こちらのボランティアは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. 東京のボランティア募集一覧
  3. 東京でのこども・教育系ボランティア募集一覧
  4. 【商店街×こどもの居場所】【6期生】学生ボランティアメンバー大募集中!

更新日:2024/06/11

【商店街×こどもの居場所】【6期生】学生ボランティアメンバー大募集中!

駄可笑屋敷プロジェクト
  • 活動場所

    東京 杉並区[『駄可笑屋敷』] (住所:東京都杉並区方南ミーティングはオンラインで行っています。)

  • 必要経費

    無料

  • 募集対象

    大学生・専門学生

  • 活動日程

    随時活動(活動期間:1〜3ヶ月)

  • 活動頻度

    週2〜3回

この募集の受入団体「駄可笑屋敷プロジェクト」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

基本情報

地域の商店街の中心にあるこどものための居場所『駄菓子屋敷』
様々な学校の大学生ボランティアスタッフが主体となって運営しております
こども・居場所づくり・まちづくりに興味のある方はぜひ

活動テーマ
活動場所

住所:東京都杉並区方南2-12-27
ミーティングはオンラインで行っています。

必要経費

無料

活動日程

随時活動(活動期間:1〜3ヶ月)

体験期間や長期休みのみなど、活動期間に関しては柔軟に対応致しますのでご相談ください!

活動頻度

週2〜3回

週に1回1時間程のミーティングに参加していただきます!

注目ポイント
  • 【大募集】学生の間にこどもと直接関わる経験を積める!
  • 【大規模】商店街・居場所を舞台に自分のアイデアを現実に!
  • 【超貴重】こどもの居場所づくり、地域活性化の根幹に関われる!
募集対象
  • 大学生・専門学生
  • 社会人
  • 高校生
  • 小中学生
  • シニア
  • 大学生(大学院、短大、専門学校を含む)

    学校も学部も学年も全く異なる大学生が参加しています!
    特別なスキルや知識は全く必要なく、大学生が各々のできることを活かして活動しています
    (メンバーの学部:教育・社会・建築・理工・観光・経済 など)

    募集人数

    3名

    特徴

    募集詳細

    初めまして。駄可笑屋敷プロジェクトです。

    『駄可笑屋敷』と書いて「だがしやしき」と読む。

    そんな、ちょっと癖のある〈こどものための居場所〉を、大学生が主体となって運営しております!

    そこで活動に協力してくれる学生ボランティアスタッフを募集します!



    ~NHK『ゆう5時』に特集されました(2022/07/20)~

    ~日テレ『ヒルナンデス!』に特集されました(2022/11/17)~



    「駄可笑屋敷」とは...

    商店街の中心に位置する地域のこどものための居場所です。


    ふらっと来て、

    秘密基地であそんだり、漫画を読んだり、ボードゲームしてあそんだり、勉強したり、大学生とお話したり、

    こどもたちが地域の方々に見守られながら、思い思い放課後を過ごす居場所です。










    休日は、大学生の企画したイベントにたくさんのこどもたちが集まり、商店街を巻き込みながら、みんなでワクワクを

    広げていきます。


    大学生が主体となって運営やイベントの企画、地域活性化を行っております。

    商店街の方々を始めとした地域の方々の協力によって毎日営業しています。



    活動内容...


    ①「駄可笑屋敷でのこどもの居場所運営」(イベント企画・寺子屋・現場運営など)

    ②「商店街でのまちづくり活動」(地域活性化イベント・DITなど)





    その他、

    SNS運用・メディア戦略・ファンドレイジング・リノベーション・商店街イベント企画など

    メンバーがそれぞれのやりたいことや強みを活かした活動をすることができます。




    活動内容例「商店街ウォークラリー」

    商店街を舞台に、大学生とこどもたちがペアになって、地域のことを好きになれる謎解きイベントを行いました。





    活動内容例「こどもと一緒にリノベーション」

    「みんなの居場所はみんなでつくる」を合言葉に、こどもと大学生が協力してリノベーションを行いました。





    来てほしい人

    こどもが好きな人


    ・こどもがワクワクするような居場所作りに関わりたい人

    ・自分の持っているアイデアを商店街・居場所を舞台に実現したい人

    ・地域活性化を実際の商店街で経験したい人

    ・様々な学校の大学生と関わりたい人



    このボランティアのやりがい

    ・学生の間にこどもと直接関わる経験を積むことができる

    ・商店街・居場所を舞台に自分のアイデアを現実に企画実行することができる

    ・こどもの居場所づくり、地域活性化の根幹に関われる

    コロナの影響で、大学生の活動の範囲が狭まっている今、

    たくさんの大学から、異なる学年・学部の学生が集まるプロジェクトで、

    こども・地域のワクワクのために達成感のある活動をすることができます!





    募集定員

    5 名限定




    募集対象

    大学生(大学院、短大、専門学校を含む)


    学校も学部も学年も全く異なる大学生が参加しています!

