〜travelling museum〜博物倶楽部

活動内容

~travelling museum~博物倶楽部(以下「博物倶楽部」)は、科学に興味のあるメンバーが集まって作った実験・観察・工作といったワークショップを実施しているボランティア団体です。メンバーは年齢、性別、所属などばらばらの学生から社会人、退職者までで成り立っており、さまざまな背景を持った「まちなかの人びと」です。2015年に結成されてから4年間で、首都圏を中心にあちこちの博物館・科学イベントに駆けつけて、40回以上のワークショップを行っています。また、博物館のボランティアとして20年以上現場で活躍してきたメンバーもいます。

実験・観察ワークショップの実施はもちろん、プログラムの作成や運営までいろいろな角度から経験できます。まずは現場を体験したいという方にも、こんな企画を作ってみたいという方にも活躍できる場面があります。

「博物館のワークショップ」というと「小学生向け」であったり「工作」というイメージが強いかもしれませんが、博物倶楽部では入学前の子供たちに向けた企画も持っていますし、中学生以上のむしろ大人が楽しめる内容の頭を使うプログラムも実施しています。やってみたいアイディアがあればどんどん提案してみてください。

〜travelling museum〜博物倶楽部の活動に参加しませんか?

ボランティア/インターン募集

  

活動実績

2015年
団体発足、ワークショップ3件

2015年

2016年
ワークショップ7件

2016年

2017年
ワークショップ13件

2017年

2018年
ワークショップ14件

2018年

2019年
ワークショップ16件

2019年

2020年
ワークショップ6件

2020年

2021年
ワークショップ4件、展示・映像・原稿協力6件

2021年

2022年
ワークショップ3件、展示・映像・原稿協力1件(2022年8月現在)

2022年

過去の活動実施施設:群馬県立自然史博物館、ギャラクシティ、江戸川区子ども未来館、三菱みなとみらい技術館、きしわだ自然資料館、渋谷区ふれあい植物センター、手作り科学館Exedra、蒲郡市生命の海科学館、ハウセット押上店、神奈川県立生命の星・地球博物館、咲くやこの花館、新宿区立中央図書館

過去の参加イベント:戸田市サイエンス・フェスティバル、博物ふぇすてぃばる!、サイエンス・アゴラ、江戸川区環境フェア、神保町ヴンダーカンマー、市進・リスタ「やってみよう!夏の自由課題 研究」、三番瀬ワークショップまつり、柏てのいち、むさしのサイエンスフェスタ、南三陸子ども自然史ワークショップ

法人概要

団体名

〜travelling museum〜博物倶楽部

法人格

任意団体

HPのURL http://hakubutsu.tumblr.com
代表者

島津 斉明

設立年

2015年

Twitterアカウント @Hakubutsu_Club
電話番号

〜travelling museum〜博物倶楽部と似ている団体