こちらのインターンは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. NPO・NGOインターン
  3. 東京のNPO・NGOインターン募集一覧
  4. 東京でのこども・教育系NPO・NGOインターン募集一覧
  5. 【2022冬インターン】メンターが伴走!不登校の中高生を元気するメソッドを学ぶ!

更新日:2022/03/01

【2022冬インターン】メンターが伴走!不登校の中高生を元気するメソッドを学ぶ!

学習支援塾ビーンズ
  • 勤務場所

    東京 新宿区[新小川町マンション豊友] (学習支援塾ビーンズ 飯田橋教室 【住所】新宿区 新小川町マンション豊友 1階【路線】各線 飯田橋駅から徒歩8分 有楽町線 江戸川橋駅から徒歩10分【オンライン】完全オンラインで面接~採用後の研修、mtg、生徒対応まで可能。オンラインツールに抵抗がない方、歓迎します!)

  • 待遇

    無料

  • 募集対象

    社会人 / 大学生・専門学生

  • 勤務頻度

    週2〜3回

この募集の受入企業「学習支援塾ビーンズ」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

5ea5d02884-intern_children_recruiting_85841_main.png

こんにちは。写真右側、ビーンズ採用担当の山本です。
ビーンズの2022冬インターンでは、メンターの伴走のもと不登校の中高生を元気にするサポートの方法について短期集中で学びます! 奮ってご参加ください。

活動テーマ
勤務場所

学習支援塾ビーンズ 飯田橋教室

【住所】
新宿区 新小川町5-22 マンション豊友 1階

【路線】
各線 飯田橋駅から徒歩8分  有楽町線 江戸川橋駅から徒歩10分

【オンライン】
完全オンラインで面接~採用後の研修、mtg、生徒対応まで可能。
オンラインツールに抵抗がない方、歓迎します!

待遇

無料

・インターン課程:無償(交通費支給あり)

・長期インターン:有償(¥1050~1300/h)
 プロボノ:有償(¥1050~1300/h)

※インターン課程修了時、ロープレテストにチャレンジし合格された方は、別途面談の上、長期インターン(学生)・プロボノ(社会人)として活動いただくこともできます。

勤務日程

上記開始日~終了日は目安となります。
インターン課程は参加頻度にもよりますが、1~3か月で修了(ロープレテスト合格)を目指します。

勤務頻度

週2〜3回

それ以上の参加も可 ※別途相談

募集対象

《大学生・社会人共通》

【応募資格】
・年齢よりもビーンズの雰囲気との相性を重視します

・経験の有無は問いません! (生徒への指導方法など丁寧にお伝えします)

・PCの基本操作、およびオンライン勤務に慣れている方
 インターン課程全体を通して教室とオンラインのハイブリット活動となります。

注目ポイント
  • インターン課程期間中はメンターの指導のもと、悩みを抱える繊細な思春期の中高生たちへの対応方法の心構え、言葉がけのコツをまとめた「ビーンズメソッド」をお伝えします。 インターン課程の終わりには、インターン課程修了テストとして、「ビーンズメソッド」をロープレテストで実践してもらいます。 ロープレテストの合格までは大変ですが、経験豊かなメンターがあなたにしっかり伴走します。
対象身分/年齢
募集人数

10名

特徴

募集詳細

■インターン採用までの流れ

面接はオンラインでおこないます。(一次面接は、2022年1月~2月に実施予定)

選考フロー選考の基準 内容など
①フォーム入力
 &書類選考
・志望動機、設問「これまでの人生の中でチームや集団で頑張った経験を教えてください」へのご回答をお願いします

※メールアドレスは携帯電話のものではなく、gmailなどパソコンのメールアドレスをご記入ください
②一次面接
(オンライン)
・所要時間:1時間程度
・面接内容:ビーンズの事業説明・ご回答いただいた設問についてのお話など
③二次面接
(オンライン)
・担当:教室長/ベテラン講師
・所要時間:1時間程度
・「ビーンズのチーム文化と相性」を評価します
④場合によっては
三次面接(対面)
・場合によっては対面にて三次面接を行います
・スキルチェックとしてスタッフと一緒に一部業務を行う場合があります
⑤「インターン課程」採用決定
・採用結果はメールにてお伝えいたします

・採用後、メンターがあなたに伴走し、インターン課程がスタートします!

