こちらの求人は募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. NPO求人
  3. 兵庫のNPO求人募集一覧
  4. 兵庫でのこども・教育系NPO求人募集一覧
  5. 【尼崎市/正職員】居場所拠点・学童スタッフ募集!/22年度新規開設拠点

更新日:2023/07/19

【尼崎市/正職員】居場所拠点・学童スタッフ募集!/22年度新規開設拠点

特定非営利活動法人Learning for All
  • 勤務場所

    立花駅 徒歩13分 [尼崎市] (※個人情報保護の観点から拠点所在地の公開は控えております。2次選考以降に進まれた方には現場見学時にご案内いたします。※状況に応じて、リモートワークが可能です。)

  • 待遇

    月給250,000〜300,000円

  • 勤務日程

    随時勤務(勤務期間:1年以上の長期)

  • 勤務頻度

    週4〜5回

この募集の受入法人「特定非営利活動法人Learning for All」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

基本情報

22年度新規開設・兵庫県尼崎市内の居場所拠点スタッフを募集!
困難を抱える子どもへの関わりや、体験活動・イベント等の企画・運営、人材マネジメント等を通じた拠点全体の運営管理をお任せします。

募集対象
  • 中途採用
  • 新卒採用
  • アルバイト(学生)
  • パート(社会人・主婦/主夫)
  • 副業
  • <応募条件:以下2点を満たす方>
    ■必須
    ・3年以上の社会人経験
    ■歓迎
    ・子どもへの教育・支援に関心があり、なんらかの形で教育や子どもに関わるご経験がある方

    <求める人物像>
    ・当事者意識を持ち、自らのミッションに主体的に取り組むことができる方
    ・目標達成の為のプロセスを整理し、計画性をもって実行できる方
    ・年齢や立場に関係なく、常に周りから学び続けられる方
    ・社内外のステークホルダーと良好な関係を構築できる方
    ・チームとしての成果を常に意識し、結果にコミットできる方

    <選考プロセス:ご応募〜ご内定までの目安は1~2ヶ月>
    書類選考→1次(人事)→2次(現場職員)+現場見学→最終(代表)→内定
    ※書類選考については、1週間程度で合否連絡を差し上げます。
    ※面接は原則オンラインで実施予定です。
    ※2次選考以降で現場見学を実施予定です。ただし実施有無は緊急事態宣言等、状況により判断します。それに伴い選考フローが変更になる可能性があります。

    活動テーマ
    勤務場所

    ※個人情報保護の観点から拠点所在地の公開は控えております。2次選考以降に進まれた方には現場見学時にご案内いたします。
    ※状況に応じて、リモートワークが可能です。

    待遇
    • 月給250,000〜300,000円

    <福利厚生>
    昇給あり(年1回/6月)
    賞与(年2回/5月,11月。昨年実績は2ヶ月分です。)
    交通費支給(上限20,000円/月)
    残業手当
    健康診断無料
    社会保険完備
    役職手当あり
    転居手当(一定条件を満たす場合に5万円支給)
    研修手当(上限20,000円/年)
    私服OK
    副業OK

    ※給与には月15時間分(15,734円〜31,469円)の固定残業手当を含みます。
    ※給与は雇用形態・ご経験・スキル・選考を通じての評価等を考慮のうえ決定いたします。

    勤務日程

    随時勤務(勤務期間:1年以上の長期)

    勤務頻度

    週4〜5回

    平日5日間のうち、週3日で居場所拠点の運営、週2日で事務作業・オフィスワークとなります。
    <拠点運営がある日(火・水・木)>
    12:00〜21:00(休憩1時間を含む)
    <事務作業・オフィスワーク日(月・金)>
    10:00~19:00(休憩1時間を含む)
    ※上記の勤務時間は一例です。
    ※残業は月平均15時間程度です。

    注目ポイント
    • 教育・福祉・子ども支援に関する専門性を身につけることができます
    • 多様なバッグラウンドを持ちながら同じ想いを持つ職員と協働できる環境です
    • NPO業界トップクラスの事業成長・変化スピードの中で成長することができます
    募集人数

    1名

    職種
    提供サービス
    祝い金 3,000円 祝い金とは?
    特徴

    募集詳細

    【募集背景】

    コロナ禍で、子ども達が抱える様々な困難に注目が集まるようになり、子ども支援領域におけるデータベース活用・こども家庭庁の創設等、国政の動きも活発化しています。


    LFAではそういった政策の動向も鑑み、2022年度より、兵庫県尼崎市にて居場所拠点の運営を開始しました。

    地域協働型子ども包括支援として自治体・学校・地域とともに「子どもの安心・安全な居場所づくり」「一人ひとりに寄り添った子どもたちの挑戦・学びの応援」を通じて子どもたちを育んでいくことに加え、これまで以上に、自治体との官民連携を強化し、困難を抱える子どもと繋がり、支援団体間での連携体制の構築に対する取組みを行っています。


    本ポジションでは、そのような新しい取り組みまで含めた居場所づくりを担っていく拠点スタッフを募集しています。


    【業務の一例】

    1)拠点の運営管理
    ・子どもの居場所づくり
    ・体験活動やイベント企画・運営
    ・予算管理 等

    2) 居場所拠点を利用する子ども・世帯のケースワーク
    ・居場所拠点における子どもの支援(遊び、食事などを共にする)
    ・子どもおよび保護者との定期的な面談対応
    ・子どもおよび保護者からの突発的な相談対応
    ・上記支援を通じた情報を基に、ソーシャルワーカーと共に
    子ども・世帯に対する支援計画、コミュニケーションプランの立案、実行
    ・関連機関との関係性づくりおよびケース会議への参加

