1. ホーム
  2. ストーリー一覧ページ
  3. コロナ長期化で困窮する移民・難民の子育て世帯を支えたい!Living in Peaceが、今、クラウドファンディングをする理由。
2021/03/21

コロナ長期化で困窮する移民・難民の子育て世帯を支えたい!Living in Peaceが、今、クラウドファンディングをする理由。

認定NPO法人Living in Peaceは、移民・難民の子育て世帯に対する緊急支援プロジェクトとして、3月15日にREADYFORにてクラウドファンディングを立ち上げました。

  • 第2弾|セーフティネットからこぼれる移民難民の子育て世帯を支えたい
  • 第一目標金額:250万円
  • 支援募集期間:3月15日(月)18時~4月18日(日)23時まで

Living in Peaceは「機会の平等を通じた貧困削減」を目指し、専従職員を持たず、メンバー全員が本業を持ちながら活動しています。限られた時間のなかでも、一人ひとりの力を束ね、互いに助け合い、目標に向かってプロジェクトを運営しています。

これまで、児童福祉施設の建て替え支援や、施設出身者への奨学金給付、難民の日本語習得や就職活動サポートなど、さまざまな形で国内の子どもや難民の課題に取り組んできました。

今回は、移民・難民の子育て世帯に対する緊急支援プロジェクト「移民・難民の子どものいのちを守る基金」立ち上げの理由、そして、クラウドファンディングへの想いをお伝えします。

コロナ長期化で「外国籍の子育て世帯」の生活が困窮している

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中で、従来不安定な雇用形態にある方も多い、日本に暮らす移民・難民の置かれた状況は、ますます深刻になりつつあります。彼らの中には、在留資格によりセーフティネットである生活保護が利用できない、または、諸般の事情によりアクセスが容易ではない方が少なくありません(後述)。

そして、そのしわ寄せが向かう先は、いまの社会でとりわけ弱い立場にある子どもたちです。

同じ地域社会を生きているにも関わらず、セーフティネットからこぼれ落ちてしまう彼らに、私たちは心を寄せ、少しでも、子どものいのちと暮らしを守るアクションを起こしたい。

そう考え、私たちLiving in Peaceは、移民・難民の子育て世帯を対象とした現金給付を行うことにしました。

59名の子どもへの緊急支援から見えたこと

二度目の緊急事態宣言が発令された1月初旬、難民・移民の子育て世帯を対象とした緊急支援プログラム「第1弾 移民・難民の子どものいのちを守る基金」を立ち上げました。

第1弾では団体の予算より資金を捻出し、一定の審査のもと、59名の子どもを対象に150万円の現金給付を行いました。

この取り組みを通じて私たちが目にしたのは、長引く新型コロナウイルス感染症の影響で想定以上に移民・難民の方々の生活困窮が進んでいるという現実です。そして、聞こえてきたのは、自分のこと以上に子どもたちのことで思い悩む親の声でした。

  • 「食べ盛りの子どもたちに十分食べさせることもできなくて心苦しい」
  • 「娘が日本語学習のスクールに通っていたが、家計の負担になるため、やめてもらうしかなかった」
  • 「家賃の安い家への引っ越しを検討しているが、子どもが学校から遠くなるので申し訳ない」
  • 「中学校の部活のユニフォームを揃えるお金がなく、入部を諦めさせてしまった」

第1弾で支援できたのは、ほんの一握りです。
 また、いつまで続くかわからないコロナ禍における困窮は、一度きりの支援で改善できるものではありません。日々成長する子どもを守り、育てていくことに不安を感じている子育て世帯には、さらなる支援が必要です。

そこで、クラウドファンディングという形でご支援を募る「第2弾 移民・難民の子どものいのちを守る基金」を立ち上げることにしました。

なぜ移民・難民の子どもたちなのか

外国籍の方々の生活保護利用には壁があります。

  • 【生活保護利用の壁は大きく分類して2種類ある】
  • ①申請する資格自体がない
  • ②申請する資格はあるが、日本で今後も生活していくことを考えると事実上申請できない

(詳細は、クラウドファンディングのページでご確認頂ければ幸いです。)

「永住者」「定住者」「特別永住者」等、定住性のある身分に基づく在留資格を持つ方々であれば生活保護を利用することもできます。しかしそれは、あくまで生活保護を「準用」するという形式が取られており、権利として認められているわけではありません。

そして、その「準用」にすら事実上アクセスできない方もいらっしゃいます。たとえば「定住者」在留資格の方などです。

生活保護利用の「定住者」には「永住者」への切り替えが認められません。これは「日常生活において公共の負担にならず、将来において安定した生活が見込まれる」ことが永住許可の要件となっているためです(利用から数年がたっている場合も同様です)。

