おうち学童は、子どもたちとその家族にとっての「第二のおうち」笑顔の連鎖でみんなが幸せに気が付ける。

「第二のおうち」 おうち学童

活動理念

★Smile First★
全ては笑顔のために

なぜなら、笑顔は幸せの証だと思うから

・未来を担う子どもたち
・子育てと仕事に懸命な親御さん
・子どもが大好きな学童のスタッフ

全ての人の幸せのために
社会の理不尽・課題解決のために

共に挑みませんか?

おうち学童は、地域における「第二のおうち」を目指すソーシャルベンチャーです。
12年間の運営ノウハウをシステム化し、全国展開を目指します。
子ども一人一人にきめ細かく寄り添い、

美しい心と夢を育む、第二のおうち

私が働いているから「この子に寂しい思いをさせている。。。」といった罪悪感を抱くお母さんが多いです。
でも、おうち学童では、自宅ではとても実施し得ない年間325回以上、小学校期間1000回以上の多種多様な体験型カリキュラムを提供しています。

子どもたちにとって、お兄さん、お姉さん、お母さん、お父さん役のスタッフが、寄り添い安心して過ごせるおうちという環境

子どもたちにとって、楽し過ぎるおうち学童だから、急いで迎えに来たお母さんが、

「え~!まだ、あと30分あるやん。もっと遅く迎えに来てぇ~」

と言われて苦笑する姿はおうち学童あるある。

とは言え、正直な所、おうち学童は、
まだまだ、弱小?
極小組織?、

いや、これからの組織です。

活動内容

仕事で遅くなっても大丈夫。

「もうひとつのおうち」で、暖かく我が子を見守ってくれる、

それが「おうち学童」です。

我が子が放課後向かうのは、とある一軒家。

玄関を入ると、学童のみんなが暖かく迎えてくれます。

「お帰り~」「ただいま!」

「手、洗ってね、うがいもよ!!」「は~い」

仲の良いお友達と今日一日のことを報告しあったり、指導員さんに宿題を見てもらったり。

おやつを食べる時は、一緒にクッキーやホットケーキを焼くことも。

夕食の買物も、皆で一緒に近所のお魚屋さん、八百屋さんへ。

おうち学童からクラスのお友達の家に遊びに行く子もいます。

「夕飯までには帰って来るのよ~」

「いってきまーす」

「気をつけて行ってらっしゃい」

お食事の時は他の子のために準備を手伝い皆で手を合わせて「いただきます」

まるで我が家にいるような、そんな空間です。

 

「第二のおうち」 おうち学童の活動に参加しませんか?

ボランティア/インターン募集

  • 【小学生向け】今だからこそ、役割を果すとき、本当の活動意義を試されているとき
    • 茨木駅 徒歩15分 [大阪府茨木...
    • 随時活動(活動期間:1〜3ヶ月)
    • 0〜5,000円
  • 職員/バイト募集

      

    活動実績

    2012年
    運営実績11年。働くお母さんから選ばれる人気No.1(地域の対象校区内での民間学童保育)

    2012年07月

    「第二のおうち」 おうち学童のストーリー

    法人概要

    団体名

    「第二のおうち」 おうち学童

    法人格

    株式会社・有限会社・合同会社

    HPのURL http://gakudo.jp/
    代表者

    馬渕 紀彦

    設立年

    2012年

    FacebookページのURL https://www.facebook.com/gakudo.jp
    住所

    大阪府茨木市新中条町8-9

    電話番号

    090-9621-9379

    「第二のおうち」 おうち学童と似ている団体