の一環であることを理解している方。④リモートでの活動中、基本、顔と名前出し参加が可能で、 活動の映像や写真等を広報活動(SNS・ホームページなど)や報告書に使用してもよい方。⑤異文化交流をしたい!子どもたちの国際交流をサポートしたい!など、 活動に熱意と責任をもって参加できる方⑥自分からコミュニケーションをしようとできる方。(外国語能力は必須ではありませんが、 インドネシア語や英語ができるとより参加者同士での対話が深まります。)
  • 2021/08/01~2022/03/31
  • 週0〜1回

インターネットテレビ電話を活用した国際交流「地球対話」 小学生のリモート国際交流をインドネシア人学生と協働してサポートしてみませんか? リモートで参加者同士が異文化交流をしながら子どもを交流サポート!