こちらのボランティアは募集が終了しています。

  1. 【さいたま市学習支援教室の運営を支える】ボランティアマネージャー募集

    更新日:2019/03/14

    【さいたま市学習支援教室の運営を支える】ボランティアマネージャー募集

    さいたまユースサポートネット
    メインビジュアル背景画像

    基本情報

    a9ff47fa91-gaku01.jpg

    さいたま市からの委託を受け、生活に困窮する中高生を対象に無料の学習支援を行っています。ボランティアが一人ひとりに寄り添いながら学校の勉強や受験をサポートし、子どもたちが望む進路実現を応援しています。

    活動テーマ
    • 教育格差
    • 不登校
    • チャイルド・プア
    • 発達障害
    • 経済格差
    活動場所
    • 埼玉 さいたま市

    団体事務所(浦和区)及びさいたま市内で開催する学習支援教室内で活動していただきます。

    必要経費

    無料

    活動日程

    随時活動(活動期間:1〜3ヶ月)

    今年度は2019年3月までの活動となりますが、事業が継続した暁には来年度も引き続きご参加いただけます。

    活動頻度

    週4〜5回

    基本的には月曜日~金曜日の週5日(13:00~21:45)の活動です。
    その他、研修やイベント等で土日に活動することもあります。
    (日数は応相談)

    募集対象

    ・企業や支援団体等でマネジメントの経験がある方
    ・人と関わるのが好きな方
    ・自身の社会経験を子どものために活かしたい方

    注目ポイント
    • 学習支援教室に通う生徒たちは、単に勉強が苦手というだけでなくその背景に不登校やひきこもり、いじめ、障がい、家庭内トラブルなどさまざまな困難を抱えているケースが少なくありません。 そうした困難を抱えて孤立しがちな状況にある子どもたちが安心・安全に学べる居場所をつくり、他の子どもやボランティアスタッフとの関わりを通しながらポジティブな将来像を育み、希望の進路を実現することが我々のミッションです。
    • 活動を支えるボランティアとして現在約200名の大学生・社会人の方が参加されていますが、曜日や地域により参加人数の偏りが見られるのが現状です。そこで、新規ボランティアの獲得(募集活動・登録作業)や、既に登録済みのボランティアに対する参加日程の管理・他教室へのヘルプ参加の促しなど、ボランティアの動き方を管理・調整できるマネジメント役が必要です。
    • 日々の教室活動の他にも、ボランティア向けの研修(例:支援上の困難が大きい生徒に対する関わり方など)の計画・手配についても、教室責任者である室長らと意見を交わしながら一緒に考えていただける人材を募集します。
    対象身分/年齢
    • 社会人
    • シニア
    募集人数

    1名

    募集詳細

    生活困窮者自立支援法に基づき、さいたま市からの委託を受けて運営する学習支援教室です。

    学習支援教室では、さいたま市在住の生活保護受給世帯や児童扶養手当全額受給世帯の中高生を対象に、「学ぶ権利」の保障や「居場所づくり」の取り組みを行っています。


    教室は市内11か所で開催し、各教室とも10~20名を超える生徒が参加していますが、ボランティアの参加人数は曜日や地域によって偏りが生じているのが現状です。

    そこで今回は各教室に参加するボランティアのシフト(参加予定)の管理や研修、新規ボランティアの募集・登録等をお手伝いいただくマネジメント役の方を募集します。


    教室の運営にあたっては、教室運営を担う「室長」やそれを補佐する「教室アシスタント」「学習アドバイザー」が、200名近くのボランティアスタッフとともにより良い支援を模索しながら日々奮闘しています。

    室長は教員や塾講師を経験した者、社会福祉士など福祉系の有資格者を中心に構成され、皆20代の若手です。本事業のボランティアや教室アシスタント業務を経験してそのまま室長に就任した者が過半数を占めますが、近年は同様の学習支援事業を展開する他団体との研修・交流を通して積極的にノウハウを学ぶことで支援スキルを高め、自分たちの事業にブラッシュアップをかけているところです。


    そんな若手スタッフが多い組織の中、今回の募集を通じて企業や他の支援団体等でマネジメント経験・社会人経験をお持ちの方にご協力いただくことで、ボランティア人材を十分に活用したより円滑な教室運営を目指したいと考えています。

    • e08073b736-gakushuu.jpg

      個別の学習状況に応じた支援の様子

    • 288ecc8bac-DSCN1525.JPG

      季節ごとのイベントに応じたレクリエーションも実施します

    体験談・雰囲気

    このボランティアの体験談

    【ボランティアに参加する大学生の声】


    学習支援教室に来ている子どもたちの勉強の遅れを補うだけでなく、一緒に遊んだり、おしゃべりをしたりして、「その子本来の姿を出せる場」にしたいと思い活動しています。もちろん子どもと関わる中での失敗もたくさんあります。しかし、その失敗を通して悩み苦しんで出した答えにはお金には代えがたい価値があると思います。


    ボランティアの魅力は「失敗してもいい」、「挑戦できる」ということです。活動は生徒だけじゃなく、ボランティアもやってみたいことに挑戦できます。やってみたいことを提案すれば、賛成派も反対派も一緒になって提案したことを考えてくれます。実際にやる前から真剣になってくれるし、挑戦すれば反省も一緒にしてもらえます。「教育」について経験的に学んだ人たちは頼りになりますよ。

