1. 2019年ラスト!ソーシャルビジネス、国際貢献を本気で学びたい人へ!

    更新日:2019/10/20

    2019年ラスト!ソーシャルビジネス、国際貢献を本気で学びたい人へ!

    一般社団法人Kisso + フォローするフォロー中
    メインビジュアル背景画像

    基本内容

    df0f2df355-DSC01744.jpg

    2019年に国際支援を肌で感じ、2020年に繋げていきたい方向け少人数スタディツアー

    活動テーマ
    • 教育格差
    • 経済格差
    • ワーキングプア
    活動場所
    • 全国から募集・在宅可
    • カンボジア Siem Reap, カンボジア (地図)
    必要経費
    • 69,000円

    上記費用は参加費+現地での移動費となりますので、往復航空券、宿泊費、食事代は含まれていません。

    活動日程
    • 2019/12/20~25
    募集対象

    学生、社会人どちらでも参加可能です

    注目ポイント
    • カンボジア農村地域での学校、生活状況の実体験
    • 現地で活動しているKissoならではの一歩踏み込んだ情報
    • 実際に自分で感じ考え、発表してもらう実践型
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • 大学生・専門学生
    • 高校生
    募集人数

    5名

    募集詳細



    2009年に小学校を建設してからずっとカンボジアの農村地域、教育委員会に関わり続けている加藤大地・由紀子の設立したKissoだからこそ、感じられるカンボジア本来の良さと大変さを体感できるスタディツアーになります。

    「好きな人たちが困っているからサポートしたい」

    そんな気持ちから始まった活動ですが、気づけば10年カンボジアの教育関係や農村地域での生活に関わってきました。

    そして2018年8月より現地カンボジアのシェムリアップに家族で移住し、学べる環境、働ける環境を整え生活の基礎作りのサポートを行っています。

    まだ大きなインパクトが残せる活動とは言えないですが、
    約一年の活動の中でカンボジアの教育委員会より7枚感謝状を授与される活動を行ってきました。

    将来ソーシャルビジネス、もしくはNPOやNGOとして国際協力を考えている方、もしくは興味がある方1名~5名までの少人数で質疑応答にしっかり応えられる形でのスタディツアーになります。


    終わりよければすべて良し!

    2019年最後に来年、もしかしたら今後の人生を変えるような体験をしてみたい方がいましたらご連絡お待ちしています^^


    【スケジュール】

    1日目:到着後、夜に集まり自己紹介、簡単なアクティビティ

    2日目:イキイキ幼稚園訪問、Kisso活動紹介、カンボジアの歴史について

    3日目:イキイキ小学校訪問、村の生活、Kisso作業所案内、そのまま村にホームステイ

    4日目:午前中は村での生活体験、午後〜3日間の感じたことまとめ
    5日目:午前 内容整理、まとめ、午後プレゼン発表。


    *参加費はKissoの活動費となるので参加した時点で国際協力になります!


    • b64e38d69d-10592420_646288692133049_827988771_n.jpg
    • a10871587e-IMG_0897.jpg
    • c6bb171963-IMG_3327.jpg
    • c983e09dcf-IMG_20180815_173107.jpg

    体験談・雰囲気

    特徴
    • 初心者歓迎
    雰囲気
    • 成長意欲が高い
    • 活動外交流が盛ん
    • 真面目・本気
    男女比

    男性:50%、女性:50%

    法人情報

    Usersmainimg
    Square small 9ffa4c9448 59bb15d498 kisso logo

    一般社団法人Kisso

    “生活の基礎を作り未来の可能性を広げる”
    代表者

    加藤大地

    設立年

    2018年

    法人格

    一般社団法人

    Kissoの法人活動理念

    生活の基礎を作り、可能性を広げる。

    Kissoの法人活動内容

    全ては生活の基礎が固まっているところから始まります。


    その生活の基礎を固められるようKissoは下記3つの柱に取り組み解決をしていきます。


    1、学べる環境作り(学校建設、授業の質の向上)

