1. 放課後等デイサービスの児童指導員のNPO求人募集

放課後等デイサービスの児童指導員のNPO求人募集

放課後等デイサービスの児童指導員のNPO求人完全ガイドはこちら

放課後等デイサービスの児童指導員のNPO求人募集 40件中1-30を表示

同じ条件のボランティア募集一覧

放課後等デイサービスの
児童指導員のNPO求人
完全ガイド

「児童指導員って何をする仕事? やりがいや困難なことって? 児童指導員になるためにはどうしたらいい?」
「放課後等デイサービスは誰が対象?どんなサービスが提供されているの?」
「NPOで働くって?メリットやデメリットとは?給料の実態は?」

このような疑問やお悩みを解決するため、Benesseなどの就職情報サイトや口コミ、独立行政法人福祉医療機構や厚生労働省のホームページ、activoの代表取締役である小澤の経験などを元に、ガイドページをご用意致しました。

児童指導員は子どもの発達を「見守る・指導する」スペシャリスト

児童指導員は、児童養護施設などの福祉施設や児童発達支援事業に関わったり、放課後等デイサービスで活躍されています。

具体的な仕事内容は、児童養護施設の子どもたちに「しつけ」や「学習指導」をしたり、障がいを持つ子どもの発達の「見守り」や「補助」をしたり、複雑な家庭事情を抱えた子どもへの「ケースワーク」などです。

関わる子どもたちはいろんなバックグラウンドを持つ子どもが多いため、予測できない行動をするときもあります。
そのため、臨機応変に対応することが求められます。


児童指導員として働く方の経験談

実際に働く方のご意見の一例を紹介します。


プラス面

  • 将来を担う子ども達の成長をサポートできる喜びがある
  • 辛い境遇の子どもを助けることができる
  • 子どもだけでなく親への支援をすることで親子を救うことができる
  • 困難な子どもとの関わりがうまく行った時に喜びがある

マイナス面

  • 障がいがある子どもと関わるため、子どもに怪我をさせないように気にしなければならない。
  • 子どもの親と密に連絡を取り合ってサポートしなければならなく、負担に感じる。
  • 時間外労働があり、労働時間が長くなることが多い。
  • 施設によっては残業代が出なかったり、福利厚生がしっかりしていないところがある。

参考 みんなの専門学校情報 児童指導員になるには?


指導員になるためには「児童指導員任用資格」または「社会福祉士」「精神保健福祉士」などの資格が必要

児童指導員の資格はありませんが、児童指導員任用資格を得るための条件を満たさなければなりません。


児童指導員任用資格を得るための方法

Benesseによると、

大学や短大の社会・教育・心理・社会福祉学部(学科)や指定の養成機関を卒業するか、小・中・高いずれかの教員免許(教科は問わない)を取得しておくことなどが必要

と説明されています。

その他、社会福祉士や精神保健福祉士を持つ人にも児童指導員任用資格が与えられています。


児童指導員の給料事情

公立の施設で公務員として働く場合と、民間の施設で働く場合によって異なります。

平成29年度地方公務員給与実態調査結果によると、初任給は17万円程度ですが、ボーナスや手当がつきます。
平均月収は319,492円と報告されています。
年齢によって月収のばらつきはありますが、公務員の給与規定に基づいて収入を得ることができます。

一方で民間の施設の初任給は18~20万程度で、平均月収は約31万円です。
給料体制が施設ごとに異なるため、ボーナスの有無や福利厚生の条件を事前によく確認しておくことが必要です。


放課後等デイサービスとは障がい児が通う学童のようなもの

WAMNETによると、放課後デイサービスとは、

学校へ通学している障害児に対し、放課後や夏休みなどの長期休暇中に通う施設

と説明されています。

対象は6〜18歳までの小学生・中学生・高校生。

厚生労働省の障害児通所支援事業所従事者実態調査によると、利用者の多くは「発達障がい」と「知的障がい」の子どもで、全体の「8割」を占めていると報告されています。

放課後等デイサービスは学校と連携しながら支援が行われます。


仕事内容

どのような支援がされているのかみていきましょう。


児童支援

活動内容の一部の例を紹介します。

  • 制作あそび
  • 宿題をみる
  • 音楽療法
  • クッキング
  • 木工活動
  • 運動あそび

などです。

そもそも放課後等デイサービスには以下のような目的があります。

放課後等デイサービスガイドラインによると、

放課後等デイサービスは、支援を必要とする障害のある子どもに対して、学校や家庭とは異なる時間、空間、人、体験等を通じて、個々の子どもの状況に応じた発達支援を行うことにより、子どもの最善の利益の保障と健全な育成を図るものである

と定められています。

学校や家庭では経験できないような活動を通して成長するという目的があるため、様々な体験ができるようにプログラムが用意されています。
また、放課後等デイサービスは障がいがある子どもたちの憩いの場として提供されている。

