1. 《東京・発達療育》発達に凸凹がある子どもたちの支援者募集!保育・教職・児童指導員

    更新日:2020/10/13

    《東京・発達療育》発達に凸凹がある子どもたちの支援者募集!保育・教職・児童指導員

    アース・キッズ株式会社
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    e6ebac0dce-DSC_0067.jpg

    子供たち一人ひとりと向き合う、やりがいのあるお仕事です!

    勤務形態
    活動テーマ
    勤務場所

    【全ての子どもたちが公平であり、可能性にチャレンジできる社会の実現】を理念に
    発達障害を持つ子どもたちのために児童発達支援、放課後等デイサービス「スタジオそら」を都内と横浜で13事業所運営しています。
    スタジオそら原宿(渋谷区)
    スタジオそら幡ヶ谷(渋谷区)
    スタジオそら北沢(世田谷区)
    スタジオそら喜多見(世田谷区)
    スタジオそら学芸大学(目黒区)
    スタジオそら用賀(世田谷区)
    スタジオそら東中野(中野区)
    スタジオそら武蔵野(武蔵野市)
    スタジオそら綱島(横浜市)
    スタジオそら品川戸越(品川区)
    スタジオそら鷺沼(川崎市)
    スタジオそら大岡山(大田区)
    スタジオそら池上(大田区) 

    待遇
    • 時給1,100〜1,350円

    【給与】
    正社員・契約社員:月給21万5100円〜
    アルバイト: 時給 平日1100円〜、土日祝1350円~

    【勤務時間・日数】
    ■アルバイト
    月~金/9:30~18:30
    土・日・祝/9:00~18:00
    ★土・日・祝日のみも可!

    ■契約・正社員
    月~金/9:30~18:30
    土日祝/9:00~18:00

    【待遇・福利厚生】
    交通費規定支給(上限あり)・試用期間あり・昇給あり・研修あり・社員登用あり

    【休日・休暇】
    アルバイト:応相談
    契約・正社員:週休二日・シフト制

    勤務日程

    随時勤務(勤務期間:1年以上の長期)

    勤務頻度

    週4〜5回

    募集対象

    ・子どもが好きな方
    ・身体を動かすことが好きで、コミュニケーションが得意な方
    ・未経験者もOK!
    ※以下の資格保持者、経験者
    ・大学・大学院で社会福祉学、教育学、心理学、社会学等の専攻を修了された方
    ・幼稚園~高校のいずれかの教諭の資格がある方
    ・保育士、公認心理師、言語聴覚士、作業療法士、社会福祉士、精神保健福祉士、臨床心理士等の資格がある方
    ・児童福祉・障害福祉サービスの経験が2年以上ある方

    注目ポイント
    • エビデンスのあるアセスメントを基にした1対1を基本とする「個別療育」
    • ルール理解など日常生活に必要な技術を習得するための訓練「SST」
    • 自然に触れ、グループでのびのびと体を動かす「あおぞら療育」
    募集人数

    10名

    職種
    提供サービス
    祝い金 2,000〜6,000円 祝い金とは?

    募集詳細

    「スタジオそら」について

    スタジオそらは発達に障害があると言われる子どもたちの健全な発達に向けた療育を行う、家庭や学校以外の第3の居場所です。


    ■お子さん一人ひとりの発達状況に合わせて、オーダーメイドで療育を企画・提供しています。

    ・身体を大きく動かす粗大運動(走る、ジャンプする、投げる、バランスをとる等。)

    ・机上で手先を活用する微細運動(描く、切る、並べる等。)

    ・自然の中で小集団で遊ぶあおぞら療育(おにごっこ、だるまさんが転んだ、ボール遊び、落ち葉拾い等。)

    ・日常生活で必要な動作(靴下を履く、紐を結ぶ、箸を使う等。)

    ・学習支援(読む、書く、名詞を獲得する、色を理解する等。)

    ・コミュニケーション(約束を守る、気持ちを伝える、感情をコントロールする等。)

    ・創作活動(工作、クッキング、音楽等。)

    ・余暇活動(遠足、水遊び、プール、お店屋さんごっこ、夏祭り、クリスマス会、自転車等。)


    スタジオの名前は、子どもたちが晴れた大空の太陽のような気持ちで育って欲しいという願いをこめて、名付けられました。


    「スタジオそら」の療育特徴

    発達療育には「スタジオ療育」と「あおぞら療育」があります。


    「スタジオ療育」

    スタジオでは療育士と子どもが1対1で向かい合うことを基本とし、集中して子どもの個性や反応、その日の感情の起伏や気分にも配慮し、興味を引き出した上で個別の療育を行います。

    多くの子どもたちが療育士に心をゆるし、問いかけに大きな声で返事をして、笑い、汗をかき、そして手を振って帰っていきます。スタジオに来たときと帰るときでは大きな変化がみられます。


    「あおぞら療育」

    普段はなかなか自然の中で遊ぶ機会が少ない子どもたちが、思いっきり身体を動かしながら、四季折々の自然を体験し、のびのびと遊べる機会です。自然に触れることを第一に考え、太陽の陽を浴びたり、風を感じたり、小さな虫や草木に触れることで、子どもたちの心を開き育てます。小さなのグループで行うため、集団行動の基本が身に付いたという結果を得ています。