・インターン課程修了後、希望者は長期インターン(社会人プロボノ)として生徒の授業やビーンズの企画業務に関わることになります。


■応募の際の注意事項

・メールアドレスは携帯電話(ガラケー)のものではなく、gmailなどパソコンやスマートフォンのアドレスをご記入ください。


・面談へご案内する場合、当社のリクルートアドレスから返信いたします。

※当社リクルートアドレスの迷惑メール設定の解除をお願いいたします。


・ビーンズでは業務連絡・報告に、Googleアカウントを利用します(業務用に新しく取得していただきます)

体験談・雰囲気

このインターンの体験談

こんにちは。ビーンズ採用担当、山本でございます。生徒に授業したり保護者と面談をしたりしていますが、メインのフィールドは採用と新人インターンの育成です。


これを見ている人の中でインターンに応募してくれた方とは、メンターとして出会う人もいるかもしれませんね。
意外と人見知りなので、できればこの記事を通して、みなさんの好感度を爆上げしておきたいという下心を隠し切れません


まずは自己紹介させてください。話はそれからですよね。

山本浩貴(Yamamoto Hiroki)
生徒からの愛称は「やまひろせんせい」。学習支援塾ビーンズ教室長。中央大学法学部国際企業関係法学科卒
担当科目は英語・国語・日本史。面接指導(高校受験・大学受験)作文/小論文指導
金融教育(ファイナンシャルプランナー2級を持っています! 自分も現役で資産形成中です)
好きなものは、寿司、長期投資、星(韻がきれいですね)とマレーシア


ある日、ビーンズのインターンの雰囲気を説明するのに、誰に話してもらおうかなーと悩んでいました。


現役生でもいいですし、ビーンズのインターン経験者は、今、アメリカの大学で活躍している人や、大手通信会社や教育メガベンチャー、教育大手NPOで働いている人たちもいて多士済々。皆さんそれぞれ大活躍しているようです。


その中で、誰が一番ビーンズでのインターン活動を語れるかなと。


みんな忙しいし、誰かを選ぶってなると、選ばない人が出るし……とか考えていると、あっという間に期日が迫ってきました。


悩むうちにビーンズ副代表の長澤さんと夜、雑に飲んでいたわけですが(なんか不真面目な感じですが許してください)

「ねぇ、長澤さん、ビーンズのインターンを代表して雰囲気語れるのって誰でしょうねぇ」


「やまもん、そりゃぁ(笑)」



「え、ここ笑うところじゃないですよ?」



「やまもん、そりゃぁさ。」


「…俺…だよ…?」と、まさかの告白。



「キリッ🌟」


確かに、大学1年生からビーンズインターンとして活躍し、個別指導塾だったビーンズに「青春ラボ(生徒居場所)・保護者サポートの充実」という新しい文化をつくりあげた長澤なら、めちゃくちゃビーンズのインターンのなんたるかを語ってくれそうです。


====================


というわけで……


はじめまして! ビーンズ副代表の長澤です。


ここからは、僕がビーンズで活動することになったきっかけや、ビーンズでの毎日についてお伝えします。

少しでもビーンズの雰囲気を感じ取ってもらえましたら、うれしいです!


長澤啓(Nagasawa kei)
学年ビリの成績から二浪して東大に入学し、ビーンズの活動が楽しすぎて留年もする。

ビーンズが積み上げてきたノウハウを「ビーンズメソッド」として文字化し、より洗練するのがメインのお仕事。
さらに、親との衝突が絶えなかった自身の経験を活かし、保護者とのコミュニケーションにも注力。保護者さまと月100件以上やりとりをしながら、ビーンズ流の保護者さまサポートを拡充中。

