こちらの海外プログラムは募集が終了しています。

  1. 【貧困家庭から大学へ】留学×途上国キャリア支援プログラム

更新日:2020/12/29

【貧困家庭から大学へ】留学×途上国キャリア支援プログラム

特定非営利活動法人PALETTE
メインビジュアル背景画像

基本情報

ae7fbe7a15-6-2.jpg

フィリピンの語学学校で留学し英会話を身につけ、現地NGOにて途上国の若者の支援をプログラムです。貧困家庭の若者向けの進学支援として行うキャリアスピーチコンテストの運営に携わります。

活動テーマ
活動場所

フィリピンマニラ郊外のブラカン州にある社会起業家のための村(GK Enchanted Farm)での活動になります。

必要経費
  • 100,000〜500,000円
活動日程

随時活動(活動期間:応相談)

募集対象

・将来国際協力に関わりたいと考えている人
・途上国の教育支援に関心がある人
・途上国でのスピーチコンテストの運営に関心がある人
・英語力を伸ばして、将来現地の人を巻き込んで仕事がしたいと考えている人
・現地の人と国際交流しながら活動したい人

※年齢/学歴/経験は問いません。

注目ポイント
  • 途上国の若者の教育支援に関われる
  • 活動前に語学学校で英語の研修が受けられる
  • 国際協力キャリアへの1歩を踏み出せる
対象身分/年齢
募集人数

5名

募集詳細

今の自分には英語力も、海外で働く力も正直ない…。


でも、


途上国の人に役立てるような活動に参加したい.


現地で活動する中で英語力を伸ばしたい


海外で1から関係構築して、現地の人と一緒に活動してみたい!


そんな「将来海外で誰かのために働きたい」と考えているあなたが、「現地で人を巻き込みながら活動できるようになる」プログラムです。




まずは、語学学校PALETTE SCHOOLにて、スピーキングや発音を中心としたマンツーマン英会話授業を1日6時間受け、インターン活動中に使う英語の基礎を身につけます。


そしてインターン期間は、フィリピンの若者のキャリア支援をするNPO法人PALETTEで活動します。


そこでは、夢も可能性もあるけど、教育を受けられない現地の若者が、自分の夢について語って奨学金や応援者を獲得するスピーチコンテスト(Youth Career Award)の運営に関わっていただきます。


このコンテストの優勝者は、自分の夢を叶えるのに必要な教育(大学や専門学校)を受けるチャンスを獲得することができます。



どんな業務ができる?


インターン中はスキルに応じて以下のような業務に携わってもらえます。


・調査活動

・スピーチ候補者募集活動

・パートナー(高校/大学/NGOなど)募集活動

・コンテストの予選・本選の運営

・スピーチ作成サポート

・会場手配/整備

・写真/動画撮影

・学生スタッフマネジメント

・コンテンツ企画


参加時期によって業務は異なるので、詳細は問い合わせまで。



参加費用(語学研修)


インターン期間は英語を必須とする業務のため、最低2週間以上を原則とします。


参加費用に含まれるもの

・授業料/入学金/宿泊費/食費(平日3食分)/インターネット費用/ボランティア参加費など


参加費用に含まれないもの

・航空券代/ビザ代/空港送迎費/教科書代など


詳細の見積もりはお問い合わせまで



参加費用 (インターン期間中)

3~5万円/月(食費、宿泊費、ビザ代、交際費など)


会社側が負担する費用

・宿舎からオフィスまでのチャーター

・インターネット(Wifi)

・業務にかかる交通費

・営業活動/販促費

など



求める人物像

・最低2ヶ月以上はインターンできる人

・言ったことを最後までやり切れる人

・自分の意見を押し付けず、相手の意見を尊重できる人

・他責ではなく、自責で物事を考えられる人

・体力に自信がある人

現在の英語力やビジネススキル、年齢は問いません。

途上国の若者の支援の興味・関心がある人はぜひ応募してください!


