一頭でも多くのいのちを救おう

犬と猫のためのライフボート

活動理念

私達の社会では、「不用な」犬や猫を処分することを行政に委ねています。

実を言えば、行政による殺処分の数は、よくマスコミに取り上げられる民間での飼育放棄事件などから見れば桁違いに多いのです。殺処分自体が住民の目に触れることのない施設で粛々と行われるため大きな社会的関心を呼ばないのが普通ですが、犬猫合計の殺処分数は今でも年間5万頭に及んでいます。


その一方で、行政から新しい飼い主へ譲渡される犬や猫はごく一部の幸運な例外に過ぎません。

捨て犬や捨て猫を行政に持ち込む「無責任な飼い主」「心ない人々」の自覚、意識の欠如を非難することはたやすいことです。しかし、言い古された正論を主張するだけでは現に殺されている犬や猫を救うことには繋がりません。

この問題に対しての回答は、嘆くよりも憤るよりも、とにかく一頭でも多くの命を現実に救い出すことでなければなりません。


道端に仔猫が捨てられているのを見れば、多くの人が直接手を伸ばせないまでも可哀想に思い、小さな命の助かってくれることを願います。


ライフボートの活動ポリシーは別に難しいことではなく、多くの人が共有するこの心情をライフボートも分かち合うこと、それを具体的な形に出来るよう努力すること、に過ぎません。

殺されるはずだった犬や猫を新しい飼い主さんに譲渡する・・・

この、ある意味単純な作業の繰り返しが、多くの方の有形無形の支援を受けることで、18年の活動を通して18,000頭以上の犬猫を救うことにつながりました。


これまでの経験や実績を基に「こうやればもっと多くの犬猫を助けられる」という道筋は出来つつあるように思います。しかし、言うまでもなくライフボートの活動はまだ端緒についたばかりです。


行政での殺処分ゼロという遠大な目標に向けては、今も多くの課題が残されてはいますが、ライフボートは既定活動方針通り一頭でも多くのいのちを救う努力をしながら一歩一歩を歩んでまいります。

これからも暖かいご支援をお願いいたします。

活動実績

1998年

1998年

創業代表 吉田淑子が千葉県柏市の自宅で小規模な犬猫保護活動をはじめる。

2000年

2000年

岐阜市保健所から組織的な子猫の受入を開始。

2003年

2003年

施設内にLBJ附属動物病院を開設。幼齢不妊手術を欧米のシェルターを参考に導入し、確実に不妊手術を行ってから譲渡する仕組みを構築する。

2004年

2004年

山梨県からの犬猫の受入を開始。

2005年

2005年

福井県から犬猫の受入を開始。

2007年

2007年

6年間の行政との連携を通して構築した信頼関係と実績をもって、念願であった地元千葉県からの犬猫の受入を開始。年間譲渡数が1,200頭まで倍増した。

2008年

2008年

8月に任意団体からNPO法人化。茨城県からの犬猫の受入を開始。静岡県からの犬猫の受入を開始。累計譲渡数が5,000頭を超える。

2009年

2009年

千葉市からの猫の受入を開始。年間譲渡数が過去最高の1,500頭を記録する。

2010年

2010年

柏市からの猫の受入を開始。

2011年

2011年

理事長を稲葉友治に交代。船橋市およびさいたま市からの受入を開始。

2012年

2012年

施設の老朽化などから同市内にシェルターを移転。

累計譲渡数が10,000頭を超える。

2016年

2016年

犬猫の累計譲渡数が15,000頭を超える。

2017年

2017年

飼育環境改善のため施設の増改築を実施。

2019年

2019年

犬猫の累計譲渡数が18,000頭を超える。

法人概要

団体名

犬と猫のためのライフボート

法人格

NPO法人

HPのURL https://www.lifeboat.or.jp/
代表者

稲葉 友治

設立年

2001年

Twitterアカウント https://twitter.com/lifeboatjapan
FacebookページのURL https://www.facebook.com/Lifeboat.org

犬と猫のためのライフボートと似ている団体

犬と猫のためのライフボートの概要ならactivo!

犬と猫のためのライフボートの概要(HP:https://www.lifeboat.or.jp/ 住所: 電話番号・TEL:)や代表者(稲葉 友治氏)、活動理念、活動内容、従業員数、ジャンル、関連する社会問題 、犬と猫のためのライフボートが募集しているボランティアやインターン、求人などを調べることができます。関連する企業や団体、ボランティアや求人募集も満載!