1. 児童発達支援センター・事業の児童指導員のNPO求人募集

児童発達支援センター・事業の児童指導員のNPO求人募集

児童発達支援センター・事業の児童指導員のNPO求人ガイドはこちら

児童発達支援センター・事業の児童指導員のNPO求人募集 18件中1-18を表示

同じ条件のボランティア募集一覧


児童発達支援センター・事業の
児童指導員のNPO求人ガイド

「児童指導員って何をする仕事? やりがいや困難なことって? 児童指導員になるためにはどうしたらいい?」
「児童発達支援センターって?どんな支援活動がされているの?」

このような疑問やお悩みを解決するため、Benesseなどの就職情報サイトや口コミ、独立行政法人福祉医療機構のホームページなどを元に、ガイドページをご用意致しました。

児童指導員は子どもの発達を「見守る・指導する」スペシャリスト

児童指導員は、児童養護施設などの福祉施設や児童発達支援事業に関わったり、放課後等デイサービスで活躍されています。

具体的な仕事内容は、児童養護施設の子どもたちに「しつけ」や「学習指導」をしたり、障がいを持つ子どもの発達の「見守り」や「補助」をしたり、複雑な家庭事情を抱えた子どもへの「ケースワーク」などです。

関わる子どもたちはいろんなバックグラウンドを持つ子どもが多いため、予測できない行動をするときもあります。
そのため、臨機応変に対応することが求められます。


児童指導員として働く方の経験談

実際に働く方のご意見の一例を紹介します。


プラス面

  • 将来を担う子ども達の成長をサポートできる喜びがある
  • 辛い境遇の子どもを助けることができる
  • 子どもだけでなく親への支援をすることで親子を救うことができる
  • 困難な子どもとの関わりがうまく行った時に喜びがある

マイナス面

  • 障がいがある子どもと関わるため、子どもに怪我をさせないように気にしなければならない。
  • 子どもの親と密に連絡を取り合ってサポートしなければならなく、負担に感じる。
  • 時間外労働があり、労働時間が長くなることが多い。
  • 施設によっては残業代が出なかったり、福利厚生がしっかりしていないところがある。

参考 みんなの専門学校情報 児童指導員になるには?


指導員になるためには「児童指導員任用資格」または「社会福祉士」「精神保健福祉士」などの資格が必要

児童指導員の資格はありませんが、児童指導員任用資格を得るための条件を満たさなければなりません。


児童指導員任用資格を得るための方法

Benesseによると、

大学や短大の社会・教育・心理・社会福祉学部(学科)や指定の養成機関を卒業するか、小・中・高いずれかの教員免許(教科は問わない)を取得しておくことなどが必要

と説明されています。

その他、社会福祉士や精神保健福祉士を持つ人にも児童指導員任用資格が与えられています。


児童指導員の給料事情

公立の施設で公務員として働く場合と、民間の施設で働く場合によって異なります。

平成29年度地方公務員給与実態調査結果によると、初任給は17万円程度ですが、ボーナスや手当がつきます。
平均月収は319,492円と報告されています。
年齢によって月収のばらつきはありますが、公務員の給与規定に基づいて収入を得ることができます。

一方で民間の施設の初任給は18~20万程度で、平均月収は約31万円です。
給料体制が施設ごとに異なるため、ボーナスの有無や福利厚生の条件を事前によく確認しておくことが必要です。


児童発達支援センターは6歳以下の障がい児を対象とした支援機関

WAMNETによると、児童発達支援センターとは、

地域の障害のある児童を通所させて、日常生活における基本的動作の指導、自活に必要な知識や技能の付与または集団生活への適応のための訓練を行う施設

と説明されています。

簡単にいうと、身体、知的、精神、発達に障がいがある6歳までの子どもが利用できる幼稚園・保育園のようなところです。

平成28年度全国児童発達支援センター 実態調査報告によると、利用者の障がいの割合は、「知的障がい・発達障がい」の子どもが多く、全体の8割を占めていると報告されています。

児童発達支援センターは、児童相談所、市町村保健センター、医師などによって療育が必要だと認められると利用することができます。


児童発達支援センターには、「福祉型」と「医療型」がある

福祉型」は、「知的な遅れ」や「自閉症」等の発達障がいがある子どもが対象の児童発達支援センターです。

一方で「医療型」は、運動機能に遅れや障がいがある子どもが対象です。
福祉サービスに加えて治療も受けることができることが特徴です。


仕事内容

児童発達支援センターは障がいのある子どもを対象に支援をする施設だということがわかりました。
では、どのような支援をされているのでしょうか?


児童発達支援

個々の子どもの状態に合わせて訓練が行われます。

例えば、社会性を育むために集団で活動したり、言葉に障がいがある子どもに言語訓練をしたり、身体の機能を上げるために運動遊びなどをします。

子どもたちだけで生活することが基本ですが、子どもの状態によっては親子で通園することも可能で、一人一人にあった支援がされているのが特徴です。


家族のケア

家族からの子育ての相談を受けることも大事な役割の一つです。

子育てに関する専門機関のため、通所していない親子の相談を受けることもあります。
また、家庭での療育が充実するように学習会を開く施設もあります。

参考  社会福祉法人 みねやま福祉会


児童発達支援センターでは、主に「児童指導員」「保育士」「児童発達支援管理責任者」が活躍します

6歳以上の子どもを対象としている「児童指導員」や0〜6歳の子どもの専門職である「保育士」は子どもの活動をサポートする役割があります。

施設の管理責任者である「児童発達支援管理責任者」は子どもの個々のサービス計画を作成し、施設全体を引っ張っていく役割があります。
他にも、栄養士や調理員、リハビリの必要に応じて、「理学療法士」や「作業療法士」などのリハビリの専門職も配置される場合もあります。

児童指導員や児童発達支援管理責任者について詳しく知りたい方は以下のリンクからご覧ください。

児童指導員

児童発達支援管理責任者


参考  厚生労働省 児童発達支援センターの最低基準及び指定基準(案)の概要

シェアお願いします!
    検索に戻る(ページ上部へ移動)