  • f4c65602eb-image-2-1-800x533.jpg

    スピーチの様子

  • 6092aecf78-17553737_1034257990038766_7749848086359027703_n.jpg

    スピーチ作成サポート

  • fc55f19665-IMG_5489.JPG

    スピーチ作成サポート

  • 3ce51d2a7d-unnamed-file-3.jpg

    予選の様子

  • 90870d7d48-tour_international_recruiting_76203_sub1.jpg

    パートナー大学とのミーティング

体験談・雰囲気

この海外プログラムの体験談


本プログラム担当の磯部です。


このプログラムは途上国の支援に関わりたいと考えているあなたが、実際に現地の人と協働し、将来の働き方について考える機会を持つために作りました。


国際協力や社会起業は、経験者やプロフェッショナルの人しか参加できないと感じる方も多いと思います。


僕自身もどうやって国際協力のキャリアを積んでいくのかがわからず、諦めかけた時もありました。


しかし、学生時代開いたこのスピーチコンテストは、実際に現地の若者の人生を変えました。


国際協力初心者のあなたでも、できることはたくさんあると僕は信じています。

たった1人でもいい。誰かの力になってみませんか?


特徴
雰囲気
男女比

男性:40%、女性:60%

法人情報

特定非営利活動法人PALETTE

代表者

倉辻悠平

設立年

2014年

法人格

NPO法人

PALETTEの法人活動理念

PALETTEは「理不尽に、挑む。」を掲げ、「世界中の若者が"本当はやりたいこと"に挑戦し続けられる社会」を目指す、ソーシャルベンチャーです。

PALETTEの法人活動内容

【運営団体概要】

PALETTEは「"どうせできない"をなくすをミッションとして掲げ、途上国の若者にキャリア支援事業を展開する国際協力NGOです。


現在は、フィリピンにて以下2つの事業を行っています。


①フィリピン貧困層若者向け就労支援 「ロールモデル輩出PROJECT」
主に経済的理由における大学/高校中退層、大学未進学層を対象とし、"Decent work"に就くためのジョブトレーニングを行っています。

現在は「英語教師編」を実施。将来的には「ITエンジニア編」など、"本人の能力と意志"次第で、貧困などのバックグラウンドに関係なく、就業チャンスのある"市場に求められている職"にフォーカスし事業展開していきます。


②フィリピン留学 語学学校「PALETTE SCHOOL」

"英語を学んで、世界を変える。"をテーマに、単なる英語の授業だけではなく、スタディーツアーなどの豊富なアクティビティを生徒に提供しています。また、母体のPALETTEが取り組んでいる、ロールモデル輩出PROJECTを卒業した、貧困層出身の若者たちを英語教師として採用しています。


【History】

①設立のきっかけ

「自分達の人生を懸けて、フィリピンの貧困問題の解決に挑む!」

在から10年前、創業者の倉辻・西村はフィリピンに訪れ、貧困問題のリアルを目の当たりにします。


"スモーキーマウンテン"と呼ばれるゴミ山で、ゴミを拾いながら生計を立てる女の子。

彼女の将来の夢は、優秀な医者になることだった。でも、心の底から「絶対に叶うよ」って、応援することができなかった。



マニラ首都圏にある、最大級の都市スラムで、兄弟を養うために必死に働く青年。

彼には、スラムの環境を改善したいという夢があった。でも、諦めるしかなかった。日々を生きる、お金がないから。


多くの若者たちの未来や、彼らの可能性が閉ざされてしまう現状。何もできない自分の無力さ。


そして、この想いが、PALETTEの創業のきっかけとなりました。


その後、ソーシャルビジネス(ビジネス的アプローチから社会問題を解決する)という概念を知り、4年間の社会人生活を経験。

2013年の3月から、フィリピンに渡航し、起業準備に取り掛かりました。



②創業後




2014年2月:PALETTEを設立。フィリピンでの法人格を取得。

2014年3月:語学学校事業"PALETTE SCHOOL"を開始。

2014年6月:フィリピン最大級のNGO"Gawad-Kalinga"とパートナー契約を結び、オフィス及び校舎を移転。

2015年9月:NPO法人ETIC.主催「社会起業塾イニシアティブ」特別賞。

2015年12月:日本でのNPO法人格を取得。

PALETTEのボランティア募集

PALETTEの職員・バイト募集