1. 日本にいてもできる国際協力・海外ボランティア

    更新日:2020/09/13

    日本にいてもできる国際協力・海外ボランティア

    国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    c79b28ca2e-___7_.JPG

    日本に居てもできる国際協力活動です。貧困に苦しむ子どもたちのチャイルドサポーター・フォスターペアレントの募集です。ぜひ、子どもたちの未来と、輝く笑顔のために、夢の架け橋になってあげて下さい。

    活動テーマ
    • ストリートチルドレン
    • 国際交流
    • 飢餓
    • スラム
    • 自立支援
    • 教育格差
    • チャイルド・プア
    • 児童虐待
    • 児童買収
    • 保育
    • 病児保育
    活動場所
    • 全国から募集・在宅可
    • フィリピン

    フィリピンのスラムの子どもたちの支援になります。
    支援する現地の子どもたちにいつでも会いに行くことができます。

    必要経費
    • 500〜2,000円
    活動日程

    随時活動(活動期間:1年以上の長期)

    年毎に更新手続きを致します。

    活動頻度

    週0〜1回

    注目ポイント
    • 日本に居ても、国際協力活動に参加できます。
    • 子どものサポーターとして、その成長を直に見守ることができます。
    • 現地(フィリピン)へ、いつでも子どもに会いにいくことができます。
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    • 高校生
    • 小中学生
    • シニア

    募集詳細

    チャイルドサポーター・スカラシッププログラム

    NGO「HOPE~ハロハロオアシス」では、貧困により劣悪な生活環境におかれたスラムの子どもたちが、その生活や家庭環境を整え、食事や医療等を受けることができたり、学校へ通えるための奨学金支援制度を運営しており、フィリピン・セブ島のスラムにおいて現地事務所を構え、チャイルドサポーターを募集しています。


    フィリピンでは今、その著しい貧富の差により、貧困地域であるスラム街では多くの人々が、著しい貧困に苦しんでいます。それ故に人身売買や児童労働・売春などの問題が起き、また、適切な医療を受けることができなかったり、充分な食事ができず、栄養失調状態であり、そして、多くの子どもたちが学校へ通うのが困難な状況です。そのような子どもたちや家族、地域の支援のため、私たちは活動しています。


    その援助の中の重要なひとつの活動が、このチャイルドサポーター(スカラシップ)プログラムです。

    子どもたちが、サポートチャイルドとして、生きていくための生活環境を手にいれ、教育を受ける機会を得て、心身ともに健康に成長できるよう、子どもたちのサポーターとして、また地域の生活・教育環境等の整備の手助けのために、支援して頂けませんか?


    私たちは、サポーターのみなさんと子どもたちとの、顔の見える関係やふれあいを大切にしています。

    支援する子供からの手紙や絵、写真などが、定期的に送られ、目に見えて成長を実感・応援することができ、そして、NGO主催のツアーや、また個人でも、支援している子どもやその家族と実際に会い、交流を深め、より深い絆を結び、喜びや希望を分かち合っていくことができます。


    HOPEでは、日本において、スラムの子どもたちのサポーターになって頂ける方を、随時募集しています。より多くの子どもたちが、安心した生活を送り、また、教育を受けるチャンスを与えられ、そして、未来の人生への可能性を広げられるよう、お手伝いして頂ければとても嬉しいです。


    チャイルドサポーターになって頂いている方々のご協力により、現在、少しずつではありますが、地域の生活環境整備や手助けが行われ、また、サポートチャイルドとして生活援助を受け、学校に通うことのできる子どもが、徐々に増えています。

    しかし、まだまだ多くの子どもたちが貧困のため困難な生活を送り、支援を必要としています。


    いつまでも絶えないでいてほしい 子どもたちの笑顔を守るために、

    ご協力して頂ける方、ご関心を持って頂けた方は、ぜひご応募・ご連絡下さい。

    【1】チャイルドサポーター

    貧困のために生活が苦しく、医療や食事等の享受が難しく、また、学校に通いたいのに通うことができない等で、その夢への可能性が閉ざされ、時に生命の維持さえが困難になる状態の子どもたちのサポーターになって頂けませんか?

    子どものサポーター(スポンサー)となっていただき、サポートする子どもの就学や生活、また、その子をとりまく地域の生活・教育環境等の整備のための手助けをしてあげて下さい。

    支援する子どもや家族との手紙や写真のやりとりや、訪問等の交流を通して、身近に子どもの成長を見守ることができます。


    《会費》


    毎月2000円


    (※口座振り込みをご利用の場合は、年会費24000円という形でお願い致します。)


    ○小学校(6年間) (※もしくは幼稚園より)

    ○ハイスクール(日本でいう中・高校、合わせて6年間)


    【2】YUMEKAKEホームメンバーシップ

    ひと月500円のワンコインで、子どもたちとの夢の架け橋になりませんか?

    会費は私たちが運営している、フィリピンのスラムの子どもの施設(YUMEKAKEホーム)の運営援助、また、地域の生活・教育等の環境整備のための資金に当てられます。

    施設では、子供たちの初等教育や、栄養失調の子供への給食援助などのケアをしています。

    ぜひご協力お願いします。

    定期的に子どもたちや施設からの手紙やグリーティングカード等が届きます。

    楽しんでご交流を続けて下さい。


    《会費(一口)》


    毎月500円

    (※口座振り込みをご利用の場合は、年会費6000円という形でお願い致します。)


    ☆【1】【2】共に、定期的に、子どもたちからの手紙やカード、会員証、NGO会報等が、お手元に届きます。また、現地訪問の際、NGO提携施設の利用料・宿泊費が割引になります。

    ☆子どもたちの安定した生活・教育環境を守る為、両方とも継続的な支援をお願いしています。現在、基本的には年度自動継続という形をとらさせて頂いていますので、サポートを終了される場合はご連絡下さい。


    子どもたちの輝く笑顔を


    かけがえのない命を守るために


    これからもずっと


    共に歩んでいきましょう...



