こちらの求人は募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. NPO求人
  3. 東京のNPO求人募集一覧
  4. 東京での貧困・人権系NPO求人募集一覧
  5. 【急募】フードバンク部 正職員募集

更新日:2024/04/16

【急募】フードバンク部 正職員募集

セカンドハーベスト・ジャパン
  • 勤務場所

    浅草橋駅 徒歩5分 [千代田区東神田3] (最寄駅 JR秋葉原駅徒歩10分、JR浅草橋駅徒歩8分)

  • 待遇

    給与:月給250,000〜250,000円

  • 勤務日程

    随時勤務(勤務期間:1年以上の長期)

  • 勤務頻度

    週4〜5回

この募集の受入法人「セカンドハーベスト・ジャパン」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

基本情報

認定NPO法人セカンドハーベスト・ジャパンは2002年に設立したフードバンクです。余剰食品を受入れ、必要とする団体、個人に無償で提供しています。デスクワークから倉庫内の作業まで幅広い業務があります。

勤務形態
活動テーマ
勤務場所

最寄駅 JR秋葉原駅徒歩10分、JR浅草橋駅徒歩8分

待遇
  • 給与:月給250,000〜250,000円

給与:当団体の規定により能力と年齢を考慮の上決定(能力・実績に応じて昇給あり)
試用期間:3ヶ月あり
賞与:無し
交通費:別途実費支給(月25,000円まで)
社会保険:完備
休暇:夏期・年末年始

勤務日程

随時勤務(勤務期間:1年以上の長期)

できるだけ長期で従事して下さる方を希望します。

勤務頻度

週4〜5回

週5日(月~金) 9:00~17:30 実働7時間半/日 週休2日制

募集対象

【業務内容】
フードバンク事業(企業等から食品の寄付を受入れ、倉庫で管理、団体等に提供する業務です)に関わる業務全般。具体的には、
・食品企業との折衝
・倉庫内での業務および、付随するデータ管理業務
・その他
【応募条件】
<必須条件>
・企業・法人との電話・メールやり取りを含む社会人経験3年以上
・Word、Excel、Power Pointの基本的な操作ができること
・普通自動車第一種運転免許必須 (準中型以上歓迎)
<あれば尚可の条件>
・食品関連企業、または物流企業での経験
・プロジェクトのマネジメント、リーダー的経験
・英語に抵抗がないこと
・フォークリフト免許
【求める人物像】
・当団体のミッションに共感できる方
・積極的に課題を見つけ、立案、具現化に主体的に取り組める方
・多様な状況に、前向きに柔軟に対応できる方
・デジタル化による業務の効率化と業務改革に積極的に取り組める方
・団体内外の人とのコミュニケーションを厭わず、チームワークを発揮できる方
・ルールや対処方法が決まっていない状況にも柔軟に対応できる方

注目ポイント
  • BtoBに興味がある方、法人営業の経験がある方歓迎です
募集人数

1名

職種
祝い金 3,000円 祝い金とは?
特徴

体験談・雰囲気

特徴

法人情報

セカンドハーベスト・ジャパン

“社会資本としての「フードセーフティネット」構築を目指している団体です”

※ 認定npo法人とは、所轄庁により公益性を認められており、一般のNPO法人にはない「税制優遇」が適用されています。

代表者

理事長 ベーレス・ジャーン・クレヴェン

設立年

2002年

法人格

認定NPO法人

セカンドハーベスト・ジャパンの法人活動理念

設立趣意書

セカンドハーベスト・ジャパン(2HJ)は、日本でのフードセーフティネットの構築を目的とし、児童養護・母子支援・ 障害者支援等の福祉施設や生活困窮者などに食品の提供を行っています。フードセキュリティ¹ に欠く人々に充分な食べ物を提供するため、2HJは食品企業などと連絡を取り合い食を通じた新しい社会作りを目指しています。

¹ フードセキュリティ:日常生活を送る為に、安全且つ栄養のある充分な食べ物を適切な手段により得られること。

セカンドハーベスト・ジャパンの法人活動内容

ハーベストキッチン(炊き出し)

路上生活者を対象に、温かい食事を提供する活動です。
毎週土曜日に上野公園で多くのボランティアの皆さんのご協力のもと、路上生活者を対象に温かい食事の提供を行っています。

  1. ①2HJ倉庫での準備
  2. ②上野公園での食糧配給
  3. ③倉庫での後片付け

とボランティアの方を3つのシフトに分け、効率的に運営しています。



ハーベストパントリー

経済的困窮により、十分な食事をとれない状況にある個人・家族に直接、食品を提供する 活動です。 1個人・家族へ宅配便で食品パッケージを届ける 2浅草橋の2HJ倉庫で直

接 食料品を手渡す 3隅田川沿いのモバイル・パントリーで食品を配布する3つの方法で、 日本に住む難民、シングルマザーなどの外国人や、失業または不安定雇用により十分な収 入の得られない人たちを支援しています。


フードバンク活動

食品加工工場をはじめ輸入業者、卸業者、スーパーや

、農家、個人などから、まだ充分食べられるにも関わらず、さまざまな理由で廃棄 される食品を引き取ります。これらを食料を必要としている福祉施設や児童養護施設の子どもたち、DV被害者のためのシェルター、路上生活を強いられてい る人たち,直営・間接フードパントリーなどへ提供するる活動です。



政策提言と発展

日本におけるフードバンク発展のため、さまざまな場所で2HJの活動に関する啓発活動、講演などを行っています。2008年〜2012年 まで、毎年全国各地でフードバンクに関する説明会を行うフードバンクキャラバンを実施して、各地のフードバンク、フードバンク設立 を目指すグループ、福祉団体との連携を図ってきました。食品企業から福祉施設などへのトラックによる配送、宅配便による食品の家庭への配送、炊き出 し、フードバンクについての講演会など、すべての活動がやがては政策提言にまでつながることを目標としています。

政策提言と発展

セカンドハーベスト・ジャパンのボランティア募集

セカンドハーベスト・ジャパンの職員・バイト募集