1. ホーム
  2. NPO求人
  3. 東京のNPO求人募集一覧
  4. 東京でのこども・教育系NPO求人募集一覧
  5. こどもの「やりたい!」を応援するプレイリーダーとして、一緒に働きませんか!

こどもの「やりたい!」を応援するプレイリーダーとして、一緒に働きませんか!

新宿・戸山プレイパークの会
  • 勤務場所

    西早稲田駅 徒歩10分 [新宿区大久保3都立戸山公園] (最寄駅 副都心線西早稲田駅から徒歩5分、JR新大久保駅または高田馬場駅から徒歩10分です。)

  • 待遇

    月給190,000〜210,000円

  • 募集対象

    社会人

  • 勤務日程

    2023/04/04~2024/03/30

  • 勤務頻度

    応相談

基本情報

「自分の責任で自由に遊ぶ」がモットーの屋外の遊び場「プレイパーク」が注目されて
います。プレイリーダーとして、都会の自然の中で子どもがのびのび遊べる場を一緒に作りませんか。

勤務形態
活動テーマ
勤務場所

最寄駅 副都心線西早稲田駅から徒歩5分、JR新大久保駅または高田馬場駅から徒歩10分です。

待遇
  • 常勤プレイリーダー:月給190,000〜210,000円
  • 週2~4回の勤務:日給9,000〜11,000円
勤務日程
  • 2023/04/04~2024/03/30

契約更新可能

勤務頻度

応相談

プレイパークを開催する火曜日から土曜日のうち、土曜日を含む週何日か。

募集対象

・心身ともに健康な方
・屋外で体を動かすことが好きな方
・自ら作ったり工夫することが好きな方

注目ポイント
  • ・子どもの「やりたい!」を応援する仕事です。
  • ・地域の人と人とのつながりを実感できる温かい職場です。
  • ・研修は随時行います。
職種
祝い金 1,000〜3,000円 祝い金とは?
特徴

募集詳細

●業務内容

①プレイパークの開催に必要な準備と片づけ (スタッフ数人で行います。)

②遊びに来る子どもや保護者とコミュニケーションをとり親しみやすい場にすること 

(ベテランスタッフと共にコミュニケーションのコツを学んでいきましょう。)

③子どもがわくわくする工夫と安全面にも配慮した場のレイアウトや遊具メンテナンス

(スタッフ間で相談しながらすすめます。互いに発想力や創造性を発揮しましょう。)

④プレイパークしんぶん発行などプレイパークの主旨や遊びについての発信



●勤務時間

火曜日から土曜日 1日の勤務時間 10時~18時

(うちプレイパーク開園は6時間半、その他準備・片付け 途中休憩45分)
★火曜日から土曜日の間で祝日にあたる日も勤務あり


●休暇

毎週日曜・月曜休み、 8月・1月・2月は火曜も休み 夏季と年末年始長期休暇、有給休暇あり

●現場見学

応募前に必ず現場見学(1時間程度)をしてください。

Twitter で開催時間を確認の上お越しください。


●応募方法

以下2点をお送りください。
1:履歴書
2:志望動機 800字以上

(プレイパークで働きたいと思った動機やどんな遊び場づくりをしたいか、自身の遊び経験も踏まえて書いてください。)


●選考方法

書類選考

面接(日程については随時調整)



体験談・雰囲気

この求人の体験談

 四月からプレイパークの仲間となり、プレイパークの魅力にびっくりする日々が続いています。例えば、、、鬼ごっこをやるために色んな学年の子に声をかける子。蛇口から泥エリアの間に水路を作ろうと仲間と協力して頑張る子たち、その中には、泥を運んで来る子、流れ具合を確認する子、どろどろになりながら水路を作る子、それぞれがやりたい遊びを実践しているのを見て、ほっこりしています。

 ゲームやスマホの普及により「空間、時間、仲間」の3つの間が減少していると言われています。でも、プレイパークに来ることで、子どもたちは遊ぶ場所、時間、一緒に遊ぶ仲間を見つけることができるのかも、と感じました。

(2021年4月から週2回勤務)

この求人の雰囲気

 毎日の振り返りで、プレイリーダーや運営メンバーが子どもの様子を話し合います。子どもの気持ちを尊重するためには、大人同士で互いの考え方や気持ちも尊重し合える関係が大事というのが、この会の考え方。だから子どもの遊びに対する自分のアプローチについて他の人の意見を聞いたり試行錯誤しながら、学んでいけることも多いなと思っています。

特徴
男女比

男性:50%、女性:50%

団体情報

“みんなで作る地域の遊び場 ”
代表者

入江雅子

設立年

1998年

法人格

任意団体

新宿・戸山プレイパークの会の団体活動理念

当会の目的は、大人も子どももプレイパーク(冒険遊び場)をつくる知恵と工夫を出し合い、外遊びの大切さを理解し子どもの遊ぶ権利を尊重する社会を形成することです。


地域で子どものため・子育てのためにプレイパークが必要だと思う個人が活動に参加し、サービス提供ではない、みんなで作るプレイパークを目指します。


新宿・戸山プレイパークの会の団体活動内容

(1)戸山公園及び周辺地域でのプレイパーク(冒険遊び場)活動

(2)プレイパーク(冒険遊び場)に関わる人材の育成・研修

(3)子どもと遊びに関する学習活動

(4)その他、本会の目的を達成するために必要な事業

活動実績

1998年
任意団体「戸山公園子どもの遊び場を考える会」として水曜遊ぼう会を始める

1998年04月

2003年
当団体の活動が認められ、東京都建設局が都立公園で冒険遊び場活動を行うための手続きを整備

2003年

2004年
当団体の活動が認められ、新宿区がプレイパーク活動助成金をスタートさせる

2004年

2006年
週5回開催の新宿・戸山プレイパークをスタートさせる

2006年04月

2017年
団体名を「新宿・戸山プレイパークの会」に変更

2017年04月

新宿・戸山プレイパークの会のボランティア募集

新宿・戸山プレイパークの会の職員・バイト募集