1. ホーム
  2. NPO・NGOインターン
  3. 国際系NPO・NGOインターン募集一覧
  4. 探究活動のサポートをしたい方必見!国際交流を通じてより良い世界へ!

更新日:2024/07/15

探究活動のサポートをしたい方必見!国際交流を通じてより良い世界へ!

With The World
  • 勤務場所

    フルリモート勤務

  • 待遇

    無料

  • 募集対象

    大学生・専門学生

  • 勤務日程

    随時勤務(勤務期間:1〜3ヶ月)

  • 勤務頻度

    週2〜3回

基本情報

英語力を最大限に活かすことで、生徒の国際交流をサポートするフルリモートのインターンです!
海外学生の意見を聞くことができるため、SDGSなどの社会問題について広い視野を持って取組むことができます。

活動テーマ
勤務場所

オンラインでのお仕事となっているため、全国・世界中から参加することが可能です。
アメリカやイギリスなど、様々な場所から活躍中の学生さんもたくさんいらっしゃいます!

待遇

無料

※参加授業数に応じて謝礼金をお支払いさせていただきます 

勤務日程

随時勤務(勤務期間:1〜3ヶ月)

※最低3か月以上、週2~3回程の活動をお願いしております。

活動開始月には約2時間半の初回研修、その後は隔週(月2回)月曜日18:15~19:00に開催の全体ミーティングにご参加いただきます。 
シフト入力の際には、学校やアルバイトの兼ね合いなどお気軽にご相談ください。
スキルアップに繋げていただくために、活動には月8回以上参加できる方を募集しています!

勤務頻度

週2〜3回

注目ポイント
  • 世界中の人々と社会問題について考えることができる!
  • 英語力を活かしてマネジメント能力・ファシリテーション能力など様々なスキルを高めることができる!
  • 海外の文化や生活について現地学生からリアルな声を聞くことができる!
募集対象
  • 大学生・専門学生
  • 社会人
  • 高校生
  • 小中学生
  • シニア
  • 【必須】
    ・日常会話以上の英語でのコミュニケーションレベル(英検準一級・TOEIC730点が目安)をお持ちの方 
    【求める人材】
    ・国際事業・問題に興味がある方
    ・社会問題について国を越えた学びを得たい方
    ・With The Worldの掲げるビジョンやミッションに共感している方

    関連スキル
    特徴
    応募画面へ進む

    募集詳細

    お仕事内容

    ⭐主なお仕事⭐

    日本の学生と海外の学生の議論をお手伝いするバイリンガルアシスタントとしてご活躍いただきます。


    ・生徒のやる気や主体性を引き出すために、一人ひとりの成長スピードとレベルに合った声掛けや問いかけ

    ※生徒が何を達成したいか、そのために何をすべきかを自分で考え行動できるようになることを目指しています。


    ・英語での意見交換のサポート(口頭やチャットでの通訳・翻訳サポートを含む)

    ※ビデオ通話ツール「ZOOM」等を使って、学生が海外の生徒と英語で交流する際の英語サポートを行います。


    ⭐プログラムの詳細


    当インターンシップでは、英語で探究授業を行います。

    <探究授業>とは…情報化やグローバル化などの社会の大きな変化に対して、知識・経験を活かしながら主体的に課題発見・解決する力を育成するためのもの


    具体的に探究授業での育成を期待される能力が3つあります。

    1つ目、「知識及び技能

    2つ目、身に着けた「知識及び技能」とどう活用するかを考えるための「思考力,判断力,表現力等」

    3つ目、課題解決に対して主体的かつ共働的に取り組むための「学びに向かう力,人間性等」


    <例えばどんなことをするの?>

    A高校では、探究授業科目の一環として、1年間を通して気候変動とそれに関わる問題について、海外生と探究を深めました。プレゼンテーションを通して両国の気候変動に関する問題について理解を深めた後、実際に問題を解決するためにできることを考え、海外生とともにアクション実行まで行いました。

    この他にも、食品ロス問題環境問題ヤングケアラー等子どもに関する問題などの探究課題について、グループごとに海外にインタビューするオンライン国際交流授業が行われました。


    B高校では、「知ってほしい、私たちの福島」をテーマに東日本大震災についての英語の発表と、海外生徒との「今私たちにできること」についてディスカッションする授業が開かれました。東日本大震災からの復興や原発問題についての理解を深め合うと共に、異なる価値観をもつ海外生徒との意見交換を行うプログラムを実施いたしました。


    C高校では、「日常活動や部活動(課外活動)について」、そして「グループごとに興味のあるSDGsについて」という2つのテーマでスライドを用いてディスカッションとプレゼンテーションを行いました。また、事前にZOOMの使い方の講習やリハーサルも重ねたことでスムーズにオンライン国際交流を行うことができました。


