スラムの子どもたちの笑顔を守るために、現地の人々と共に手を取り合い、現地に根差した活動をしています。

国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」

活動理念

今も 世界にはたくさんの戦禍や貧困が 渦巻いています。

私たちが今すべきことは何なのでしょうか?

私たちに今できることは何なのでしょうか?

そして 本当の幸せとは何なのでしょうか?

私たちは、同じ地球の仲間として、

現在、フィリ中心としたアジアの国々の貧しい地域人々と

間として大切な何かを分かち合いながら、共に手をとりあい一緒に歩んでいます。

そのために、ほんのささやかなものかもしせんが、今できる限りの支援をしています。

そして、私たちの活動によって、現地のスラムの現状や、貧困、紛争等の現実を知り、関心を持って頂き、

自分なりに何かを感じ、それをきっかけにし

少しでも多くの方々が、私たちと、また、現地の人々と共に、協力し、助け合い、

一緒に、新しい一歩を踏み出していければ、と思っています。

活動内容

アジアの貧困・災害・紛争に対する支援活動を中心に、現地の人々とのふれあいを重視した、心の通った活動を続けていくNGOです。

 

国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」の活動に参加しませんか?

ボランティア/インターン募集

  • 新型コロナウィルスの影響により飢餓に陥っている スラムの緊急支援
    • フィリピン
    • 1,000〜600,000円
  • スラムの子どもたちとのふれあいボランティアと医療支援プロジェクトのお手伝いの募集
    • フィリピン
    • 50,000円
  •   

    その他の支援・参加の方法

    チャイルドサポーター(子どもの教育・生活支援)

    海外ボランティアツアー

    活動実績

    2004年

    2004年

    国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」設立。


    インドのマザーテレサ施設や、ネパール、カンボジア等の孤児院でのボランティアや国際協力活動を通し、経験や思いをわかちあった仲間たちと共にNGOの基礎を築き、アジアの貧困・災害援助活動を中心に、現地の人々とのふれあいを重視した、心の通った活動をしています。


    これまでの活動(継続含む)としては、スマトラ沖地震・津波災害時のスリランカにおける復興支援、モンゴル自治区での黄砂・砂漠化視察や緑化支援、マレーシア不法滞在スラムにおけるフィールドワーク、新潟中越沖地震、東日本大震災等への復興ボランティア派遣、台風ハイエンのフィリピン被害への復興支援等、国内外においてボランティア活動や支援活動を行っています。


    現在の主な活動は、チャイルトサポーター(スカラシップ)、国内・海外ボランティア、フィリピンのスラム(貧困地域)の子どもの施設、子ども図書館の運営、フェアトレード、スタディツアー、ミンダナオ島における内戦の難民キャンプ救済活動、医療支援プロジェクト、災害被災地復興支援活動、等の活動をしています。

    また、国内におきましても、新潟中越沖地震、東日本大震災、鬼怒川洪水、熊本地震、西日本豪雨、北海道胆振東部地震、令和元年台風15号19号等の復興支援活動・災害ボランティア活動、動物保護活動活動等を行っています。


    同じ地球の仲間として、現在、フィリピンを中心としたアジアの国々の貧しいスラムの人々、災害・戦争等で困難な状況におかれている人々と、人間として大切な何かをわかちあいながら、共に手をとりあい一緒に歩んでいます。そのために、ほんのささやかなものかもしれませんが、今できる限りの支援をしています。

    法人概要

    団体名

    国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」

    法人格

    任意団体

    HPのURL https://hopehalohalooasis.wixsite.com/yumekake
    代表者

    松沼裕二

    設立年

    2004年

    Twitterアカウント yumekakeproject
    FacebookページのURL https://www.facebook.com/hopeyumekake/
    電話番号

    国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」と似ている団体