    2、働ける環境作り(産業を起こす)

    3、伝統の復活・共有(内戦前におこなわれた絞り染めの復活、日本の伝統文化を共有しカンボジアのデザインと融合させることで新たな伝統を創る)


    学べる環境は未来の可能性を広げ、働ける環境は生活の基礎を支え、伝統は人々を感動させ未来へ繋がる力があります。


    この3つの相互関係で今と未来の基礎作りを行っていきます。

    活動実績

    2009年
    加藤大地・由紀子夫妻が個人として活動をスタート

    2009年11月

    シェムリアップ州郊外の農村地域に2教室の小さな小学校を80人の出資者と180人の旅人ボランティアと共に建設する。

    2010年
    定期的に学校に訪れ、卒業式、運動会、縁日、歯磨き指導などを行う

    2010年08月

    学校建設後2010年~2018年まで半年に一度学校に足を運び各種行事やバーベキューなどを行い、学校の運営を見守りつつ関係性を作りあげる。
    また、教育委員会にも定期的に訪問し、カンボジアの教育事情についてのサポートの方法を共に考え行動する。


    2014年
    幼稚園を建設

    2014年

    教育委員会でのヒアリングで幼稚園の必要性を聞き、1000縁プロジェクトを立ち上げる。
    9か月間で1569人の出資者と360人の現地ボランティアが集まり、イキイキ幼稚縁(園)が完成。

    シェムリアップ州より感謝状を授与される

    2014年10月

    『300万円以上のお金をカンボジアの教育に投資してくれたこと』『これまでにない機能的な学校の形』『3か月間で村の人との関係性を築いたこと』が認められシェムリアップ州の市長より感謝状を授与される。

    2015年
    公園を建設

    2015年

    子ども達がより良い環境で遊べるようイキイキ幼稚縁の校庭に滑り台、ブランコ、土管のトンネル、木の幹ぴょんぴょん、タイヤの跳び箱などの遊具を庭師の友人を中心に作りあげる


    2018年
    一般社団法人Kissoを立ち上げる

    2018年03月

    生活の基礎作りを本格的にサポートするために一般社団法人Kissoを設立。
    『学べる環境』『働ける環境』『伝統文化の創作』を3本柱に現在と未来の生活の基礎を作るべく活動開始。

    カンボジアに家族で移住し、本格的に活動開始!

    2018年07月

    Kissoとして活動するため、現地カンボジアのシェムリアップに移住し活動を開始する。


    各種団体・アーティストさんと共同し、学べる環境として理科の実験教室やプロレス、絵の授業、ダンス、書道パフォーマンスなど通常の学校での授業のサポート以外の内容も行い未来の選択肢を広げる




    働ける環境作りとして村では竹あかり制作の仕事場を作り、市内ではテーラーさんと共同しカンボジアの万能布クロマーを使用し商品開発を行う。

    2019年

    2019年01月

    年明けに運動会、縁日を小学校、幼稚園で開催




    第一回竹あかりナイト

    2019年02月

    インターンを最大7人受け入れし、竹あかりイベントを開催する

    イキイキ小学校の大改修工事を行う

    2019年05月

    10周年を迎えるイキイキ小学校の屋根の雨漏り、校庭の水害を改善するため3週間かけて大改修工事をおこなう。

    ナイトマーケットオープン

    2019年07月

    村で製作している商品を販売するお店をナイトマーケットにオープン

    カンボジアの教材絵本を完成させる

    2019年08月

    世界的に活躍している絵本作家・谷口智則さんとの共同企画としてカンボジアの教材絵本『おねぼうなたいようさん』を完成させ、読み聞かせ企画を実行する。


    名古屋経済大学市邨高等学校の生徒さんからのご寄付でイキイキ小学校に遊具と井戸が届けられる。

    Kissoのボランティア募集

    Kissoの寄付募集

    Kissoの職員・バイト募集