1. ホーム
  2. 海外ボランティア/ツアー
  3. フィリピンの海外ボランティア/ツアー募集一覧
  4. フィリピンでの国際系海外ボランティア/ツアー募集一覧
  5. 【貧困家庭から大学へ】キャリアスピーチコンテスト運営インターン

更新日:2020/12/29

【貧困家庭から大学へ】キャリアスピーチコンテスト運営インターン

特定非営利活動法人PALETTE

この募集の受入法人「特定非営利活動法人PALETTE」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

ad2c641a15-5-3.jpg

フィリピンの貧困家庭から大学への進学をサポートするためのインターンプログラムです。夢について語り、奨学金や応援者を募るキャリアスピーチコンテストの開催を行います。

活動テーマ
活動場所
必要経費
  • 100,000〜500,000円
活動日程

随時活動(活動期間:応相談)

募集対象

・将来国際協力に関わりたいと考えている人
・途上国の教育支援に関心がある人
・途上国でのスピーチコンテストの運営に関心がある人
・英語力を伸ばして、将来現地の人を巻き込んで仕事がしたいと考えている人
・現地の人と国際交流しながら活動したい人

※年齢/学歴/経験は問いません。

注目ポイント
  • 途上国の若者の教育支援に関われる
  • 活動前に語学学校で英語の研修が受けられる
  • 国際協力キャリアへの1歩を踏み出せる
対象身分/年齢
募集人数

5名

募集詳細

途上国の人に役立てるような活動に参加したい.


現地で活動する中で英語力を伸ばしたい


海外で1から関係構築して、現地の人と一緒に活動してみたい!


そんな「将来海外で誰かのために働きたい」と考えているあなたが、「現地で人を巻き込みながら活動できるようになる」フィリピンの若者のキャリア支援をするNPO法人PALETTEのインターンプログラムです。


夢も可能性もあるけど、教育を受けられない現地の若者が、自分の夢について語って奨学金や応援者を獲得するスピーチコンテスト(Youth Career Award)の運営に関わっていただきます。


このコンテストの優勝者は、自分の夢を叶えるのに必要な教育(大学や専門学校)を受けるチャンスを獲得することができます。


どんなスピーチコンテスト?

「大好きな東南アジアで、人の人生に関わる仕事がしたい」と思い、22歳の時にスタートしたこのコンテスト。

初めて行った2015年は25人の若者がコンテストの予選に参加してくれました。

そこからファイナリスト5人を決めなければいけなかっのですが、その中に予選5位ギリギリで通過したクリスという男の子がいました。

クリス

写真左がクリス


彼は最初は自信がなく、自分の夢を諦めかけていました。


「どうせ自分には優勝できないよ…。」

「スピーチなんてできるかな…。」


そんな弱音をはいてばかりでした。


しかし、毎週スタッフとスピーチを作っていく中で、「起業家になって、自分と同じ立場で学校にいけない若者を雇用する」という夢へのアツイ気持ちが日々高まっていきました。


そして、練習を数100回重ね望んだ本番。


震えながら一生懸命スピーチし、泣きながら自分の夢を語ってくれました。


その気持ちは観客にも伝わり、結果は予選5位からの大逆転優勝。

優勝

その日から4年経った今、彼は大学の経営学科を卒業し、将来の起業の資金集めのために、首都マニラで大手企業の営業職として働いています。


こんな若者がもっと世界中で生まれてほしい。


そんな想いで生まれたスピーチコンテストです。



現地での活動内容


インターン中はスキルに応じて以下のような業務に携わってもらえます。


・調査活動

・スピーチ候補者募集活動

・パートナー(高校/大学/NGOなど)募集活動

・コンテストの予選・本選の運営

・スピーチ作成サポート

・会場手配/整備

・写真/動画撮影

・学生スタッフマネジメント

・コンテンツ企画


※時期によって活動内容は異なります。



求める人物像


最低2ヶ月以上はインターンできる人

・言ったことを最後までやり切れる人

・自分の意見を押し付けず、相手の意見を尊重できる人

・他責ではなく、自責で物事を考えられる人

・体力に自信がある人

現在の英語力やビジネススキル、年齢は問いません。

途上国の若者の支援の興味・関心がある人はぜひ応募してください!



