セカンドハーベスト・ジャパン

活動理念

設立趣意書

セカンドハーベスト・ジャパン(2HJ)は、日本でのフードセーフティネットの構築を目的とし、児童養護・母子支援・ 障害者支援等の福祉施設や生活困窮者などに食品の提供を行っています。フードセキュリティ¹ に欠く人々に充分な食べ物を提供するため、2HJは食品企業などと連絡を取り合い食を通じた新しい社会作りを目指しています。

¹ フードセキュリティ:日常生活を送る為に、安全且つ栄養のある充分な食べ物を適切な手段により得られること。

活動内容

ハーベストキッチン(炊き出し)

路上生活者を対象に、温かい食事を提供する活動です。
毎週土曜日に上野公園で多くのボランティアの皆さんのご協力のもと、路上生活者を対象に温かい食事の提供を行っています。

  1. ①2HJ倉庫での準備
  2. ②上野公園での食糧配給
  3. ③倉庫での後片付け

とボランティアの方を3つのシフトに分け、効率的に運営しています。

ハーベストキッチン(炊き出し)

ハーベストパントリー

経済的困窮により、十分な食事をとれない状況にある個人・家族に直接、食品を提供する 活動です。 1個人・家族へ宅配便で食品パッケージを届ける 2浅草橋の2HJ倉庫で直接 食料品を手渡す 3隅田川沿いのモバイル・パントリーで食品を配布する3つの方法で、 日本に住む難民、シングルマザーなどの外国人や、失業または不安定雇用により十分な収 入の得られない人たちを支援しています。

ハーベストパントリー

フードバンク活動

食品加工工場をはじめ輸入業者、卸業者、スーパーや、農家、個人などから、まだ充分食べられるにも関わらず、さまざまな理由で廃棄 される食品を引き取ります。これらを食料を必要としている福祉施設や児童養護施設の子どもたち、DV被害者のためのシェルター、路上生活を強いられてい る人たちなどの元に届ける活動です。

フードバンク活動


政策提言と発展

日本におけるフードバンク発展のため、さまざまな場所で2HJの活動に関する啓発活動、講演などを行っています。2008年〜2012年 まで、毎年全国各地でフードバンクに関する説明会を行うフードバンクキャラバンを実施して、各地のフードバンク、フードバンク設立 を目指すグループ、福祉団体との連携を図ってきました。食品企業から福祉施設などへのトラックによる配送、宅配便による食品の家庭への配送、炊き出 し、フードバンクについての講演会など、すべての活動がやがては政策提言にまでつながることを目標としています。

政策提言と発展

 

セカンドハーベスト・ジャパンの活動に参加しませんか?

ボランティア/インターン募集

  • 神奈川方面のボランティアドライバーさん募集!
    • 神奈川 (大和市代官(小田急江ノ...
    • 無料
  •   

    法人概要

    団体名

    セカンドハーベスト・ジャパン

    法人格

    NPO法人

    HPのURL http://www.2hj.org
    代表者

    チャールズ・マクジルトン

    設立年

    2002年

    Twitterアカウント 2ndharvestjapan
    FacebookページのURL https://www.facebook.com/2ndharvestjapan

    セカンドハーベスト・ジャパンと似ている団体