こちらのボランティアは募集を終了しています。

  1. ホーム
  2. こども・教育系ボランティア募集一覧
  3. 【自治体・企業への不妊治療と仕事の両立に関する実態調査】ボランティア募集

更新日:2021/04/01

【自治体・企業への不妊治療と仕事の両立に関する実態調査】ボランティア募集

NPO法人フォレシア

この募集の受入法人「NPO法人フォレシア」をフォローして、
新しい募集が始まった時にメールを受け取ってみませんか?

フォローして通知を受け取るフォロー中

基本情報

4a034e0df0-member_children_recruiting_80939_main.jpg

現在、自治体や企業向けに不妊治療と仕事の両立に関する実態調査を進めております。
一緒に進めていただける方を募集します。
【実績】秋田県庁全職員向けにアンケートを実施、回答者1300人以上。

活動テーマ
活動場所
必要経費

無料

活動日程

随時活動(活動期間:応相談)

活動頻度

応相談

募集対象

特に必要なスキルや資格はございません。

注目ポイント
  • 【国内初】不妊治療の地域×企業×制度の詳細データ収集
  • 国や自治体の施策に実際に寄与
対象身分/年齢
募集人数

10名

募集詳細

日本では5.5組に1組が不妊治療中、または経験者。その数は世界一位。

日本では5.5組に1組が不妊治療を行っており、その数は世界一位です。

しかし、出産率は諸外国で最下位。その主な要因は、不妊についての知識不足と治療と仕事の両立問題です。

上記データ引用:内閣府2020年3月




日本で誕生する子どもの16人に1人が体外受精で誕生

上記データ引用:内閣府2020年3月



働く女性の6人に1人が不妊治療が原因で離職。※

結果として、働く女性の6人に1人が不妊治療が原因で離職を余儀なくされています。

私たちは、その現状を変えるべく、企業向けに福利厚生として相談窓口を設置し、教育支援と仕事の両立支援を同時に行っています。

今回の「不妊治療と仕事の両立の実態調査」は地域×業種×事業規模×既存の休暇制度等をクロス集計し、両立度を測定するものです。

そして、そのデータを用いて、企業に合わせたオリジナルの両立制度を導き出していくことで、企業への啓発と両立で悩んでいる方を支えていくというものです。

※引用:順天堂大学



全国一斉調査のお手伝いをお願いします

ボランティアの方には各都道府県に分かれて担当していただき、自治体や企業へのアンケート実施依頼をお願いしたいと思っています。アンケートはWEBにて実施します。

(秋田県では秋田県庁の全職員向けにアンケートを実施し、1345人の回答を得ていますので、その実績とアンケート内容を元に展開していきます)


皆様のお力を貸していただけたら嬉しいです。

どうぞよろしくお願いします。

  • b1bd2bb11a-member_children_recruiting_80939_sub1.jpg
  • 9645964f5e-2020-11-19.png
  • f8f0428cbd-IMG20210210181938.jpg

体験談・雰囲気

特徴
雰囲気

代表メッセージ

当団体のページをご覧いただきありがとうございます。NPO法人フォレシア代表理事の佐藤です。
私自身、妻と一緒に5年間不妊治療を受けていました。
だからこそ、「不妊治療を受けながら仕事を続ける」ことの大変さが身に染みてわかりました。
社会は少子化への問題意識はありましたが、実際の不妊治療支援は助成金制度のみというのが当時の現状でした。

その課題を次世代に引き継いではいけない。そう思い、2017年にNPO法人フォレシアを設立。

当たり前に不妊治療と仕事の両立ができる社会の実現に向けて活動を開始しました。
まだまだ課題も多いですが、今の私たちの活動が、きっと明るい未来を創ると信じ、日々邁進いたします。

ご協力をお願いいたします。

掲載メディア実績


・直近出演メディア「NHK ニュースウォッチ9」全国放送

法人情報

“子どもを望むすべての人に納得できる選択を”
代表者

佐藤高輝

設立年

2017年

法人格

NPO法人

フォレシアの法人活動理念

子どもを望むすべての人に納得できる選択を


まずはじめに、私たちは医療機関ではないため、不妊治療自体を行う団体ではありません。

そして、「不妊治療を行いましょう」と強くすすめることもありません。

子どもを産むか、産まないかは、本人たちの意志によるもの。


大切なのは、心から「納得」できる「選択」をとれているかどうかだと思っています。

だからこそ、私たちは、皆様のその「納得」のためにできることをします。
「選択」のための障害となる課題の解消に取り組みます。

「子どもを望む」という選択をされた方の未来がより明るいものとなるように。

フォレシアの法人活動内容

ミッションは「5つの課題解決」


①不妊治療と仕事の両立

②身体的・精神的負担
③経済的負担
④若年層の不妊に関する知識不足
⑤不妊治療の地域医療格差


これらは、納得した不妊治療を受けたいのに受けられない方の大きな課題です。
私たちのミッションは、この5つの課題を解決し、納得した不妊治療への道をつくることにあります。

活動実績

2013年
「自然妊娠は難しい」と告げられる

2013年

結婚して4年、子どもが出来ないこともあり、病院へ。そこで検査を行い、突然告げられたのは「自然妊娠は難しい」という言葉。今まで子どもが出来ないかもしれないということを考えたことが無かった自分は始めて事の重大さに気づく。

2014年
不妊治療を夫婦で開始

2014年

治療を始めて一番感じたのは妻の身体的・精神的負担の大きさ。女性は通院の頻度が多く、仕事との両立が難しい。医療費も高額で、仕事を辞めることも出来ない、でも仕事を続けると思うような治療が出来ないという矛盾で苦しむ。

2015年
待望の妊娠だったが死産に

2015年

人工授精を6回行っても妊娠できず、体外受精にステップアップし、やっと待望の妊娠に成功。しかし妊娠16週の時、死産になる。その後夫婦で一度治療を休み、このまま夫婦だけの人生も素晴らしいなと、二人だけの時間を作る。

2016年
第一子誕生

2016年

二人の人生でしか出来ない事を精一杯やろうと一度治療を休むが、納得するまでもう一回やってみたいと再度治療を再開。そして長女が誕生する。結果がどうであれ、納得できた選択が取れたかどうかがその後の人生に影響を与えると感じる。

2017年
NPO法人フォレシア設立

2017年

不妊治療には仕事との両立と経済的負担、教育不足、居住地問題で納得できずに治療を諦めなくてはならない方が大勢いることを知る。それを解決する手段が日本には無かった為、無いのなら創るしかないと当法人を設立。次の世代には課題を残さない。

2020年
仕事との両立支援を本格始動

2020年

仕事との両立が出来ないと治療すら受けることが難しい現状では、企業の協力が必須。企業向けに不妊治療研修や福利厚生として相談窓口を設置、一社でも多くの社員が納得できる選択が取れる環境を目指している。

フォレシアのボランティア募集

フォレシアの職員・バイト募集