    チャイルドサポーターまたはYUMEKAKEホームメンバーになって頂ける方、ご関心のある方は、いつでもご応募、またはお問い合わせをお願いします。追ってこちらから、詳細資料の送付等を行います。

    よろしくお願い致します。

    • db4c4ef1a2-member_international_recruiting_77202_sub1.jpg

      難病を抱えながらも、支援を受けて、学校に通っています。

    • 4ae6c85100-2__3_.JPG

      劣悪な環境の中、たくさんの子どもたちが支援を必要としています。

    • 433fa972b5-2__4_.JPG

      ゴミ山から、学校に通う少女

    • ca43fa84ce-2__5_.JPG

      サポートチャイルドの成長を直に見守ることができます。

    • 65b589d13d-3__3_.jpg

      定期的に子どもたちのミーティングをし、また、手紙やカードを書いています。

    • 4471584af7-3__4_.JPG

      サポーターへの心のこもった手紙

    • e764d8b878-2__2_.JPG

      純真な瞳で未来を夢見ています。

    • c5bbaeeecb-2__6_.JPG

      会いに来てくれたサポーターとの別れを惜しむ子ども

    • 93600a2ab4-2__8_.JPG

      子どもたちの輝く笑顔を守りたい、、、

    • d6229696b9-4__6_.JPG

      サポートを受け、NGOの施設で学ぶ子どもたち

    • f49509bd02-4__7_.JPG

      感謝の気持ちを込めたハグ

    • ef0c1c56ae-4__9_.JPG

      シャボン玉に夢をのせて、、、

    • 5380481a5c-___205_.JPG

      サポーターと一緒のひととき

    • affc1c1a59-___79_.JPG

      貧困の中でも、素敵な笑顔の子どもたち

    • 45f2f8128d-___74_.jpg

      未来を見つめるまっすぐな瞳の純真さを守るために、、

    • 028b7adb7d-4__5_.jpg

      ありがとう、、、

    団体情報

    Articles adcd974462  3
    Square small 973dd6c9af picture 1480411236

    国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」

    “スラムの子どもたちの笑顔を守るために、現地の人々と共に手を取り合い、現地に根差した活動をしています。”
    代表者

    松沼裕二

    設立年

    2004年

    法人格

    任意団体

    国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」の団体活動理念

    今も 世界にはたくさんの戦禍や貧困が 渦巻いています。

    私たちが今すべきことは何なのでしょうか?

    私たちに今できることは何なのでしょうか?

    そして 本当の幸せとは何なのでしょうか?

    私たちは、同じ地球の仲間として、

    現在、フィリ中心としたアジアの国々の貧しい地域人々と

    間として大切な何かを分かち合いながら、共に手をとりあい一緒に歩んでいます。

    そのために、ほんのささやかなものかもしせんが、今できる限りの支援をしています。

    そして、私たちの活動によって、現地のスラムの現状や、貧困、紛争等の現実を知り、関心を持って頂き、

    自分なりに何かを感じ、それをきっかけにし

    少しでも多くの方々が、私たちと、また、現地の人々と共に、協力し、助け合い、

    一緒に、新しい一歩を踏み出していければ、と思っています。

    国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」の団体活動内容

    アジアの貧困・災害・紛争に対する支援活動を中心に、現地の人々とのふれあいを重視した、心の通った活動を続けていくNGOです。

    活動実績

    2004年

    2004年

    国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」設立。


    インドのマザーテレサ施設や、ネパール、カンボジア等の孤児院でのボランティアや国際協力活動を通し、経験や思いをわかちあった仲間たちと共にNGOの基礎を築き、アジアの貧困・災害援助活動を中心に、現地の人々とのふれあいを重視した、心の通った活動をしています。


    これまでの活動(継続含む)としては、スマトラ沖地震・津波災害時のスリランカにおける復興支援、モンゴル自治区での黄砂・砂漠化視察や緑化支援、マレーシア不法滞在スラムにおけるフィールドワーク、新潟中越沖地震、東日本大震災等への復興ボランティア派遣、台風ハイエンのフィリピン被害への復興支援等、国内外においてボランティア活動や支援活動を行っています。


    現在の主な活動は、チャイルトサポーター(スカラシップ)、国内・海外ボランティア、フィリピンのスラム(貧困地域)の子どもの施設、子ども図書館の運営、フェアトレード、スタディツアー、ミンダナオ島における内戦の難民キャンプ救済活動、医療支援プロジェクト、災害被災地復興支援活動、等の活動をしています。

    また、国内におきましても、新潟中越沖地震、東日本大震災、鬼怒川洪水、熊本地震、西日本豪雨、北海道胆振東部地震、令和元年台風15号19号等の復興支援活動・災害ボランティア活動、動物保護活動活動等を行っています。


    同じ地球の仲間として、現在、フィリピンを中心としたアジアの国々の貧しいスラムの人々、災害・戦争等で困難な状況におかれている人々と、人間として大切な何かをわかちあいながら、共に手をとりあい一緒に歩んでいます。そのために、ほんのささやかなものかもしれませんが、今できる限りの支援をしています。

    国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」のボランティア募集

    国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」の寄付募集

    国際協力NGO「HOPE~ハロハロオアシス」の職員・バイト募集