あらゆる人々を巻き込んだ地域コミュニティ開発でアフリカをより色鮮やかに!

国際NGO ViVID

活動理念

ViVIDは、地域住民、ボランティア、NGO、企業など様々なステークホルダーを巻き込み、脆弱な立場にいる住民も取りこぼすことなく、全てのコミュニティ住民の色鮮やかな生活の実現を目指すNGOです。

活動内容

ViVIDは、地域住民、ボランティア、NGO、企業など様々なステークホルダーを巻き込みセンター(施設支援)・アウトリーチ(訪問支援)の事業を通して、脆弱な立場にいる住民を取りこぼすことなく、全コミュニティ住民の色鮮やかな生活の実現を目指しています。その方法として「One Team Approach」を用います。


One Team Approach の具体的な事業内容は以下の3つです。


1.コミュニティ支援

・センター×アウトリーチでのコミュニティ開発を行い、アウトリーチで広く住民に働きかけ、取りこぼしのない開発を実現します。

・センターでは、住民にとって選択肢となる多様な事業を提供し、全住民の色鮮やかな生活を目指します。


2. 開発調査分析

・ガーナ(セイチェレ、クマシ、アクラ等その他の都市)における様々な社会課題を調査分析することによって、

事業を行っていく上での課題を発見、事業の進捗、実際の効果を観察し、支援が効果的であるかどうかを分析します。


3. グローバル・パートナーシップ

・国内外の多種多様なアクターと連携することで、

1)相乗効果的に、

2)セイチェレ内の異なるセグメントと協働しながら、

3)クオリティが高く継続可能な支援
を実施します。


当団体は現在、One Team Approachを用いた開発を行っていくため準備を進めています。

これまでは、コロナウイルス感染拡大防止のための対策事業として、セイチェレ診療所への物的支援、全住民が利用可能な簡易手洗い場の設置、全住民へのマスクの配布、啓発活動などを行ってきました。


現在は、貧困問題と貧困問題に起因する諸問題の解決のため、農業×教育に注目した事業を進めています。

そのための資金を調達するため、「ガーナ・セイチェレ村に自分らしく生きる機会を!」と題し、クラウドファンディングに挑戦中です!




 

国際NGO ViVIDの活動に参加しませんか?

ボランティア/インターン募集

  

活動実績

2020年
ガーナの現地団体の日本支部代表として活動していた蔵田がViVIDとして独立

2020年02月

蔵田が2011年にボランティアとして滞在していたセイチェレを支援コミュニティとして、活動を開始。

現地視察

2020年03月

共同創設者の方(ばん)が支援コミュニティであるセイチェレを訪問。

緊急コロナウイルス感染症対策支援事業「Fight COVID-19 with ViVID Phase I」

2020年04月

セイチェレ唯一の診療所に物資を支援

緊急コロナウイルス感染症対策支援事業「Fight COVID-19 with ViVID Phase II」

2020年05月

セイチェレの全住民を対象に、コロナウイルス対策支援事業を実施

セイチェレの全住民へのマスクの配布、簡易手洗い場の設置、予防行動の啓発活動を行う。

法人概要

団体名

国際NGO ViVID

法人格

任意団体

HPのURL https://vividvillagejpn.wixsite.com/japan?lang=ja
代表者

蔵田克己

設立年

2020年

Twitterアカウント https://twitter.com/ViVIDVillageJPN
FacebookページのURL https://www.facebook.com/ViVIDVillageJPN/

国際NGO ViVIDと似ている団体