こちらの求人は募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. NPO求人
  3. 茨城のNPO求人募集一覧
  4. 茨城でのこども・教育系NPO求人募集一覧
  5. 子ども若者と保護犬の可能性を拓く!子ども若者支援事業スタッフを募集!

更新日:2024/02/20

子ども若者と保護犬の可能性を拓く!子ども若者支援事業スタッフを募集!

特定非営利活動法人キドックス
  • 勤務場所

    茨城 つくば市[下広岡]

  • 待遇

    月給180,000〜250,000円

  • 勤務頻度

    週4〜5回

この募集の受入法人「特定非営利活動法人キドックス」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

基本情報

犬も人も自分らしく生きられる社会へ!この度キドックスでは事業拡大のため、子ども若者居場所づくり・就労支援スタッフを募集します!

勤務形態
活動テーマ
勤務場所
待遇
  • 契約社員:月給180,000〜250,000円
  • パート:時給1,125〜1,560円

■完全週休二日制(休日はシフトによる)
■有給休暇は就業規則に基く
■各種社会保険
■交通費支給(上限あり)
★ご状況により、副業、業務委託契約など相談可能。

勤務日程

※年度ごと契約になります
※継続の可能性あり

勤務頻度

週4〜5回

★パート勤務の場合など相談可能。

募集対象

【対象となる人材像】
 <向いている人>
 ■経験したことのない出来事や出会いにワクワクし、楽しめる人
 ■社会的に意義のあることにチャレンジしたい人
 ■いろいろな人と一緒に新しいものを創り出すことが好きな人
 ■年齢、性別など多様な人とのコミュニケーションが得意な人
 ■キドックスのミッション・ビジョン・バリューに共感し、実現させたい人
 ■常に学ぶ姿勢を持ち、謙虚さを持ち続けられる人
 <向いてない人>
 ■動物は好きだけど、人間が嫌い・苦手な人(動物とも関わりますが、人と関わることが中心の仕事になります)
 ■自身が支援を必要としている、動物の仕事に癒しを求めている人(子ども若者及び犬に対して、安全などの責任を持ち、サービスを提供する立場になります)
 ■ルールや決まり事がないと業務を進めることが難しい人(研修、マニュアル等はありますが、犬も人も日々変わっていくため、臨機応変に対応する必要があります)

【応募資格】
<必須>
 ■社会人経験3年以上
 ■普通自動車免許(AT限定可)
<歓迎>
 ■社会福祉士、精神保健福祉士、臨床心理士、公認心理師、教員等対人業務の資格

注目ポイント
  • 次世代を担う子どもや若者たちの可能性を拓くサポートができる
  • 動物介在活動
  • 自分の仕事を通じて人と動物が幸せに暮らせる日本社会をつくることに貢献できる
募集人数

1名

職種
祝い金 1,000〜3,000円 祝い金とは?
特徴

募集詳細

  • ■業務内容

  • キドックスではこれまで約10年間の活動を通して、不登校・ひきこもりなどの自立に悩む若者達と共に捨て犬の保護譲渡活動を行うドッグ・プログラムを行い、400人以上の若者と関わり、90頭以上の犬を保護・譲渡してきました。環境省でも人と動物の共生モデルとして取り上げられるなど全国的にも実績と認知度が広がっています。
  • 2022年4月には、ドッグシェルター、ドッグカフェ、トリミングサロンなどが併設された、人と動物をつなぐ総合施設「ヒューマンアニマルコミュニティセンターキドックス(HACC)」をオープンしました。 HACCという拠点を中心とし、地域に動物介在の様々な交流を創り、人と動物、双方の孤立防止につながるコミュニティづくりを推進しています。
  • 次の3年間では、困難さを抱える子ども・若者のための動物介在の居場所をさらに充実させるとともに、地域に子ども若者が活躍できる場をつくる活動を行っていきます。
  • 上記の事業展開に伴い、次の業務に携わる方を募集します。
  • ・ドッグ・プログラムのコーディネート
  • ・子ども若者が行う作業のサポート
  • ・子ども若者の居場所運営と学習の支援
  • ・子ども若者が抱える悩みの相談
  • キドックスのこれからの10年を見据えて、共に事業を担っていく意欲のある方をお待ちしています!

■期待する成果

  • ・スタッフ、ボランティア、地域の方と協力して、犬や子ども若者の社会参加を実現する
  • ・子ども若者支援事業のプログラムの質の向上や運営システムの改善に貢献する
  • ■動物介在活動

  • 動物介在活動(ドッグ・プログラム)とは 犬を介して行う教育や支援活動のこと。キドックスでは特に対人不安が強い子ども若者に対してプログラムを提供しています。人ではない「犬」という存在がいることで安心感を得られ、犬のために頑張ろうという、動機づけやきっかけが生まれ、お互いに課題を乗り越えていき、他者との信頼関係を築く過程をサポートすることで、人側と犬側の双方に社会で生きる力を育んでいます。
  • ■採用プロセス

  • 0.カジュアル説明会
  •   ご希望の方は、「応募画面」の「メッセージ」に「カジュアル説明会への参加を希望します」とご記載ください。
  •   事務局より、カジュアル説明会の日程についてご案内をさせて頂きます。
  •   ※カジュアル説明会
  •    少人数でアットホームな雰囲気で行う説明会です。
       キドックスの活動の説明や業務内容のQAなど、「まずは話を聞いてみたい」という方お気軽にご参加ください。
  • 1.書類選考
  • 2.一次面接
  • 3.二次面接
  • 4.内定

体験談・雰囲気

この求人の雰囲気

一人一人が自律した少数精鋭な職場です。アットホームでお互いを尊重した関係性の中で、仕事と家庭の両立がしやすい環境です。

特徴

法人情報

特定非営利活動法人キドックス

“犬も人も、 自分らしく生きられる社会へ”

※ 認定npo法人とは、所轄庁により公益性を認められており、一般のNPO法人にはない「税制優遇」が適用されています。

代表者

上山琴美

設立年

2012年

法人格

認定NPO法人

キドックスの法人活動理念

<キドックスが目指す社会>
人と犬の豊かな関係性が溢れ、
人がその人らしく、犬がその仔らしく、
可能性を発揮できる社会


<目指す社会の実現のためにキドックスが果たす使命>
安心できる関係性を育み、
人と犬の可能性をひらく


引きこもりや不登校などの背景には、孤立や貧困、虐待、障害などの社会問題が隠れています。さらに問題が深くなると、自殺や犯罪などの大きな社会問題へと発展する可能性もあり、人の福祉的課題が大きくなるとそこで共に暮らしている犬猫などのペットも問題に巻き込まれていき、動物の遺棄や虐待などが起こっていきます。

社会がよりよくなるためには、人も動物も孤立せず、誰もが自分らしく豊かに生きられる環境が必要です。
キドックスは、そんな現状をつながりの力で打破し、誰もが可能性を発揮し、心身豊かに生きられる社会を目指しています。

キドックスの法人活動内容

人がその人らしく、動物がその仔らしく、本来持つ可能性を発揮し、心身豊かに生きられる社会をつくるために以下
の事業を実施。

・不登校や引きこもりの子ども若者支援事業

・障害福祉サービス事業

・捨て犬の保護事業

・動物介在活動の講演・啓発・コンサルティング事業

・動物福祉に関する啓発・教育事業

取り組む社会課題:『孤立、不登校、ひきこもり、保護犬、動物福祉、地域活性』

キドックスのボランティア募集

キドックスの職員・バイト募集