    これらは厚生労働省の検討会報告書として発行されている、「放課後デイサービスガイドライン」に基づいた、独自の療育システムによるものです。



    「スタジオそら」現場からの声

    スタジオに通ってくる子どもたちは本当に個性的で、ひとりひとりが違います。

    また、同じ子どもでも日によって全く違います。ある働きかけで反応が良かったかと思えば、次の日には全く反応を示してくれないようなことは日常茶飯事です。常に子どもに合わせたオーダーメイドの療育であり、臨機応変にその子の心と身体のリズムを見ながら、時には駆け引きも、時には掛け合いも大切にする創意工夫の毎日です。子ども本来が、マニュアル化出来ないわけですから、療育をマニュアル化、パターン化するのは不可能に近いのです。現場のプログラムは毎回、療育士が考えて常に変化しています。


    スタジオそらでは特にスタジオごとの自主性を大切にし、療育士の個性、勉強の成果を宝物と思い、共有し、育んでいくべきものだと信じています。子どもの成長と発達全般に関わる意志を持ち、「発達療育」を進めていきます。

    療育スタイル自体も、スポーツ、ダンス等、身体を動かすものから、SST(ソーシャルスキルトレーニング)、あるいは、アートにまつわる芸術分野、より大きな概念である知育の領域に至るものまで具体化して行きたいと考えています。そして、子どもたちの生きる力を伸ばして行くことが、スタジオそらの究極の目的です。発達療育の真髄は、生きる力にあると考えているからです。


    日々の現場の創意工夫の積み重ねの中にこそ宝物が埋まっています。

    そんな宝物を、私たちと一緒につかんでみませんか?



    仕事の内容

    発達障害のある子どもたちに療育を提供していただきます。

    療育士として、子どもたちと向き合っていただける方を募集しています。


    <対象年齢>

    児童発達支援サービス 未就学児(0歳児〜5歳児)

    放課後等デイサービス 就学時(6歳児〜18歳児)


    何事も前向きに捉え、自立的・主体的に取り組んでくださる方を求めています!



    応募情報

    応募方法

    ページ下部の応募フォームよりご応募ください。


    応募プロセス

    ①エントリー、担当よりご連絡いたします。

    ②面接

    ③現場体験、適性検査

    ④勤務開始


    面接場所

    アース・キッズ株式会社

    〒151-0051

    東京都渋谷区千駄ヶ谷3-51-6 原宿MOA 2F

    • c00e7c9d68-sora_tokutyo_pic01.jpg
    • 3f3a7f9f7d-sora_tokutyo_pic02.jpg
    • fadf9e8127-IZM_5325.jpg
    • f6dc99398b-IZM_4676.jpg
    • 26cb102bde-IZM_5117.jpg

    体験談・雰囲気

    この求人の雰囲気

    子どもたちの目線に立ち、療育士自らが子どもの心になりきって、全力で向き合います。

    「子どもたち一人ひとりを人間として敬う心を大切に」

    これが療育士全員の思いであり、使命です。

    特徴
    男女比

    男性:30%、女性:70%

    企業情報

    アース・キッズ株式会社

    “すべての子どもたちが公平に 可能性にチャレンジできる…。 そんな社会を創る。”
    代表者

    高見 裕一

    設立年

    2000年

    法人格

    株式会社・有限会社・合同会社

    アース・キッズの企業活動理念

    子どもたちのために。

           以上。

    アース・キッズの企業活動内容

    【児童福祉法に基づく児童発達支援、放課後デイサービス】厚生労働省のガイドラインに沿いつつ、よりパワフルで豊富な療育システムを考案・推進。有酸素運動をはじめ、脳の発達と豊かな感性の醸成を目的とした発達療育を提供する場として「スタジオそら」を運営しています。

    活動実績

    2012年

    2012年07月

    渋谷区代々木

    障害児通所支援事業開始 初台事業所 開設(2016年1月閉鎖)


    2014年

    2014年06月

    世田谷区羽根木

    羽根木事業所開設(2017.01世田谷区東北沢に移転 現:スタジオそら北沢)


    2014年08月

    渋谷区富ヶ谷

    代々木公園事業所開設(2018.06渋谷区幡ヶ谷に移転 現:スタジオそら幡ヶ谷)


    2015年

    2015年03月

    世田谷区喜多見

    【スタジオそら喜多見】開設


    2015年05月

    目黒区鷹番

    【スタジオそら学芸大学】開設


    2015年09月

    中野区東中野

    【スタジオそら東中野】開設

    渋谷区千駄ヶ谷

    【スタジオそら原宿】開設


    2015年11月

    世田谷区用賀

    【スタジオそら用賀】開設


    2016年

    2016年03月

    武蔵野市中町

    【スタジオそら武蔵野】開設


    2016年06月

    品川区東中延

    【スタジオそら品川戸越】開設


    2016年10月


    横浜市港北区

    【スタジオそら綱島】開設


    2018年

    2018年02月

    川崎市宮前区

    【スタジオそら鷺沼】開設


    2019年

    2019年02月

    大田区北千束

    【スタジオそら大岡山】開設


    2020年

    2020年07月

    大田区池上

    【スタジオそら池上】開設


    2020年7月1日 現在 13拠点(24事業所)従業員112名 会員数900名

    アース・キッズのボランティア募集

    アース・キッズの職員・バイト募集