参加費用

3~5万円/月(食費・宿泊費など全て込み)


会社側が負担する費用

・宿舎からオフィスまでのチャーター

・インターネット(Wifi)

・業務にかかる交通費

・営業活動/販促費

など

  • cdcb924c62-12074861_912174175484782_8758395682172726971_n.jpg

    スピーチコンテスト優勝者

  • ae4ec9bcc2-tour_international_recruiting_76208_sub1.jpg

    教育機関への営業

  • ee01b89920-17553737_1034257990038766_7749848086359027703_n.jpg

    スピーチ作成サポート

  • b13ee08d2d-IMG_2578.JPG

    参加者募集の様子

  • 77d72716cb-IMG_5489.JPG

    スピーチ作成サポート

体験談・雰囲気

特徴
雰囲気
男女比

男性:40%、女性:60%

法人情報

代表者

倉辻悠平

設立年

2014年

法人格

NPO法人

PALETTEの法人活動理念

PALETTEは「理不尽に、挑む。」を掲げ、「世界中の若者が"本当はやりたいこと"に挑戦し続けられる社会」を目指す、ソーシャルベンチャーです。

PALETTEの法人活動内容

【運営団体概要】

PALETTEは「"どうせできない"をなくすをミッションとして掲げ、途上国の若者にキャリア支援事業を展開する国際協力NGOです。


現在は、フィリピンにて以下2つの事業を行っています。


①フィリピン貧困層若者向け就労支援 「ロールモデル輩出PROJECT」
主に経済的理由における大学/高校中退層、大学未進学層を対象とし、"Decent work"に就くためのジョブトレーニングを行っています。

現在は「英語教師編」を実施。将来的には「ITエンジニア編」など、"本人の能力と意志"次第で、貧困などのバックグラウンドに関係なく、就業チャンスのある"市場に求められている職"にフォーカスし事業展開していきます。


②フィリピン留学 語学学校「PALETTE SCHOOL」

"英語を学んで、世界を変える。"をテーマに、単なる英語の授業だけではなく、スタディーツアーなどの豊富なアクティビティを生徒に提供しています。また、母体のPALETTEが取り組んでいる、ロールモデル輩出PROJECTを卒業した、貧困層出身の若者たちを英語教師として採用しています。


【History】

①設立のきっかけ

「自分達の人生を懸けて、フィリピンの貧困問題の解決に挑む!」

在から10年前、創業者の倉辻・西村はフィリピンに訪れ、貧困問題のリアルを目の当たりにします。


"スモーキーマウンテン"と呼ばれるゴミ山で、ゴミを拾いながら生計を立てる女の子。

彼女の将来の夢は、優秀な医者になることだった。でも、心の底から「絶対に叶うよ」って、応援することができなかった。



マニラ首都圏にある、最大級の都市スラムで、兄弟を養うために必死に働く青年。

彼には、スラムの環境を改善したいという夢があった。でも、諦めるしかなかった。日々を生きる、お金がないから。


多くの若者たちの未来や、彼らの可能性が閉ざされてしまう現状。何もできない自分の無力さ。


そして、この想いが、PALETTEの創業のきっかけとなりました。


その後、ソーシャルビジネス(ビジネス的アプローチから社会問題を解決する)という概念を知り、4年間の社会人生活を経験。

2013年の3月から、フィリピンに渡航し、起業準備に取り掛かりました。



②創業後




2014年2月:PALETTEを設立。フィリピンでの法人格を取得。

2014年3月:語学学校事業"PALETTE SCHOOL"を開始。

2014年6月:フィリピン最大級のNGO"Gawad-Kalinga"とパートナー契約を結び、オフィス及び校舎を移転。

2015年9月:NPO法人ETIC.主催「社会起業塾イニシアティブ」特別賞。

2015年12月:日本でのNPO法人格を取得。

PALETTEのボランティア募集

PALETTEの職員・バイト募集