    With The Worldでは同世代の人々が繋がるオンライン国際交流プログラムをいち早く確立させ、これまで60か国350校を繋いできました。私たちのプログラムでは共通言語である英語力の向上だけでなく、

    ・異文化理解(他者理解)

    ・主体性

    ・自己効力感

    ・思考力

    など、社会で必ず役立つ力を身につけることができるようにデザインしています。



    ⭐With The Worldについて⭐

    社会問題のリアル」に触れ、学ぶ楽しさを持つきっかけを。

    (株)With The Worldは、世界中の学校をリアルタイムで繋ぎ、海外の同世代の学生と一緒に授業を受けられるオンライン国際交流を提供しています。

    弊社の特徴は、PBL型(問題解決型学習)のカリキュラムを通し、生徒のリアルな英語力や課題解決能力を育成することです。世界の社会問題について、英語で、世界にいる同世代と一緒に考える機会を提供します。この授業を通し、生徒たちは問題を解決するための思考力や1人1台のタブレット端末で参加することでこれからの時代に欠かせないICT活用スキルを身につけることができます。

    オンライン化が加速した昨今において、国際交流は教室の中で気軽に出来るほど急速に身近なものとなりました。Web会議ツールが世の中に浸透し、ICT環境が整いつつある今、教室に居ながら異文化理解を深められる環境は、子どもたちにとって学生時代から国際理解の基盤を培うチャンスとなっています。

    弊社の理念や活動に共感し、一緒に国際交流を盛り上げてくださる方をお待ちしております!





    よくある質問

    Q.英語レベルはどれくらいが必要ですか?

    A. 日常会話以上の英語力をお持ちで、日本人生徒の日本語の発言を英訳したり、海外生徒の英語での発言を簡潔な日本語に訳して伝えるサポートができることを条件にしています。英語でディスカッション経験があるとお仕事に慣れやすいです。(目安として、英検準一級・TOEIC730点の方 / このラインを超えていなくても、アシスタントとして活躍しているインターン生は在籍しております。どちらかというと、点数よりも経験や意欲を重視しております。)


    Q. 海外の英語力はどれくらいですか?

    A. 海外生徒の英語はネイティブレベルです。インド、パキスタン、インドネシア、マレーシアなどのアジア諸国の学生が主な交流先となっています。中学1年生の段階で社会問題について自身の経験や自国の現状について英語で説明することができるレベルです。


    Q. 授業に入る前に説明はありますか?

    A. 各授業前には30分間の打ち合わせ、授業後には振り返りを行い、問題点や工夫点をインターン生の間で共有します。

    こちらもzoomを通して行います。


    Q.定期ミーティングはありますか

    A. ございます。月2回、月曜日(18:15-19:00)に開催しています。

    授業に関しての連絡事項等を共有したり、社員が開催するスキルアップ研修にご参加いただけます!

    国際交流をする上でのコミュニケーションやサポートの基礎力の他、英語の実践的なスキルアップに大きくつなげていただくことができますよ☻


    <研修内容(予定)> ※一部変更となる可能性がございます。

    実践:ダブルファシリテーション

    実践:海外生との交流

    実践:コンテンツ作成

    実践:プログラム内容分析

    講義:生徒が主役の授業

    講義:共感力

    講義:複言語主義



    Q.どれくらい時間の確保が必要ですか?

    A.1回当たりの授業は約90分、前後30分ほど打ち合わせを行うので合計2.5時間ほどお時間の確保をお願いしております。 学校案件により頻度は異なりますが、平日の午後が中心になっています。

    〜授業のスケジュール(例)〜
    14:35~15:00 授業前ミーティング(打ち合わせ)

    15:00~16:40 国際交流授業サポート(授業)
    16:40~16:55 授業後ミーティング(振り返り)
    17:00~17:45 授業観察シート記入 (提出は後日)


    Q. どれくらいの頻度で授業に入ればいいのですか?

    A. 大学の授業やアルバイトの時間との兼ね合いでご検討いただけます。

    目安としては月8回以上、週2~3回のご参加をお願いしております。

    また、授業の頻度や時間はプログラムによって異なるため、5日間短期集中型や毎週1回の授業を半年間継続するものもございます。その点も社員にご相談していただければ考慮いたしますので、お気軽にご相談ください👌


    Q.初めから一人で授業を担当するのですか?