最近は副代表として、講師の採用育成プランの策定・総務(経理)・経営企画までマルチにこなす。

趣味はビールを飲みながら出汁巻き卵をつくること。


▢長澤がビーンズインターンに参加した経験

私がビーンズとかかわり始めたのは、大学1年の終わり。

インターン課程が終わって、長期インターンとして採用された後は、講師として時に週20コマ以上の授業を持つほど、現場一本でやっていました。

その内、数多くの生徒たちとつながり、入塾当初は「何もかもが不安」「消えてなくなりたい」「僕の人生はおわっているんです」などと言っていた彼らが半年単位で変化していくのを目の当たりにしました。

生徒たちの変化を肌感覚で感じるうちに、生徒と本気で向き合う楽しさに取りつかれ、ますます授業に熱が入るようになりました。


とはいえ、ビーンズの生徒は一筋縄ではいきません。一言で「不登校」と言っても、小学校から高校生まで年齢の幅があります。発達に特性がある生徒もいますし、端的に朝が弱い生徒もいる。ゲーム依存に近い状態の生徒もいます。

この記事を読んで応募してくれるみなさんが挑戦するのは、なにかの課題を抱え、それ以上に繊細なこころを持つ中高生のサポート、そして成長への伴走です。

めちゃくちゃハードルが高いように聞こえたかもしれません。が、大丈夫です。インターンに応募してくれた人には、しっかりメンターが伴走して、そのコツを伝えますので。


余談が過ぎました(笑)


そのうち代表の塚﨑から「ビーンズが日本全国にビーンズメソッドを広めていくにはどうすればいいか、一緒に考えないか」と誘われ、一緒に事業計画書を書いたり、プレゼン資料をつくったりしました。恥ずかしながら、はじめは「コピー&ペースト」すら本気でわからなかったのですが(笑)


頼りになるセンパイたちに教えられ、ばんばんレベルアップした結果、今ではビーンズの作成物はほぼ一手に引き受けています。

(なので、スライド作りやプレゼンを本気で頑張りたい人は僕に相談してください。)


あとは、ビーンズの勤務外でも、教育を含む様々な分野の社会起業家の経営者さんと知り合い、教えを請うようになり、めちゃくちゃ面白い学童に武者修行に行ったりもしました。


色々な経験を積むうちに

「不登校に限らず、多くの中高生が様々な課題や不安を抱えているのに相談できる先がないのでないか」

既存の教育プレイヤーが接することができている子どもは、ほんの一部ではないか。取り残されている大勢の子どもたちがいるのではないか

と思うようになり、気づけば、この"ビーンズの授業内容をもっと洗練させ、全国に広めたい!"と考え

結局、とある大手企業から頂いていた内定を悩んだ末に辞退して(内定を辞退した会社も本当に素晴らしいチームだったのでめちゃくちゃ悩みました)、ビーンズにフルコミットすることになりました。



▢こんな人にインターンに来てほしい

「例えると本気の部活のように熱量を持って活動し、チームで成果を出すことが大好きな人」と一緒に活動したいです……!


あと、時間ですね……。ビーンズの長期インターンを経験した、私の個人的な見解ですが、インプット効率のよい社会人はともかく、大学生は「週に1回、1時間程度のスキマ時間に片手間で活動できればいいな」といった感じでビーンズに参加しても、意義ある経験はできないかもしれません。


と、いいますのも……


ビーンズにはさまざまな課題を抱え、本当に繊細な中高生たちをサポートするための膨大なマニュアルとテストが存在しています。まず、このインプットに時間をかけないといけません。


ビーンズではインターン課程で行うロールプレイテストを合格してから、生徒対応の現場に出ます。これはビーンズに来ている生徒たち(特に通塾初期の生徒へ)繊細でかつ自然な対応をする必要があるからです。


多分、最初は大変だとおもうのですが、このビーンズメソッドを学んで、身につけてしまえば、中高生の繊細な心に寄り添い、成長の伴走者になることができます。多分どんな教育の現場にいっても通用する力が身につくと思いますよ!