    3)人材育成・管理
    ・拠点におけるスタッフ・ボランティアの育成

    体験談・雰囲気

    特徴

    法人情報

    特定非営利活動法人Learning for All

    “子どもの貧困に、本質的解決を。”

    ※ 認定npo法人とは、所轄庁により公益性を認められており、一般のNPO法人にはない「税制優遇」が適用されています。

    代表者

    李炯植

    設立年

    2014年

    法人格

    認定NPO法人

    Learning for Allの法人活動理念

    Learning for Allは「子どもの貧困に、本質的解決を。」をミッションに掲げて活動しているNPO法人です。



    そのために、

    1.子どもの人生が変わる現場作り

    2.人材育成

    3.普及啓発・アドボカシー

    を行っていきます。

    Learning for Allの法人活動内容

    困難を抱える子どもに対して質の高い学習機会を提供し、困難を抱える子どもに対して質の高い学習機会を提供し、課題に直接向き合った経験を通して、社会課題を解決する大学生を育成・輩出している。

    取り組む社会課題:『子どもの貧困、教育格差』

    「子どもの貧困、教育格差」の問題の現状  2024/06/12更新

    貧困、虐待、発達障害、いじめ、社会的マイノリティなど、

    生きづらさを抱える子どもたち。


    「安心」を奪われている。

    「努力を信じられる環境」を奪われている。

    「自分自身の可能性に気づく機会」を奪われている。


    そこでは、諦めが日常化してしまっています。


    2010年、学習支援からスタートした私たちLearning for All は、

    現場の経験から、この問題を解決するには

    「学び」を支えるだけでは足りないと確信するに至りました。


    現在では、一人の子どもが自立するまで、

    地域で連携して幅広くサポートできるモデルを構築。


    全国へ広げるとともに、法・制度を変え、

    子どものあらゆる「貧」と「困」をなくす社会をつくろうとしています。

    「子どもの貧困、教育格差」の問題の解決策  2024/06/12更新

    今目の前にいる子どもに、どこまでも寄り添うこと。

    社会の仕組みそのものを、本気で変えていくこと。

    そのどちらが欠けても未来はつくれない。

    私たちは、志を同じくする全ての人たちと力をひとつにし、

    3つのアプローチで課題の本質的解決を目指しています。


    アプローチ①一人に寄り添う

    地域のあらゆる立場の大人たちのネットワークをつくり、支援の必要な子どもを見逃さず、早期につながる。

    成長段階に合わせ、必要なサポートを6~18歳まで切れ目なく行う。

    私たちは、そんな「地域協働型子ども包括支援」を展開しています。


    アプローチ②仕組みを広げる

    現在の日本では、子ども支援に関わる人・団体の努力にもかかわらず、

    支援の「量」「質」ともにまだ足りていないのが現実です。

    LFAでは、これまで培ってきた実践的な支援のノウハウを、全国の子ども支援団体や企業に提供。

    日本中の子ども支援者がつながるネットワークづくりにも取り組むことで、

    「地域協働型子ども包括支援」の全国展開を推進しています。


    アプローチ③社会を動かす

    目の前の子どもにどこまでも寄り添う。

    その重要さは疑う余地がない一方で、問題を真に解決するためには世論の形成や、

    社会の仕組みを変えていく必要があります。

    LFA は現場での支援活動や、全国の子ども支援団体とのネットワークづくりを通して、

    課題の普及啓発・人材育成・政策提言に取り組んでいます。

    活動実績

    2010年
    学習支援事業を開始

    2010年

    現Teach For Japan内の一事業として、学習支援事業を開始

    2011年
    東京都北区における学習支援事業が 「北区改革プランベスト1」を受賞

    2011年

    2014年
    NPO法人 Learning for All を設立

    2014年

    2016年
    新事業スタート!「学習支援」と「居場所づくり」

    2016年

    ・日本財団の子どもの貧困対策プロジェクト第1号拠点として「居場所づくり事業」を開始

    ・食事支援・保護者支援・普及啓発活動を開始

    ・代表 李が「全国子どもの貧困・教育支援団体協議会」の理事に選出

    2018年
    地域や他団体など、”共に”支援していく仕組みづくりに着手

    2018年

    ・6〜18歳まで切れ目なく支援する「地域協働型子ども包括支援」モデル構築に着手

    • 第5回エクセレントNPO大賞および課題解決力賞を受賞

    • 代表 李がForbes「30 UNDER 30 JAPAN 2018」に選出

    • LFAの知見を他団体へ共有するノウハウ展開事業を開始

    2019年
    ​中高生向けの居場所づくり事業を開始

    2019年

    2020年
    コロナ禍の子ども支援

    2020年

    コロナ禍における支援家庭を対象にした ニーズ把握調査を開始・発表

    2021年
    培ってきたノウハウをメディアで発信

    2021年

  • ・子ども支援のノウハウプラットフォーム『こども支援ナビ』運用開始
  • • 「地域協働型子ども包括支援基金」を設立

    • 東京大学大学院教育学研究科と 教育・研究交流連携事業に関する協定を締結

    2022年
    「認定NPO法人」の取得、さらなる支援の強化へ

    2022年

    ・認定NPO法人を取得

    ・代表 李が「内閣官房のこどもの居場所づくりに関する検討委員会」検討委員に選出

    ・代表 李がこども家庭庁「こどもデータ連携ガイドライン検討会」メンバーに就任

    ・代表 李がつくば市こども政策推進アドバイザリー会議のアドバイザリーに就任

    Learning for Allのボランティア募集

    Learning for Allの職員・バイト募集