    このボランティアの雰囲気

    私たちの運営する学習支援教室には、一般的な学習塾のように「勉強を教わる」というだけでなく、子ども同士や大人との交流を求めて参加する子どもも多く、教室は賑やかでアットホームな雰囲気に満ちています。

    ボランティアは大学生を中心とした若い世代が多数活躍し、子どもたちにとっては「気軽に関わることのできるお兄さん・お姉さん」といった立場で接することができます。また、社会人ボランティアが自身の仕事の話やこれまでの人生について語ることは、子どもたちが多様な将来像を形成するための「ロールモデル」として大きな意味があります。


    また、日常の学習支援以外にも、季節ごとのレクリエーションや受験生向けの面接練習といったイベントも適宜実施しています。

    「勉強を教えたい」「進路の相談に応じたい」「気軽におしゃべりや交流をしたい」など、ボランティアさん一人ひとりの得意分野を活かすことのできる活動がここにあります。

    特徴
    • 資格・スキルを活かせる
    • 平日中心
    雰囲気
    • 勉強熱心
    • 活動外交流が盛ん
    • 外国人もいる
    関連大学
    • 埼玉

    法人情報

    Mainvisualdefault
    Avatar

    さいたまユースサポートネット

    代表者

    青砥 恭

    設立年

    2011年

    法人格

    NPO法人

    さいたまユースサポートネットの法人活動理念

    私たち「さいたまユースサポートネット」は、さまざまな理由により居場所がなく、将来への不安を抱えている子ども・若者たちを支援するNPO法人です。


    「地域で孤立する子ども・若者のための居場所をつくる」

    これが私たちのミッションです。


    子ども・若者が抱える困難は数多く存在します。しかし、それらの困難そのものに加え、そうした困難が「社会の中で見えづらくなっている」ことも、私たちが直面する課題の一つです。

    平成28年の国民生活基礎調査によると、わが国で相対的貧困の状態にある子どもは13.9%、およそ7人に1人の割合で存在すると言われています。


    しかし、いざ私たちが自身の生活をかえりみた時、貧困状態にある子どもがそれだけの割合で存在していると実感することはあるでしょうか。朝晩に子どもたちの通学風景は目に入っても、不登校や引きこもりにより、自宅の中で孤立している子ども・若者が存在すると感じることは、難しいのではないでしょうか。


    生きづらさを抱えた子ども・若者は、その困難やSOSのシグナルを、なかなか自分から表に発することができません。この悩みをどうしたらよいか分からない──そんな不安や孤独感を解消するためには、"地域の中に自分を認め、受け止めてくれる居場所がある"という安心感が何よりも必要です。


    私たちは、さいたま市という"地域"に根差した活動を続けて8年目に入りました。これからも貧困をはじめとする、様々な困難を抱えた子ども・若者とその家族が安心して相談できる"地域の居場所"であり続けることが、私たちの使命です。

    さいたまユースサポートネットの法人活動内容

    さいたま市を拠点に、2018年度は下記の7つの事業を行っています。


    (1)さいたま市学習支援教室
    生活に困窮する子どもたちを対象に、無料の学習支援を行っています。大学生やボランティアスタッフが一人ひとりに寄り添いながら、学校の勉強や受験をサポート。子どもたちが望む進路実現を応援しています。


    (2)たまり場
    不登校、高校中退などで、居場所がない人が自由に集まれる場所が「たまり場」です。集まったメンバーで交流したり、一緒に勉強したり、夏はキャンプ、冬はクリスマスパーティなど、季節に合わせたイベントを行っています。


    (3)さいたま市若者自立支援ルーム
    社会生活を送る上で困難を抱える若者を対象に、自立支援プログラムを提供しています。個人作業、集団・共同作業、就労・復学の準備など、一人ひとりに合わせたプログラムを相談しながら決め、自立につなげます。


    (4)高校生自立支援事業(高サポプロジェクト)
    定時制の高校生を対象に、中退を防止し、就労などのサポートを行っています。SST(ソーシャルスキルトレーニング)、企業訪問などを通じて、スムーズな就職ができるよう支援します。


    (5)地域若者サポートステーションさいたま(サポステ)
    就職や将来に悩んでいる39歳までの若者を対象に、自立・就労をサポートする厚労省認定の事業です。キャリアコンサルタントによる個別相談、セミナーを何度か繰り返しながら就職につなげます。


    (6)居場所事業「ゆるりん」
    「子供の未来応援基金」の助成を受け、貧困や不登校などの困難を抱えて地域から孤立しがちの状況にある子ども(小学生~高校生)とその保護者を対象に、市内3か所の居場所活動とアウトリーチ活動を通じて支援を行います。


    (7)まなび場「いっぽ」
    文部科学省から受託する、高校中退や学習に不安を抱える子ども・若者などを対象とした学び直しと学習・進路相談を行う事業です。

    さいたまユースサポートネットのボランティア募集

    さいたまユースサポートネットの職員・バイト募集