そのため、どれだけ困窮していても今後のことや子どもの将来を考えて申請ができない定住者世帯が少なくないのが実情です。

そして、子どもたちの人生は、自分の意志や努力だけではどうにもならない要因に大きく左右されてしまいます。

たとえば、外国籍の親を持つ子どものなかには、コロナ以前から経済的事情や、「ヤングケアラー」であること(日本語が不自由な親のサポート等)などを理由に、学校に通えていない子どもが少なくありません。また、「在留資格の関係で奨学金が借りられない」「来日年齢によっては入学準備金支給の対象外になる」など、外国籍家庭の子どもたちの人生には困難が少なくありません。

ただでさえ「子どもの7人に1人が貧困状態」といわれる日本で、こうした外国籍の親を持つ子どもたちが、困難な生活環境に置かれていることは想像に難くないでしょう。

そこに追い打ちをかけるように訪れたコロナによる経済的打撃。最後のセーフティネットからもこぼれ落ちてしまい、困窮してしまう子どもたちがいます。

だからこそ、私たちは、移民・難民の子どもたちに支援が必要だと考えました。


クラウドファンディング開始1週間で思うこと

幸いにも、開始1週間で100人の方にご支援いただきました(3/21 13時 現在)。

日本で生活をしていると「移民・難民」という言葉は、どこか遠くの出来事であると感じてしまうかもしれません。また、コロナ禍で大変な状況である方もいらっしゃるかと思います。

それでも、こんなに多くの方々に興味を持っていただき、ご支援いただけたことは何よりも嬉しく思います。それと同時に、ひとりでも多くの移民・難民の子どもたちに皆様からのご支援を届けていくために、このプロジェクトを大きくしていく必要があると感じています。

今回のクラウドファンディングのゴールは生活に困窮している移民・難民の子育て世帯への現金給付を叶えることです。

しかし、難民・移民の子育て世帯が抱える課題は経済的貧困だけではなく、子どもの教育や親の孤立、メンタルヘルスなど多岐にわたり複雑に絡み合っており、当然ながら現金給付だけで解決できるものではないと思っています。

 私たちは今後もより包括的に移民・難民の子ども支援に継続的に取り組んでまいります。

生まれる場所・生きていく場所を自分で選ぶことのできない幼い子どもたち。

このクラウドファンディングを通じて、ひとりでも多くの方と共に支援の輪を広げ、移民・難民の方々も含めた「誰もが安心して子どもを育てられる社会」を作っていきたいと願っています。

「誰も取りこぼさない社会」の実現に向け、ぜひ、皆さんと一緒に、次の一歩へ踏み出せればと思います。

クラウドファンディング詳細・参加方法

クラウドファンディングサイトREADYFOR

https://readyfor.jp/projects/lip2021

よりお申込みください。



あなたにできる応援
応援イラスト
応援がこの団体の支援に繋がります
あなたの応援(シェア)で想いが広まり、仲間が増えるキッカケになるかもしれません。何より活動していくエネルギーをいただけます…!
ユーザーアバター

Living in Peaceの法人活動理念

Living in Peaceに関わるメンバーは、以下の行動基準を大切にしています。


感謝の気持ちを持つこと

私たちは常に感謝の気持ちを忘れることなく他者と接し、行動します


他者に共感する気持ちを持つこと

私たちは他者の置かれた状況や環境に関心を持ち、思いを馳せ、自分のことのように感じ行動します。


プロアクティブであること

私たちは活動に積極的に参加し、問題に対してはよく考えると同時に、実際に行動を起こします。


多様性を尊重すること

私たちは組織発展の不可欠な要素として多様性が必要であることを深く認識し、

多様な属性をもつ人の参加や多様な貢献の仕方を受け入れ、推進します。


謙虚であること

私たちは相手を思いやり、敬う気持ちを持って他者と接します。

私たちは常に内省に努めることで、自分を客観視します。

私たちは好奇心を持って自らに不足する知識や経験の吸収に努めます。

私たちは自分の行動に誤りがあり、またはそれを指摘された場合には素直にそれを認め、速やかに訂正します。


大志を持つこと

私たちは高い志を持ち、その実現に向けて地道な努力も厭わずに取り組みます。

私たちは初心を忘れることなく、原理原則にぶれることのない行動を取ります。


オープンであること

私たちはオープンな場で議論を行い、本人の前で行わない異議申し立ては禁止します。

私たちは全ての意思決定は公開の場で行うことにより、ポリティクスを排除し、偏った意見形成を行わないこととします。

私たちは意見の表出は建設的な提案として行い、反対意見がある場合は代替案を提示します。


前向きであること

私たちは出来ないことについて後ろ向きの言動を行わず、出来ることで最善のことを考え、実行します。

私たちは明るく・元気よく・楽しく、をモットーに行動します。


仕事に責任を持つこと

私たちはLIPにおける自身の役割・仕事について責任感を持ち、最後までやり遂げます。


本業/学業を大切にすること

私たちは、本業/学業に重く価値をおき、そこにおいて秀でることができるよう最大限の努力をします。

私たちは、LIPの活動によって本業/学業を犠牲にしません。