余談ですが、ビーンズメソッドの学びは就活にも使えますよ。というのもビーンズメソッドの中には自己分析、ESの書き方も網羅されているからです。


また余談でしたね。


ビーンズでは毎日、生徒が変化しています。先週まで他人と話すのもツラいと言っていた生徒が、今日は深い悩みを自分から話してくれたり、本気の自己分析が始まったり、熱い受験モードに変わったりします。


そして塾自体も変化していっています。ほぼ週単位で新しい動きがあります。私も長くビーンズにコミットしていますが、1年経つと本当に変化しています。


子どもたちが帰った後の時間はどうかというと、夜は夜でビーンズと関係のある社会起業家の方とつながる機会や、ビーンズという会社の経営の深い部分を覗ける機会もあります。


せっかくビーンズに参加するなら、ビーンズにコミットできる時間を確保できたほうが、インプットとアウトプットを深い部分でできるんじゃないかなーと思っています。


本当、色々なイベントが目白押しですし、毎日、生徒も塾も変化していっていますので、ぜひその変化の渦に巻き込まれてみてくださいね!



▢ビーンズインターンある一日の流れ

(これは、私が学生だったときの平均的な一日の流れです。)

14:30
出勤
だいたい昼以降から勤務(オンライン含む)の場合が多かったですね。
出勤したときは、教室の清掃などちょちょっとやってました。
その後、保護者・生徒からの連絡、相談などがないか確認してました。
16:00~
授業
この時間帯から授業がスタートすることが多かったですね。

この写真は生徒の進路相談の時のものです。ビーンズの「進路相談」は「他人事」を大事にしています。自分の進路を自分で考えるのは、誰しも難しい……ですので、「他人の進路」を考えよう!って感じです。※ここらへんの考え方については、詳しくは採用後お知らせします。

他にも得意の数学や英語の奥義を伝授するときもありましたし、趣味の政治経済や哲学の話をしたときもありました。(意外とこういう話のほうが生徒にウケがいいのです!)

ロシアが大好きな生徒には、一緒にロシア語を(私の第三外国語だったので)学んでいました。ひたすら発音やったなぁ……(遠い目)

17:00
mtg
他のスタッフとmtg。
学生長期インターン時代から、採用と育成の企画業務を行っていました。他の学生スタッフや普段は大手企業に勤務している社会人プロボノの方などの力を借りながら、採用・育成の設計を作り込んでいましたね。

18:30
保護者面談
保護者面談。
ビーンズは保護者サポートにめちゃくちゃ力を入れています。目の前の生徒に寄り添うだけでは状況は改善しません。何かと孤立しがちな保護者さまへのサポートも行って初めて根本的な状況改善が達成されるのです。

20:00~飲み会!
仕事後はだいたい飲み会です。コロナ中は、ランチ会やオンライン飲み会が多かったですね。
近くのスーパーで惣菜を買って、ワイワイしゃべります。今日の授業内容、明日のこと、教育のこと、チームのこと、自分の進路のこと……がっつりしゃべります。
スタッフはみんな面白い人たちなので、ひとりひとりのエピソードを聞くのが毎回楽しみですね!



以上で、長澤からの説明を終わります!

「熱くてやわらかい人」と一緒に活動できることを楽しみに待ってます!


このインターンの雰囲気

▢インターン課程の内容

インターン課程と長期インターン(社会人プロボノ)の違いをまとめました。

今回のエントリーはインターン課程となります。



▢ビーンズでの学び

インターン課程では、ビーンズ独自の対話・ファシリテーションメソッドや各種授業メソッドなど、研修を通して「ビーンズメソッド」を体系的に学んでいきます。


⇓実際にマニュアルで使用されている図です

ビーンズメソッドの学びと、インターン経験を活かして、海外の大学で教育について学びを深める人、大手教育NPOへ就職する人、教育系大企業から内定をバンバンとる人、ビーンズに就職する人……などビーンズインターン生はインターン卒業後も活躍しています。




▢スタッフイベント

毎週土曜夜は「BWC」(Beans Weekly Conference……別名「大放言を聞く会」)

を開催しています。


要は、ごはんを一緒に食べながら色々話す会です。議題は、日常の業務から少し離れて、教育全体、組織開発、チーム文化など。


塾外の方も遊びに来ます。大企業でバリバリ活躍していて、ビーンズに協力してくれている方、人事やチーム作りの専門家、教育関係、NPO、創業支援系の人が多いですね。ビーンズに居ながら、ビーンズの外の世界ともつながります。