こちらの求人は募集が終了しています。

  1. 【急募!】子どもの病気の時も休めないパパママ応援!《病児保育正社員スタッフ》募集

    更新日:2018/12/17

    【急募!】子どもの病気の時も休めないパパママ応援!《病児保育正社員スタッフ》募集

    認定NPO法人ノーベル
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    d14c7b2276-Facebook2.jpg

    2009年関西初の共済型・地域密着型病児保育を開始。当日予約でも100%お預かりを約束し過去7年間で5000件超の病児保育を無事故で実施。寄付を財源にひとり親向けの病児保育支援も取り組んでいます。

    勤務形態
    活動テーマ
    勤務場所

    大阪市・吹田市・豊中市・東大阪市・八尾市・守口市・堺市・茨木市・高槻市・摂津市・枚方市・尼崎市・西宮市在住の利用会員さま宅

    待遇
    • 月給128,000〜160,000円

    【給与】
    週5日:16万円+諸手当あり
    週4日:12.6万円+諸手当あり
    ※研修中のみ時給1,000円
     座学・実務研修終了後に入職手続きとなります。
    ※1日8時間以上勤務の場合は、残業代がつきます(1,000円×1.25×時間)

    ※月収例:週5正社員の場合
     週3回10時間保育、週2回8時間以内保育
     固定給16万円+残業代28,000円(2時間/日×14日分)=188,000円

    【交通費】
    全額支給いたします。※保育研修中は除く

    <勤務時間>
    平日8:00~18:30の間での勤務 *最大20:00までの勤務もあり
    ・実働時間9時間程(会員さまの希望により上記時間内での変動有)

    募集対象

    ・子育て経験もしくは保育士や幼稚園教諭など保育現場での実務経験がある方(0~3歳の経験を含む)
    ・喫煙しない方
    ・スマートフォン・タブレットをお持ちで、保育時に使用可能な方
    (保育の出動依頼や保育中の報告など、WEBでの情報閲覧や情報入力が必要)
    ・ノーベルのサービス提供エリアまで1時間圏内にお住まいの方

    注目ポイント
    • 40・50代主婦の方が自分の子育て経験を活かし、子育てと仕事の両立に奮闘するママをサポートしています
    • ブランクのある方でも実務研修があるのでご安心下さい。
    • 本部には常にスタッフが待機。保育中に分からない事や困った事があれば、すぐに電話で確認や相談が可能!
    募集人数

    2名

    職種
    祝い金 3,000円 祝い金とは?

    募集詳細

    病児保育のプロによる細やかな研修があるので、保育の仕事から長く離れている方もご安心ください

    20~50代の幅広い年齢のスタッフが『保育経験を活かしたい』『子育て経験を活かしたい』『子育てが一段落したので社会貢献がしたい』など、それぞれの思いを活かして活躍中です。

    • 2a0dc4ce5b-main1.jpg
    • 6837f89ac9-2018main.JPG

    体験談・雰囲気

    この求人の体験談

    手作り玩具の得意なスタッフから身近なもので簡単に作れるおもちゃの作り方を教えてもらったり、ベビーマッサージやふれあい遊びを教えてもらい、また専門の講師を招き救命救急について講義を聞き、常にスキルアップを行っているので、常に勉強になり、スタッフ研修は直行直帰のスタッフにとっては、他のスタッフさんとの楽しい交流の場となっています。

    この求人の雰囲気

    保育スタッフさんはもちろん、事務局のスタッフもとっても優しく、楽しい方ばかり。

    デビューまでの研修も楽しく受けることができます!

    特徴
    男女比

    男性:10%、女性:90%

    法人情報

    認定NPO法人ノーベル

    “「子どもを産んでも当たり前に働ける社会」を実現する”

    ※ 認定npo法人とは、所轄庁により公益性を認められており、一般のNPO法人にはない「税制優遇」が適用されています。

    代表者

    高 亜希

    設立年

    2009年

    法人格

    認定NPO法人

    ノーベルの法人活動内容

    ノーベルは2009年4月1日、任意団体として立ち上がりました。

    この団体を立ち上げたきっかけは、代表の高亜希が民間企業勤務時代に現代社会に生きる女性の現状を目の当たりにしたことです。

    女性が結婚や子育てを理由に次々と会社を辞めていく。

    それはなぜか?

    疑問を持ち、調べていくとお母さんたちのこんな現状がありました。

    共働き世帯が増える一方で、「子どもが生まれたら、女性の約50%が仕事を辞める」という事実があります。

    女性は第一子出産後、なぜ仕事を辞めなければならないでしょうか?

    それは、子育て支援不足・根強い価値観・働き方(長時間労働など)・男性や周りの育児参加の低さなど様々な理由がありますが、その中でも「子どもが病気になったときに預ける先がない」ということが大きな課題となっています。

    ノーベルは、2010年より、この圧倒的なニーズに対し、ノーベルは関西初となる全く新しい「共済型・地域密着型」

    病児保育事業や、2020年より施設型一時保育室を展開しています。

    そして、次の10年に向けて、病児保育事業だけではなく、働く親御さんの仕事と子育ての両立をサポートするために、

    子育て中に困ったことが起きても、たすけてくれる人がいて、解決できる選択肢が身近にある。

    それにたすけられた人が、次は応援する側や、支える側にまわり、たすけあいをつないでいく。

    親しいつながりがいっぱい交差する社会。

    それは、ひとりで抱え込むすきがないくらい、あつくるしくって、安心して、子どもを育てていける社会。

    これから先10年、私たちは団体のビジョンである「子どもを産んでも当たり前に働ける社会」に向けて

    新規事業や様々なプロジェクトを始動させていきます。

    今後、ノーベルが目指す社会を一緒につくっていきましょう!

    ノーベルのボランティア募集

    ノーベルの職員・バイト募集