1. ホーム
  2. ストーリー一覧ページ
  3. 週末のボランティア活動で社会を変える!今、私たちが‶他人事″にできない社会課題。
2021/10/13

週末のボランティア活動で社会を変える!今、私たちが‶他人事″にできない社会課題。

10月30日(土)19時より、認定NPO法人Living in Peaceのメンバーによる座談会イベントを開催いたします!

今、私たちが‶他人事″にできない社会課題。

 ■お申し込み方法
 オンライン(ZOOM)での開催となります。
 下記Peatixサイトの「チケットを申し込む」よりお申し込みください。
 https://peatix.com/event/3019931

認定NPO法人Living in Peaceは、今年の9月にHPをリニューアル、そして新たなタグライン “社会のことも、私事(しごと)に。” を設定いたしました。
(プレスリリース:https://www.living-in-peace.org/news/2021-09-06/)

Living in Peaceでは「機会の平等を通じた貧困削減」を目指し、専従職員を持たず、メンバー全員が本業を持ちながら活動しています。限られた時間のなかでも、一人ひとりの力を束ね、互いに助け合い、目標に向かってプロジェクトを運営しています。

これまで、児童福祉施設の建て替え支援や、施設出身者への奨学金給付、難民の日本語習得や就職活動サポート、途上国でのマイクロファイナンスファンドの組成など、さまざまな形で国内外の社会課題に取り組んできました。

なぜ”他人事”にはできないのか

そのような社会課題を解決するには、一人の取り組みではなく、大勢の人が力を合わせ、少しずつ自分の身の回りの世界を変えていく必要があります。

そのためにも、誰しもが立場によらずその変革も「しごと=私のこと」とする人たちの力で、真に平等な機会のある社会の実現を目指しています。

今回のイベントでは、メンバーが活動を通して見えてきた‶他人事″にできない社会課題について、子ども、マイクロファイナンス、難民支援の3つの視点でトーク。加えて、Living in Peaceでのやりがいから活動を通して得られた仲間、人生の教訓まで率直に語ります!

ぜひ、一緒に社会課題について考えてみませんか? 参加をお待ちしております!

イベント詳細情報

【プログラム】
■ Living in Peaceのご紹介  (10分)
■ メンバー自己紹介(15分)
■ メンバー座談会 (45分)
■ 質疑応答    (時間の許すまで)

<登壇者>こどもプロジェクト 中里晋三

東京生まれ。東京大学理学部物理学科卒業、東京大学大学院総合文化研究科博士課程満期退学(専攻:哲学)。現在は、東京大学共生のための国際哲学研究センター(UTCP)の特任研究員として、児童養護施設などをフィールドに、養育の哲学的理解を試みている。2012年より本業と平行してLiving in Peaceでの活動を開始。国内の児童福祉分野における支援を行う。2018年より代表理事。社会福祉法人筑波会にて評議員も務める。
★Twitterはこちら 

マイクロファイナンスプロジェクト 佐々木友美

2019年マイクロファイナンスプロジェクト入会。本業は会計コンサルタントとして企業価値分析や企業活動の社会的インパクト分析に従事。マイクロファイナンスプロジェクトでは既存ファンドの財務モニタリング・投資家向けレポート作成や新規ファンド組成時の事業分析等に取り組むほか、Living in Peace全体の経理業務に携わる。 

難民プロジェクト 宮本麻由

2020年難民プロジェクト入会。日本語学習支援、就労支援、人事と幅広く従事。日本に住む難民の方々が思い描くキャリアを少しでも実現できるように、個人相談の対応だけでなく、語学学校や他の難民支援団体との連携にも携わる。また、人事として、メンバーが、より快適に、より生産性高く活動できるよう組織運営を担当。本業では、外国籍の方などの転職支援を行う。

<ファシリテーター>広報チーム 高橋京子

イギリスで開発学を学び、マイクロファイナンスに興味を持って2014年、Living in Peaceに入会。全てのプロジェクトに従事後、現在は広報を中心に活動。本業では、ファッション&美容からSDGsまで、気になることを何でも追いかけているフリーランスの編集者・ライター。国際NGO「プラン・インターナショナル」の会報誌も手がける。★Instagramはこちら

【チケット種別】
①無料チケット
②寄付チケット
3,000円 / 5,000円 / 10,000円 / 30,000円から任意の金額をお選びいただけます。
いただいた寄付金はLiving in Peaceの活動資金として使用させていただきます。

