経済的な困難を抱えた子どもたちに無料の学習支援を行い、日本の人材育成及び教育格差の是正に寄与します

無料塾「保谷いちご塾」

活動理念

学校や自宅以外に学生が集中して勉強に取り組むことができる居場所であり続けます

活動内容

経済的な困難を抱える家庭の子どもたちが、勉学に取り組み十分な学力を習得できるように学習支援事業を行います。

日本における人材育成や教育格差の是正に寄与することを目的としています。

取り組む社会課題:『教育格差』

「教育格差」の問題の現状

2022/09/04更新

現代の日本において、子どもたちの約7人に1人は、【貧困状態】にあると言われています。

ここで言う【子どもの貧困】とは、相対的貧困のことを指し、国民を可処分所得の順に並べたとき、

その真ん中の人の半分以下しか所得がない人々を表します。

ひとり親の場合は、子どもの2人に1人が【貧困状態】と言われています。


こうした家庭で育つ子どもは学習や進学面においても不利な状態に置かれやすく、

【子どもの貧困】問題は、【教育格差】につながると考えられます。

わが国では、最終学歴や正規・非正規といった就業形態による取得の格差が存在するため、

【教育格差】が生涯所得に大きく影響し、現在【貧困状態】にある子どもは将来も貧困から抜け出しにくい傾向にあります。

「教育格差」の問題が発生する原因や抱える課題

2022/09/04更新

【相対的貧困】に該当するような、経済的に困難を抱えた家庭の子どもは、

・自宅に自分の学習机がない

・学校から帰宅後は家事や兄弟の面倒を見なければならない

・学習教材の購入や受験に向けた模試の受験料を支払う金銭的な余裕がない

等、学習面での環境が十分に整っていないことが多いです。


こうした背景をもつ子どもたちの中には、自分の思うように勉学に取り組むことが出来ずに、

結果として自分の進みたい進路に必要な学力を習得することが出来なかったために、

自分の夢を諦めざるを得ない状況にいます。

そのため、【子どもの貧困】問題は【教育格差】につながると考えられます。

「教育格差」の問題の解決策

2022/09/04更新

こうした日本の抱える【子どもの貧困】および【教育格差】という問題を解決するため、

私たちは【経済的な事情に関係なく、子どもたちが平等に教育を受け勉学に取り組み、

将来の夢や希望を叶えられる】よう支援する、無料塾「保谷いちご塾」を立ち上げることとしました。

経済的な事情を抱える子どもたちに対して、無償で学習支援活動を行います。

無料塾「保谷いちご塾」と一緒に社会課題の解決に取り組みませんか?

ボランティア/インターン募集

  

活動実績

2022年
東京都西東京市の公民館を利用するための【団体登録】を完了致しました!

2022年08月

東京都西東京市にて、無料塾【保谷いちご塾】の団体登録の申請が許可され、

無料塾の活動を西東京市内の公民館で行うことが出来るようになりました!!

無料塾「保谷いちご塾」のストーリー

法人概要

団体名

無料塾「保谷いちご塾」

法人格

任意団体

HPのURL https://ameblo.jp/muryojuku-hoyaichigo/
代表者

小田

設立年

2022年

Twitterアカウント hoyaichigo
電話番号

無料塾「保谷いちご塾」と似ている団体