    A.最初は見学者としてご参加いただきます。経験を積んだアシスタントの授業に参加することで、ファシリテートの仕方や通訳・翻訳サポートの方法を学んでいただきます。

    また見学のみならず、zoomの各Breakout roomに入っていただき、日本の生徒4人~6人・海外の生徒が4人前後と一緒にチームとしてプログラム開始から終了まで一緒に活動をします。


    Q. インターン生は何人在籍しているのですか?平均活動期間はどのくらいですか?

    A. With The Worldには現在約80名のインターン生が在籍しており、そのうちラーニングアシスタントは約60名です。

    基本的に最短3か月、継続してお仕事をお願いしています。

    以下にインターンの雰囲気や体験なども紹介していますので、ぜひご覧下さい!


    ここまで読んでくださり、ありがとうございます!

    このページを通してWith The World の活動に興味を持っていただけたら嬉しいです。

    下記に実際の授業の様子を載せていますので、ぜひご覧ください。


    私たちは、応募してくださる方一人一人の熱意を最も大切にしております。

    少しでも気になると感じてくださった方はお気軽にご連絡ください!


    応募画面へ進む

    体験談・雰囲気

    このインターンの体験談

    ⭐With The Worldでの授業アシスタントスタッフの声をご紹介します!⭐


    Q,お仕事のやりがいは何ですか?

    ・自分自身が英語で話すことに抵抗感を全く抱かなくなったこと

    ・社会問題について多くの意見を知れること

    ・生徒と信頼関係が築けたとき

    ・一人一人の生徒に合ったサポートができたとき


    Q、ラーニングアシスタントのお仕事を通して得たことは?

    ・アクセント英語が聞き取れるようになった

    ・アイデアを出して課題解決に努められるようになった

    ・ファシリテーション能力が身に着いた

    ・初対面の人達との信頼関係の構築

    ・相手の話に耳を傾け、質問を通して相手の考えを引き出すことができるようになった


    Q.ラーニングアシスタントを通して見つけた自身の長所や気付きは?

    ・自己主張ができる

    ・明るい雰囲気を作ることができる

    ・他人の良いところを見つけることができる

    ・人を楽しませることが好きである

    ・新しいことを作り出す作業が好きで、新しいことにチャレンジしたい、という思いが人より強い

    ・生徒に寄り添う力

    ・相手の長所や性格を見抜く力


    Q. ラーニングアシスタントの経験が活きた経験は?

    ・他人に積極的に話しかけることに物怖じしないようになってきた

    ・アルバイトのとき外国のお客さまに英語で接客をすることができた

    ・就職活動やゼミのとき、グループワークが中心だったが、自然とチームをまとめる事ができるようになっていた

    ・人に寄り添い、多様な価値観を大切するコミュニケーション力

    このインターンの雰囲気

    ⭐どんなインターン生が在籍してるの?

    本当に素敵な人ばかりです!笑

    ・ドイツが大好きな学生。旅行先、語学留学はドイツ、大学の専攻はもちろんドイツ文学!

    ・アシスタントとして生徒をサポートしつつ、インターン生に対して研修を企画・運営するなどマネジメント力をどんどん伸ばす学生

    ・座禅、登山、資格取得、ディスカッション、芸術鑑賞などとにかく多趣味で誰とでも必ず話題がマッチする学生

    また、イギリス、アメリカなど海外の大学に通う学生もたくさんインターン生として在籍しています!


    さまざまな経験や興味関心があるインターン生ですが、全員に共通しているのは「好奇心旺盛・意思決定力がある・行動力がある多様性を受け入れ尊重している」点です。



    ⭐大学生交流会

    With The Worldでは、部署を超えた大学生による大学生のための交流会が頻繁に開催されています。

    (例)

    ・ジェンダーについて語る会

    ・ミャンマー人のゲストを招きミャンマーの政治について学ぶ会

    ・朝鮮学校について学ぶ会

    学生自身の興味関心をもとに彼らで企画・運営し、交流や理解を深める会が活発に開催されています。

    With The Worldでは好奇心旺盛で学びや経験に貪欲な学生をお待ちしています!



    これからラーニングアシスタントになる方へのコメント(元ラーニングアシスタントから)

    「他社のインターンの一番の違いは、自主性の必要度合いだと思います。With The Worldは、一般的なインターン活動というよりも、会社に直接的に貢献できるものです。やりがいが大きい分、自主性・積極性が必要になってくるため、With The Worldでは積極的且つ意識の高い環境で学ぶことができます。自分を成長させたい!と考えている方は絶対に経験して損はない活動です


    「とてもとても素敵な人たち&環境なので安心してWith The Worldに入ってください」


    「楽しく新しいことを学べる場です!たくさん吸収していって欲しいです」


    「始めは緊張したり、失敗したりする時もあります。その経験をバネに試行錯誤していくことで、ファシリテーション力は身についていきます!一緒にたくさん経験値を積んでいきましょう!」


