1. ホーム
  2. ストーリー一覧ページ
  3. 人種差別についてー皆様はどう思いますか?ー
2022/01/17

人種差別についてー皆様はどう思いますか?ー

人種差別についてー皆様はどう思いますか?ー

皆様あけましておめでとうございます。
昨年度11月ー12月は担当者の都合により、ソーシャルメディアの投稿が滞ってしまい申し訳ございませんでした。本日より再開させていただきますので何卒よろしくお願いいたします。

さて、新年度最初の投稿は「人種差別について」です。

World Unite!は多国籍のスタッフで構成されているのが特徴で、また、日本チームも大部分は外国籍、日本人常勤のスタッフは現在1名で、グローバル且つホロクラシー色が強い、ジョブ型を採用している日本の考え方に影響を受けていないグローバル企業です。

そんな、弊社ですが、日本以外にもタンザニアやインドなどの様々な国で事業を行っています。しかし、全体の収入で日本でのインバウンド事業・国際教育事業大部分を占めており、この2年間で政府の対応にかなりの経済的・精神的ダメージを受けております。

この約2年間で、日本の政府の方やそれを指示する日本人考える”人種差別”は言葉のみで真の意味を理解が全く無い事を痛感しております。

例えば、新型オミクロンが出現し、再度部分的に開かれた国境が12月初旬に国境の閉鎖されました。その際に、国際的にも批判されましたが、政府の”日本国籍のみ帰国を可能とする”対応にはとても驚きました。また、それに対して、芸能人の方が”政府の案はオリンピックでの外国人の振る舞いから見て妥当”というコメントを出し多くの方がコメント欄で賛同していました。

一人がルールを守らないと”外国人だから”と一括りにし、日本人一人がルールを守らないと、その人だから”と個人的に扱い、他の日本人は違うと思うのです。

日本国籍でない方は他の外国籍の人たちに対して”外国人”としての責任が生まれている滑稽な状況が、日本の”常識”なのです。

コロナウィルスは国籍を選ぶのでしょうか?

ルールを守らない事と国籍は関係ありますか?

World Unite!は、日本的な分離的な考え方でなく、グローバル視野を持つ人材育成を目的とし、国際教育事業を通して世界を一つにする(unification of the world)事をミッションとしています。

  • 道を歩いていると子供を連れた親御さんが「危ない、外人」と言い、子供を守ろうとする行動
  • エレベーターに一人で立っていると子供たちは怖がり、入ってこようとしない行動
  • 電車に乗ると、周囲の人はバッグの位置を変え、取られないようにする様に見せる行動
  • アパートを借りる際、日本国籍の親戚の紹介状が必要になる件
  • 生命保険を契約するには血のつながった日本人の親戚が必要となる件


上記の内容を「日本人だから」と一括りにすると、不快に感じるのでは無いのでしょうか?

それは、先述の「外国人だから」と一括りにするのと同じです。

ちなみに上記の内容は実際に日本に住む外国人スタッフの経験談です。

2020年代にもなって、この様な事が起こる事を、日本の未来を担うあなたはどの様に思いますか?

ダラダラと日本人スタッフがこの記事についての裏側を話しています。(短くするのは難しいんですね…)2倍速等で興味がある方は聞いていただけると嬉しいです。また、ご意見や体験談もお待ちしております🙏


あなたにできる応援
応援イラスト
応援がこの団体の支援に繋がります
あなたの応援(シェア)で想いが広まり、仲間が増えるキッカケになるかもしれません。何より活動していくエネルギーをいただけます…!
ユーザーアバター

World Unite Japanの法人活動理念

World Unite!は 2005年にザンジバル/東アフリカで始まりました。ドイツ人のクリス・エングラーが、サステイナブルツーリズム — 旅行先の地域文化と環境の保全を第一に考えた「持続可能な観光」の旅行商品の開発を始めました。

現在、World Unite!は、各国で事業を展開。日本、中国、ミャンマー、ドイツ、オーストリア、インド、ザンジバル、タンザニア、南アフリカ、モロッコ、ニカラグア、アルゼンチン、ボリビアにて、各国に見合った事業体制(現地チームを配置、企業登録を行う、現地会社とパートナーシップを組むなど)を整え、活動しています。