    特別なスキルや知識は全く必要なく、大学生が各々のできることを活かして活動しています

    (メンバーの学部:教育・社会・建築・理工・観光・経済 など)

    大学1・2年生大募集中です!




    活動場所

    『駄可笑屋敷』(ダガシヤシキ)(東京都杉並区方南2-12-27)




    活動時間

    平日「15:00~18:00」、休日「13:00~18:00」or「13:00~16:00」or「15:00~18:00」



    活動頻度

    月2回~


    学業・実習などの都合を踏まえて柔軟に対応させていただきますので、お気軽にご相談ください!




    活動期間

    3か月~



    具体的な活動内容

    ・駄可笑屋敷でこどもたちと関わる

    └放課後やってくるこどもたちと、一緒に遊んだり、愚痴を聞いたり、宿題をサポートしてあげたりと、多様な関わり方で、こどもたちの心休まる居場所を作り上げていきます。

    イベント企画・実行

    └商店街全体や地区を舞台にした大規模なイベントから、居場所で行うプチイベントまで。こどもの可能性を広げるために様々なの経験をしてもらうことを目的として、イベント企画から準備、実行までチームで協力して行います。

    ・駄菓子販売

    └駄菓子の販売のみならず、こどもや地域の声を聴いて、どのような商品を販売すればよりこどもや地域の人がワクワクするかを検討します。

    ・SNS運用/メディア戦略

    └SNSやTVメディアを活用し、「駄可笑屋敷」の認知と応援者を増やしていきます。

    ・リノベーション

    └こどもたち・地域の人たちが快適に居場所を使えるように、居場所自体を大学生でリノベーションしていきます。



    基本情報

    ・場所

    東京都杉並区方南2-12-27(「方南銀座商店街」内)(方南町駅より徒歩1分)

    ・営業日時

    平日 15:00~18:00
    祝休日 13:00~18:00

    ・今までの活動内容

    「方南町ウォークラリー第1回・第2回・第3回(日本一周)」

    「こどもと一緒にリノベーション」

    「わくわく寺子屋」

    「本格ピザづくり体験」

    「駄可笑屋敷夏祭り」

    「商店街で野菜づくり」

    「オリジナルランタンづくり」

    「商店街こどもワーカーズ」

    「商店街こども工房」

    「こどもキャンプ」(準備中)

    ・SNS

    Instagram・Twitter・Facebook等で日々の活動を発信しています。

    新歓Instagramも是非ご覧ください!

    @dagashi_shinkan



    その他

    ・ボランティア確定までの流れ

    申し込み→面談(説明会)→体験→活動参加決定

    応募してすぐ参加決定ということはありません。面談・体験を通して参加をご自身で再度検討していただけます。

    (ひとまず話聞くだけでも全く問題ありません。お気軽にご応募ください。)



    体験談・雰囲気

    このボランティアの体験談

    こども一人一人に対して真摯に向き合うことができるのはこのプロジェクトの魅力の一つではないかと思います。

    最初はなかなか心を開けずに1人で部屋の隅にいたような子が、数時間関わるだけでとびっきりの笑顔になってくれたり。「お姉さん次来るのいつ??」と目をキラキラさせて次に遊ぶ約束をしたり。

    大学生という少し特別な関係だからこそ与えられる価値があると感じられる瞬間があちらこちらにあります。

    (女 教育学部 3年生)




    イベントを1から全て大学生で企画し、実施出来るのはこのプロジェクトの魅力の一つだなと思います。

    「私たちがこどもに与えられる価値ってなんだ?」「こんな機会を提供したらより多くのこどもに価値を与えられるんじゃないかな」

    大学も学年も異なるメンバーと一緒にこどものことを真剣に考えて向き合っていると、「この人たちと一緒に出来て楽しいな。もっと頑張ろう!」と感じます。

    (男 理工学部 2年生)



    私はこのプロジェクトに携わってみて、こどもたちと身近に関わることができることが魅力的だなと感じています。

    駄可笑屋敷に到着した途端「一緒に遊ぼうよ!」とこどもたちから声を掛けてもらえたり、イベントを行ったら「次もまた来たい!」と言ってもらえたり、笑顔で楽しんでいるこどもたちをすぐ側で見られたりすることは私自身、とても幸せです!

    そして、大学生というのはこどもでも大人でもあるような微妙な時期であると思いますが、こどもとしても大人としてもこどもたちと関われる貴重な時間にすることができるのがこのプロジェクトだと思います!

    (女 社会学部 1年生)


    特徴
    雰囲気
    男女比

    男性:30%、女性:70%

    団体情報

    駄可笑屋敷プロジェクト

    “『こどもたちに多様な経験と価値観を届ける』”
    代表者

    久我凜太郎

    設立年

    2021年

    法人格

    学生団体

    駄可笑屋敷プロジェクトのボランティア募集

    駄可笑屋敷プロジェクトの職員・バイト募集