    「わからないことは積極的に聞いてみてください。こんなこと聞いたらだめかな、などは全く考える必要ないです。社員のみなさん、インターン生のみなさんは丁寧に教えてくれます。「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」です!」

    特徴
    雰囲気
    応募画面へ進む

    企業情報

    With The World

    “世界協同で社会問題の解決に向け、働きかける未来を創る。”
    代表者

    五十嵐 駿太

    設立年

    2018年

    法人格

    株式会社・有限会社・合同会社

    With The Worldの企業活動理念

    • 大きな社会問題も、解決への取り組みは地域から。
    • 大きな社会問題を政府レベルで考えるだけでなく、「自分たちで出来ること」を考え、行動する習慣を創ります。世界の国々と学生、そして地域を結び、グローバルな視点で地域活性の相乗効果を目的としています。
    • 1つ1つの学校の方針や特色を理解し、学生にとって学びの深いプログラムを提供します。
    • プログラム対象の学生に合わせた海外校選びや、採択校の目指すゴールに合わせたプログラムをオリジナルで構成し、学校で学んだ知識をそのまま発揮する機会を創ります。もちろん海外校との調整(交換留学手配含)やプログラム作成など全て弊社が行い、ご担当者様のお手間を減らします。
    • 海外提携校を増やし、多くの地域で国際交流を身近に感じることが出来る教育環境を創ります。

    With The Worldの企業活動内容

    With The Worldは、世界中の学校をリアルタイムで繋ぎ、学校の授業中に海外の学校と一緒に授業を受けられる環境を中学~大学で現在創っています。1クラス約40名で(日本校20・海外校20)、お互いの国・地域のSDGsに則った行いたいテーマを生徒が選び、4人少人数グループで異なる視点を持つ他国の同世代とともにオンライン通話ツールを活用して社会問題の「原因」を探り、インタビューから「生の情報」を収集し「解決策」に働きかける機会を設けることで、学生の視野を拡げています。プログラムは、定期的且つ長期的に授業を行い、途中交換留学を設けることで、考案した実施策を現地で行う機会づくりや、世界中の同世代のチームメイトに実際に会える感動機会を設け、絆を深めながら社会性と国際性に富んだグローバルリーダーを将来に輩出しています。

    活動実績

    2018年
    日本初!学校の授業で海外の同級生と共に学ぶ環境をつくる。

    2018年04月02日

    株式会社With The World 設立(4月2日)

    ■関西学院高等部とインドネシア・バリ島の私立学校を週1回のオンライン授業&相互訪問の実践

    (2018年4月6日~)

    ■新渡戸文化中学校にて、「教えない授業」著書・山本崇雄先生のクラスで中学1年生を対象にフィリピン・イロイロ市の私立学校を月1回のオンライン授業の実施(2019年10月~ 次年度相互訪問実施)

    ■ビジネスコンテスト

    1.クリエイティブひょうごビジネスコンテスト ファイナリスト (2018年11月)

    2.日経ソーシャルビジネスコンテスト ファイナリスト (2019年1月)

    3.日本アントレプレナー大賞 ソーシャルビジネス部門 ファイナリスト (2019年3月)

    4.ICCサミットKYOTOスタートアップカタパルトプレゼンター(2019年9月)

    ■メディア掲載実績

    1.ジャカルタ新聞(インドネシア在住日本人向け新聞) (2018年4月と6月)

    2.バリ新聞(2018年7月)

    3.神戸新聞社 「キャラ弁」インドネシアを救う!?(2019年6月掲載)

    4.毎日新聞社 バリの生徒と交流授業 関西学院高等部 共通テーマ議論 (2019年6月)

    5.月刊「事業構想」7月号 オンラインで海外の高校と繋がる グローバル人材育成の新手法 (2019年7月)

    6.月刊「宣伝会議」8月号 学校の課題とニーズに対応 国際交流授業の「垣根」をなくす (2019年8月)

    7.毎日新聞社 月刊「毎日フォーラム」地域課題をアジアの生徒と考える(2019年8月)

    8.月刊「先端教育」1月号 国際交流授業の「垣根」をなくす。オンライン・PBL型の授業を実現(2020年1月)

    9. 神戸新聞社「オンラインで留学体験」(2020年4月)

    ■行政支援

    1.兵庫県若手起業家支援 採択 (2019年度)

    2.神戸市ソーシャルビジネス助成支援 採択(2019年度)


    その他メディア掲載実績多数 詳細はWith The World公式HPより!


    With The Worldのボランティア募集

    With The Worldの職員・バイト募集

    応募画面へ進む
    応募画面へ進む