【お申込み・ご参加にあたっての注意事項】
・チケットは「無料」もしくは「応援チケット」からお選びいただけます。
・今回のイベントはオンライン配信です。前日までにイベント用のZoom URLを共有させていただきます。
・回線や機器の状況によっては通信が不安定になり、音声・映像等の不具合が発生する可能性がございます。その場合においても返金等にはご対応いたしかねますことを予めご了承ください。

【寄付チケットをご購入いただいたみなさまへ】
・寄付領収書の発行を行います。

【寄附金控除について】
「Living in Peace」は東京都より認定を受けた認定NPO法人のため、寄附金控除等の税の優遇措置(減税)を受けることができます(詳細は以下をご覧ください)。

 《個人の場合》
■所得税の寄附金控除
個人が各年において支出した認定NPO法人に対する寄附金で、その寄附総額が2,000円を超える場合には、確定申告の際に所得税の寄附金控除として「税額控除」または「所得控除」のいずれかが選択適用できます。
※年間寄附額や所得税率などによって有利な選択が異なります。詳しくは税務署等にご確認ください。

■住民税の寄附金控除
寄附者がお住まいの都道府県または市区町村が条例で指定した認定NPO法人等に寄附した場合に適用されます。※お住まいの都道府県または市区町村にご確認ください。

《法人の場合》
一般のNPO法人等に寄附した場合の「一般損金算入限度額」とは別枠の「特別損金算入限度額」が適用されます。なお、寄附総額が「特別損金算入限度額」を超える場合には、その超える部分の金額を「一般損金算入限度額」に算入することができます。

【個人情報の取り扱い】
・Living in Peaceは、参加を申込み頂いた方から取得した個人情報を、今回のイベントの案内やLiving in Peaceの活動のご報告等のほか、Living in Peaceのプライバシーポリシーに定める目的に使用することがあります。参加申込みに先立ち、プライバシーポリシーをご確認頂きますよう、お願い申し上げます。

 ・Living in Peaceは、参加を申込み頂いた方から取得した個人情報を第三者に提供することはございません。ご提供された個人情報の訂正等をご希望の場合には[email protected]までご連絡頂きますようお願い申し上げます。

【主催】認定NPO法人 Living in Peace
■お問い合わせ
認定NPO法人Living in Peace 担当:小林
Eメール:[email protected]

 

あなたにできる応援
応援イラスト
応援がこの団体の支援に繋がります
あなたの応援(シェア)で想いが広まり、仲間が増えるキッカケになるかもしれません。何より活動していくエネルギーをいただけます…!
ユーザーアバター

Living in Peaceの法人活動理念

Living in Peaceに関わるメンバーは、以下の行動基準を大切にしています。


感謝の気持ちを持つこと

私たちは常に感謝の気持ちを忘れることなく他者と接し、行動します


他者に共感する気持ちを持つこと

私たちは他者の置かれた状況や環境に関心を持ち、思いを馳せ、自分のことのように感じ行動します。


プロアクティブであること

私たちは活動に積極的に参加し、問題に対してはよく考えると同時に、実際に行動を起こします。


多様性を尊重すること

私たちは組織発展の不可欠な要素として多様性が必要であることを深く認識し、

多様な属性をもつ人の参加や多様な貢献の仕方を受け入れ、推進します。


謙虚であること

私たちは相手を思いやり、敬う気持ちを持って他者と接します。

私たちは常に内省に努めることで、自分を客観視します。

私たちは好奇心を持って自らに不足する知識や経験の吸収に努めます。

私たちは自分の行動に誤りがあり、またはそれを指摘された場合には素直にそれを認め、速やかに訂正します。


大志を持つこと

私たちは高い志を持ち、その実現に向けて地道な努力も厭わずに取り組みます。

私たちは初心を忘れることなく、原理原則にぶれることのない行動を取ります。


オープンであること

私たちはオープンな場で議論を行い、本人の前で行わない異議申し立ては禁止します。

私たちは全ての意思決定は公開の場で行うことにより、ポリティクスを排除し、偏った意見形成を行わないこととします。

私たちは意見の表出は建設的な提案として行い、反対意見がある場合は代替案を提示します。


前向きであること

私たちは出来ないことについて後ろ向きの言動を行わず、出来ることで最善のことを考え、実行します。

私たちは明るく・元気よく・楽しく、をモットーに行動します。


仕事に責任を持つこと

私たちはLIPにおける自身の役割・仕事について責任感を持ち、最後までやり遂げます。


本業/学業を大切にすること

私たちは、本業/学業に重く価値をおき、そこにおいて秀でることができるよう最大限の努力をします。

私たちは、LIPの活動によって本業/学業を犠牲にしません。