住み家をなくしたペンギンがくじらの上で生活をしていた。そんなあってはならない事を実現させないために、くじらのペンギンハウスは生まれました。

くじらのペンギンハウス

活動理念

住み家をなくしたペンギンがくじらの上で生活をしていた。

そんな、あってはならないことを実現させないために、

くじらのペンギンハウスは生まれました。


農産物を成長させるだけでは無く

お客様と未来ある若者たちの

大切な心と身体も育みます。


食と人のかけ橋 くじらのペンギンハウス


活動内容

現在、大阪府下において(特に泉州地域)、農業サポーターを募集しています。



全国的な農業従事者の高齢化により、
今後、遊休農地や耕作放棄地が増加することが、見込まれます。


大阪府下においても同様であり、次世代の農業を担う若手農業者に対して、
円滑に農地管理の世代交代を行っていかなくてはなりません。



しかしながら、若手農業者の絶対数が少なく、引き継ぎが間に合っていないのが現場です。

そこで、次世代の農業者が育つまでの間、農業サポーターを募って
共に農地管理を手伝ってくださる方を広く募集します。


興味のある方は、お気軽にくじらのペンギンハウスまで、
お気軽に お問い合わせください。

日本の農地を守っていただける有志を募集中です。


 

くじらのペンギンハウスの活動に参加しませんか?

ボランティア/インターン募集

  

活動実績

2010年
くじらのペンギンハウス活動スタート

2010年

2014年
朝日放送、おはようコールで紹介されました。

2014年04月15日

くじらのペンギンハウスの援農ボランティア活動が

テレビ番組で紹介されました。

2015年
クラウドファンディングで、活動資金が集まりました。

2015年12月12日

悪天候でも援農活動が出来るビニールハウス建築プロジェクト!


皆さまのご協力により、1,524,000円が集まりました。

2018年
台風21号の大阪直撃により、新築のビニールハウス倒壊

2018年09月04日

クラウドファンディングて皆さまの支援により建てられたビニールハウスが

台風21号の大阪直撃により倒壊。


その後、倒壊したびハウスは解体し、資金繰りの危機を乗り越えて、

農園は経営継続に成功。

2020年
援農ボランティア募集再開

2020年09月01日

今年の3月より、6ヶ月間にわたり、新型コロナウイルスの影響で

援農ボランティア活動を自粛していましたが、

活動曜日を限定し、感染予防対策を行い

活動再開する運びとなりました。


事業の一部を、NPO法人化のための立ち上げメンバー募集開始

2020年11月09日

法人概要

団体名

くじらのペンギンハウス

法人格

任意団体

HPのURL http://ruua.jp/support.html
代表者

花野 真典

設立年

2010年

Twitterアカウント ruuajp
FacebookページのURL https://m.facebook.com/noutaiken/?ref=bookmarks
電話番号

くじらのペンギンハウスと似ている団体