1. ホーム
  2. NPO求人
  3. 東京のNPO求人募集一覧
  4. 東京での地域活性化・まちづくり系NPO求人募集一覧
  5. 事務職・オフィスワーク

事務職・オフィスワーク

NPO法人オーカスポーツマネジメント
  • 勤務場所

    東京 台東区[台東ネクタイ会館]

  • 待遇

    時給1,100〜1,500円

  • 勤務日程

    随時勤務(勤務期間:応相談)

  • 勤務頻度

    応相談

基本情報

<<スポーツ振興事業をメインとした法人団体で事務作業>>
配属先は、各種スポーツクラブの運営やスポーツ留学支援、部活動支援などを行うNPO法人の総合事務局です。

勤務形態
活動テーマ
勤務場所
待遇
  • 時給1,100〜1,500円
勤務日程

随時勤務(勤務期間:応相談)

・9:00~17:00の間で4h程度

・週3~

勤務時間・曜日は相談可能ですので、ご応募の際お問合せください。

勤務頻度

応相談

週3~OK

募集対象

求める人材:

・バレーボールが大好きな方!!

・とにかく明るくポジティブな方!!

<<応募条件>>

事務所勤務(出社)ができる方

経理、簿記、人事、総務いずれかの実務経験がある方

※資格不問

※資格所持者優遇

注目ポイント
  • <<ワークライフバランスの実現>> 人生を謳歌(オーカ)しよう! 私たちは、スポーツ・交流を通して、心身ともに健康になり、生き生きと笑顔が増えるような社会作りに寄与することを目的としています。 お客様だけでなく、関わるすべての人を笑顔にしたい。人生を謳歌(オーカ)してほしい。
  • お仕事は生活の隙間時間でOKです☆ 時間調整応相談!
職種
祝い金 1,000円 祝い金とは?

募集詳細

【仕事内容】

お任せしたいのは、主に、全国18校で展開する「オーカバレーボールクラブ&スクール」の運営事務のお仕事!

オフィスにて電話・メールのお問い合わせ対応や、売上管理・会員管理等を行います。

他にも、当団体の総合事務局として、他事業のサポートをします☆


≪こんな方が働いています ≫

・1日5h、週2出勤の主婦さん

・副業と両立し在宅ワークもこなすフリーターさん

・フルタイムでもプライベートを充実させる社員さん


その他:

・書類選考

・面接(オンライン可)


扶養内OK/オシャレが楽しめる/駅徒歩5分/ダブルワーク、副業OK/元全日本選手や元Vリーグ選手多数所属☆憧れの選手に会えるかも・・・⁉





法人情報

NPO法人オーカスポーツマネジメント

“繋ぐ、謳歌する”
代表者

檜山 拡志

設立年

2012年

法人格

NPO法人

オーカスポーツマネジメントの法人活動理念

各所でスポーツを気軽にできる環境を生み出し、新たな出会いと感動を生み出す。


スポーツにより、ひとりひとりの豊かな人生を後押しできること。

老若男女問わず、身近な場所で、いつでも、どんな方でもスポーツを行うことができて、続けられる。私たちは、そんな仕組みや環境を作り出すことを目指します。

オーカスポーツマネジメントの法人活動内容

●国内スポーツ振興事業

 ・プライベートレッスンを中心とした、バレーボールスクール、バドミントンスクール

 ・バレーボール教室の企画、運営

 ・指導者育成、マッチング

 ・地域スポーツクラブ

 ・スポーツ大会・イベント運営

 ・障がい者向けスポーツ活動

●国際スポーツ振興事業

 ・スポーツ国際交流への協力

 ・スポーツ留学支援への協力

 ・海外へのスポーツ用品の寄付

●部活動支援事業

 ・外部指導員キャスティング

 ・部活動地域移行支援

 ・部活動地域移行事務局運営


取り組む社会課題:『自殺』

「自殺」の問題の現状  2023/07/07更新

日本では毎年2万人を超える方が自ら命を絶っており、深刻な状況が続いています。

そして、新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化した2020年は11年ぶりに増加に転じています。

年代別の死因順位をみると、15~39歳の各年代の死因の第1位は自殺です。

これからを担う若年層の自殺は特に深刻な問題なのです。

「自殺」の問題が発生する原因や抱える課題  2023/07/07更新

自殺は、その多くが「追い込まれた末の死」と言われています。

その背景には、精神保健上の問題だけでなく、過労、生活困窮、育児や介護疲れ、いじめや孤立などの様々な社会的要因があることが知られています。

自殺に至る心理としては、様々な悩みが原因で心理的に追い詰められ、自殺以外の選択肢が考えられない状態に陥るといったプロセスがあり、以下のような悩みから危機的な状態にまで追い込まれてしまったりする過程が自殺につながると言われています。

・社会とのつながりの減少

・生きていても役に立たないという役割喪失感

・与えられた役割の大きさに対する過剰な負担感


そして、自殺行動に至った人の直前の心の健康状態を見ると、大多数は、抑うつ状態にあったり、うつ病などの精神疾患を発症していたりと、これらの影響により正常な判断を行うことができない状態となっていることが明らかになっています。

「自殺」の問題の解決策  2023/07/07更新

私たちが自殺問題の解決を考える上で、抑うつ状態、うつ病などの

オーカスポーツマネジメントのボランティア募集

オーカスポーツマネジメントの職員・バイト募集