参考 社会福祉法人 なごみ福祉会 ここから


保護者支援

放課後等デイサービスガイドラインによると、保護者支援では、

子育ての悩み等に対する相談を行うこと
家庭内での養育等についてペアレント・トレーニング等活用しながら子どもの育ちを支える力をつけられるよう支援すること
保護者の時間を保障するために、ケアを一時的に代行する支援を行うこと

が定められています。

放課後等デイサービスは子どもを一時的に預かって家族の負担を軽減するだけではありません。
家庭での療育のアドバイスをすることも重要な役割であることがわかりますね。


放課後等デイサービスでは主に「児童指導員 or 保育士」「児童発達支援管理責任者」「機能訓練担当職員」が活躍しています

少し聞き慣れない職業の名前が出てきたので簡単に説明していきます。


児童指導員

6歳以上の障がいを持つ親子の支援専門職です。

児童指導員について詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


保育士

0〜6歳までの子ども支援の専門職です。


児童発達支援管理責任者

個々の子どものサービス計画を作成し、施設全体の管理責任者としての役割があります。

詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


機能訓練担当職員

「機能訓練担当職員」とは、「理学療法士」「作業療法士」「言語聴覚士」などをさしています。
子どもが日常生活を送る上で訓練が必要な場合に配置されます。

参考  厚生労働省 放課後等デイサービスガイドライン


そもそもNPOってどんなところ?

NPOは社会をより良くするために活動する団体のこと

NPOは、「Nonprofit Organization」の略で、非営利団体という意味があります。


NPOは行政で補えない問題を解決する役割があります

行政の活動規模は大きいため、細かなニーズに応えることに難しいのが現状。
そこで、行政が拾いきれなかった「細かな社会問題をNPOで解決」しようとしています。


NPOではどんな活動をしている?

保険・医療系」または「福祉系」の活動をされているNPOが多いです。
逆に、「途上国の貧困をなくす」といったような活動は意外と少ないのです。

さらに NPOについて詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


社会貢献を仕事にする「7つ」の選択肢

社会貢献」を仕事にしたい場合は以下の方法があります。

  • NPOなどの公益法人で働く
  • 社会的企業・ソーシャルベンチャーで働く
  • 企業のCSR担当者として働く
  • NPOや社会的企業を立ち上げる
  • プロボノとして非営利プロジェクトに参画する
  • パラレルワークで社会貢献事業に携わる
  • ボランティア・寄付で非営利活動に参加する

上記の内容を詳しく知りたい方は以下のリンクをご覧ください。

新卒でNPOに就職予定の方向けに、以下のリンクで「内定までのステップ」を解説しています。


学生や主婦の方にはNPOバイト/パートもおすすめ

社会問題に興味がある方はNPOでのアルバイト、パートする方法を考えてみてはいかがでしょうか?

将来NPOに就職したい学生はもちろん、NPOは小規模での活動が多いので、アットホームな雰囲気でお仕事をしたいパートの方にもぴったりです。

詳しくは以下の記事をご覧下さい。


NPOで働くメリット・デメリット

NPOで働くメリット、デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?


メリット

・やりがいと感じやすい、働く意味を見出しやすい
・少人数、裁量の大きい厳しい環境下で成長できる
・「持っているスキル×NPO業界」で希少な人材になり得る


デメリット

・給与水準の低いNPOが多い
・一般企業に転職しづらい可能性もある
・研修が充実していない傾向にある

「NPOで働くメリット・デメリット」について詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


NPOのお給料事情

NPOの収入は少ないイメージがありますが、実態はどうなのでしょうか?

労働政策研究・研修機構の平成27年度の調査によると、「平均的な人」の平均年収が約260万、「高めな人」が370万だと報告されています。

企業と比べると、低いと感じる方も多いかもしれません。
しかし、NPOに興味はあるけれど「給料が低いから職業にしない」のはもったいないです。

なぜなら、近年NPOの給与水準は改善傾向にあるからです。
給与水準、ビジョン、仕事内容、得られる成長などを総合的に判断することが重要ですね。

NPO職員の「給料・年収」について詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください。


NPO求人に応募する前に確認したいこと

2点確認しておきたいことがあります。

  • 志望先と自分が「マッチ」しているか考える
  • 志望動機には「理念への共感」&履歴書には「アピールしたい内容」が伝わるようにする

ということです。

団体の理念と自分の考えが異なっていると、後々働くのがしんどくなってしまいますし、「自分に合った」働き方や職場を見つけることが大切ですね。
ピッタリな団体が見つかれば、しっかりと自分をアピールできる内容を考えましょう。

以下のリンクで志望動機・履歴書の書き方を解説しています。


NPO面接準備でやるべきこと

面接では、「団体の理念への共感」や「今までの経験やエピソード」をうまく伝えられることが重要となります。

NPO面接準備前にやっておくべき事をまとめてみましたので、以下のリンクからご覧ください。

シェアお願いします!
    検索に戻る(ページ上部へ移動)